« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月31日 (金)

白馬村・大出の吊橋

P1000335
北安曇郡白馬村にて

昨日の鎌池の後に訪れたのが「大出(おおいで)の吊橋」です。

前方に見える雄大な北アルプスの峰々。手前の清流は姫川、右手には茅葺屋根も見えます。で、肝心の吊橋はやや分かりづらいかもしれませんが、写真左手、川に架かる橋が見えると思います。

P1000339

こういう景色、写真だけでなく、まさに絵になりますよね。惜しむらくは北アルプスに雪が被っていなかった事。残念!

P1000337

一枚目の位置から少し下に降りて撮影したカットがこれです。

あまり代わり映えしなかったですかね?(笑)

P1000343

当然吊橋を渡って茅葺屋根の家を見に行ってみました。そうしたら、そこは民家でした。

この地域に、まさにぴたりと嵌っていました。

Panasonic DMC-GX7
G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.

2014年10月30日 (木)

小谷村・鎌池

P1000261
長野県小谷村・鎌池(25日撮影)

今日は撮影旅行初日に訪れた小谷村(おたりむら)の鎌池です。

ここに入る時、駐車場で行き会ったカメラマンに様子を伺うと、「いや〜、もう紅葉は終わったね。ピークは20、21日頃だった」とのお話し。

P1000270

確かに少し遅かったようですが、出掛ける前からそれは百も承知の事でした。(笑)

P1000311

ブナ林に囲まれた鎌池、紅葉のピーク時には赤、黄、緑の三色が彩る、まさに錦秋の絵巻が見られる場所なのです。

P1000319

小谷村は長野県の中でも豪雪地帯として有名で、もう少し北へ走るとそこはもう新潟県です。随分と北へ来たものです。(笑)

P1000328

せっかく来たのだからと、池の周りを一周しながら撮影を楽しんで来ました。

Panasonic DMC-GX7
G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.

2014年10月29日 (水)

渋峠の夜明け

Img_0955_2
渋峠にて

北信州への撮影旅行、二日目はかの有名な渋峠で朝日の撮影からスタート。

外気温は3度から4度。予想していたほど寒くはなかったです。何しろ標高2,000mを超えるのですから。

自分の頭の上は満天の星。雲海も薄ら見えました。水平線には面白い形の雲も発生しています。

Img_1001

正面、僅かに朝日の光芒が見え始めます。

この時です。私の足元(崖です)の草むらをガサガサッと動く音が左から右へ消え去って行き、少しドキッとしました。(^^;

何の動物だったのでしょうか?

Img_1014

ようやく朝日が顔を出しました。

ちなみに渋峠は長野県と群馬県の県境にある峠で、風景写真家には日の出撮影のメッカとして有名です。ただし、11月から4月までは雪で閉鎖されるため、通行出来ないはずです。

Img_1026

実は大分前、ここで同じように朝日を狙った事があるのですが、その時は厚い雲に阻まれて朝日を見る事が出来ませんでした。

ですから今回は見事にリベンジ出来ました。(^^)v

等倍で見ると、朝日の上のすじ雲が黄金色に輝いています。

Img_1052

遠くの雲海も朝日に照らされ、まるで正月の初日の出のような気持ちで撮影しながら見ていました。

Img_1069

最後に少し位置を変えて撮影し、終了。

手はかじかんでいましたが、心は温かくなりました。(^^)

PENTAX 645D
smc PENTAX-FA645 45-85mm F4.5

2014年10月28日 (火)

志賀高原・木戸池

Img_1086
志賀高原・木戸池(26日、午前7時23分)

撮影旅行の二日目26日は午前4時に起床し、夜明けの撮影をした後は朝日が差し込む前に木戸池へ。

待っていると山間から朝日が入り込んで来ました。

すると、外気温より水温の方が高いので、水面右側から蒸気が上がって来ています。お分かりでしょうか?

Img_1088
(午前7時26分)

ですが、それほどの冷え込みにはならなかったので、期待していたようには上がりませんでした。

しかし、朝日を強烈に浴びて、良い色合いになりました。幸い風もなかったので、水鏡も実に綺麗です。

↑こちらは1枚目の撮影位置から少し移動しています。

Img_1112
(午前7時48分)

反対側は朝日を真正面に受けていますので、ご覧のようにややのっぺりとした光景。

朝から1、2枚目の風景を見られたのは何という幸運でしょうか。実に感動的な木戸池の撮影でした。

PENTAX 645D
smc PENTAX-FA645 45-85mm F4.5

2014年10月27日 (月)

北信州へ・・・

Img_0949
長野県信州・大望峠展望台にて(25日撮影)

25日土曜日の午前3時過ぎに自宅を車で出発し、二日間かけて北信州を周って来ました。走行距離は約900km。もちろんメインは写真撮影です。

25日は白馬を周り、26日は志賀高原を中心に周って来ました。

紅葉撮影を・・・と考えていたのですが、事前の情報ではすでにピークは終わっているとの事。台風が2回も通過しましたしね。

しかし、そのピーク時は自分の仕事の絡みで出掛ける事が叶いませんでした。ですが、行ってみれば何かしらの収穫はあるだろうと考え、当初の予定通り25、26日の土日で行って参りました。

そうしたら、やはり絶景はあるものですね。結果、行ってみて良かったという思いです。帰りの大渋滞に巻き込まれて帰宅が昨晩11時前でしたので、写真整理はいつも通りまったく出来ていません。

で、今日はこの一枚でご容赦頂きたいと思います。旧戸隠村と旧鬼無里村の境に位置する展望台からの撮影。戸隠連峰と北アルプスが一望出来る絶景の展望台でした。

PENTAX 645D
smc PENTAX-FA645 45-85mm F4.5

2014年10月26日 (日)

田貫湖

Img_0693
田貫湖にて

先日、BS放送で見た富士山の特集番組の中で、ダイヤモンド富士が見られる事で有名な田貫湖が紹介されていました。

その番組で見られたダイヤモンド富士は、それは見事でした。

今日の写真はそのダイヤモンド富士で有名な田貫湖です。しかし、私はダイヤモンド富士が見られる時期に一度も行った事はないのです。

何故なら、三脚の羅列のあの中に、とても入る気がしないのです。(^^;

今日の記事、実はタイマー予約です。昨日から一泊で撮影に出ておりますので。

PENTAX 645D
smc PENTAX-FA645 45-85mm F4.5

2014年10月25日 (土)

品川駅港南口にて

Dscf0210

品川駅と言えば第一京浜側の賑やかさと比べ、現在の港南口は発展が遅れていた地域。

それが現在は再開発が進み、少なくとも駅前周辺はコンクリートジャングルのような姿になりました。

Dscf0218

或る意味、横浜駅東口と同じような感じですね。少し前の横浜駅東口も西口の華やかさに比べると、実に寂しいものでした。それがみなとみらい21地区と繋がるようになって、訪れる人も随分増えましたから。

Dscf0220

品川駅港南口の駅前広場はいろいろなイベントがよく開催されるようです。私はドラマの撮影に遭遇した事もあります。

Dscf0222

たまにはこうしたコンクリートを撮影するのも面白いですね。

FUJIFILM X100 BLACK Limited Edition
FUJINON SUPER EBC LENS 23mm F2

2014年10月24日 (金)

ドラマチックトーン

Pa060207

今日はお遊びで撮影した写真を掲載します。少し前の撮影ですが、カメラ内蔵のアートフィルター機能のひとつ、「ドラマチックトーン」を使ってみました。

Pa060214

このカメラのメーカーさんはこうしたフィルター機能にご熱心で、新機種が出る度に新しいものが搭載されるみたいですね。

Pa060219

正直なところ、最初の一、二回くらいは遊んでみるものの、直ぐに飽きてしまうのです、私の場合。

Pa060224

まぁ、あまりカタッ苦しい事は抜きにしまして・・・(笑)

Pa060230

しかしこのドラマチックトーン、現実とは随分かけ離れたものになりますね。

OLYMPUS PEN E-P5
Lumix G 20mm F1.7 ASPH.

2014年10月23日 (木)

奥日光・湯滝

Img_0708

奥日光の湯滝です。今更私がご説明するまでもなく、以前掲載した湯ノ湖から流れ落ちる滝です。

奥日光の三名瀑のひとつで、他ふたつは華厳の滝と竜頭の滝ですね。

実はこの写真の下に大木が倒れていました。倒れていたというか流れ落ちていたというか、台風18号の残しものだったのでしょうか。

Img_0703

滝のすぐ横の風景です。逆光に葉がキラキラと映えて美しかったので一枚。

奥日光から赤城山、撮影順と真逆に掲載していますが、これが最終回であります。

PENTAX 645D
smc PENTAX-FA645 45-85mm F4.5

2014年10月22日 (水)

秋の実

L1002262
ハナミズキ

新宿御苑で撮影した写真に戻りますが、今日は「実」を集めてみました。

最初はハナミズキの実です。実はハナミズキの実を撮影したのは初めてです。花の時期はいつも撮影しているのに、葉が枯れる頃は見向きもしていませんでした。(^^;

L1002252
ムラサキシキブ

次はムラサキシキブ(紫式部)です。何とも美しい紫色の実を付けます。

L1002255
ウメモドキ

葉や花が梅に似ているところから付けられた名前のようです。

L1002247
ヤブミョウガ

これも小さな花は撮影した事がありますが、実を撮影したのは今回が初めて。

その他ではドングリを撮影していますが、これは割愛。そうそう、大変な量の銀杏が落ちていたところがありました。匂いさえ無ければ少し持ち帰って来たいところですが、それは新宿御苑のルールを逸脱しますので絶対してはいけませんね。

LEICA R9 + DMR
Apo-Macro-Elmarit-R 100mm F2.8

2014年10月21日 (火)

赤い衝撃!

Img_1187
群馬県某所にて

赤城山を後にして一路横浜へ向かう途中の事です。

突然現れた郵便ポストの集団!(笑)

Img_1195

我が目を疑いました!

え! 何故こんなに郵便ポストが立っているの!

疑問に思いながらも撮影していると地元の方が立ち寄られ、この場所の経緯をご説明して下さりました。

このポストの前のお宅は骨董屋さんなのですが、すでにご主人様がお亡くなりになっているとの事。そのご主人様が生前蒐集した郵便ポストだったそうです。

お店はすでに閉店しているのですが、ポストだけは引き取り手が無いそうです。

Img_1197

経緯をお教え下さった地元の方です。

モデルをお願いして、ポストに郵便物を入れるポーズをして頂きました。(笑)

撮影写真を欲しいとおっしゃられたので、ご自宅宛、ご郵送致しました。

尚、撮影写真はすべてiPhone 5で撮影しています。2L判にプリントしたのですが、携帯カメラで撮影したとは思えない画質でした。これではコンデジが売れなくなるのも分かりますね。

2014年10月20日 (月)

秋バラの季節

L1002227
バレンシア(独)

デング熱騒ぎでしばらく閉苑していた新宿御苑、ようやく開苑しましたので早速行って来ました。

L1002178
プレイボーイ(英)

折しも秋バラのシーズンなので、苑内のバラ園で少し撮影。

ピーカンのお天気は少々花弁にコントラストが付き過ぎますが、贅沢は言ってられません。

L1002196
ピュア・ポエトリー(米)

久々に訪れてみれば、早咲きのバラはすでに傷んでいるものもあり、少々残念です。

L1002216
エリーナ(北アイルランド)

午前中の早い時間帯に入ったのですが、昼近くには人も大分入って来ました。開苑を待ち兼ねていた人も多かったと思います。

L1002171

最後の一枚は新宿御苑らしさを出してフレーミング。

LEICA R9 + DMR
Apo-Macro-Elmarit-R 100mm F2.8

2014年10月19日 (日)

秋の風情

P1000470
静岡県裾野市にて

ススキを見ると秋になったのだなぁ〜・・・と、思いませんか?

P1000468

秋めいて来た青空とススキ、そして富士山・・・という組み合わせを想定したのですが、残念ながらこちらから見る富士山は厚い雲に隠れており、想定した通りの風情にはなりませんでした。

P1000481

悔しいから富士山の裾野を少し入れて撮影したのがこのカット。(笑)

P1000476

いつも申しますが、自然相手の撮影はなかなかこちらの思う通りにはならないものです。撮りたければ足繁く通わなければならないという事ですね。

Panasonic DMC-GH3
G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.

2014年10月18日 (土)

富士山初冠雪!

P1000524
10月17日撮影(静岡県富士宮市)

昨日朝、自宅前から初冠雪の富士山が見えました。で、変則的な休みだった事もあって、急遽午後から初冠雪の富士山を撮影に出掛けてしまいました。(笑)

東名高速裾野インターを下りて、先ずはススキと富士山の取り合わせで撮影を狙ったのですが、生憎富士山は大きな雲に隠れて見えません。

P1000522

仕方ないので、車を朝霧高原方面へと走らせながら途中途中で富士山を撮影。裾野市から朝霧高原方面へ走って行くと途中から富士山が見えるようになったのです。

P1000510

で、恐らく誰もがこういう廃屋を入れて撮影しないであろう・・・と考え、この写真を撮ってみました。

顰蹙でしょうか? (^^;

P1000536

で、いよいよ日が傾き始めて来ましたので、最終目的地で夕暮れ時の富士山を狙ったわけです。

ですが、結論を申しますと少し時間を失してしまいました。そこではフィルム撮影を。

※ 廃屋のカットのみ4:3、その他は3:2の画角です。

Panasonic DMC-GH3
G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.

2014年10月17日 (金)

奥日光・湯ノ湖畔を歩く

Img_0725
奥日光・湯ノ湖にて

撮影写真の掲載が撮影順と逆になっていますが、今日は湯ノ湖で撮影した中からその一部をご紹介させて頂きます。

Img_0740

少々風が強く、さすがに標高1,400mくらいになると日陰は肌寒く感じる日でした。思ったほど木々は紅葉していなかったのは以前記述した通りです。

Img_0743

水の流れは何となく心落ち着きます。日頃のストレス解消にはこういうところが良いですね。(笑)

Img_0756

台風18号でなぎ倒されたのか・・・と思ってしまいます。実は湯滝の下に大木が転がっていてビックリしたのです。滝の上流で倒れた大木が滝を伝って落ちて来たような感じでした。

Img_0762

湖畔を半分くらい歩いてみたのですが、あまり写欲をそそるような風情が無く、早々に諦めて赤城山に向かったのでした。

湯ノ湖に来る途中、有名な竜頭の滝は駐車場から車が溢れているほどで、まったく立ち寄る気がしませんでした。

PENTAX 645D
smc PENTAX-FA645 45-85mm F4.5

2014年10月16日 (木)

ハッセル壊れる!

203
HASSELBLAD 203FE

手持ちのハッセルブラッドの一台が壊れました。フォーカルプレーンの203FEです。

ショックですぅ〜・・・(;_;)

巻き上げようとしたところ、途中でクランクに軽いショックが来た後、それ以上回転しません。フィルムバックを外してみたら上記写真のようになっていました。シャッター幕が外れていますね。

実は最近、このボディを使うと露出が不安定で、時にはどアンダーな露出になる事もありましたので、その時点でシャッター幕が正常に走っていなかったのかもしれません。

203FEに比べたら500系はシンプルな造りですから故障し難いのですが、203FEは完全なる電気カメラですからねぇ。私のはミレニアム記念モデルなので、単純計算でも発売から14年経っていますので、故障してもおかしくはないわけで。

ご愁傷様でした。チャンチャン♪

Img479
2014年5月、柴又にて

この写真は500系で撮影。機械式の方が信頼は高いかもしれませんね。

HASSELBLAD 503CW
Zeiss Distagon T* C 50mm F4
Fuji RDP III

2014年10月15日 (水)

吹割の滝

Img_0766
群馬県沼田市、吹割の滝にて

奥日光湯ノ湖から金精峠を通って赤城山に向かう途中、有名な観光地である「吹割の滝」に寄ってみました。

Img_0773

小さな虹が出ています。

Img_0770

観光客の転落事故が多いらしく、以前は無かったロープが張られておりました。

そのロープの内側からの撮影は、少々迫力の欠ける写真になってしまいます。滑りやすいので仕方ないでしょうね。

Img_0801

Img_0810

真逆光で撮影してみました。水面が眩しいくらいキラキラと輝いており、露出の難しいシーンです。

PENTAX 645D
smc PENTAX-FA645 45-85mm F4.5

2014年10月14日 (火)

台風に・・・

Img_0911

また勢力の大きい台風が日本列島に上陸しました。どうぞ皆様ご注意ください。

今日はこの一枚だけ掲載します。覚満淵を後にしようとした日暮れ、自分の背後の山に日が沈んだ時の撮影です。

日の当らないところは暗く沈んでおりますが、上の方はまだ黄金色に輝いておりました。幸い風がほとんど無かったので、水面に鏡のように映り込んでいます。

実に綺麗な瞬間を見る事が出来ました。

台風など来る事なく、いつもこのように穏やかな毎日なら良いのですが、自然は人間の思うようには動いてくれません。

PENTAX 645D
smc PENTAX-FA645 45-85mm F4.5

2014年10月13日 (月)

赤城山・覚満淵の草紅葉

Img_0895
覚満淵にて

昨日の写真で俯瞰した風景がこの覚満淵で、地元では「小尾瀬」とも呼ばれるそうです。

赤城山の標高1,360mにある湿原で、草紅葉が丁度良い具合でしたので、今日はその一部をご紹介します。

Img_0844

まさに黄金色です。木々の紅葉もそれは素晴らしいですが、草紅葉も負けていません。背景のダケカンバとのマッチングも最高です。

Img_0840

ナナカマドの実がほんの少し枝に残っていました。ナナカマドの紅葉も真っ赤に染まって実に鮮やかですが、ここではすでに終わっておりましたね。

Img_0862

このカットを撮影しようと思ったものの、三脚を据えてなかなか動かないカメラマンがいたので、一旦諦めて通過し、戻って来た時にようやく思い通りに撮影出来ました。撮影は譲り合いだと思うのですが・・・(^^;

Img_0872

ススキもそろそろ終わりかけたものが多かったので、敢えて日が沈む時に真逆光で捉えてみました。

先月の富士山撮影と今回の紅葉撮影、PENTAX 645Dは風景撮影用カメラとして活躍してくれています。

PENTAX 645D
smc PENTAX-FA645 45-85mm F4.5

2014年10月12日 (日)

赤城山山頂にて

P140426
群馬県・赤城山山頂より覚満淵を見下ろす

昨日は夜も明け切らない午前4時過ぎに自宅を出、奥日光から赤城山を巡り、自宅へ帰って来たのが午後10時前という日帰り強行軍の紅葉撮影に出掛けて来ました。

今年は猛暑から一気に涼しくなったため、例年より山々の紅葉が早く進んでいるようなので、日光の紅葉も早めではないかと予想しての撮影旅行でした。

しかし、見事に空振り。(笑)

目指した湯ノ湖は若干、本当に若干色付いていたものの、紅葉というにはまだ早過ぎました。湯ノ湖畔をしばらく散策した後、奥日光は諦めて信州八千穂高原に向かおうかと考えたものの、さすがに距離が有り過ぎるのでこちらも諦め、赤城山を目指す事にしました。

P140439

赤城山を訪れるのは一昨年の二月以来で、当時は雪に覆われた赤城神社の朱色が実に鮮やかだった記憶が残っています。

赤城山、車を走らせて先ず来た場所が前回と同じ、「赤城山頂駅記念館サントリービア・バーベキューホール」前の広場です。

廃止されたケーブルカーの駅舎を当時のままの姿でビアホールとしている建物で、そこから撮影したのが今日の2枚の写真です。

何しろ昨晩遅く帰宅したので、撮影写真の整理が出来ておりません。よって、今日はこの2枚でご容赦を。

Panasonic DMC-GH3
G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.

2014年10月11日 (土)

相鉄線(2)

N183642
西谷〜鶴ヶ峰間

ここへ上がった時、遠くに見える「あれは新幹線の高架だ!」と、嬉しくなりました。(^^;

何故かと申しますと、相鉄線と新幹線がクロスする写真を撮りたいと思ったからです。しかし、なかなか自分が思い描くような光景にはならないものです。

何カットか撮影しましたが、今日はこちらの写真を選びました。丁度上り線が西谷駅に向かっているところに新幹線の上りが猛スピードで通過したシーンです。

N183818
西谷〜鶴ヶ峰間

相鉄線はどちらの鉄道とも相互乗り入れをしていない珍しい路線ですが、現在東横線とJR線に乗り入れる為の工事を行っており、東横線には2019年、JR線には2018年に乗り入れる予定だそうです。

西谷駅はその為の大掛かりな工事をやっておりました。上の写真、流れている川は帷子川と言います。

N183862
西谷〜鶴ヶ峰間

この7000系車両、少し年代を感じさせる姿ですね。何となく、北海道で走っているキハ40系気動車を思い起こさせます。

N184046
9000系(二俣川〜希望ヶ丘間)

対してこちらの9000系はモダンなデザインです。

N183972
鶴ヶ峰駅前

相鉄線、そのほとんどが地上走行という事もあって、このように踏切が実に多い鉄道路線です。場所によっては開かずの踏切的なところもあるようです。

Nikon D7100
AF-S VR NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED

2014年10月10日 (金)

相鉄線

N183913
新7000系(西谷〜鶴ヶ峰間)

相鉄線、普段自分は乗る機会のない相模鉄道の路線で、横浜駅から県央の大和市、海老名市までを結んでおります。

今まで被写体として相鉄線を本格的に撮影した事がなかったので、しばらく向き合ってみようと考え、最近二回撮影に出掛けました。

N184061
7000系(二俣川〜希望ヶ丘間)

横浜駅から二俣川駅まで行くと、ここから藤沢市の湘南台駅へ向かう「いずみ野線」が本線と別れています。相鉄本線は横浜駅から海老名駅までです。

N184118
10000系(西谷〜鶴ヶ峰間)

さて、いざ撮影してみようと思ったものの、普段まったく乗る機会のない路線ですからどこで撮影したら良いか分かりません。

そういう時は実際に乗ってロケハンする、これが鉄道写真の基本と考えているので実行しました。(笑)

一番手っ取り早いのはホームから撮影する事ですが、それだけではやはり面白くありませんので、今回は車窓からロケハンし、ここら辺りで・・・と思った時に先の駅で下車し、沿線を歩いて戻りながら撮影しました。

二回の撮影で枚数だけは650枚ほど撮影しましたので、これから少しずつ掲載してみたいと思います。もちろん、今後も撮影は継続しますが。

Nikon D7100
AF-S VR NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED

2014年10月 9日 (木)

霞み富士

Img695
山中湖パノラマ台にて(9月23日)

霞み富士、私の造語です。(^^;

以前も掲載しました深い霧の為になかなか姿を見せてくれなかった富士山。前回はメインで使ったPENTAX 645Dでのデジタル写真でした。

実はその時に大判でも撮影しておりました。今日はその時の大判フィルム写真を掲載してみます。

日は上がっているのに、なかなか霧が晴れなくてやきもきしている時、ようやく富士山が見え始めた時のカットです。これを撮影した直後、またまた霧が深くなって一時見えなくなってしまったのです。

そういう瞬間の撮影なので、霞んで見える富士山を今日のタイトルとしたわけです。(^^;

昨日は台風一過の後の富士山をご覧頂きましたが、8月に自宅前から撮影した富士山もご紹介しておきます。

N283276
自宅前(横浜)にて(8月7日)

夏休みに入る前日、帰宅したら目も眩むような夕焼けに、慌てて家からカメラを持ち出して手持ちで撮影した時のカットで、ノートリミングです。

先月も見事な夕焼けを撮影しているのですが、その時は真っ赤に焼けたものの、雲がひとつも無かったのでやや寂しい写真になっています。

やはり夕焼け時はこのように雲があると劇的なシーンになりますね。

昨日、皆既月食を狙ったのですが、6時半過ぎから8時20分頃まで粘りましたが、ダメでした。カメラをセットする時には部分欠けが見えていたのですが、セットし終わる頃に雲に隠れ、以後は一度も拝めませんでした。(笑)

Tachihara Fielstand 45 GF
Fuji CM FUJINON-W 250mm F6.3
Fuji PRO 160NS

Nikon D7100
AF-S VR NIKKOR 28-300mm F3.5-5.6G ED

2014年10月 8日 (水)

台風一過の夕焼け

N183988
10月6日撮影

大型の台風が過ぎ去って行った夕暮れ、上空は湿っているはずだから絶対綺麗な夕焼けが見られると思いました。

大さん橋に行く事も考えましたが、自宅近くから富士山を入れた夕焼けを撮る事にしました。

やはり綺麗な夕焼けが見られましたね。しかし、6時間ほど前までのあの大荒れは幻想だったのか、と勘違いするほどの静けさでした、この撮影時は。

N183994

富士山の左上空に飛行機雲が延びて行くのを発見。

N183997

それにしても見事なグラデーションでした。

後から気が付いたのですが、羽田空港に行っていれば、ターミナル越しに富士山とこの夕焼けが撮影出来たな・・・と。先月、こういうシーンを思い描いて2回も羽田空港に行ったのに。

しかし、そんな事を思えるのも、今回の台風で幸い自分は大きな被害を被らなかったからで、一時は本当に心配した床下浸水にでもなっていたら、こんな能天気な事を言ってられなかったですね。

Nikon D7100
AF-S VR NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED

2014年10月 7日 (火)

北からの便り

Dsc04219
サクラマスの遡上(旭川在住 Y・Iさん撮影)

昨日の台風は凄かったですね。台風が来なければ、実は休みを使って長野方面に行く予定でした。しかし、当然中止となりました。

勢力の大きかった台風18号は浜松で上陸した後、横浜を通過して行きました。自宅近くでは避難勧告が出たところがあったり、土砂崩れでお寺さんの仮本堂が潰されたりと、私の身近でも大きな被害を被りました。

拙宅も、もしかしたら床下浸水の被害になるかも・・・というくらいの水量で、とにかく自分の記憶に無いほどの雨量でした。昨晩の天気予報によると、横浜では10月ひと月で降る雨量の1.5倍の量の雨が短時間で降ったそうです。

拙ブログをご覧頂いている皆様方に被害はなかったでしょうか?

そういう中、北海道旭川在住のY・Iさんから嬉しいメールが届きました。最近、使って下さいと富士フィルムさんの人気カメラ、X100の限定版をお送り下さった方で、以前より撮影写真を添付したメールで北の便りを頂いております。

今回頂いたのは冒頭の写真と、ご自宅近くの公園で撮影された可愛いリスの写真でした。

ご自宅前の小さな川に産卵の為、サクラマスが遡上して来たとの事。現在の地にお住まいになってから初めての事だそうです。傷だらけになり、最後はカラスの餌になるとの事。ちなみに冬期は雪かきした雪を投げ入れる川なんだそうですよ。

私は添付写真を拝見してえらく感動してしまいました。そこでY・Iさんにご了承頂きまして、今日の記事とさせて頂きました。産卵した卵が孵化して、数年後に戻って来てくれたら嬉しいのですが・・・と、おっしゃっております。本当にそうなると良いですよねぇ・・・。

2014年10月 6日 (月)

富士とパラグライダー

N283528
猪之頭林道から撮影

大空を滑空するパラグライダー。富士山を見ながらの空中散歩は、さぞかし絶景でしょうね。

しかし・・・、私には絶対真似は出来ません!(笑)

飛行機に乗っている分には幾ら高くても大丈夫なのですが、こういう空中散歩は絶対無理!

N283514

時々上から喜びの声が聞こえて来ました。楽しいのでしょうね、きっと。

N283529

前回(数年前ですが)ここで富士山を撮影していた時の事です。自分の頭上の木々に何かが落ちて来る音が!

上を見たら何となんと、パラグライダーです。風に流され過ぎてコントロール出来なかったらしく、木に引っ掛かってしまったわけです。見ているこちらは何も出来ません。私の他にも2名いたのですが、高過ぎて・・・。

そのうち長い梯子を積んだ車が救助に来ました。つい最近もパラグライダーが落下して命を落としたニュースを見たばかり(ここではないですが)。登山もそうですが、危険はいつも隣り合わせという事を忘れてはいけませんね。

Nikon D7100
AF-S VR NIKKOR 28-300mm F3.5-5.6G ED

2014年10月 5日 (日)

夕焼け空〜羽田

N283341
羽田空港にて

最近、羽田空港へ飛行機撮影に行く際、夕暮れ時を狙って行く事が多くなりました。

ターミナルから見える真っ赤な夕焼けを期待して行くわけですが、なかなかこちらの思い描く通りの空にはなりません。当然ですよね、自然界は人間の思うようには動きませんから。

この日も日が落ちる頃から急に雲が厚くなりました。

N283412

大分辺りが暗くなった頃です、突然前方に真っ赤な光が!

分厚い雲のほんの隙間に赤い夕焼け雲が見えたではありませんか。肉眼ではもっと赤く見えていたのですが、その衝撃が写真には写し切れませんでした。下の長い屋根は増設された国際線ターミナルです。

N283403
ANA B787-9(JA830A)

日が沈み始めた時間帯に撮影したB787新型機のテイクオフ。以前一度ご紹介したB787のボディ延長タイプです。

N283468
SKYMARK A330-300(JA330A)

この間、福岡日帰りで搭乗したスカイマークのA330です。タキシングに入るところを撮影。

N283489
ANA A320-200(JA8997)

客席の暖かみのある灯りが良いですね。

N283499
JAL B767-300(JA8399)

川崎の工場地帯を背景に。工場萌え・・・にはまだ少し早い時間帯でしょうか。(笑)

N283508
Soraseed Air(JA807X)

そういえば・・・まだソラシド エアに搭乗した事がないのです。そのうちに・・・(笑)

大分暗くなって来たので、撮影を終えて帰途に。暗くなってからの空港、綺麗ですよ。

Nikon D7100
AF-S VR NIKKOR 28-300mm F3.5-5.6G ED

2014年10月 4日 (土)

江ノ島スナップ

P9290129

快晴の日、久しぶりに江ノ島を歩いて来ました。

江ノ島をご存知ない方にはどのようにご説明しましょうか。鎌倉から海に向かった湘南に在る小さな、ホントに小さな島です。

P9290138

この日の天気はこういう場所にピッタリだったように思います。九月下旬としては日差しが強烈でした。

P9290144

海を見るのは茨城県の「ひたち海浜公園」以来ですが、やはり湘南の海は良いですねぇ・・・。

P9290151

マリア様との対比が面白くて・・・(^^)

P9290120

ご存知「龍恋の鐘」があるところです。

P9290101

さて、カメラは借り物で、テストのような気持ちで使ってみました。

OLYMPUS PENのデザインは自分の好みなんですが・・・。

OLYMPUS PEN E-P5
LUMIX G 20mm F1.7

2014年10月 3日 (金)

鎌倉・東慶寺(2)

Dsc02574
北鎌倉・東慶寺にて

今日も昨日の続きです。お寺と言えばここ数年、自分の場合は京都を訪れる事が多くなっています。鎌倉は多少大袈裟に言わせて頂くと、地元と言っても良いくらい近いのに、訪れる回数が少ないですね。やはり近いと、いつでも行ける、そういう気持ちが心のどこかにあるからでしょうか。

Dsc02569

秋明菊は傷み始めていましたので、やや遠目に撮影してみました。

Dsc02570

彼岸花といえば埼玉の巾着田が有名ですね。私は過去三回訪れていますが、さすがにもう・・・という気持ちです。広い敷地に彼岸花だけ・・・というのが凄いと言えば凄いです。

Dsc02573

今回の撮影に使ったSONY α7Rですが、自分の場合はマウントアダプター遊び用になっていますので、もう少し純正レンズを購入しないとなぁ・・・とは思っております。(^^;

Dsc02589

私、お寺さんを訪れて鐘楼を見ると、必ず撮影しています。東慶寺さんのもなかなか立派な鐘楼です。

Dsc02594

ここがJR横須賀線の北鎌倉駅です。横須賀線って、昔から映画、テレビでよく登場する路線ですよね。

昨日、キヤノンさんから↓こんなステッカーが送られて来ました。(^^;

7d2

SONY α7R
NOKTON 50mm F1.1
VM-E Close Focus Adapter

2014年10月 2日 (木)

鎌倉・東慶寺

Dsc02516

春以来になる鎌倉詣でをして来ました。一昨日の稲村ケ崎はその時の撮影です。

自宅から徒歩、電車で40分と掛からない北鎌倉。近いからか、あまり訪れる機会がない東慶寺さんに入りました。山門を入って直ぐ目に付いたのが酔芙蓉の花。この花、自宅ご近所宅のお庭にも咲いているのですが、時間の経過と共に徐々に赤くなるのです。私が見た午前中はまだ白いまま。

天候はどピーカンで、花の撮影にはあまり適しておりませんが、仕方ありません。開放で撮影しようとしたら、1/8000秒(ISO 100)でも足りず、F1.4で撮影しています。

Dsc02522

まるで私みたいに穏やかなお顔に、失礼して一枚。お〜・・・どこからか石が! (^^;

Dsc02525

コスモスは見頃を迎えていました。群生から少し離れてポツンと咲いているところを。

Dsc02534

ホトトギスも今が見頃。すぐ傍に白色のホトトギスも咲いていたのですが、そちらの写真は少々ピン甘なのでボツ。

Dsc02578

一昨日コメントを頂いたボン村上さんから中近景のリクエストがありましたので、このカットを掲載。本堂のお屋根の上、黒い点々はゴミではなく蜘蛛の巣であります。

今回使ったのは大口径単焦点レンズのNOKTONですが、被写界深度の薄さを楽しんだような撮影になってしまいました。(^^;

SONY α7R
NOKTON 50mm F1.1
VM-E Close Focus Adapter

2014年10月 1日 (水)

新幹線開業50周年

1d21663

今日10月1日は東海道新幹線開業50周年となる、記念の日だそうです。そこで拙ブログも新幹線を採り上げてみました。ただし今日はスナップ的に撮影したものを中心に。最初の6枚は大宮駅での撮影なので、厳密的には東海道新幹線とは結び付かないのですが。(^^;

上の写真は発車するE7系「あさま」をお子さんを抱きながらスマホで撮影しているところ。微笑ましく感じて撮影させて頂きました。

1d21800

赤ら顔をアップで。(^^)

1d21739

E3系山形新幹線の新塗装です。なかなか精悍ですね。

50d0247

照れ臭いらしく、汗をお掻きになっているようで。(笑)

1d21718

並列でのツーショット、初めて撮影出来ました。

50d0276

こちらは色白のクレヨンしんちゃん? (^^;

N700_01

N700_02

やはり東海道新幹線に敬意を表して2枚、掲載しておきます。またお世話になりますからね。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »