« 八高線 | トップページ | 西新宿をスクエアで »

2014年9月21日 (日)

ニコン D750 試し撮り

Dsc_0848
24-85mm(ISO 6400)

「Nikon Digital Live 2014」というイベント(於 西新宿)に行って来ました。

Dsc_0821
24-85mm(ISO 6400)

中井精也さん、阿部秀之さん、茂手木秀行さんらのセミナーも用意された椅子が足りないほどの盛況でした。特に中井精也さんのセミナーは人気でした。

Dsc_0822
24-85mm(ISO 6400)

D750を使っての撮影体験コーナーでは綺麗なモデルさんの撮影コーナーと、恐竜の撮影コーナーが用意されており、参加者は自身のメモリカードを使えば撮影写真持ち帰りオーケーでした。

Dsc_0657
24-120mm(ISO 12800)

で、私は綺麗なモデルさんの撮影には興味が無く f^_^;、ご覧のように恐竜の撮影をさせて頂きました。(^^;

Dsc_0861
24-85mm(ISO 6400)

撮影コーナーはこんな感じです。ちなみに恐竜は良く動きますし、目も瞬きをするのです。このまま恐竜映画の撮影が出来そうなくらいです。

D750ですが、シャッターを切った瞬間のブラックアウト時間、ファインダー像の安定感はD810とはかなり差がありますね。やはりクラスの違いを感じます。

Img_1169

D700番台という型番から、多くのニコンユーザーは名機D700の後継機を予想されたのではないかと思います。当初噂が流れて来た際、「高速連写機」という話しだったので、私も画素数はD4sと同じ1600万画素くらいで、コマ速の速いFXフォーマットのカメラか・・・と思いました。

Img_1170

しかし結果は、多くのニコンユーザーの期待を削ぐものでした。(笑)

Img_1172

私個人の勝手な想像ですが、ニコンさんはいろいろと良くない話題が先行してしまったD600番台を今後は欠番としたいのではないかと。D750を自分で使ってみると、やはりこれはD610の後継機だと実感しました。

本来ならD620とすべき型番のカメラではなかったかと・・・。

余談ですが、D810とD800、D800Eの撮り比べセミナーを少し見ていたのですが、D810の画質がD800/E両機にハッキリとした差を付けている事を自分の目で確認出来ました。デジタルは最新機種ほどクオリティが上がる事を再確認した次第です。

D810のカタログ文句で謳っている通り、D810はニコンデジ一眼史上最高画質の性能を持ったカメラだと私自身も思いました。というより、35ミリフルサイズまでの一眼史上最高画質のカメラではないかと。

※ 恐竜以外の写真はiPhone 5で撮影しています。

« 八高線 | トップページ | 西新宿をスクエアで »

コメント

おはようございます。
大きな催しだったのですね。
D750の噂はあちこちで目にしますが、概ねがっかりしたような話ですね。
それにしても、Nikonさんは次々に新しいカメラを出してきますね^^
話は変わりますが、中井精也さんのNHK BSの番組を楽しみに見ております^^

koukoさん、おはようございます。
D750は、型番が悪かったですねぇ〜・・・・(笑)
素直にD620としておけば、普通にユーザーから受け入れられたと思うのに・・・。
D700の後継機を待つニコンユーザーって、結構多いようなのです。そういう人たちがD750と聞けば、いよいよかぁ〜・・・と、皆さん思った事でしょうから。
でも、D600ですらD700の仕様を上回っているのですけどね。
中井精也さんの番組、ご覧になってますか? 私も忘れないよう録画して見ておりますよ。(^^)

おはようございます。
わ~、恐竜さん、かっこいいですね。私は、恐竜が大好きなんですよ。^^;
ニコンさんは、さすがに素敵な小道具を用意されますね。
迫力のある撮り方が、素敵です。(^^)v
しかし、ISO6400~12800 で、こんなにノイズがない美しい画像なのですね。
カメラの型番を聞いても全然分からない私ですが、(ごめんなさい m(__)m )
この画像を見たら、素晴らしいカメラだと思いましたし、
時代は、ここまで進化しているんだなぁ~って、感じます。

Maruさん、こんばんは。
え、恐竜がお好きだったのですか? (^^;
この恐竜、良く出来ていますよ。実物大? って思うくらい大きいのと、体が本当に生き物のようによく動くのです。
瞼はパチクリ動いて、実に生々しいです。(笑)
ISO6400〜12800でもノイズが少ないですね。こういうところはセンサーサイズ(36x23.9mm)の大きさがメリットとして効いています。
型番なんて知らなくても恥ずかしい事はありません。カメラ好きの能書きですから。(笑)

こんばんは。
私も当初はD700後継機なのかと思ったのですが、最高速が1/4000secまででしたので少し戸惑いました。仰るように610の進化と考えたほうが判りやすいですね。
ISO6400の画像は十分に実用に堪えられるものだと思いますが、それにしてもiPhone5の画像の見事さよ!(笑)

cucchi3143さん、こんばんは。
cucchi3143さんもD700の後継機と思われましたか。
そういうふうに思った人は多いと思います。ニコンさんは罪作りな型番を付けたものですね。(笑)
高感度耐性は新製品ほど良くなっていますね。凄い時代になったものです。
iPhone5の画像を見ると、コンデジが売れなくなるのも分かりますね。

こんにちは!

D700の後継だと思ったので、戻る準備(というより、MFレンズがもったいないので)をしていました。>>ニコンのカメラに。 全面的に戻ると言うより、必要だから1台準備すると言う形ですが。
ところがD750のシルエットを見て、またカタログを読んで、「D700の後継」と呼ぶことにものすごい違和感を覚えました。・・・何か違うなあと。
やはり皆さんも、同じ思いだったんですね。

D810の高感度ノイズ問題が決着するのが早いか、Dfのレンズキットの値崩れが早いか・・・D4s、D4の高値推移が続く中、ちょっと魅力的な商品ではなかったD750は残念だったなと思います。

ろだごんさん、こんばんは。
ろだごんさんは確かD700をお使いでしたよね。
でしたら、余計後継機をお待ちになっていたと思います。今回は私もD750という型番から少し期待していました。
もちろんD750というカメラが良くないという事では勿論ありません。無理を承知で言わせて頂くと、やはり数字が間違いの元ですね。(^^;
D750、手にして使ってみるとお分かり頂けると思いますが、やはりD620の後継機です。
Dfは値崩れしにくいような気がしますが、どうでしょうねぇ・・・。

こんにちは。
D600系は手軽にFXフォーマットが手に入るカメラでしたが、人気が無かったのでしょうか。例えモノが良くても期待と違うと人気が出なかったりしますし、なかなか大変ですね。

ビワさん、
D600はセンサーの左上に飛び散った油膜やゴミが盛大に付く事から、中国でリコールみたいな騒動になり、最悪の場合はD610に交換したそうです。
そのD610も急遽目先を変える為のモデルチェンジでしたから、D600系は人気がイマイチのようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 八高線 | トップページ | 西新宿をスクエアで »