« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月30日 (火)

稲村ケ崎暮色

Dsc02627
鎌倉・稲村ケ崎にて

湘南・・・・という言葉がピッタリの鎌倉・稲村ケ崎の海岸。

夕陽が江ノ島の上に落ちて来るところを撮影しています。夕陽の下の塔は「江の島シーキャンドル」です。

サムエル・コッキング苑に建つ展望塔で、360度見渡せる絶景の展望台がありますので、訪れた時には是非上がってみて下さい。視程さえ良ければ富士山も良く見えますよ。

0001

冒頭の写真をトリミングしてみました。

右に薄らと見えるのはもちろん富士山です。少し霞んでいますが、視程の良い日はもっとハッキリと富士山が見えるのですが、残念です。

撮影は手持ちです。こういう時、明るいレンズは重宝しますね。

SONY α7R
NOKTON 50mm F1.1

2014年9月29日 (月)

寝台特急「カシオペア」

1d21514
寝台特急「カシオペア」(EF510-512)

思わぬ噴火で大きな惨事になっている御嶽山。私も一度だけですが行ってますので、「あそこが〜・・・」と、驚いています。残念ながら心肺停止の方が思っていた以上に多いですね。高さに関係なく、登山には細心の注意が必要だという事を改めて実感しています。しかし今回はねぇ・・・。

今日は走行中の寝台特急「カシオペア」です。以前、「北斗星」の走行写真を撮影したのは初めてという事を掲載写真に添えましたが、「カシオペア」の走行写真も初めての事です。いずれも上野駅構内で発車シーンを撮影した事はあるのですが。

撮り鉄の皆さんからすると、恐らく↑こうした編成写真は最後尾まで写すものだ、とおっしゃるかもしれません。(^^;

ですが、天邪鬼の私は敢えて客車後方を切りました。延々、同じ色の客車が続いているので、あるところで客車は切って、機関車を大きく捉える事にしました。

1d21492

ところでこのEF510-512ですが、先日撮影した「北斗星」の時と同じ車両でした。要するに客車がカシオペア用か北斗星用かの違いだけです。(^^;

ちなみにこのEF510形は北斗星塗装車という事ですね。

Canon EOS-1D Mark II
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD

2014年9月28日 (日)

陣馬の滝

N283550
静岡県富士宮市にて

ここの滝を「陣馬の滝」と言います。

N283544

源頼朝が狩りの際、滝の近くに陣を敷いたところから「陣馬の滝」と名付けられたようです。

N283542

実は私、この滝を撮影するのは初めてなのです。何度も滝入り口の前を通りながら、いつも素通りしていました。

というのは、被写体として滝は何故か今まであまり興味を惹かれる対象ではなかったからなのです。前を通る度、そのうちに・・・なんて思いながら素通り。(^^;

N283536

しかし今回、ようやく撮影してみました。白糸の滝ほど有名ではないので、訪れる人もそれほど多くはありません。

ちなみに流れているこの水は生活用水として使えます。もちろん飲む事が出来ます。取水しやすいように太い竹筒がセットしてあります。私も丁度飲み干したお茶のペットボトルに水を入れて飲みましたが、美味しかったです。

台車にポリタンクを何個も積んで来る人を見ましたが、その他近くに住んでいる方でしょうか、次々にポリタンク持参で訪れていました。

この後、ついでだから白糸の滝も久しぶりに行ってみたのですが、こちらは大変。駐車場には何台もの観光バス、一般車も駐車場入り口に並んでいます。これではあの狭い観瀑場は観光客でごった返しているだろうと思い、パスしました。

Nikon D7100
AF-S VR NIKKOR 28-300mm F3.5-5.6G ED

2014年9月27日 (土)

猪之頭林道

P450670
猪之頭林道にて

ここでの撮影は実に久しぶりの事となります。昨日の二十曲峠より更に高い位置からの撮影です。

以前訪れた時より更に上の位置から撮影していますが、ここは眺望が最高です。もっとも、このように天候が良ければの話しですが。まぁ、天候が良くなかったら上がりませんが。(笑)

今日も以前撮影した写真を掲載してみます。

Fuji115
503CXi、Planar 80mm F2.8(Fuji RVP 100)

503CXi、私が初めて購入したハッセルブラッドなので、個人的には非常に懐かしいです。

そうそう、写真を取り出して思い出しました。この撮影の後、富士山写真の第一人者、大山行男さん宅を訪問したのでした。

P800674

上空にちらちら見えるのはゴミではありませんよ。(笑)

尚、富士山写真はどのカットもPLフィルターは使っていません。

PENTAX 645D
smc PENTAX-FA645 45-85mm F4.5

2014年9月26日 (金)

二十曲峠

P450651
山中湖にて

今日も富士山です。

パノラマ台を降りて来て、次に目指したのは二十曲峠。私お気に入りの撮影ポイントでして、何度訪れているか自分でも分かりません。(^^;

二十曲峠に向かう途中、通りがかりの山中湖畔で撮影したのが上の写真です。昨日の写真から1時間くらい経っています。

そういえば大分前、夜間にここでバルブ撮影した事がありますので、ご参考までに掲載させて頂きます。

Fuji_71
503CW、Planar 100mm F3.5(Fuji RVP 100)

↑これがその時のフィルム写真。撮影日は2006年11月13日です。気温はすでに氷点下。午前1時頃に撮影しています。

P800663
二十曲峠にて

で、今回二十曲峠に上がって撮影した写真がこれです。残念な事に大分雲が発生していて、ご覧のような様子に。

高い位置から富士山を対等のように見る事が出来るので、嘗ては富士山撮影の人気ポイントでした。しかし、撮影位置周辺の木々が年々成長して富士山撮影に支障が出るほどになっているせいか、最近はここで撮影する人も少なくなっているようです。

数年前の正月、ここで撮影していたら、「お隣、よろしいでしょうか?」と、ご婦人が私の隣に三脚を立て始めたのです。撮影中、会話をするようになり、どちらから来られたのかお訊きしてみたら、何と三重県からでした。毎年正月は富士山を撮影したいが為に、お一人で車を運転して来るのだそうです。ビックリしました。そのくらい、富士山は魅力的な被写体なのでしょうね。

PENTAX 645D
smc PENTAX-FA645 45-85mm F4.5
smc PENTAX-FA645 80-160mm F4.5

2014年9月25日 (木)

雲海富士

P800622

昨日掲載した写真からまた霧が深くなり、しばし富士山は見えなくなりました。

しかし、少し時間が経つとようやく霧が晴れて来まして、富士山も大分鮮明に見る事が出来るようになりましたが、日も高くなって頂上付近の赤味はこちらが期待したほどにはなりません。

それでも雲海を良い感じに見る事が出来、ラッキーでした。

P450639

冒頭写真から10分ほど経過すると澄み切った青空が見え、実に清々しい風景を見る事が出来ました。

それでもまだ富士山は幾らか霞んでおりますが。

雲海は時間の経過とともに右へ流れて行き、徐々に薄くなって行きました。この後、パノラマ台を降りて自分のお気に入りの場所へ久しぶりに向かいます。

PENTAX 645D
smc PENTAX-FA645 80-160mm F4.5
smc PENTAX-FA645 45-85mm F4.5

2014年9月24日 (水)

富士幻想

P800611
山中湖パノラマ台にて(9月23日撮影)

久しぶりに富士山の撮影に行って来ました。
午前3時過ぎに自宅を出、4時半前に山中湖に到着したものの、大変な霧で視界が悪く、日の出の時間帯に不安が・・・。

東名高速御殿場インターを降りてみると、上空にはそこそこ星が肉眼で確認出来るので富士山と星を絡めてバルブ撮影が出来るかも、と期待。

ところが山中湖周辺は前述の通り深い霧に覆われていてガックリ。湖畔を走行中、悠然と道路を横断する四つ足の動物がシルエットで見えたので減速してみると、鹿でした。ライトに照らされてもまったく動じず、車道をゆっくりと横断して行きました。(笑)

取り敢えずパノラマ台で日の出を待つ事に。しかし、霧で富士山はまったく見えず。赤富士(冬は紅富士)を撮影出来る事を期待して出掛けたのですが、難しい状況。

日の出の時間、明るくなって来たものの、相変わらず深い霧で富士山が見えません。周りで日の出を待っている人たちも、「ダメだね、今日は」という声が聞こえて来ます。

我慢強く待っていると、ほんの少しの時間ですが、多少霞みながらも富士山が見えました!

その瞬間にシャッターを切ったのが今日の写真です。ハッキリ鮮明な赤富士も素晴らしいですが、少し霞みながらの富士山もなかなか良いものです。

能書きはたっぷりですが、今日の写真はこの一枚だけ。(^^;

PENTAX 645D
smc PENTAX-FA645 80-160mm F4.5

2014年9月23日 (火)

西新宿の造形

Dsc02496
LOVE

今日の写真も西新宿で撮影していますが、昨日の写真とは撮影日が異なります。共通しているのはどちらも曇天の日だったという事。(笑)

Dsc02483

キヤノンのパンケーキレンズを使ってのお気軽スナップ写真であります。

Dsc02474

ただし、ボディはSONY α7Rです。他社製マウントアダプターを介して使っていますが、まるで純正レンズを装着しているかの如く、普通にオートフォーカスで撮影出来るのですから便利この上ないです。(^^)v

Dsc02488

ビル群が立ち並ぶ西新宿、そのビル群を主題に撮影してみたのが今日のスナップです。

Dsc02492

しかしビルもまた、じっくりと見てみるとそれぞれ皆造りが違いますね。当たり前の事ですが、建築家の腕の見せ所、という事でしょうか。

Dsc02504

お馴染みのタワーですが、真下から撮影する事って、あまりなかったような・・・。

SONY α7R
Canon EF 40mm F2.8 STM

2014年9月22日 (月)

西新宿をスクエアで

Img688

今日はフィルム写真です。

ハッセルブラッドを持って、西新宿をお散歩しながら撮影しています。天候は生憎の曇天。もっともモノクロでは分かりづらいかもしれませんね。

Img691

東京都庁も何回撮影していますかねぇ。しかし、都民から集めた税金でよくもまぁ〜・・・こんな豪華な庁舎を建てたものと思います。(^^;

Img687

西新宿は正しくコンクリートジャングルと言って良いでしょうね。言わば高層ビル乱立の先駆けとも言って良い地です。

西新宿を歩くと、いつも上を見上げながらのお散歩となります。(笑)

HASSELBLAD 500C
Zeiss Planar C 80mm F2.8
Kodak 400TX

2014年9月21日 (日)

ニコン D750 試し撮り

Dsc_0848
24-85mm(ISO 6400)

「Nikon Digital Live 2014」というイベント(於 西新宿)に行って来ました。

Dsc_0821
24-85mm(ISO 6400)

中井精也さん、阿部秀之さん、茂手木秀行さんらのセミナーも用意された椅子が足りないほどの盛況でした。特に中井精也さんのセミナーは人気でした。

Dsc_0822
24-85mm(ISO 6400)

D750を使っての撮影体験コーナーでは綺麗なモデルさんの撮影コーナーと、恐竜の撮影コーナーが用意されており、参加者は自身のメモリカードを使えば撮影写真持ち帰りオーケーでした。

Dsc_0657
24-120mm(ISO 12800)

で、私は綺麗なモデルさんの撮影には興味が無く f^_^;、ご覧のように恐竜の撮影をさせて頂きました。(^^;

Dsc_0861
24-85mm(ISO 6400)

撮影コーナーはこんな感じです。ちなみに恐竜は良く動きますし、目も瞬きをするのです。このまま恐竜映画の撮影が出来そうなくらいです。

D750ですが、シャッターを切った瞬間のブラックアウト時間、ファインダー像の安定感はD810とはかなり差がありますね。やはりクラスの違いを感じます。

Img_1169

D700番台という型番から、多くのニコンユーザーは名機D700の後継機を予想されたのではないかと思います。当初噂が流れて来た際、「高速連写機」という話しだったので、私も画素数はD4sと同じ1600万画素くらいで、コマ速の速いFXフォーマットのカメラか・・・と思いました。

Img_1170

しかし結果は、多くのニコンユーザーの期待を削ぐものでした。(笑)

Img_1172

私個人の勝手な想像ですが、ニコンさんはいろいろと良くない話題が先行してしまったD600番台を今後は欠番としたいのではないかと。D750を自分で使ってみると、やはりこれはD610の後継機だと実感しました。

本来ならD620とすべき型番のカメラではなかったかと・・・。

余談ですが、D810とD800、D800Eの撮り比べセミナーを少し見ていたのですが、D810の画質がD800/E両機にハッキリとした差を付けている事を自分の目で確認出来ました。デジタルは最新機種ほどクオリティが上がる事を再確認した次第です。

D810のカタログ文句で謳っている通り、D810はニコンデジ一眼史上最高画質の性能を持ったカメラだと私自身も思いました。というより、35ミリフルサイズまでの一眼史上最高画質のカメラではないかと。

※ 恐竜以外の写真はiPhone 5で撮影しています。

2014年9月20日 (土)

八高線

G28061
JR高崎駅にて(JR八高線)

JR八高線(はちこうせん)に初めて乗車しました。

八高線は、東京・八王子駅から群馬県高崎市の倉賀野駅までを結ぶJR東日本の鉄道です。しかし実際は、倉賀野駅の隣駅、高崎駅までの運行となっており、私も高崎駅から八王子駅まで乗車しました。

ワンマンカーなので、降りる時は先頭車両の一番前まで車内を移動しないと降りる事が出来ません。

G28063
倉賀野駅

カメラはRICOH GRを使っていますが、スチル写真は2枚しか撮影しておらず、もっぱらGRで動画を撮っていました。窓際にカメラを置いて、走行中の動画を撮影していました。

なので、16:9の横長写真はすべて動画からの切り出しです。走行中の動画から切り出したりしていますので、シャープネスの点ではイマイチですが、ご容赦下さい。

G28064

こうした風景を楽しみながらの鉄道旅でした。

ところで八高線は、八王子駅と高麗川駅間は電化されておりますが、高麗川駅と高崎駅間は非電化路線です。ですから高崎駅から乗車した車両は冒頭写真の気動車、キハ110系200番台という車両が使われています。

G28066
丹荘駅

気動車独特の唸り音が妙に懐かしかったです。非電化路線なんて、北海道函館〜札幌〜旭川〜網走まで、特急列車に乗車した時を思い出しました。

G28065
児玉駅

これはスチル写真で、停車中に窓越しで撮影しています。この可愛いベンチの並びに惹かれて一枚撮影。

G28068
高麗川駅

前述したように高麗川駅までが非電化路線なので、気動車の乗車はここまでです。で、今度は電車に乗り換えて八王子駅まで向かうわけです。

ひとつの路線で非電化路線と電化路線の区間に別れているというのは珍しいですね。高麗川駅から乗車した電車は極普通のJR車両なので、撮影はしておりませんのでご容赦。(^^;

RICOH GR
GR LENS 18.3mm/F2.8

2014年9月19日 (金)

新幹線 E7系

T700171

新幹線 E7系は2015年3月14日に予定されている北陸新幹線の金沢への延伸開業時に導入される、JR東日本の新型車両。JR西日本のW7系と同じ車両だそうです。

現在、長野新幹線に先行導入されています。

T700134

E5系、E6系を見ると流線型のデザインが定着している新幹線ですが、このE7系もその延長線上にあるデザインだという事が分かります。

調べてみるとE6系のデザイナーの監修によるものらしく、なるほど・・・と納得します。

T700139

E5系のグリーン、E6系のレッドの後、E7系はブルーが基調となった色使い。決して地味ではないですが、グリーン、レッドの後ですとやや落ち着いた雰囲気を感じませんか?

T700172

E5系のデビュー時、私は東京駅まで見に行きましたが、あの鮮烈な印象のグリーンほどではありませんが、このE7系も結構印象が強いです。

ところでE5系もE6系も、私は未だ乗る機会がないのです。E5系はデビューした直後にあの大きな震災に遭った事が忘れられません。

Canon EOS 50D
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD

2014年9月18日 (木)

高田馬場

Dp2142
高田馬場にて

飛行機が続きましたので、今日はスナップ写真を。どなたもご存知の鉄腕アトムです。

Dp2134

東京・高田馬場は鉄腕アトムの生みの親、手塚治虫さんの手塚プロダクションが在る事から、ガード下にこのようなキャラクターが描かれています。

Dp2140

ホームの発車ベルも鉄腕アトムのメロディが流れて来ます。ご存知でしょうか?

Dp2156

思えば高田馬場で写真を撮るのは初めてではないかと思います。

Dp2158

高田馬場も学生街と言って良いでしょうね。しかしこの日は日曜日という事もあって、裏通りは結構閑散としていました。平日は学生たちで賑やかなのかもしれません。

高田馬場というと、中山安兵衛(後の堀部安兵衛)が果たし合いの助太刀で名を挙げた地として有名ですね。いえ、私も映画やドラマで見ただけですが。(^^;

SIGMA DP2 Merrill
SIGMA LENS 30mm F2.8

2014年9月17日 (水)

成田・さくらの山公園

1d3_1178

今日も飛行機ブログです。(^^;

今回の撮影場所である「さくらの山公園」は、成田市駒井野に在る公園で、成田空港A滑走路(4,000m)16Rの北端に位置しておりまして、その展望台から飛行機の離着陸を見る事が出来ます。

上の写真は公園駐車場入り口、道路反対側で撮影しています。風向きにもよりますが、今回はこのように飛行機がランディングして来ました。左の信号奥に木々が見えると思いますが、ここに公園が在ります。右側はもう滑走路です。

大阪・伊丹空港エンド付近、千里川の土手と同じく飛行機ウォッチングが実に楽しいところなんです。千里川の土手のように真上に飛行機が降りて来るわけではないですが、それでもかなり近いです。家族連れで飛行機を見に来られる人たちも多い公園なのです。

1d3_0627
アメリカン航空 B777-200ER(N755AN)

今日は比較的撮影機会の少ないエアラインを掲載してみます。アメリカン航空もこの新塗装になってからは確か撮影していなかったと思います。

1d3_0635
スリランカ航空 A340-300(4R-ADG)

スリランカ航空機、撮影はこれが2回目です。

1d3_0698
ユナイテッド航空 B777-200ER(N76021)

ユナイテッド航空自体は珍しくないのですが、スターアライアンス塗装機は自分にとっては初めての撮影。元はコンチネンタル航空機でしたが、ユナイテッド航空に経営統合されています。

1d3_0714
S7航空 A320-200(VP-BOM)

初めて撮影したエアラインです。ロシアのS7航空機。この色は目立ちますねぇ〜・・・。公園内でも急に人がデッキに集まりましたから。(笑)

1d3_0839
アエロメヒコ航空 B787-8 Dreamliner(N961AM)

メキシコ最大のエアラインです。

1d3_0921
ANAウィングス DHC-8-400(JA858A)

この飛行機自体は別に珍しくもないのですが、成田で見たのは私、初めてなんです。(^^;

1d3_0907
アイベックスエアラインズ CRJ-700

この飛行機も伊丹空港では何度も見ているのですが、成田で見るのはこれまた初めて。

1d3_0995
日本航空 B787-8 Dreamliner(JA824J)

最後は普通に日本航空機を。日本航空のB787です。この主翼のしなり、何とも言えずカッコいいですね。

Canon EOS-1D Mark III
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD

2014年9月16日 (火)

成田空港飛行機図鑑 タイ国際航空 A380

1d3_0964
タイ国際航空 A380-800(HS-TUE)

いきなり、なんじゃこの写真は!

と、思われたかもしれませんね。(笑)
今回の成田詣ではPENTAX 645Dともう一台、サブとしてEOSも持って行ってました。タイ国際航空のエアバス A380が到着する直前にPENTAX 645Dのバッテリーが切れる寸前になったため、EOSに持ち替えて撮影しています。

上の写真はそのタイ国際航空機が遥か遠く、私の前の滑走路に向けて着陸態勢に入る為に大きく旋回しているところを撮影しています。この後、降りて来る迄に20分くらいを要していましたので、かなり遠くを回って来るという事ですね。

1d3_1082

で、ようやく来ました!

撮影場所の「さくらの山公園」もざわざわとして来ました。(笑)

1d3_1096

今日はそのタイ国際航空機のランディングシーンを動画のようにお見せしたいと思います。

1d3_1105

大きいなぁ〜・・・・!

1d3_1106

総二階建てはさすがの大きさ。

1d3_1108

直ぐ目の前を!

1d3_1110

主翼の下はこんなふうに・・・・。

1d3_1115

ランディング直前。

1d3_1127

無事、ランディングしました!

撮影場所の「さくらの山公園」ですが、先月訪れた時は気温35度を超える猛暑日でした。その為か、カメラマン以外は人も少なかったのですが、今回は気候が秋めいて来た事もあって家族連れが多かったですね。その他カップルや撮影者で大変な賑わいでした。

そうそう、先月訪れた時はアシアナ航空のA380を撮影出来たのでしたね。

写真はもちろんすべてノートリミングです。

Canon EOS-1D Mark III
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD

2014年9月15日 (月)

中判デジタルの飛行機も面白いけど

P800432
エバー航空 A330-200(B-16309)

エバー航空の「ハローキティ」塗装機です。何とも可愛らしい塗装ですね。(^^)

今日もPENTAX 645Dで撮影した飛行機写真で、撮影場所は成田の「さくらの山公園」です。

P800554
ユナイテッド航空 B787-8 Dreamliner(N26906)

B787も世界のエアラインに次々と納入され、成田でも随分と見られるようになりました。ユナイテッド航空のデザイン、機首から尾翼迄流れるような品の良い塗装で、私は気に入っております。

P800542
大韓航空 B747-400(HL7499)

お隣、韓国からの大韓航空機も成田、羽田へと便数が多く、良く見るこの水色は旅客機としてなかなか映える色合いですね。

P800536
エア・カナダ B767-300ER(C-FCAE)

今回、PENTAX 645Dで飛行機を撮影してみて感じたのですが、645の4:3というフォーマットはイマイチ飛行機撮影に合わないような気がしました。自分が撮り慣れているせいもあるのかもしれませんが、35ミリ判の3:2の方が自分の好みに合いますね。

P800498
全日空 B787-8 Dreamliner(JA808A)

全日空さんのB787の8号機がランディングするところです。

さくらの山公園、午後から順光になりますので、機体がより一層映えて実に綺麗でした。

写真は昨日も今日も、すべてノートリミングです。

PENTAX 645D
smc PENTAX-FA645 80-160mm F4.5

2014年9月14日 (日)

PENTAX 645Dで飛行機撮影

H250251
FedEx Express MD-11F(N609FE)

鉄道が数日続いた後に、今度は飛行機です。(^^;

PENTAX 645Dを持って成田空港へと行って来ました。中判デジタル、鉄道写真という事でSLみなかみ号の撮影に使いましたので、今度は飛行機撮影です。

H250259

未だに3発機が飛んでいる事に感謝。私、3発機のデザインが好きで、マクドネル・ダグラス DC-10の退役直前、わざわざ数回乗りに行ったくらいです。(笑)

DC-10の思い出はこちらに。

それが今も貨物とはいえ、MD-11を見られるのですからねぇ。羽田では見る事が出来ませんので、やはり成田は素晴らしい!

H250278
ヴァージン・アトランティック航空 A340-600(G-VRED)

エアバスのA340も今でこそ羽田空港(ルフトハンザドイツ航空)で見る事が出来るようになりましたが、以前は成田か関空に行かなければ見る事が出来ない大型機でした。

H250312
日本航空 B787-8 Dreamliner(JA830J)

羽田では全日空機でB787を普通に見る事が出来るようになりましたが、成田では日本航空の国際線で見る事が出来ます。

H250327
AIR INDIA B787-8 Dreamliner(VT-ANH)

こちらもB787で、インドを代表するエアラインのエア・インディアです。

成田空港に来ると羽田では見る事が出来ないエアラインのB787を見られるので、B787ファンの私としては嬉しい限り。(^^)

今日はPENTAX 645Dにハッセルブラッド用のレンズをマウントアダプターを介し、更に2倍のテレコンを装着、撮影したものを掲載しました。

PENTAX 645D、ピン山が掴みやすいのでマニュアルフォーカスでも何ら使いづらさは感じません。すべて、絞りは開放です。

PENTAX 645D
Zeiss Sonnar T* CF 250mm F5.6 + x2

2014年9月13日 (土)

ブロニカ

Img679

久々のブロニカです。昨年夏に使って以来ですから、ほぼ一年ぶりに持ち出しました。(^^;

懐かしい強烈なシャッター(ミラー)音とミラーショック。(笑)

Img680

和製ハッセルブラッドとも呼ばれたらしいですが、作りは素晴らしいカメラですよね。機構的にはハッセルブラッドを上回る部分も有るわけですから。

恐らくハッセルブラッドを相当研究したのだと思います。

Img681

ボディに関しては金属の塊、という言葉がピッタリです。数年前に某ショップで結構綺麗なS2と遭遇し入手したのですが、修理点検されたばかりの個体でして、修理票を見ると修理項目の中に「ピント調整」が入っていたので安心して購入しました。

レンズもファインダーも綺麗なので、以後手放さずに現在迄来ています。肝心のレンズはボディとセットになっていた標準レンズ 75mm一本のみ。しかし、もっと使ってあげないといけませんね。

ZENZA BRONICA S2
Nikkor-P 75mm F2.8
Fuji RDP III

2014年9月12日 (金)

JR相模線

T70128
JR相模線

神奈川県内を走るJR相模線をご存知でしょうか?

茅ヶ崎駅(茅ヶ崎市)と橋本駅(相模原市)とを結ぶ(33.3km)JR東日本の路線。朝夕のみ橋本駅から東京・八王子駅まで乗り入れておりますが、正規の路線としては神奈川県内のみを走る単線の鉄道路線であります。

神奈川県内の鉄道といえばどれもが東西を走る路線ですが、このJR相模線は相模川沿いを南北に走っている珍しい路線で、東海道線と中央本線とを結ぶバイパス路線の役割を担っているわけです。

車両の水色のラインは相模川をイメージしています。

C18096

調べてみますと1991年に電化された事によって、すべての路線が電化されている初めての県となったそうです。そういえば今、神奈川県内に非電化路線はないですものね。

しかし、神奈川県内で単線の鉄道路線に乗るというのも実に不思議な感じです。

C18103

使われている車両は205系500番台の4両編成。ちなみにドアの開閉は乗降客による押しボタン式です。

私は今迄JR相模線に乗った事はなく、今回初めて乗りましたが、駅ホームに電車が進入して来てもドアは開きません。ドア横にあるボタンを押すとドアが開くのです。降りる時も同じくボタンを押してドアを開きます。

いや〜・・・実にローカルチックな楽しい鉄道でした。(^^)

Canon EOS 40D
EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS II
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD

以下は、今日の記事とはまったく関係ありません。

Lan

以前記事にしたマランツ製ネットワークプレイヤー NA8005の発売記念キャンペーンというのに応募していたのですが、何と当選したとの事で昨日商品が送られて来ました。(^^)

応募していた事などすっかり忘れていたのですが(笑)、そのキャンペーンとはAudioquest社製のUSBケーブル、若しくはEthernetケーブルを抽選でそれぞれ20名にプレゼントするというもの。私はEthernetケーブルに応募していました。しかし、まさか当るとは。(^^)

さて、今使っているケーブルと換えてみて、果たして音は変わるのか・・・?

2014年9月11日 (木)

JR貨物列車

C18049
EF210-122(桃太郎)

日頃、貨物列車を撮影する機会がないのですが、今回ヒガハスで何回か撮影する事が出来ましたので、今日はそれらを掲載します。

調べてみますと、このEF210形電気機関車は、JR貨物が1996年から製造している平坦路線向け直流電気機関車です。

C18093
EF65 1104

このEF65形、何と日本国有鉄道(国鉄)が1965年に開発した平坦路線向け直流電気機関車。

国鉄・・・の名が出て来るところが歴史を感じさせますねぇ・・・。そういえば旧横須賀線などで見られた国鉄色ですね。

C18103
EH500-65(金太郎)

EH500形は、JR貨物が1997年から製造している三電源方式交流直流両用電気機関車。

電気機関車にもいろいろと歴史があるのですね。恥ずかしながら私は知識に乏しいので、今日はこれくらいで。(^^;

Canon EOS 50D
EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS II

2014年9月10日 (水)

スペーシア

C18133
東武鉄道100系「雅」編成

東武鉄道のスペーシア、浅草を訪れた際、隅田川を散策している時に鉄橋を通過するところを見た事はありますが、今回のようにきちんと撮影したのは初めてです。

何となく新幹線に似たような顔をしていますね。

この「雅」編成の紫色は、東京スカイツリーのライトアップデザイン「雅」をイメージした江戸紫だそうです。

C18084

1枚目を撮影する前、先に撮影していたのがこの写真です。

見事に下り電車と被ってしまいました。
ぐやじ〜・・・と地団駄踏んでいたのですが、時間を置いて1枚目の写真を撮る事が出来ました。(^^)

Canon EOS 50D
EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS II

2014年9月 9日 (火)

ヒガハス

C18068
寝台特急「北斗星」(EF510-512)

今日のタイトル、「ヒガハス」って何?

と思われた方は鉄道には関心のない方。直ぐお分かりの方は鉄道マニアの方です。(笑)
ヒガハスとはJR東北本線の「東大宮駅」と「蓮田駅」の間に在る、鉄道を撮影する為の人気撮影ポイントの事なんです。両駅名の頭を捩って「ヒガハス」と呼んでいます。

私、天邪鬼なものですから基本的に人が集まっているところでの撮影は避けています。他の人と同じ写真を撮っても・・・という事で、自分で撮影ポイントを探すようにしています。

ですが、ゴリゴリの鉄道マニアではない私(というより知識不足)ですから、基本を知るという意味でヒガハスに初めて行ってみました。で、運行中の寝台特急列車「北斗星」を初めて撮影出来ました。日本初の豪華寝台列車とも呼ばれていたようです。

T70088
黒磯訓練車両(EF65 1118)

で、こちらは黒磯訓練と呼ばれている乗務員さんの習熟訓練のための試運転列車です。

田端機関区所属の電気機関車でブルートレインに使われる客車6両を牽引しています。尾久〜黒磯間を往復する訓練列車なので、「黒磯訓練」と呼んでいるようです。

北斗星は上野駅構内で撮影した事はありますが、前述した通り運行中を撮影したのは今回が初めて。黒磯訓練を撮影出来たのも今回が初めてという、自分にとっての鉄道写真としては収穫の日でした。天候はイマイチでしたが。

Canon EOS 50D
EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS II
Canon EOS 40D
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD

2014年9月 8日 (月)

国営ひたち海浜公園(2)

C18017
みはらしの里

昨日の続きです。みはらしの里には百日草が満開だった事は昨日申しましたが、ここには「おばけかぼちゃ」も沢山出来ておりまして、本当に大きいのです。中でも特に大きいのは直径が50〜60センチはあったと思います。

で、後ろには古民家が残されています。

C18024

年代を感じさせる造りでした。

C18025

中で梅ジュースを振る舞われたのですが、これが美味しいのです。

C18028

こういうふうにしてご飯を炊いたら、さぞかし美味しいでしょうねぇ・・・。

C18059

パンパスグラスも見頃を迎えています。遊園地の観覧車を背景に。

逆光に透けて、なかなか綺麗でした。

C18061

ピンク色のパンパスグラスは私、初めて見ました。

ひたち海浜公園、戦前は陸軍の水戸飛行場だったそうです。敗戦後、米軍の管轄となり、1973年に返還され、現在に至っております。

Canon EOS 40D
EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS II

2014年9月 7日 (日)

国営ひたち海浜公園

C18004
茨城県ひたちなか市

茨城県に在る「ひたち海浜公園」を訪れてみました。

自宅を出る時は厚い雲に覆われた曇天でしたが、現地に到着してみれば嘘のような晴天に恵まれてラッキーでした。

C18011

西池を挟んで西口・翼のゲート方向を撮影。

C18020

みはらしの里には百日草がこれでもか! というくらい花開いていました。約35万本との事です。

C18039

みはらしの丘のコキアです。夏はこのように見事な緑色ですが、秋には真っ赤に紅葉するそうです。赤く染まったコキアも見事でしょうね。

C18049

シーサイドトレインと子供を交えてのスナップ。

シーサイドトレイン、列車に似せてありますが、もちろん車で牽引しています。1日周遊券は500円。後方がみはらしの丘になります。

ひたち海浜公園、海沿いに在るせいか、日差しはあっても横浜のように蒸し暑くはないですね。海風がとても気持ち良かったですよ。

Canon EOS 40D
EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS II

2014年9月 6日 (土)

キヤノン EFレンズをソニー α7Rで

Dsc02471
Canon EF 40mm F2.8 STM

キヤノン EFレンズ(とEF-Sレンズ)を、所有しているソニー α7Rで使う事が出来るマウントアダプターを購入しました。完全にお遊びですね。(^^;

上の写真はパンケーキ EF 40mmをα7Rに装着して撮影しています。撮影場所はいつもの大さん橋です。(笑)

購入したマウントアダプターは電子接点付きなので、EFレンズをオートフォーカスで使えるのと、絞りの制御もα7Rのサブダイヤルを使って操作出来るので、キヤノン EFレンズがまるで純正レンズのように使えるのが実に嬉しいです。

それだけではなく、手ぶれ補正付きのレンズでは手ぶれ補正も効きますので、何の制限も無いと言っても差し支えないと思います。

キヤノン製デジタルカメラには現在3600万画素ものセンサーを搭載したカメラが有りませんので、自分でもEFレンズでどういう写りになるのか興味津々でした。

そこで、敢えてAPS-Cセンサー搭載機専用のキットレンズで撮影してみました。レンズはキスデジなどのキットに使われていたEF-S 18-55mmという入門用とも言うべき標準ズームレンズです。以前、中古Aランク品を6千円少々で購入したものです。

Dsc02461
18mm

先ずはワイド側18mmで撮影。実はこのAPS-C専用レンズをSONY α7Rで使った場合、ファインダー上でどのように見えるのか興味がありました。

イメージサークルが小さいですからファインダー上では周辺がケラレるのかと思ったのですが、そうではなく、きちんとAPS-Cの画角になっていました。電子接点付きなので、レンズの情報がカメラに伝わっているという事なのでしょう。

Dsc02462
24mm

キヤノン APS-Cセンサーは他社よりほんの僅か小さいため、フルサイズ比で約1.6倍の画角になりますので、焦点距離24mmですと38.4mmほどの画角という事ですね。

Dsc02463
35mm

今日の写真はすべてオートフォーカスを使って撮影しています。拙宅のモニターで等倍表示にしてピントを確認してみましたが、まったく問題なく合焦しています。これには少々ビックリです。

オートフォーカスのスピートですが、さすがにキヤノン製カメラで使う時のような速さはありません。マウントアダプター経由ですからこれは仕方ないですね。動作を文字にしてみると、

ジー・・・ジー・・・ジジジジ・・・ピン!

という感じです。(笑)
最初に無限と最短を往復した後にピントを追い込んで行って合焦!

まぁ、一時代前のコンデジ並みのスピードと申したら良いでしょうか。Exifにレンズ焦点距離、絞り、シャッターが記録されるので、まったく文句ありません。思わぬ拾い物のマウントアダプターという感じです。

71855

SONY α7Rにレンズを装着した姿はこういう感じです。

SONY α7R
Canon EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS II

2014年9月 5日 (金)

房総半島鉄旅 その三

P14060

夏休みの房総半島一周、今日は鋸山(のこぎりやま)に上がった時のスナップです。プールが見えますねぇ。

P14064

曇天で視程の悪い日でしたので、ご覧のような残念な風景。

鋸山、場所は東京湾フェリー金谷港の近くになります。天気が良く、視程も良ければ東京湾を挟んで正面に江ノ島や城ヶ島、そして後方には富士山も見えるそうです。この日は富士山どころか金谷港しか見えません。(^^;

P14067

見える海はほんの手前だけでした。(;_;)

もっとも上がる前からこういう状況は覚悟してましたけど。

P14073

P14071

P14069

文面の面白さに・・・・(^^)

P14081

江ノ島もそうですが、こうしたところにいる猫ちゃん、元々は捨て猫なのでしょうかねぇ?

ここでは羅漢像や大仏などが鋸山観光の目玉になっているようです。大変蒸し暑かったのですが、海から吹き付けて来る風はとても気持ち良かったです。

Panasonic DMC-GH2
G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.

2014年9月 4日 (木)

東京駅を俯瞰

S45104
東京駅

もうお馴染みのKITTEからの撮影です。

北陸新幹線に使われる予定のE7系が停車していました。遠目とはいえ、E7系を見るのはこれが初めて。

S45109

KITTEの屋上庭園、相変わらずそれなりに人が訪れていますね。

S45110

DP2 Merrillの30mm F2.8というレンズ、本当に四隅までビシッと、実にシャープな解像をするレンズで、まさにデジタルに特化した性能だと思います。

S45114

ただし、何度も申し上げますが、レスポンスだけは一時代前のデジタルカメラみたいです。

RICOH GRのようにサクサク動いてくれたら、文句無いのですがねぇ・・・(^^;

SIGMA DP2 Merrill
SIGMA LENS 30mm F2.8

2014年9月 3日 (水)

三ノ輪橋停留場

Dscf0197
都電荒川線、三ノ輪橋にて

友人ご家族と都電荒川線に乗車。私自身は今年何回目かなぁ〜・・・(^^;

いつも都電は利用客が多いですね。地元に根付いているという事だと思います。

Dscf0192

都電もこうしたラッピング車両が多いですが、利益を上げていつまでも走らせて頂きたいものです。

Dscf0194

こうしたブリキ板の広告宣伝ですが、わざと付けているのか、それとも往年の宣伝をそのまま残しているのか、どちらなのでしょうねぇ?

Dscf0202

三ノ輪橋から少し歩くとごく普通の都心らしい大通りです。東京スカイツリーも見えますね。

カメラはX100で撮影。フィルム シミュレーションはスタンダードだと少し派手目なので、「ASTIA/ソフト」を選んで撮影しています。X100では、これが私のスタンダードですね。

FUJIFILM X100
EBC FUJINON LENS 23mm F2

2014年9月 2日 (火)

夏の風物詩

G28091
横浜・伊勢佐木町にて

夏と言えば縁日。子供の頃、夏になると伊勢佐木町の一部で開催される縁日をいつも楽しみにしていました。

1と6の付く日、地元では「イチロク」と呼んでいた縁日に二、三年ぶりに行ってみました。

出店の一番人気はやはり金魚すくいですね。私も随分とやったものです。

G28073

縁日が開催される度に母にお小遣いをせびるので、「この間も行ったばかりでしょ! 今日は我慢しなさい!」なんて、よく叱られたものです。(笑)

G28089

子供の頃住んでいたところから、縁日の開催場所まで子供の足でも10分と掛からなかったのです。ですから、縁日の開催日は昼からそわそわしていたものです。(^^;

G28095

しかし、久しぶりに訪れてみたら、自分の子供時代とは違って出店の数が随分少なかったです。私の時代は通りの左右にびっしりお店がくっ付き合ってところ狭し、という状態だったのに、今はお店とお店の間に大きなスペースが出来ていました。

G28098

焼き鳥屋さんも出ていますね。

お客さんの数も自分の子供時代に比べると随分少ないです。昔はもっと賑やかでした。少子化の影響で子供の数が減っている事も影響しているのでしょうか?

G28102
横浜・弘明寺商店街にて

で、こちらは弘明寺商店街の縁日です。3と8の付く日に開催され、「サンパチ」と言ってます。

この日は雨でしたが、アーケードのある商店街なので雨の日も開催しています。伊勢佐木町の方は雨が降ると中止になるのですが。

G28103

こちらでも金魚すくいは人気です。しかし、弘明寺商店街の縁日も出店が以前より少なくなっていますね。昔はバナナの叩き売りなんかもやっていた記憶があるのですが・・・。

「角は赤木屋白木屋さんの紅白粉(べにおしろい)付けたお姐さんから下さい頂戴で頂きますと五百や六百は下らない品物。ですが今日はそれだけ下さいとは申しません! 浅野内匠頭じゃないが腹切ったつもり!・・・」という寅さんの声が聞こえて来たら楽しいですね。(笑)

RICOH GR
GR LENS 18.3mm F2.8

2014年9月 1日 (月)

零戦(靖国神社)

G28143
零式艦上戦闘機五十二型

昨日はドイツから一時帰国されていらっしゃる大切な友人ご家族と久しぶりに合流。とある理由から靖国神社内で待ち合わせをする事に。

で、靖国神社の後は都電荒川線に乗りに行きました。

G28144

実は私、靖国神社に入るのは初めてでした。過去、靖国神社周辺には何度も行っていますが、何故か入る気にならず、一度も訪れていないのです。

春なんてここ数年、真ん前の千鳥ヶ淵で桜撮影までしているというのに。

G28150

ところが今回、友人とお会いする事が切っ掛けとなり、初めて靖国神社の敷地内に入ったわけです。

折角だからと本殿を撮影しようとしたら、撮影は禁止ですと注意をされました。なので、本殿等の写真はありません。

G28152

以前から靖国神社内に零戦が展示してある事は知っていましたが、今回初めて撮影して来ました。零戦そのものは河口湖近くでも見る事が出来るので、富士山撮影に訪れたついでに見た事はあります。その時の記事はこちらに。

G28154

胴体の一部分をトリミングしています。製造番号が入っているのですね。何か、大きなプラモデルを見ているような感じでした。

この零戦と共に太平洋に散った多くのパイロットがいらっしゃるわけです。集団的自衛権の名の下に、また他国で武器を使うようにはなって欲しくないです。考え過ぎでしょうか?

RICOH GR
GR LENS 18.3mm F2.8

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »