« 富士幻想 | トップページ | 二十曲峠 »

2014年9月25日 (木)

雲海富士

P800622

昨日掲載した写真からまた霧が深くなり、しばし富士山は見えなくなりました。

しかし、少し時間が経つとようやく霧が晴れて来まして、富士山も大分鮮明に見る事が出来るようになりましたが、日も高くなって頂上付近の赤味はこちらが期待したほどにはなりません。

それでも雲海を良い感じに見る事が出来、ラッキーでした。

P450639

冒頭写真から10分ほど経過すると澄み切った青空が見え、実に清々しい風景を見る事が出来ました。

それでもまだ富士山は幾らか霞んでおりますが。

雲海は時間の経過とともに右へ流れて行き、徐々に薄くなって行きました。この後、パノラマ台を降りて自分のお気に入りの場所へ久しぶりに向かいます。

PENTAX 645D
smc PENTAX-FA645 80-160mm F4.5
smc PENTAX-FA645 45-85mm F4.5

« 富士幻想 | トップページ | 二十曲峠 »

コメント

こんばんは。
5月に出かけたときがそうでしたが、雲の状態も変化が激しく、かつこちらの狙いどおりになってくれないことが多いですし、粘るか、足繁く通うしかないのでしょうか。単に撮影ポイントを知っているかだけではなく、運と努力のどちらも必要なのでしょうね。
まあ簡単に撮れてしまっても面白くないでしょうが、とはいえ楽に決めることができると嬉しいでしょうね (^^:)

おはようございます。
霧も雲もどんどん移動していくのですね。
空の色が秋らしいですね~。
2枚めのお写真の雲がかかった木々の様子が美しいです♪
それにしても富士山という山は、やはり別格な存在感がありますね。

おはようございます。
これが雲海なのですね。やはり幻想的で美しいです。
天候や雲のかかり具合、時間によって、
富士山は、さまざまな表情を見せてくれるのですね。
2枚目のお写真は、青空に柔らかい雲、綺麗に流れる雲海のバランスが、素晴らしいと思います。(^^)
よい撮影スポットをご存じなのですね。
続きを楽しみにしています。

cucchi3143さん、こんばんは。
雲の様子は刻々と変わりますね。
良い写真を撮る為には足繁く通って、粘り強く待つ・・・でしょうか。
いずれにしてもなかなか思うような写真は撮れないですね。
もう大分前ですが、或る夏の日、真っ赤な夕焼けになりそうなので急遽自宅を出たのが午後3時過ぎ。
思った通りこれ以上は無い・・・というくらいの夕焼けに遭遇したのですが、ポジで露出を失敗(1.5段くらいアンダー)した苦い経験があります。

koukoさん、こんばんは。
はい、5分くらいの間にとにかく風景が変わります。
空は本当に澄み切って、見事な秋の青空という感じでした。
しかし何回行っても思うような写真が撮れません。
もっとも1年に一回や二回で良い写真が撮れたら、足繁く通っている人たちに申し訳ないですよね。

Maruさん、こんばんは。
とにかく短時間で様子が変わるのが富士山です。
車で移動している最中に雲の様子がガラッと変わっている事はしょっちゅうなんです。
或る意味、面白いですし、また難しくもあるのが富士山撮影であります。
撮影スポッとはいろいろ知ってはいるのですが、思うように撮れません。(笑)
だから何回も通えるのでしょう。

こんにちは。
時間がたつと秋らしい雰囲気になりましたね。高い山だけに、表情が豊かです。

ビワさん、
水蒸気による影響の無い早朝の空は本当に綺麗でした。
日が高くなると白っちゃけて来ますので。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士幻想 | トップページ | 二十曲峠 »