« こちら葛飾区亀有公園 | トップページ | 京都・嵯峨祭 »

2014年6月 3日 (火)

帝釈天で生まれ・・・

Img468
江戸川堤にて(東京・柴又)

「さくら、博と仲良くやるんだぞ」
「お兄ちゃん、たまのお正月くらいおいちゃんたちと一緒に過ごせないの?」
「それが出来ねぇのが渡世人のつれぇ〜ところよ」

なぁ〜んていうセリフが聞こえて来そうな江戸川堤です。(笑)

Img462

ここは帝釈天参道。昨年夏以来の柴又になります。

Img463

まるで自分が寅さんになったような心持ちで柴又に帰って来ました。(^^;

Img470

残念ながら門前に源ちゃんは居ませんでした。(笑)

Img469

記憶違いでなければ、ハッセルブラッドを持って柴又に来たのは初めてかもしれません。しかし、未だに柴又を訪れる人の波は途絶えませんですね。この日も観光バスが何台も乗り付けて来ていましたし。そういう私も三年連続で来ています。(^^;

HASSELBLAD 503CW
Zeiss Distagon T* C 50mm F4
Fuji RDP III

« こちら葛飾区亀有公園 | トップページ | 京都・嵯峨祭 »

コメント

こんばんは。
なるほど柴又にも行かれたわけですね。1枚目の写真が眩しいですね。スカッとして美しいです。
私はもう20年くらい前に一度行ったきりです。山門とか本堂は結構古い造りだったように記憶しています。
帝釈天のそばに金町浄水場があります。桜の時季に中を見学できるのです。一度行きたいと思いながらも果たせていません。

素敵な写真ありがとうございます!
日本へ行ったら行ってみたい所の一つであります。そして海外旅行者向けのはとバスにも乗って東京観光をしたいのです^^;

おはようございます。
ハッセルの真四角写真での江戸川土手、気持ちがいい風景ですね~。
「男はつらいよ」のテーマソングが聞こえてくるようです^^
最後の帝釈天の寄進者のお名前に、寅さんはじめさくらさん、おばちゃんの名前を実際に見つけたら、感激してしまいそうです^^

おはようございます。
母や亡くなった父が、寅さんの映画が大好きで、いつも二人でテレビを見ながら笑っていたことを思い出します。私も一緒に2・3話ほど観たことがありますが、笑えて、心温まるお話しですよね。
2~3枚目は、映画の雰囲気を感じます。
私も柴又に行ってみたいです。映画を観て、少し予習して行かないとネ!^^;

おはようございます。
江戸川堤も寅さんに欠かせない場所ですね。とても気持ちの良い写真に感動です。

去年の8月末に、仕事で近くに行ったついでに初めて柴又に寄ってみました。
高木屋の草団子をおみやげに買いましたが、よもぎの香りが良くてとてもおいしいですね。

「男はつらいよ」シリーズはテレビでたまたま途中から見ても最後まで見たくなってしまうほど魅力に溢れた名作ですね。

cucchi3143さん、こんばんは。
柴又、多分・・・6、7回行っているのではないかと思います。何となく惹かれまして・・・(^^;
金町浄水場も近いですね。桜の時季は中に入れるのですか。
一度入ってみたいですね。

H.Oさん、こんばんは(こんにちは)。
帰国されましたら、是非お出掛けになって下さい。
はとバス、私も一度乗ってみたいと思っているのですが、都内は自分で行く事が出来てしまうので・・・。
はとバスの東京見物、柴又はほとんどのツアーに入っていると思います。

koukoさん、こんばんは。
柴又、やはりハッセルで撮影しておかなければ・・・と思っていました。
こういう場所はやはりフィルムの方が・・・。
寄進者のお名前、結構有名な方を見る事が出来ますよ。

Maruさん、こんばんは。
お父様、お亡くなりになっておりましたか。お母様を大事にして下さいね。
以前はご両親と寅さんをご覧になっておられたとの事。寅さん映画、笑いながらも教えられるところがあります。やはり山田作品ですね。
是非一度、柴又を訪れてみて下さいませ。
そうそう、毎週土曜日、BSジャパンで寅さん全作放送中ですよ。

yymoonさん、こんばんは。
訪れた日は若干汗ばむ陽気でしたが、それでも空気が乾燥していましたからとても気持ちが良かったです。
高木屋さんはロケの時に渥美清さんが休憩に寄るところだったようです。
映画は何度見ても飽きないです、私の場合。(^^;

こんにちは。
お馴染みの柴又ですね。
江戸川の写真がなんとも気持ちが良いです。いい具合に雲が浮かんでいますね。
柴又も一度は行ってみたいです。

ビワさん、こんばんは。
江戸川堤の写真はレンズと天候が上手く嵌ったようです。
柴又は寅さんのお陰で有名になりましたが、未だに沢山の観光客が訪れております。

2,3,4枚目あたりが自分好みの色合いでとてもいいなぁと思ったら、ツァイスレンズにRDPIIIとのこと。レンズとフィルムの組合せによる色合いやグラデーションの感じが少しわかった気がしました。

うっちーさん、おはようございます(こんばんは)。
今回訪れた時間帯はトップライトに近い光線状態でして、レンズとフィルム、光、そういうものが上手く重なったのだと思います。
ポジを見ると、やはりハッセルとツァイスレンズは手放せません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« こちら葛飾区亀有公園 | トップページ | 京都・嵯峨祭 »