« 645Dで風景写真 | トップページ | 三溪園(2) »

2014年8月15日 (金)

三溪園

S25043

ペンタックス 645Dを持って横浜本牧の三溪園に行って来ました。持参したレンズはすべてハッセルブラッドのレンズです。

50mm、100mm、150mm、250mmと、一揃い持ってです。645Dでどういう感じに写るのか、という個人的楽しみがあったものですから。(^^;

ハスがまだ少し残っています。ただ、綺麗なものはさすがにほとんど残っておりません。

S25052

せっかくハッセルのレンズを使うのですから、正方形に切り取る前提でフレーミングしようかと考えたのですが、645Dで初めてハッセルレンズを使うという事で、最初はセンサーサイズを生かす事にしました。

S25072

645D、使ってみて実感したのは被写界深度が非常に狭い(浅い)という事。センサーサイズがフィルムの645に少し満たないとはいえ、やはりそれなりに大きいので当然と言えば当然ですね。

フィルム撮影の時はルーペでピントチェックをしていましたが、4000万画素のデジタル写真はパソコンモニターで100%表示にしてチェックすると、フィルムでは見えない細部まで見えてしまいます。普段はこういう事はしないのですが、購入直後なのでつい・・・(笑)

そうして見ると、一見被写界深度に入っていると思われた部分が深度から外れている事などが良く分かります。後日掲載するつもりですが、大さん橋前で撮影した写真がそういう感じでした。

改めてピントの正確さを求められるカメラと実感した次第です。

PENTAX 645D
Zeiss Sonnar T* CF 250mm F5.6

« 645Dで風景写真 | トップページ | 三溪園(2) »

コメント

おはようございます。
お書きになっていらっしゃる被写界深度のせいだと思いますが、
柔らかい、華やかとも言えるような、素敵な写りですね~。
4000万画素のデジタル写真、想像もつかない世界なので、
これからのお写真がホント楽しみです♪

おはようございます。
浮遊感のあるお写真は、センサーの大きさからなのですね。
ふわりとした感じがとても素敵です。発色も落ち着いていて、よいですね。
よい写真は、センスももちろん大切ですが、
材力(機材のことですが、財力ともいえますが・・・^^;)も必要なんだなぁ~って、
痛感させられます。
これからのお写真とお話を楽しみにしています。

koukoさん、おはようございます。
被写界深度は本当に薄いです。本当はフィルムの方がもっと薄いわけなのですが(6x6はもっと)、フィルムの場合は拡大して確認出来ませんので・・・。
デジタルの高画素は神経を使うようになりますね。D800でも同じでしたが。
しばらく格闘してみます。(笑)

Maruさん、おはようございます。
材力は恩恵を受けているかもしれませんが、財力はまったくありません。(笑)
何かを買う時は手持ちの何かを売らなければならないので、買い増しが出来ないのです。(;_;)
私は酒、タバコをやりませんので、幸いそちらでお金を使わないだけまだマシと思っております。(笑)
センサーが大きくなればボケも大きくなりますので、浮遊感はそういうところから感じておられるのかもしれません。

645D、楽しみに拝見させていただきます。
大きなカメラはもう、ぼくには財力、体力ともに無理ですから。(笑)
645に限らず、近頃の高画素ブームでは、レンズの欠点やらピントあわせの甘さやら、まったく白日のもとに曝される恐怖の時代ですね。
35mmのフィルムで、ワイドの単焦点などは、ピントはアバウト、∞からちょっと戻してとかで誤魔化してきましたが。

おはようございます。
1枚目の写真は柔らかい自然なボケで、センサーの懐の深さのようなものを感じます。
最初は100mmか150mmあたりでの撮影かなと想像したのですが、250mmだったのですか。ピントの薄さをイメージしてみるのですが、実際は想像以上なのでしょうね。
合焦、アングル、それと機材の重さなどを考えると、とくに望遠系では三脚に据えてじっくり撮ることが妥当なように思えますね。

こんにちは。
おっしゃる通りです。僕もピント合わせで難儀しています。
それとブレですね。三脚も見合ったものでないと駄目なようです。
しかし中判の写りは、その苦労を差し引いても魅力的です。

kurakameさん、こんばんは。
今回はかなり・・・思い切った買い物であります。
仰る通り、昨今の高画素カメラはピンあま、手ぶれ、かなりハッキリ分かってしまいますね。その点、フィルムは多少ごまかしが効きました。(笑)
往年のライカ写真家のスナップなどは被写界深度でスナップしていたようなものですが、高画素カメラはそういう事が出来ませんです。

cucchi3143さん、こんばんは。
1枚目は望遠レンズを使っている事と、被写界深度はかなり狭いので、おっしゃるような雰囲気が出たのでしょう。
今回は広角から望遠まで欲張って持ち出しました。言わば、自分の為のテストです。(笑)
自宅に戻って厳密に精査してみますと、ピントはかなり正確さを要求されているような気がしました。望遠は三脚必須ですね。今回は三脚に据えて撮影しております。

ritomoさん、こんばんは。
ピント合わせはかなりの正確さを要求されますね。
おっしゃるようにちょっとしたぶれもNGでしょう。
でも、きちんと撮れたもの、写りは本当に素晴らしいです。

こんにちは。
望遠レンズらしい優しい写りですね。250mmはさすがに重いでしょう。
ハスはもう終わりですか。夏もそろそろ終わりですかね。まだまだ暑いですが。

ビワさん、こんばんは。
いつもありがとうございます。
ハスはさすがに終わりかけていました。昨年はピークの時にわざわざ撮影に行ったのですが。
中判も250mmとなると望遠らしくなりますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 645Dで風景写真 | トップページ | 三溪園(2) »