« 房総半島鉄旅 その三 | トップページ | 国営ひたち海浜公園 »

2014年9月 6日 (土)

キヤノン EFレンズをソニー α7Rで

Dsc02471
Canon EF 40mm F2.8 STM

キヤノン EFレンズ(とEF-Sレンズ)を、所有しているソニー α7Rで使う事が出来るマウントアダプターを購入しました。完全にお遊びですね。(^^;

上の写真はパンケーキ EF 40mmをα7Rに装着して撮影しています。撮影場所はいつもの大さん橋です。(笑)

購入したマウントアダプターは電子接点付きなので、EFレンズをオートフォーカスで使えるのと、絞りの制御もα7Rのサブダイヤルを使って操作出来るので、キヤノン EFレンズがまるで純正レンズのように使えるのが実に嬉しいです。

それだけではなく、手ぶれ補正付きのレンズでは手ぶれ補正も効きますので、何の制限も無いと言っても差し支えないと思います。

キヤノン製デジタルカメラには現在3600万画素ものセンサーを搭載したカメラが有りませんので、自分でもEFレンズでどういう写りになるのか興味津々でした。

そこで、敢えてAPS-Cセンサー搭載機専用のキットレンズで撮影してみました。レンズはキスデジなどのキットに使われていたEF-S 18-55mmという入門用とも言うべき標準ズームレンズです。以前、中古Aランク品を6千円少々で購入したものです。

Dsc02461
18mm

先ずはワイド側18mmで撮影。実はこのAPS-C専用レンズをSONY α7Rで使った場合、ファインダー上でどのように見えるのか興味がありました。

イメージサークルが小さいですからファインダー上では周辺がケラレるのかと思ったのですが、そうではなく、きちんとAPS-Cの画角になっていました。電子接点付きなので、レンズの情報がカメラに伝わっているという事なのでしょう。

Dsc02462
24mm

キヤノン APS-Cセンサーは他社よりほんの僅か小さいため、フルサイズ比で約1.6倍の画角になりますので、焦点距離24mmですと38.4mmほどの画角という事ですね。

Dsc02463
35mm

今日の写真はすべてオートフォーカスを使って撮影しています。拙宅のモニターで等倍表示にしてピントを確認してみましたが、まったく問題なく合焦しています。これには少々ビックリです。

オートフォーカスのスピートですが、さすがにキヤノン製カメラで使う時のような速さはありません。マウントアダプター経由ですからこれは仕方ないですね。動作を文字にしてみると、

ジー・・・ジー・・・ジジジジ・・・ピン!

という感じです。(笑)
最初に無限と最短を往復した後にピントを追い込んで行って合焦!

まぁ、一時代前のコンデジ並みのスピードと申したら良いでしょうか。Exifにレンズ焦点距離、絞り、シャッターが記録されるので、まったく文句ありません。思わぬ拾い物のマウントアダプターという感じです。

71855

SONY α7Rにレンズを装着した姿はこういう感じです。

SONY α7R
Canon EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS II

« 房総半島鉄旅 その三 | トップページ | 国営ひたち海浜公園 »

コメント

こんばんは。
接点付アダプターが出回りだした頃に入手して不具合があり、それ以降接点付アダプターは使わないようにしています。もっともいまや初期の不安定さは解消されてきているでしょうね。
APS-C用のレンズも情報を読んでボディ側が対応するのですか。便利ですね (^^:) AFも対応するとは知りませんでした。

おはようございます。
オートフォーカスまで使えてしまうのでは、もうボディはこれ1台でもいいくらいですね。
そうはいかないでしょうけど^^
レンズを付けた姿もなかなかですね。SONYさんのカメラはとても薄型ですが、
レンズを付けると、それほど感じなくなりますね。
日暮れのみなとみらいの風景は絵になりますね~♪
涼しくなって来ましたから、これからは気持ちよく散歩ができますね。

cucchi3143さん、おはようございます。
電子接点付きアダプターは2万、3万と、結構なお値段するものが多く、遊びで使うには・・・でした。
しかし、購入したものは1万円少々。使うまでは半信半疑でしたが、これなら使えそうです。
APS-Cまで使えるのは便利ですよね。

koukoさん、おはようございます。
α7Rは当初からマウントアダプターで使う事を想定して購入していました。
しかし、EOS用のアダプターは購入想定外であります。f^_^;
でも、これは使えそうです。後は耐久性がどうか、です。
大分涼しくなって来ましたので、お散歩写真再開ですね。

マウントアダプター遊びは今まではまさに“遊び”の域を出なかったと思うのですが、
AFに手ブレ補正までできるとなると実用域に入ってますね。機材の色々な組合せが
楽しめるのはとてもいいことですし、手持ちの資産が活かせるならなお結構です。

うっちーさん、こんばんは。
本当ですよねぇ〜、アダプターが進歩すると遊びの域を超えてしまいます。
このアダプターも使ってみるまでは疑心暗鬼でしたが、良い意味で期待を裏切りました。(^_^)

こんにちは。
他社製レンズが無制限で使えるとは、いい時代になりましたね。EFレンズが使えるとなれば、性能はともかく、選択肢は膨大。AFのスピードさえ我慢すれば、EOSは要らないですね。

ビワさん、こんばんは。
自分でも予想外でした。
通常マウントアダプターは何らかの制約があって当然なわけですが、それがレンズ本来の機能を使える事に驚きました。

 他社のレンズ、CanonのAFレンズが使えるのは、画期的ですね。

 マウントアダプターが出始めた頃、安物の接点付きを購入したことがあります。当時のはひどくて、下手をするとセンサーに傷がいくかもしれないと思える粗悪品でした。
 しかし、最近だとかなり改善されているので、魅力的です。

pyosidaさん、こんばんは。
今までは接点付きとはいってもあまり当てには出来ませんでしたよね。
ところが今回私が入手したアダプターはなかなか良い出来でした。これなら楽しめそうです。
少しずつ進歩しているという事でしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 房総半島鉄旅 その三 | トップページ | 国営ひたち海浜公園 »