« 赤城山・覚満淵の草紅葉 | トップページ | 吹割の滝 »

2014年10月14日 (火)

台風に・・・

Img_0911

また勢力の大きい台風が日本列島に上陸しました。どうぞ皆様ご注意ください。

今日はこの一枚だけ掲載します。覚満淵を後にしようとした日暮れ、自分の背後の山に日が沈んだ時の撮影です。

日の当らないところは暗く沈んでおりますが、上の方はまだ黄金色に輝いておりました。幸い風がほとんど無かったので、水面に鏡のように映り込んでいます。

実に綺麗な瞬間を見る事が出来ました。

台風など来る事なく、いつもこのように穏やかな毎日なら良いのですが、自然は人間の思うようには動いてくれません。

PENTAX 645D
smc PENTAX-FA645 45-85mm F4.5

« 赤城山・覚満淵の草紅葉 | トップページ | 吹割の滝 »

コメント

おはようございます。
昨夜は雨がひどかったので、前回同様避難勧告が出るのではと
TVのニュースをずっと見ていました。
横浜は何とか夜のうちに台風が過ぎ去ってくれましたが、
このところの自然は荒れると強力ですね。

おはようございます。
東京は寝ている間に台風が通り過ぎてしまいましたが、横浜はいかがでしたか。

覚満淵という所は、本当に穏やかな姿を見せてくれる所なのですね。その素晴らしいシャッターチャンスに恵まれるというのは、KONDOHさんの日頃の写真家としての心構えと努力の違いですね(私には見習いたくてもいろいろ能力不足で)。
そして645Dは風景写真中心なら十分使えるということですね。

おはようございます。
昨夜は町田のほうまで呼ばれていたのですが、帰宅できない可能性もあるので早々にとりやめてもらいました。前段階でかなり警戒を喚起されましたが、大事に至らずやれやれというところです。
当地は川の氾濫があるので気が気ではないです。昨日も早い時間から川べりの家が車を避難させていました。
今日の写真のように穏やかな日々が続くとよいのですが、自然は優しさと厳しさの両面があるので仕方がないですね。

おはようございます。
昨夜の台風は、強風でしたね。風の音がすごくて、眠れませんでした。
そちらも、何事もなく通り過ぎたようですね。よかったです。(^^)
木々の光と影、青空や雲が映り込んで、美しい水鏡ですね。
昨年、軽井沢に行ったのですが、水面の映り込みが美しいと聞いていた雲場池は、落ち葉がいっぱい浮いていて、映り込むような池ではなくて、がっかりしました。
覚満淵のお水は、綺麗ですね。
自然を撮るのは、なかなか自分の思うようにはいかなくて、難しいです。

KONDOHさん、こんにちは。
次回はぜひ早朝の覚満淵においでください!晴れて風の無い日の出前の時間帯がお勧めです。

koukoさん、こんばんは。
私の携帯に横浜市から「避難準備」の連絡メールが来ましたよ。(^^;
瀬谷区、緑区、旭区、保土ヶ谷区、磯子区に避難勧告が出ましたね。
7時くらいから雨が強くなりましたので、少し心配しました。
しかし、今回は何事も無く済みました。
koukoさん宅も大丈夫だったようで何よりです。

yymoonさん、こんばんは。
横浜は幾つかの区で避難勧告があったのと、私の携帯には横浜市から「避難準備」のメールが入りました。
幸い、今回は被害も無く、ホッとしました。
赤城山は風が強い事で有名ですが、今回は実に恵まれまして、穏やかな天候でした。
お陰でこういうカットが撮れました。
645Dは風景写真に充分な性能であります。

cucchi3143さん、こんばんは。
昨夜は遅くまでお仕事は出来なかったでしょう。
今回は北関東を通過したせいか、こちらも前回ほどの被害は出ていないようです。
しかし、大阪は冠水があって大変な事になっていましたね。
自然は穏やかな顔と、厳しい顔の二つの面がありますので、これからも気を抜けません。

Maruさん、こんばんは。
横浜も7時過ぎくらいから雨が強くなり、深夜は猛烈な風が吹き捲くっていました。
幸い、今回は結果的には何事も無く過ぎました。
雲場池は昨秋訪れましたが、仰る通り落ち葉がいっぱい浮いていました。
その点、覚満淵は実に綺麗で、今日のようなカットが撮れました。
自然相手は難しいですよね。それでもめげる事無く繰り返し挑戦しましょう。(^^)

harasawaさん、こんばんは。
晴れて風の無い日の出前・・・・、それが難しいのですよねぇ・・・・(笑)
離れた横浜からはその予想がつきません。
今回は実に運が良かったですが、一昨年二月は猛烈な強風でした。(^^;

こんにちは。
台風に追いかけられるように、郷里から新幹線で東京に戻ってきました。今年は台風の当たり年でしょうか。
静かな風景は心が和みます。自然の二面性ですね。

ビワさん、こんばんは。
新幹線、ギリギリまで走っていて良かったですね。
自然の二面性、仰る通りです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤城山・覚満淵の草紅葉 | トップページ | 吹割の滝 »