« 645Dの回折現象を検証する | トップページ | 続・富士フィルム X100を検証する »

2014年8月19日 (火)

645Dでマクロ撮影など

P120078
横浜・三溪園にて

PENTAX 645Dを入手後、僅かな手ぶれを心配するあまり、撮影は当初から三脚を使っていました。しかし、それでは撮影対象も限られてしまいますので、日曜日に手持ちスナップを敢行し、110枚ほど撮影。

例によって等倍表示してチェックしてみましたが、これは微妙かなぁ〜・・・という数枚を除くとピントは問題ありませんでした。(^^)

光量の乏しいところでのスローシャッターで僅かなるぶれが確認出来たものがありましたが、明るい日中であれば充分スナップ撮影にも使えますね。目立ちますけど。(笑)

P120083

以上の2枚は横浜・三溪園の時の撮影分です。キバナコスモスだと思います。三溪園でも三脚を使っていましたが、この花の撮影は手持ちです。

レンズは67用レンズを純正のマウントアダプター経由で使っています。67用レンズが絞り連動で使えるので便利です。

P120023
サンゴシトウ

ここからは日曜日、新宿御苑で撮影しています。もちろんすべて手持ち撮影です。

ピントは上部手前真ん中、三角部分の先に置いています。

P120049
ギボウシ(擬宝珠)

さすがにこの時期、新宿御苑も少し花が少ないですね。

お盆休みと重なっているせいか、訪れる人も比較的少なかったような気がします。何より蒸し暑かったです。木陰に入ると少し楽でしたが。

P120043
シオカラトンボ

手前の複眼(右)にピントを合わせていますが、等倍で見たらジャスピンでした。複眼の模様もバッチリ描写しています。(^^)
等倍で切り取ろうかと思いましたが、二日続けてそこまでしなくても・・・と、思い止まりました。(笑)

今回手持ち撮影をやってみて、これは行けそうだと実感しました。ただ、カメラは大きく重いですけど。まぁ、バケペンも似たようなものですから。(^^;

PENTAX 645D
smc PENTAX-67 100mm F4 Macro
smc PENTAX-645 A120mm F4 Macro

« 645Dの回折現象を検証する | トップページ | 続・富士フィルム X100を検証する »

コメント

おはようございます。
手持ちでも全然問題がないですね。でも大きなカメラで花のマクロ撮影は目立つでしょうね^^
シオカラトンボは子どもの頃の夏休みの記憶と結びついているので、
今日のお写真を拝見して、夏休みがいよいよ折り返した頃のちょっと淋しい気分まで思い起こしました^^

マクロといえば、ついGRで手軽にやってしまいがち。大きなカメラでキチンと撮るのが、良いです。SL66が、、、ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

こんにちは。
手持ちでも大丈夫ですね。
110枚も撮られたのですね。腕が疲れそうです・・・。
大きなセンサーは、被写界深度が浅くなるということですが、
その浅さを利用したお花の写真は、美しいですね~♪
綺麗な背景のボケにうっとりします。
ピントがしっかり合っているから、活きてくる写真ですね。(^^)v

koukoさん、こんばんは。
そうですね、手ぶれに注意して静かにシャッターを押せば、大丈夫そうです。
キバナコスモスは出入り口際に咲いていました。で、撮影を終わったら、入り口係りの女性と目が合ってしまいました。私の撮影をじっと見ていたようで。(笑)
私は昆虫少年でしたから、夏になればいつも捕虫網を持ってセミやトンボを追い掛け回していました。(^^;

スカルピアさん、こんばんは。
GRは軽くコンパクトなので、便利ですよね。
SL66、大きな40mmレンズが印象に残っています。(^^)

Maruさん、こんばんは。
手持ち撮影、明るいところでしたら大丈夫そうです。
1枚50MBもあるのに、110枚は撮り過ぎですね。(笑)
新宿御苑ではそれほど撮影していなかったのですが・・・。
ボケを強調したい時は大きなセンサーは有利ですね。でも、ピント合わせは気を遣います。

こんばんは。
いずれの写真もボケ方を見るとピントが薄いことがよく判ります。で、センサーの大きさを考えると合焦にはかなり注意しないといけないでしょうね。
合焦部の状態を見るとかなりの精細感ではないのでしょうか?

どんなカメラを使っても、すばらしい写真がいっぱい。さすがです!
110枚、バッテリーは大丈夫だったんでしょうか?
やはり解像度(画素数)よりフォーマットの大小が(大伸ばしだと)大事なんでしょうね。

でもペンタ645にいかれるとはびっくりで、数日間ずーっと作品を拝見しました。
で、その感想がこの文章の冒頭に戻るわけで。

cucchi3143さん、こんばんは。
ピント面は本当に薄いです。
ただ、645Dのスクリーンはピン山が掴みやすいので助かります。
若干ピンがずれていたものは自分の体が微妙に動いているからです。
精細感はありますね。

ろだごんさん、こんばんは。
いえいえ恐縮です。
バッテリーは案外持ちますね。110枚くらいでは液晶のマークもまだまだフルのままです。
画素数に関してはついこの間まで使っていたD800系と大きな差があるわけではないのですが、何となく余裕みたいなものを感じます。
これは例えてみれば画素数は変わらなくとも携帯カメラと一眼との違いみたいな感じですね。
本音はハッセル専用のデジタルバックに逝きたいところなのですが、私には雲の上の価格なので。
ですからマウントアダプターでお茶を濁したいと・・・f^_^;

こんにちは。
キバコスモスは大好きな花のひとつです。背景の緑との組み合わせが良いですね。
複眼の模様まで見えますか。こういう写真は大伸ばしにして観賞してみたいですね。

ビワさん、
はい、被写界深度は極薄ですが、ピント面の複眼はバッチリ模様が描写されておりました。
自分でも「へぇ〜・・・・」と、感心しました。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 645Dの回折現象を検証する | トップページ | 続・富士フィルム X100を検証する »