« 浅草橋界隈 | トップページ | 旧古河庭園 »

2014年5月17日 (土)

SPUでビートルズを聴く

P20387
THE BEATLES "A HARD DAY'S NIGHT"

元ビートルズのポール・マッカートニーが日本公演の為に来日したそうですね。それに合わせたわけではないのですが、実はここ最近、ビートルズのレコードにハマっております。

大変遅れて来たビートルズファンの私です。(笑)
何しろ初めてビートルズのディスクを購入したのが2009年9月の事。その時の記事に詳しく書きました。

正確には単売されている"A HARD DAY'S NIGHT"のCDを購入後、CD BOXを予約購入したわけです。もうすぐ5年になるのですね。で、その後、赤盤、青盤のCDも購入、そして来日45周年を記念した日本オリジナル企画のドーナツ盤も購入。更に更に、昨年発売された"THE U.S. ALBUMS"というCD BOXも購入しました。(^^;

P20399
THE BEATLES "HELP"

さて、本題のレコードの話し。前述したディスクはドーナツ盤を除くとすべてCDでした。しかし昨年8月、30cmLPのBOXまで購入しちゃったわけですね。その時の記事はご記憶の方もいらっしゃる事と思います。

その大物LP BOXをシュアーのV-15 Type III というカートリッジで何枚か聴いて来ました。そのカートリッジはこれです。↓

P18431
SHURE V-15 Type III

嘗てのMM型人気カートリッジでしたが、たまたまプレイヤーに装着していたのがシュアーだったので、そのまま聴いたものの、イマイチだったので他のカートリッジに替えたりもしました。

ところがここへ来て、しばらく使っていなかったオルトフォンのSPUが案外ビートルズに合うのではと試しに替えてみました。

P18422
ortofon SPU Classic GE

そうしたらシュアーの比較的スリムな音調とは打って変わり、ふくよかな音調とヴォーカルの伸びに艶が加わり、このところすっかりSPUで聴くビートルズにハマる事となったわけです。

シュアーで聴いた"A HARD DAY'S NIGHT"もSPUで聴き直してみると全然印象が違う。重い針圧で音溝をなぞって行くSPUがこの時代の録音にマッチしたのかもしれません。私のSPUはシリーズ中でも安価な製品ですが、その音はやはりSPUの個性を継承していると思います。

ウィリー・ボスコフスキー指揮ウィーン・フィルによるJ.シュトラウスのワルツ「南国のバラ」の演奏が大好きでして、英デッカでカッティングされた特製180g重量盤をこのSPUで聴くと何とも言えない弦楽器の艶が味わえるのですが、トーンアームを選ぶのが難点ですね。

P18428

SPUの下カバーを外して聴くとまた音調が微妙に変化します。少し抜けが良くなりますね。人によってはヘッドシェルからカートリッジのみを外して他社のヘッドシェルに付け替えている人もおります。しかし、SPU本来の個性はオリジナルのシェルに装着されたままの方ではないかと思います。まぁ、これはユーザーそれぞれのお好み次第ですね。

そういった事は置いといて、今の私は夜な夜なSPUでビートルズを聴くのが楽しみになっている今日この頃であります。(^^)

« 浅草橋界隈 | トップページ | 旧古河庭園 »

コメント

おはようございます。
LPレコードのお写真が目に入り、まず懐かしい~と思いました^^
私もLPはそのまま持っていますが、何年も聴いていません。
カートリッジによって、そんなにも違うものなのですね。私はいかげんなリスナーで^^;
それにしても、いいですね~。毎晩ビートルズのレコードに針を落とす。そのゆとり、見習わなくては^^

おはようございます。
いろんな音楽に興味を持っていらっしゃるのですね。
いつも知らない音楽家が紹介されていて、You Tubeで検索してみたりしますが、
ビートルズは、さすがに私も持っています。(^^)
ベスト盤で、誰でも知っている曲が入っているCDですが・・・^^;
“ミッシェル”という曲が、とても好きです。
ビートルズは、初期の作品も味があって、良いらしいですね。
いろいろ聞いてみたくなりました。^^;

koukoさん、こんにちは。
レコードは文化遺産ですから、大切にしましょう。もっとも、私の持っているクラシック音楽なんて、幾らにもなりません。買い叩かれるだけで。(≧∇≦)
カートリッジで音が変わるのは本当ですが、あまり拘る必要はありませんです。
え〜・・・ゆとりがあるのではなく、単なる暇人なのです。f^_^;

Maruさん、こんにちは。
思われているほど幅広く聴いてはいないのです、実は。
90パーセントくらいクラシックで、残りがJAZZその他、ビートルズは例外であります。
ミッシェル、私も大好きです。And I Love Herなど、静かな曲に名曲が多いですね。
赤盤、青盤のようなベスト盤でも普通は充分楽しめると思いますよ。

 KONDOHさん、こんばんは。

 子供の頃、家にあった確かコロンビアの卓上ステレオが、私のビートルズの原点です。
 
 ちゃんとしたステレオで聞いていたらよかったのですが、これもまた乙なものです。

 ビートルズの曲ですが、巾が広いので曲にあったカートリッジを探るのも、面白そうですね。

こんばんは。
たまたまortofon SPU Classic GE(mk2ですが)をオーディオクラフトのアームにセッティングしてあったので(ターンテーブルはマイクロ)全く同じレコードを聴いてみました。
ちょっと上品な感じですね。私の耳は映画公開時の映画館で聴いた音やその後のモノラルの音ですので、やむを得ません。アームの調整(もしくは相性)が悪いのかもしれませんが。

試しにLinnのLP12(カートリッジはgoldring elite)で聴いてみましたら音の定位も良く迫力があってとても良い感じでした。

SPUは、カートリッジ部分だけ取り外してアダプターでシェルに付けて聴くと普通に良い音になりましたが、個性がなくなる感じでしたので、今は元に戻しています。

pyosidaさん、こんばんは。
ビートルズは随分と長くお聴きになってらっしゃるのですね。
私は何しろブログの記事通り、まだ5年に満たないので、お恥ずかしい限りです。
曲毎にカートリッジを替える・・・、究極の選択ですね。(^^)

yymoonさん、こんばんは。
SPUはアームで随分音色が変わりますね。これは自分の体験からそう感じております。
購入当初、SAECのアームに付けて聴いてみたのですが、これがまた大変個性的な音で参りました。
とにかくゴリゴリとした音色で、私にはとても聴けたものではありませんでした。その後、SMEの3010Rに付けてみたらSMEの曖昧さがSPUの個性を少し中和してくれ、自分には大変聴きやすくなりました。以後、3010RはSPUの専用アームになりました。
それらのアームを使っていたマイクロの超重量級プレイヤーは売ってしまいましたので、今はもう割り切ってテクニクスのプレイヤーを使っていますが、このアームが案外SPUに合いまして、思わぬ収穫でした。
SPUはやはり売られている状態で聴くのが一番良いみたいですね。個性を味わう意味では。

私もSPU は、モノクロ用から限定バージョンまで
何種類か持っていますが、いいですね。
ターンテーブルはテクニクスですね。
古い、SP12 が実家にはあります。

ビートルズのレコードはは、
中学生の頃に集めた日本盤、
大枚叩いて買ったオリジナルなどありますが
でも、モービルフィビリティのセットが一番好きですね。

swingphotoさん、こんばんは。
凄いですね、そんなにSPUをお持ちなんですか!
私はビートルズに関しては最近聴くようになったので、あまり知識がないのです。(^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 浅草橋界隈 | トップページ | 旧古河庭園 »