« 奥日光・湯滝 | トップページ | 品川駅港南口にて »

2014年10月24日 (金)

ドラマチックトーン

Pa060207

今日はお遊びで撮影した写真を掲載します。少し前の撮影ですが、カメラ内蔵のアートフィルター機能のひとつ、「ドラマチックトーン」を使ってみました。

Pa060214

このカメラのメーカーさんはこうしたフィルター機能にご熱心で、新機種が出る度に新しいものが搭載されるみたいですね。

Pa060219

正直なところ、最初の一、二回くらいは遊んでみるものの、直ぐに飽きてしまうのです、私の場合。

Pa060224

まぁ、あまりカタッ苦しい事は抜きにしまして・・・(笑)

Pa060230

しかしこのドラマチックトーン、現実とは随分かけ離れたものになりますね。

OLYMPUS PEN E-P5
Lumix G 20mm F1.7 ASPH.

« 奥日光・湯滝 | トップページ | 品川駅港南口にて »

コメント

こういうギミックは使いませんが、それなりの需要があるのでしょうね^^ゞ
自分の目で確認して納得したモノを撮るので、カメラが勝手に手を加えるのを脳が嫌うのではないかと思います。余計な、といえば言い過ぎかもしれませんが、メーカーはもっと大切なことに注力して欲しいですよね。

おはようございます。
大原隧道と獅子頭共用栓、こういうフィルターにはぴったりの被写体ですね^^
家からそれほど遠くないのですが、この辺りへはしばらく行っていませんでした。
京急のある風景は車体の赤が効いていて絵になりますね。
こういう坂道の風景、いいですね。歩いていたら私も撮ると思います^^

おはようございます。
わ~い、オリンパスのアートフィルター機能を使われたのですね。(^^)/
この「ドラマチックトーン」は、結構男性に人気があるのですよ。
私は、「ファンタジックフォーカス」というのが、好きなのです。
Rawで撮っておけば、後でフィルターをかけることもできるので、とっても便利です。
私もあまりイフェクトを使いませんが、オリンパスのフィルターは、遊び心があって、楽しいと思います。
正統派のKONDOHさんですが、たまには、楽しいでしょ?(^^)

おはようございます。
1枚目の錆びた外壁が堪りません。
処理自体はコントラストを上げ、彩度を高くしているといったところでしょうか。
RAWでの現像が出来ない環境である、または面倒とか苦手で一定のトーンを好んで使う方々には必要な機能なのだと思います。
私はトーンの管理を縛られるのは迷惑なのでほとんど使ったことがありません。
ですが(笑)  α6000にはアプリを入れたいと。ところがサンプルを見てこの手のアプリはまったく使わないことが判りました。飽きる以前に自分には必要ない機能でした。

スカルピアさん、こんばんは。
まったく同感です。
分かりませんが、次から次へとこうしたフィルターを追加するという事は、それなりに使う人がいるという事なのでしょうね。
ハッキリ申してこれらは「写真」ではないと思っています。少なくとも私は。
個人的には本当の意味でのマルチフォーマットをオリンパスさんには理解して頂きたいです。

koukoさん、こんばんは。
大原隧道と獅子頭共用栓は少し面白さが出ていますね。
でも、自分にはやはり写真ではなく、単なるお遊びになってしまいます。(^^;
京急を入れて撮ろうと待っていたら、丁度郵便配達さんが後ろから来たので、グッドタイミングで撮影出来ました。

Maruさん、こんばんは。
ほとんど使う事の無いアートフィルターを使ってみました。
Maruさんは「ファンタジックフォーカス」がお好きですか。
何しろ使った事があるのは今日の「ドラマチックトーン」と「ラフモノクロ」だけなのです。他のはまったく知らないのです。(笑)
おっしゃるように遊び心を感じて使う機能なのでしょうね、アートフィルターは。

cucchi3143さん、こんばんは。
錆びた外壁は惹かれますよね。(笑)
安直にいろいろバラエティ豊富に写真を楽しみたい方々にはこうしたフィルター機能は歓迎されているのかもしれません。
ですが、私もcucchi3143さんと同じ感想です。
こうしたフィルター類を好まれる方からしてみればお固い、と言われるかもしれませんが、やはり「写真」ではないと思ってます。

こんにちは。
効果が分かりやすくて、遊ぶにはいいかも。このモードオンリーにして、効果的な被写体を探しながら撮影するのも面白いかもしれません。掲載の写真から判断すると、人工的なもの、金属的なものが合っているような気がします。逆に、一枚目の空のような感じも良いですね。

ビワさん、こんばんは。
確かに被写体を選べばそれなりに楽しめるかもしれませんね。
後は、徹底的に遊べるか楽しめるか・・・です。
私は・・・ダメかもしれません。^_^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 奥日光・湯滝 | トップページ | 品川駅港南口にて »