« 相鉄線(2) | トップページ | 赤城山・覚満淵の草紅葉 »

2014年10月12日 (日)

赤城山山頂にて

P140426
群馬県・赤城山山頂より覚満淵を見下ろす

昨日は夜も明け切らない午前4時過ぎに自宅を出、奥日光から赤城山を巡り、自宅へ帰って来たのが午後10時前という日帰り強行軍の紅葉撮影に出掛けて来ました。

今年は猛暑から一気に涼しくなったため、例年より山々の紅葉が早く進んでいるようなので、日光の紅葉も早めではないかと予想しての撮影旅行でした。

しかし、見事に空振り。(笑)

目指した湯ノ湖は若干、本当に若干色付いていたものの、紅葉というにはまだ早過ぎました。湯ノ湖畔をしばらく散策した後、奥日光は諦めて信州八千穂高原に向かおうかと考えたものの、さすがに距離が有り過ぎるのでこちらも諦め、赤城山を目指す事にしました。

P140439

赤城山を訪れるのは一昨年の二月以来で、当時は雪に覆われた赤城神社の朱色が実に鮮やかだった記憶が残っています。

赤城山、車を走らせて先ず来た場所が前回と同じ、「赤城山頂駅記念館サントリービア・バーベキューホール」前の広場です。

廃止されたケーブルカーの駅舎を当時のままの姿でビアホールとしている建物で、そこから撮影したのが今日の2枚の写真です。

何しろ昨晩遅く帰宅したので、撮影写真の整理が出来ておりません。よって、今日はこの2枚でご容赦を。

Panasonic DMC-GH3
G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.

« 相鉄線(2) | トップページ | 赤城山・覚満淵の草紅葉 »

コメント

おはようございます。
紅葉には早かったかも知れませんが、
初秋の空気の冷たさが感じられるような気がします。
しかし、すごい強行軍ですね^^
そのおかげで私たちはこうして様々な場所を拝見できるわけですが^^
せっかくの三連休ですがお天気が荒れ模様ですね。

おはようございます。
凄い行動力ですね~。そして、更新、早っ!(^^)
そのおかげで、赤城山の今の様子を知ることができ、
自分も、ここに立って眺めているような臨場感があります。
紅葉には、少し早かったようですが、とても素晴らしい眺めです。
湖に映る青空が美しいです。空気も清々しいですね。(^_-)
続きを楽しみにしています。

koukoさん、おはようございます。
信州の紅葉は例年より一週間ほど早かったようなので、奥日光も・・・と思ったのですが、玉砕です。(笑)
しかし、さすがに気温は横浜とは10度近く違うようです。日陰に入るとやや肌寒かったですから。
前回の台風の時に一泊二日で信州を予定していたのに断念。その悔しさから昨日一日なら天候は大丈夫という事での強行軍でした。(笑)

Maruさん、おはようございます。
赤城山では最高の天候でした。都会の濁った青空とは違い、本当に澄み切った綺麗な青空を見て来ました。
奥日光の紅葉は当てがハズレましたが、それでも赤城山では草紅葉を楽しんで来ました。
台風18号で信州行きが潰れたので、19号が来る前の日帰り行程でした、昨日は。

日光は今年は例年と違う順番で紅葉が進んでいるようです。
私は先週の土曜日に群馬県側の菅沼に行きましたけど、夜中に日光に行ってみたら
群馬側の曇天・無風とは打って変わって満天の星空に強風でした。
あの風のお蔭で枯葉が横殴りで舞ってましたね。

にこらいさん、こんにちは。
葉を見ると、チリチリになっておりまして、紅葉を待つ状態には見えませんでした。
台風18号の影響ではないかと。
仰るように強風で葉が飛ばされたように見える木々も沢山ありました。何となく綺麗な紅葉は望めそうもなかったですね。
で、早々に場所を移動したわけです。

こんばんは。
赤城山ですか! KONDOHさんの行動力にはとても敵わないです
私は紅葉のことなど全然頭にありませんでしたが、気温の低いところですとそろそろなのですね。
地図を見ると関越経由ですと当宅から2時間強でしょうか。こういうところに足を伸ばすのもよいですよね。最近はガソリン代が気になるので、遠出して撮影しようという気持ちにならないのでした。お粗末です ヾ(´▽`;)ゝ

cucchi3143さん、こんばんは。
奥日光の紅葉は空振りでした。
風景撮影は行ってみなければ分かりませんので仕方ありません。
しかし、日光は人気の場所ですね、車が溢れていましたから。

こんにちは。
紅葉は空振りでしたか。離れた場所だと具合が分からないですからタイミングが難しいですね。

ビワさん、
そうなんです。ある程度予想で出掛けますので仕方ありません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 相鉄線(2) | トップページ | 赤城山・覚満淵の草紅葉 »