« 中野路地裏散歩 | トップページ | 一眼動画にハマる!? »

2014年5月 7日 (水)

猛禽類

N181389
オオワシ

日本に生息、或は飛来する野鳥の中で最大と言われるオオワシ。見応えありますね。

N181403

二羽で鳴き合っているところを撮影。オオワシの鳴き声を初めて聞きましたが、体が大きいからか、鳴き声も大きかったですねぇ。

N181338
オジロワシ

オオワシより少し小さいですが、オジロワシもなかなかの迫力。北海道ではかなりの数のオジロワシが留鳥として生息しているようです。

N181331

本来なら北の大地で、野生のオジロワシを撮影したいところですが、いつか・・・(^^;

N181326
ダルマワシ

こちらはアフリカでしか生息していないダルマワシ。オオワシやオジロワシに比べると、少々迫力の面で負けるかな?

という事で、今日は珍しい写真を掲載してみました。(^^;

Nikon D7100
AF-S NIKKOR 18-200mm/F3.5-5.6G ED VR

« 中野路地裏散歩 | トップページ | 一眼動画にハマる!? »

コメント

こんばんは。
猛禽類ですか。珍しい被写体ですね。上野でしょうか? カラスから攻撃されて劣勢だという記事を以前に見ています。
3~4年くらい前でしょうか、何度か上野には通いました。ゴリラの子どもが生まれた頃ですね。もうだいぶ大きくなったと思うのですが、また出かけてみたいです。
そのときはNew F-1にNFDの70-210だかの望遠ズームを付けて撮りました。ほとんど意地で機材を選んでいましたヾ(´▽`;)ゝ

おはようございます。
一瞬別のブログを開いてしまったかと思いました^^ 動物園も久しく行っていないですが、お写真を拝見して、行きたくなりました。斜里町にある知床博物館の裏でケガをした鳥や動物が保護されていて、そこでオジロワシも見たことがありますが、オジロワシといえば、道東。是非いつか道東のお写真を^^

オオワシが二羽並んでいるって凄いですね~

以前レイクにつりに行った時に可愛そうなシーンに遭遇してしまいました。
前方50mくらい先で白頭ワシが電線に羽が触ってしまったのか「ボーん!」と大きな音と火柱が立ちそのまま落ちました。
近くに駆け寄ってみた時は勿論もう死んでしまってましたが、とても大きかったです。足ものこオオワシのようにとても大きく、小動物を軽く捕まえられるんだな・・と眺めました。

おはようございます。
猛禽類、風格のある鳥さんたちですね。
目が可愛いと感じるは、野性を失っているからでしょうか・・・^^;
昨日、ご近所の川で、カワセミを肉眼で見ました。
いつもたくさんのカメラを持った人たちが集まっているので、
カワセミがどこにいるのかすぐに分かります。
私もいつか撮ってみたいけど、300mmくらいのレンズでも撮れるかしら?

cucchi3143さん、こんばんは。
本当は北海道の大自然の中で撮影したい被写体なのですが、なかなか出来ないので・・・(^^;
オオワシ、大分元気になって来たようです。もう、カラスの攻撃には負けないでしょう。
今回はGW中だったので、動物なんてまともに見る事が出来ません。
とにかく圧倒的な数の来園者で、人を見るだけでした。(笑)

koukoさん、こんばんは。
あははは・・・、私としては珍しい被写体ですからね。(^^;
知床といえばオオワシとオジロワシです。
自分としても是非、道東で撮影したいと思っております。
必ず、いつか・・・(^^;

H.Oさん、こんばんは(こんにちは)。
このオオワシ、傷ついているところを保護されまして、人間の手で育てられています。
しかし、もう大空を飛ぶ事が出来ないそうです。可哀想ですね。
H.Oさんの地元では白頭ワシが電線に感電して亡くなってしまったのですか。それもまた悲惨ですねぇ・・・。或る意味、人間に殺されたのと一緒です。
猛禽類は皆鋭い爪と独特な嘴を持っていますね。なかなか見応えがあります。

Maruさん、こんばんは。
おっしゃるように、野生を失っているから目も可愛くなるのかもしれません。毎日、時間が来れば人間から餌を貰えますから、自分で大空を飛び回って探す必要がないわけです。案外、怠け者になっているかも。(笑)
カワセミはコバルトブルーの羽色がとても綺麗です。お使いのM5でしたら300mmで600mm相当の画角になりますから、カワセミも公園辺りでしたら充分撮影出来ると思いますよ。

こんにちは。
猛禽類とは珍しいですね。
オオワシは鳥類の王様の風格。唯一の天敵は人間(による自然破壊)でしょうか。

ビワさん、
本当は北の大地で撮影したい被写体なのです。やはり、自然界で大空を飛ぶ姿が美しい鳥たちだと思います。
一番の天敵は人間そのものですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中野路地裏散歩 | トップページ | 一眼動画にハマる!? »