« F3を持って懐かしの場所へ(2) | トップページ | 大判カメラの基本操作、チルト »

2014年6月11日 (水)

久々に大判カメラでテスト撮影

Img521
横浜・大さん橋にて

実に久々・・・、本当に久々に大判カメラを使ってみました。

何しろ使い方を忘れているのではないかと思い、一連の操作を思い出す為のテスト撮影をしてみました。

そのテスト撮影が今日の写真です。梅雨入り直前の空の下での撮影ですから、写真そのものはパッとしませんので、ご容赦下さいませ。

使った大判カメラはタチハラの木製ですが、最初前枠の組み立て方を一瞬忘れていました。お恥ずかしい・・・(^^;

取り敢えず何とか形が整い、レンズボードにレンズを装着し、先ずはピント合わせを。いつもならヤマ勘露出で撮ってしまうところですが、今回は大判ですからきちんと単体露出計で計りました。

絞りとシャッターをセットして念のため空シャッターを2回切ってみます。レンズシャッターは正常に動いているようなので、いよいよフィルムをセット。

で、改めてシャッターレバーを倒してシャッターをチャージ。少し緊張しながらケーブルレリーズを押します。

パチン!

慎重にフィルムを取り出します。さぁ~・・・きちんと撮れているかなぁ~。大判の時は現像上がりを見るまではいつも心配しちゃいます。(^^;

しかし、何とか撮れていました。
テスト撮影は成功! (^^)v

お詫び : 不手際がありまして、途中で記事を入れ替えさせて頂きました。

Tachihara Fielstand 45II GF
Fuji CM FUJINON-W 250mm F6.3
Fuji PRO 160NS

« F3を持って懐かしの場所へ(2) | トップページ | 大判カメラの基本操作、チルト »

コメント

おはようございます。
大さん橋で大判カメラを使っていたら、注目されてしまうでしょうね^^
写真屋さん以外で実際に大判を使っているところを見たことが一度だけあります。その方はどうもプロのようでしたが、街で大判を見るとなかなかの迫力ですよね。私は久々にハッセルを使うときなど、フィルムの入れ方から手順を家でおさらいしてから出かけます^^;

おはようございます。
タチハラはもう処分されていたのではないかと・・・(^^:)
クイックロードですか? フィルムの調達も随分細くなっているのではないでしょうか。
私はビューとテクニカルを持っているのですが、完全にオブジェですね。撮ることがあるだろうか?(´ω`;)

おはようございます。
ここは、私が何度見ても飽きることのない大好きな景色です。
赤煉瓦倉庫の赤と芝生の緑の対比が、美しいですね。
露出もバッチリでしたね。(^^)v
随分前になりますが、新宿御苑で、袋を被って大判で撮影していた方を
見かけたことがあります。目立ちますね~。(^^)
真剣に、慎重に、大切にシャッターを押す・・・
いつもデジタルで気軽にパシャしていますので、憧れます~♪^^;

おはようございます!

スキャンして縮小してこの素晴らしさなので、プラチナプリントやコンタクトシートみたいに「密着焼き」ならもっともっと立体感が出るのかな~と、考えただけでワクワクします。

手前の赤煉瓦と奥のコンクリートの対比が鮮やかで、時の重さを感じます。

冠布被っていらっしゃったんですよね。暑かったでしょうね。きっと。

koukoさん、こんばんは。
幸い、この日は天気が良くなかったせいか、訪れる人は少なかったです。それでも後ろを通る人は気になるのか見られました。(笑)
私はいつも行き当たりばったりですから、koukoさんみたいに準備万端という事は少ないのです。(^^;;;;

cucchi3143さん、こんばんは。
タチハラのようなクラシックなスタイルのカメラは部屋に飾っておくのも良いな、と思うようになりました。部屋のインテリアのひとつとして。(笑)
フィルムは残っているクイックロードです。先週、地元ヨドバシさんにフィルムを買いに行ったら、なんと置いてないのです。置いてあるのはブローニーと35ミリだけ。参りました。
で、現像出しの時に4x5の現像出しって今でもありますか? と訊いてみたら、ほとんどないです、との事。それではフィルムなんて置きませんよねぇ・・・。大判については危機感いっぱいになりました。

Maruさん、こんばんは。
大さん橋からの風景、お好きでしたか。私もここは好きな場所なので、しょっちゅう行ってます。(笑)
新宿御苑で大判を使っている方をお見掛けしましたか。私も一度あります。
あぁいう場所ならじっくりと撮れるので大判も良いかもしれませんね。
デジタルは多少気軽にシャッターを押してしまいがちですが、私も同じです。(^^;

ろだごんさん、こんばんは。
ライトボックスでルーペなしに鑑賞出来るサイズですから、下手な写真も見応えがあります。(笑)
一枚撮るのにかなりスローペースになりますが、写真を撮った・・・という手応えはデジタルにないものです。
しかし、これからのシーズン、暑くて冠布など被りたくないですねぇ・・・(^^;

こんにちは。
久々の大判ですね。大判はフィルムの入手性も悪くなっているのではないですか。
一度は大判で撮ってみたいものです。根源にして究極ですからね。

ビワさん、こんばんは。
そうなんです。先週、フィルムを買いに量販店に行ったのですが、何と大判用は一銘柄も置いてないのです。
ショックでした。急に危機感を感じました。

デジカメ全盛のこの時代どうしても銀塩カメラから離れられないのは「俺は自分流で行く」という臍まがり精神からです。4×5を使っていましたが、今は迫力に魅せられて8×10・四つ切暗箱カメラを使用し、横浜建造物等を撮り続けております。横浜のどこかでお会いするかもしれませんね?

おさむ たけむらさん、はじめまして
拙ブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。
8x10をお使いなのですか。凄いですねぇ・・・・。尊敬致します。
横浜の建造物をお撮りになっていらっしゃるのですか。
もし8x10をお見掛けしましたらお声を掛けさせて頂きますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« F3を持って懐かしの場所へ(2) | トップページ | 大判カメラの基本操作、チルト »