« 西新宿の造形 | トップページ | 雲海富士 »

2014年9月24日 (水)

富士幻想

P800611
山中湖パノラマ台にて(9月23日撮影)

久しぶりに富士山の撮影に行って来ました。
午前3時過ぎに自宅を出、4時半前に山中湖に到着したものの、大変な霧で視界が悪く、日の出の時間帯に不安が・・・。

東名高速御殿場インターを降りてみると、上空にはそこそこ星が肉眼で確認出来るので富士山と星を絡めてバルブ撮影が出来るかも、と期待。

ところが山中湖周辺は前述の通り深い霧に覆われていてガックリ。湖畔を走行中、悠然と道路を横断する四つ足の動物がシルエットで見えたので減速してみると、鹿でした。ライトに照らされてもまったく動じず、車道をゆっくりと横断して行きました。(笑)

取り敢えずパノラマ台で日の出を待つ事に。しかし、霧で富士山はまったく見えず。赤富士(冬は紅富士)を撮影出来る事を期待して出掛けたのですが、難しい状況。

日の出の時間、明るくなって来たものの、相変わらず深い霧で富士山が見えません。周りで日の出を待っている人たちも、「ダメだね、今日は」という声が聞こえて来ます。

我慢強く待っていると、ほんの少しの時間ですが、多少霞みながらも富士山が見えました!

その瞬間にシャッターを切ったのが今日の写真です。ハッキリ鮮明な赤富士も素晴らしいですが、少し霞みながらの富士山もなかなか良いものです。

能書きはたっぷりですが、今日の写真はこの一枚だけ。(^^;

PENTAX 645D
smc PENTAX-FA645 80-160mm F4.5

« 西新宿の造形 | トップページ | 雲海富士 »

コメント

おはようございます。
ブルー一色の富士山、美しいです!
裾に向かってグラデーションのように霞んでいる様子が
まるで日本画のように見えます。
この一瞬は、早起きしたKONDOHさんにプレゼントされた瞬間ですね^^

おはようございます。
霞がかったブルーのなかに浮かび上がる赤富士、幻想的で綺麗ですね~。
最高の一瞬を得るために、長時間待つことができるのも、
写真の才能のひとつですね。
私には、なかなかそれができなくて・・・
見習わなくてはいけません! ^^;

koukoさん、こんばんは。
撮影時間の時点で、すでに太陽はそこそこ高くなっていましたので、空も青味が強くなって来ていました。
もう少し早く霧が晴れていれば赤富士が見られたと思いますが、今回のような富士山もなかなかだと思います。自画自賛。(笑)

Maruさん、こんばんは。
幻想的に感じて頂けると嬉しいです。(^^)
長時間待つのは風景写真では仕方ないのです。決して才能ではありません。(^^;
出掛ける前、あれこれと自分なりにイメージを描いて行きますので、そういう瞬間を期待するわけです。
しかし、滅多に思い描いた通りにはなりません。やはり自然相手ですからね。特に天候は・・・。

こんにちは。
ほんのり赤みが差した青い富士山も良いですよ。富士山が眠い目をこすっているようです。

ビワさん、おはようございます。
ありがとうございます。
今回は霧が濃くてこうなりましたが、たまにこういったシーンに遭遇するのも良かったかも、と思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 西新宿の造形 | トップページ | 雲海富士 »