« 国道駅 | トップページ | 浅草橋界隈 »

2014年5月15日 (木)

鶴見川

S504525
鶴見川(横浜市鶴見区生麦)

久しぶりに訪れてみたら、すっかり護岸工事が完了して、見違えるような風景になっていました。

S504527

自転車が行き交い、更にはジョギングをしている人も多いのです。寅さん映画に登場する江戸川堤のような風景を思い起こさせます。

S504550

橋梁を走る鶴見線が見えます。・・・って、狙って撮っているのですが。(^^;

手前ではチアリーダーさんたちなのか、一生懸命練習をしていました。

S504560

この辺りは昔ながらの造りの家が多かったのですが、大分建て直されたりして、風景が変わりました。

S504562

今は人が住んでいるようには思えない建物もちらほら・・・。

護岸工事が完了して風景が一変してしまった鶴見川沿いをご覧頂きました。

Nikon D800
SIGMA 50mm/F1.4 EX DG HSM

« 国道駅 | トップページ | 浅草橋界隈 »

コメント

こんばんは。
この辺はまったく土地勘がありません。
護岸工事ですが、最近はこのように親水性を重視した造り方が多いですね。
最後の写真の木造家屋ですが、窓のところの囲い(何と言うのでしょうか?)が懐かしいです。こういう家が昔は多くありました。

このレンズの新型がでましたね、私はこのまま旧型で行くつもりです

国道駅から出たところの護岸は駅の風情とはがらっと変わってしまいましたね

おはようございます。
散歩によさそうですね~♪
鶴見川は何度も氾濫していましたから、護岸工事が完成して近隣の方々は安心ですね。
鶴見川沿いというのは散歩したことがなかったのですが、
港へ向かって散歩というのもいいなぁと、お写真を拝見しながら思いました^^

おほようございます。
やはり、標準の画角(50mm)で撮るスナップは、良いですね。
いつも見事なパンフォーカスで、くっきりしたお写真が気持いいです。(^^)v
写真ブログは、私の行ったことがない景色を見ることができる楽しさがあるのですが、
今日のお写真は、私のイメージとは違う横浜を拝見することができました。

cucchi3143さん、こんばんは。
鶴見川は過去何度も氾濫しているので、こうした護岸工事は必要だったわけです。
写真的には護岸工事前の方が撮影意欲が湧いたものでしたが、家屋の損害と人命を守る為ですから当然の工事でした。
最後の家屋は典型的昭和の日本家屋を思わせてくれますね。以前はこうした家々が結構残っておりました。

roxanne6さん、こんばんは。
50mmの新型が出ましたね。私も当分はこのままのつもりです。
旧型は比較的新しい設計の割にはピントの問題がありました。私のも明らかなる前ピンです。なので、カメラの微調整で補っております。
駅前と鶴見川とでは全然雰囲気が違いますよね。

koukoさん、こんばんは。
この日は天候にも恵まれましたので、川沿いを歩くのには良かったです。
仰る通り、本当に何度も氾濫しましたですよね。ですからこういった工事は必要でした。
いつか訪れてみて下さい。

Maruさん、こんばんは。
単焦点ですと或る程度の割り切りも必要で、画角を考えながら自分が移動しますので、これもまた撮影行為の楽しみです。
3枚目の鶴見線が橋梁を渡るカットは、時刻表を確認してからちょこちょこ自分が動いて「ここだ」、と撮影位置を決めました。練習しているチアリーダーさんも入れたかったので。
これがズームレンズですとほとんど移動する事無くズーミングで撮ってしまったりするものですね。(^^;
欲を言えば、チアリーダーさんたちが飛んだり跳ねたりしている時に鶴見線が来て欲しかったのですが・・・。
横浜、まだまだ歩いていないところが沢山あると思います。私は地元より他に行く事が多いので。(笑)

こんにちは。
工業地帯だからスッキリしているのかと思ったら、古い建物が残っていたんですね。工場で働く人の家だったのでしょうか。こういう写真は、後々価値が出るでしょうね。

ビワさん、こんばんは。
この辺りはこういった建物が以前はそこそこ在ったのですが、転居されたり、建て直したりと、大分景色が変わりました。
写真的には以前の方が・・・という感じですが、時代の流れでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 国道駅 | トップページ | 浅草橋界隈 »