« チャイコフスキー/くるみ割り人形 | トップページ | 西新宿 »

2014年8月30日 (土)

久々にバケペンを使ってみる

Img673
横浜・大岡川

毎月最低一本のフィルムを消費する事を自分へのノルマとしています。今月は少なくて、ブローニーフィルムを二本消費したのみです。六月は集中してフィルムカメラを使っていたのですが。

で、今月は2台の中判カメラでフィルムを一本ずつ。最初は実に久々に使う事となったバケペンです。

Img677

撮影場所は拙ブログにも何度となく登場している大岡川。自分が子供の頃、この川沿いで育った事もあって思い入れがあるのです。

雨期にでも入ったのかと錯覚するような八月の天候。そういう中で珍しく晴れ渡った時に撮影しています。

↑ここは首都高速狩場線、花之木の出口です。

Img674

前方で何かの訓練なのか、子供たちが水の中に入ろうと・・・!?

Img676

歩いていると沿道に植えられているソメイヨシノの木でセミたちが豪快に鳴いています。ミンミンゼミに少し近付いて・・・。

しかし、バケペンのシャッター音はセミたちより豪快な音であります。(笑)

P67

決して小さいとは言えない35ミリフィルムカメラのニコン F6と記念撮影してみました。バケペン、やはり大きいですね。威風堂々という感じです。ところが新品価格を考えると、今の中古相場は可哀想になりますね。まぁ、フィルムカメラの現状はメーカー問わず悲惨な状況ですが。

つい最近、某カメラ店でバケペン(レンズは105mm)を肩から提げ、中古カメラ、レンズを物色していた二十代前半と思しき女性を見掛け、凄いなぁ・・・と感心すると同時に自分も負けないよう刺激を受けた事があります。(笑)

そうそう、バケペンって嘗ては鉄道カメラマンに愛好されていたカメラなんですよね。今度、自分もバケペンで鉄道に挑戦してみますか。

PENTAX 67TTL
smc PENTAX 67 105mm F2.4
Fuji RDP III

« チャイコフスキー/くるみ割り人形 | トップページ | 西新宿 »

コメント

こんばんは。
KONDOHさんの67は綺麗でコンディションが良さそうですね。
PENTAX67(6X7)は2年前くらいが底値でしたが、いまは価格が上昇していますね。6X7ですと15,000円くらいで入手できたのですが、いまは2万円台半ばではないでしょうか。
ところで645Dの画像の後にフィルム6X7のスキャン画像を見ると、緻密感は645Dの方が優れているように感じます。もっともフィルムはスキャンの具合もあるでしょうから一方的に決めつけるわけにはいきませんが。

おはようございます。
バケペンを使っている方とご一緒したことがありますが、大きいですよね~。
そのとき私もハッセルを持っていたのですが、ハッセルが小さく見えました^^
子どもたちのいるスナップ、夏らしいよいお写真ですね。
KONDOHさんはかなりのペースでデジタルを撮られていますが、
フィルムも月1本とは! 見習わなくては^^;

cucchi3143さん、おはようございます。
はい、中古店頭でAランクというバケペンとしては珍しい状態のモノに遭遇した時に、ふらふらっと手にしていました。(笑)
ペンタ67はほとんど実用として使い込まれた個体が多いので、どうしてこんなに綺麗なの・・・と、同時にお安かったので。確かに15,000円くらいで一時随分と見掛けました。
645Dとの比較ですが、仰る通りの事を実は私も感じています。フィルムは業務用スキャナーで丁寧にスキャニングしないと中判デジタルには緻密さの面に関しては敵わないかもしれませんね。

koukoさん、おはようございます。
バケペンをお使いの方とご一緒した事がおありでしたか。大きいでしょう〜?
本文に今付け足したのですが、このバケペンを肩から提げていた女性を最近見掛けたのです。それで私も負けずに・・・・と。(笑)
月1本、これは随分前から自分の信条としてフィルムカメラを使っているのですが、やはりデジタルにない楽しさがありますよね。koukoさんもフィルムが中心なのでお分かり頂けると思いますが。

おはようございます。
パケペン、大きなカメラですね。
最近、若い女性のカメラ愛好家に人気があると聞いたことがあります。
どんどん小型化・軽量化されるなかで、このカメラが人気があるのは、
やはり、使いたくなる写りがあるのでしょうね。
まだ一度も中古カメラ屋さんに入ったことがないのですが、
フィルムカメラって、それほど高価ではないのでしょうか?
一度覗いてみようかしら?・・・なんだか恐ろしい・・・^^;

Maruさん、こんばんは。
はい、オバケペンタックスですから。(^^;
バケペンが若い女性に人気なのですか?
確かに昨今の流れは小型軽量化が主流ですよね。
ところが軽薄短小の真反対、重厚長大のカメラですから、バケペンは。
中古カメラ屋さん、臆する事無く入ってみて下さい。最近は女性も多いですよ。
フィルムカメラはデジタル化の波に飲まれてとても悲惨な状況です。何が悲惨かと申しますと、中古市場価格がです。
嘗て十数万円で発売されていたフィルムカメラが今は1万円くらいで売られてるのはざらです。5千円なんていうのも沢山有ります。(^^;
特に中判カメラは酷くて、ハッセルブラッドのレンズなんて新品の時は50万円、60万円で売られていたものが、中古市場では3万円ほどで売られる名レンズも有るくらいです。

オバケペンタックスですか、、、やっと分かりました^^;
なんだかんだ言っても世の中、デジタル全盛でありますが、ナショジオを観てもパキパキのよく撮れた絵に違和感を感じてしまいます。バケペンも今度見つけたら速攻でゲット!します。6X7がイマイチなんて言ってられないですね^^ゞ

スカルピアさん、こんばんは。
緻密な645Dも素晴らしいですが、曖昧さの残るフィルムもまた素晴らしいです。
6X7、私も必ずしも好きなフォーマットではないのですが、貴重な銀塩、贅沢を言ってられません。^_^

こんにちは。
大岡川ではカヌーもやっているんですね。
さすがの巨体。特にペンタプリズム部分の大きさが目立ち、645とは設計思想が違うのが面白いです。

ビワさん、こんばんは。
はい、カヌーは時々見掛けます。しかし、いつもは大人がやっているのですが・・・。
フィルムフォーマットが大きいから、と言えばそれまでですが、設計時点から出来るだけコンパクトに、という概念は恐らくなかったのでは、と思わせる巨体です。

出遅れました^^;。
蒔田公園ですね。
以前、大岡川の護岸を工事している記憶があったのですが、
こんな設備(カヌー乗り場?)を作ったのですね。知りませんでした。

バケペンは2度、購入したことがありますが、使いこなせず挫折しました。
プリントの良さは十分過ぎるくらい判りましたが、なかなか撮るものがありませんでした。それでも2回買ったのですが、学習能力が疑われます^^;。

最初に買ったバケペンはミラーアップ無しの初期型で、今は無き、伊勢佐木町の加藤回陽堂カメラ部門(薬局カメラ^^;)で購入しました。

ぽちさん、
はい、蒔田公園です。
時々カヌーを見ますが、ここから出ているのでしょうかねぇ?
バケペン、2度お使いになっておりますか。実は私も今のバケペンが2度目なのです。
この大きさですすとなかなかスナップには持ち出しづらいですね。
必然的に使う機会が少ないので、手放してしまうのかもしれません。私がそういうパターンでしたから。
おお、伊勢佐木町の加藤回陽堂さん、在りましたねえ・・・。何故、薬局屋さんでカメラが売られているのかいつも疑問に思っていました。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チャイコフスキー/くるみ割り人形 | トップページ | 西新宿 »