« 雲海富士 | トップページ | 猪之頭林道 »

2014年9月26日 (金)

二十曲峠

P450651
山中湖にて

今日も富士山です。

パノラマ台を降りて来て、次に目指したのは二十曲峠。私お気に入りの撮影ポイントでして、何度訪れているか自分でも分かりません。(^^;

二十曲峠に向かう途中、通りがかりの山中湖畔で撮影したのが上の写真です。昨日の写真から1時間くらい経っています。

そういえば大分前、夜間にここでバルブ撮影した事がありますので、ご参考までに掲載させて頂きます。

Fuji_71
503CW、Planar 100mm F3.5(Fuji RVP 100)

↑これがその時のフィルム写真。撮影日は2006年11月13日です。気温はすでに氷点下。午前1時頃に撮影しています。

P800663
二十曲峠にて

で、今回二十曲峠に上がって撮影した写真がこれです。残念な事に大分雲が発生していて、ご覧のような様子に。

高い位置から富士山を対等のように見る事が出来るので、嘗ては富士山撮影の人気ポイントでした。しかし、撮影位置周辺の木々が年々成長して富士山撮影に支障が出るほどになっているせいか、最近はここで撮影する人も少なくなっているようです。

数年前の正月、ここで撮影していたら、「お隣、よろしいでしょうか?」と、ご婦人が私の隣に三脚を立て始めたのです。撮影中、会話をするようになり、どちらから来られたのかお訊きしてみたら、何と三重県からでした。毎年正月は富士山を撮影したいが為に、お一人で車を運転して来るのだそうです。ビックリしました。そのくらい、富士山は魅力的な被写体なのでしょうね。

PENTAX 645D
smc PENTAX-FA645 45-85mm F4.5
smc PENTAX-FA645 80-160mm F4.5

« 雲海富士 | トップページ | 猪之頭林道 »

コメント

おはようございます。
ハッセルでのバルブ撮影の時間は午前1時なのですか。明るい!
PENTAX 645Dでの富士山撮影はいかがでしょうか^^
二十曲峠から見た富士山は、こんなに近い感じがするのですね。
各地からカメラを持って人が通ってくる富士山。
お写真を拝見していても素晴らしいですが、
実際に目の前にこの光景を見ると、また格別なのでしょうね。

おはようございます。
山中湖の向うに見える富士山、いい眺めですね。
そして、二十曲峠で、雲に覆われて霞んで見える富士山も美しいと思います。
富士山には、何か特別な魅力を感じますね。
その美しさだけでなく、日本の象徴としての特別な思いを感じるのかもしれませんね。
バルブ撮影の富士山が、素晴らしいです。
2006年ですか。富士山も長い間、追っていらっしゃるのですね。

koukoさん、おはようございます。
このバルブ撮影、ほんの少し露出オーバー気味になりました。
山頂付近の雪が真っ白く飛ぶ寸前ですので。
確か15分くらいの露光だったと思います。
肉眼では勿論こんなに明るくは見えません。何しろ深夜ですから真っ暗闇です。(^^;
こういうのはフィルムの長時間露光の面白いところです。
二十曲峠は山中湖パノラマ台より富士は近く見えます。大分前に初めて訪れた時からのお気に入りの場所です。
老若男女、富士山撮影は沢山の人が見られます。koukoさんも是非!

Maruさん、おはようございます。
富士山、追っているだけでなかなか傑作が撮れません。(笑)
富士山は少しの時間で雲の流れは急速に変化致します。そこがまた富士山撮影の面白いところと言えるかもしれません。
古来日本では富士山はいろいろな題材として採り上げられています。それだけ日本人の心に染み入るものがあるという事なのでしょうね。

富士山はやはり日本人にとって特別な存在だとつくづく思います。
それとこの美しさは外国の方にも結構理解いただけるようです。
それにしてもバルブ撮影、お見事です。

うっちーさん、こんばんは。
富士山はプロ、アマ問わず多くの人に撮影されて来た被写体ですから、どう撮ってもどこかで見た事のある写真になりがちですが、それでもまた撮りに行きたくなる被写体です。
外国の方がイメージする日本は、フジヤマとゲイシャガールですからね。(笑)
バルブ撮影、今回もやりたかったのですが・・・。

こんばんは。
連作富士山、素晴らしいですね。
熱意と努力の賜物だと思いますが、残念ながら、なかなか見習えません。

友人から「写真はテーマがなければ駄目だ」などと言われていますが、私の場合、優柔不断で「テーマがないのがテーマだ」と開き直っています。30年来のその友人、カメラとレンズをせっせと買い込んでいますが、一度も写真を見せてもらったことがありません(笑)。

yymoonさん、こんばんは。
ご友人、カメラとレンズをせっせと購入されていらっしゃるのですか。
私には耳の痛いお話しです。(^^;
ただ、私もカメラが大好きで良く買いますが、撮影する事はもっと好きなので、ご友人より少しは救われているでしょうか。(爆)

こんにちは。
富士山はいろいろな場所から見られますし、撮影ポイントは無数でしょうから、病みつきになるのかもしれませんね。
雲の上から顔を出した富士山、まるで見下ろされているようです。

こんばんは。
こうして見せていただくと富士山は撮影時季や場所、時間帯でいくつもの異なる表情を見せてくれるのですね。改めてたいした山だなあと感じます (^^:)

ビワさん、こんばんは。
そうですね、あれだけ高い山ですので、360度至る所から見えますので、撮影ポイントは無数と言って良いと思います。
嘗て私は病みつきになって、月に2、3回出掛けていた事があります。(^^;

cucchi3143さん、こんばんは。
そうですね、富士山は四季折々、そして撮影場所によってもいろいろな顔を見せてくれます。
形も美しい事が多くの人々の心を捉えているのでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雲海富士 | トップページ | 猪之頭林道 »