« 新幹線開業50周年 | トップページ | 鎌倉・東慶寺(2) »

2014年10月 2日 (木)

鎌倉・東慶寺

Dsc02516

春以来になる鎌倉詣でをして来ました。一昨日の稲村ケ崎はその時の撮影です。

自宅から徒歩、電車で40分と掛からない北鎌倉。近いからか、あまり訪れる機会がない東慶寺さんに入りました。山門を入って直ぐ目に付いたのが酔芙蓉の花。この花、自宅ご近所宅のお庭にも咲いているのですが、時間の経過と共に徐々に赤くなるのです。私が見た午前中はまだ白いまま。

天候はどピーカンで、花の撮影にはあまり適しておりませんが、仕方ありません。開放で撮影しようとしたら、1/8000秒(ISO 100)でも足りず、F1.4で撮影しています。

Dsc02522

まるで私みたいに穏やかなお顔に、失礼して一枚。お〜・・・どこからか石が! (^^;

Dsc02525

コスモスは見頃を迎えていました。群生から少し離れてポツンと咲いているところを。

Dsc02534

ホトトギスも今が見頃。すぐ傍に白色のホトトギスも咲いていたのですが、そちらの写真は少々ピン甘なのでボツ。

Dsc02578

一昨日コメントを頂いたボン村上さんから中近景のリクエストがありましたので、このカットを掲載。本堂のお屋根の上、黒い点々はゴミではなく蜘蛛の巣であります。

今回使ったのは大口径単焦点レンズのNOKTONですが、被写界深度の薄さを楽しんだような撮影になってしまいました。(^^;

SONY α7R
NOKTON 50mm F1.1
VM-E Close Focus Adapter

« 新幹線開業50周年 | トップページ | 鎌倉・東慶寺(2) »

コメント

こんばんは。
最短1mというレンズですのでClose Focus Adapter装着で寄れるようになったのは有り難いですね。
とはいえKONDOHさんの写真ではAMEを見慣れているので、背景のボケ方などは癖を感じます。COSINAのサイトで赤城耕一さんの作例が掲載されていますが、後ボケは同じ傾向ですね。F1.1という大口径レンズですから、そこまで言うのは酷かもしれませんが。

おはようございます。
F1.1、どんな感じなのでしょう^^ 被写界深度、浅そうですね~
陽差しが強そうですね。実は先週東慶寺さんに行こうと思っていたところ、
午前中雨風で断念しました。こちらで秋のお庭を拝見できました^^
薄紫のコスモスとホトトギス♪ 薄紫は秋の色ですね。

おはようございます。
東慶寺さんに行かれたのですね~。
同じ場所に行かれても、目にするものも、撮り方も違っていて、
私と異なる感性に触れることができて、楽しく拝見させていただきました。(^^)
フルサイズのカメラにF1.1という明るいレンズ、被写界深度の浅さが良いですね~。
ふわふわ好きには、たまりません。^^;
どのお写真も背景から浮かび上がっている被写体が、とても美しく感じられます♪

cucchi3143さん、こんばんは。
AME、そういえば最近使ってなかったですねぇ・・・。
私にとって花の撮影といえばAMEなので。
NOKTON、今回の背景が煩いところばかりとはいえ、ボケはあまり綺麗ではないですね。
或る意味、苦手な被写体を今回は選んだという感じです。

koukoさん、こんばんは。
レンジファインダー用レンズといえば比較的コンパクトなレンズが多いのですが、このレンズのフィルター径は58mmですから、やはりそこそこ大きいです。重さも結構ズシリと。
本来は光量の少ないところで真価を発揮するレンズです。今回のようなどピーカンで使ってもあまり意味が無いような・・・(笑)
東慶寺さん、先週予定を立てていらしたのですか。そのうち、また予定を立てて下さい。

Maruさん、こんばんは。
行きましたよぉ〜・・・・(^^)v
被写体はあまり重ならないように・・・とも、思いまして。(笑)
今回使ったレンズ、必ずしも花の撮影に向いているとは言えないのですが、それを使うのもまた面白さがありまして・・・。はい、単なるアホです。(^^;
確かにボケだけはかなりのものですね。

ありがとうございます。
お手数をお掛けいたしました。

球面だけで構成されているので、ちょっと興味がありました。

なんてったってritomoさん、、、例のブツ、、、逝っちゃいましたから(^_^;)

ボン村上さん、こんばんは。
明日、もう一枚。今少し離れた被写体です。
ritomoさん、凄いですよねぇ・・・(^^;

こんにちは。
一枚目の写真、いいですね。花好き、大口径好きには堪りません。
東慶寺は久しく行っていませんが、駅から近いこともあって、わりと人が多いように思います。この日はどうだったのでしょうか。

ビワさん、
東慶寺さん、この日もそこそこ人は来ていました。
駅前みたいな地理ですから、訪れやすいですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新幹線開業50周年 | トップページ | 鎌倉・東慶寺(2) »