« 赤い衝撃! | トップページ | 奥日光・湯滝 »

2014年10月22日 (水)

秋の実

L1002262
ハナミズキ

新宿御苑で撮影した写真に戻りますが、今日は「実」を集めてみました。

最初はハナミズキの実です。実はハナミズキの実を撮影したのは初めてです。花の時期はいつも撮影しているのに、葉が枯れる頃は見向きもしていませんでした。(^^;

L1002252
ムラサキシキブ

次はムラサキシキブ(紫式部)です。何とも美しい紫色の実を付けます。

L1002255
ウメモドキ

葉や花が梅に似ているところから付けられた名前のようです。

L1002247
ヤブミョウガ

これも小さな花は撮影した事がありますが、実を撮影したのは今回が初めて。

その他ではドングリを撮影していますが、これは割愛。そうそう、大変な量の銀杏が落ちていたところがありました。匂いさえ無ければ少し持ち帰って来たいところですが、それは新宿御苑のルールを逸脱しますので絶対してはいけませんね。

LEICA R9 + DMR
Apo-Macro-Elmarit-R 100mm F2.8

« 赤い衝撃! | トップページ | 奥日光・湯滝 »

コメント

おはようございます。
実りの秋ですね~。ハナミズキの実を見つけられたのですね。(^^)v
食べる実りも嬉しいですが、こうして、いろんな色の美しい実を眺めることができるのも
秋の楽しみだと思います。(^^)
しかし、綺麗な写りです。ピントが合っているところが、とてもシャープで、良いレンズなのですね。
何も知らなくてごめんなさい。LEICA R9 って、フルサイズですか?綺麗なボケです。
目ばかり肥えてしまって、いけません・・・(*_*)

おはようございます。
KONDOHさんも秋の実のお写真だったのですね。かぶりました^^
実の色ってよく見ると美しいですよね。まるで宝石のようです。
自然てすごいなって思います。ヤブミョウガの実ははじめて見た気がします。
東慶寺でも、何か変な匂い!と思ったら、足下で銀杏がつぶれていました^^;

Maruさん、こんばんは。
ハナミズキの実、撮影しましたよぉ〜・・・・(笑)
これが切っ掛けとなっていろいろな花々の実を撮影してみる気になりました。
面白かったです。
LEICA R9、これは一眼レフでマニュアルフォーカスのフィルムカメラなんです。で、そのカメラの「裏蓋」を外します。代わりにコダッック製CCDセンサーの付いたデジタルバック(Digital Module R)という裏蓋?を取り付けてデジタル一眼レフとなるのです。
中判フィルムカメラがフィルムバックを外してデジタルバックを装着してデジタル撮影するのと同じ方式なのですよ。(^^)
センサーサイズはフルサイズ比 1.37倍で、キヤノンのプロ向けデジ一眼 EOS-1D系とほぼ同じ大きさのAPS-Hというタイプです。
ちなみに発売されたのはもう10年も前になります。私が購入したのが8年前。ディスコンになったと聞いて慌てて・・・それもやり繰り算段してヨドバシカメラ最後の2台のうちの1台を購入しました。(^^;
そんなDMRも修理で二回、ドイツ送りとなっています。そのうちの一回は奈良の長谷寺で落としまして、一瞬青くなりました。(笑)
何れにしてもデジタルとしては化石的な製品です。(^^;

koukoさん、こんばんは。
あ、かぶりましたか?(笑)
今回いろいろな実を撮影してみて、実に自然というのは不思議なものだと思いました。
同じような時期に同じような色の実を付けていますからねぇ・・・。
ヤブミョウガの花は小さく白い花で、実に可愛いですよ。
東慶寺で銀杏を潰しましたか。それはさぞかし良い匂いだったと思います。(笑)

こんにちは。
僕の好きな被写体です。どれも一度は撮影したことがあります。一番好きなのはムラサキシキブでしょうか。名前も良いですが、背が低くて撮りやすいのも良いです。

ビワさん、
どれも撮影した事のある被写体でしたか。
ムラサキシキブは名前も実も綺麗ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤い衝撃! | トップページ | 奥日光・湯滝 »