« 富士の柔と剛 | トップページ | 霧にむせぶ・・・ »

2015年1月12日 (月)

ヘレン・メリル EP盤記念BOX

Merrill_2
EP-1-6103

1. You'd Be So Nice To Come Home To
2. 'S Wonderful
3. Don't Explain

ジャズファンならどなたもご存知の白人ジャズヴォーカリスト、ヘレン・メリルのEP盤3枚がそれぞれCDシングルとして3枚に収めたBOXセットが彼女の録音60周年記念として発売されました。

記事とは全然関係ないですが、私にとってこのCD BOXが本年度最初に購入した音楽ソフトとなりました。(^^)

Merrill_1
EP-1-6104

1. Yesterdays
2. Falling In Love With Love

名盤「ヘレン・メリル ウィズ・クリフォード・ブラウン」として発売されているアルバムが↑このジャケット写真を使っていますよね。ジャズファンにとってはもうお馴染みの写真。

大きく写っているマイクが時代を感じさせます。で、そのマイクに名前と曲名がレタリングされているのも粋ですよね。(^^)

しかし、今回発売されたEP盤のジャケット写真も実に素晴らしいですね。CDショップで特典として頂いたこれら3枚のEP盤サイズ(17cm)の写真をまとめて額に入れて部屋に飾ろうか、なんて私は考えています。(^^;

だって・・・そのくらい素敵な写真だと思いませんか?

Merrill_3
EP-1-6105

1. Born To Be Blue
2. What's New

何と申しましても名曲「You'd Be So・・・」の名唱であまりにも有名な録音ですが、この曲ばかりでなく、他の曲も皆素晴らしい歌唱ですねぇ。そして若くして自動車事故で天に召された不世出のトランペッター、クリフォード・ブラウンの合いの手がこれまた最高です。

Merrill_4

これが1枚目のジャケット裏です。

尚、紙ジャケット仕様というのが泣かせてくれますね。欲を言えば、オリジナル通りEP盤3枚組のレコードとして発売してくれればファンとしてはもっと嬉しいのですが。(^^)

しかし、CDシングルの紙ジャケット仕様ですから、これでも私は充分満足しております。

« 富士の柔と剛 | トップページ | 霧にむせぶ・・・ »

コメント

おはようございます。
わ~い、「ニューヨークのため息」ヘレン・メリルですね。(^^)
You'd Be So Nice To Come Home To と言えば、ヘレン・メリルですよね。
「ヘレン・メリル ウィズ・クリフォード・ブラウン」は、持っていますよ。
クリフォード・ブラウンの前奏・合いの手・間奏は、しびれます~♪
私は、ジャズは、インストルメンタルも好きですが、ボーカルも同じくらい大好きなのですよ。(^^)
KONDOHさんは、クラッシック・ファンですが、私よりジャズをご存じかもしれませんね。
ビル・エバンスも私よりもたくさんCDを持っていらっしゃいますし・・・
このCDジャケット、確かに素敵です。
こんなに素敵なポートレートは、なかなか見られませんね。
私も私の好きなジャズ・アルバムの紹介をブログに書いちゃおうかしら・・・^^;

おはようございます。
うわぁ~、かっこいいお写真! これを3枚並べるなんて、素敵ですね。
ジャズのアルバムのジャケット写真は、雰囲気のある素敵なものが多いですね。
何故かしら。カメラマンもジャズ好きなのかなぁ~。

Maruさん、こんばんは。
おお、ヘレン・メリル、お好きだったのですね。
おまけに「ウィズ・クリフォード・ブラウン」もお持ちとは嬉しいですねぇ・・・・(^^)v
クリフォード・ブラウン、素晴らしいトランペッターでしたが、早くに亡くなったのが残念です。
Maruさんはボーカルもお好きなのですね。
ジャズに関してはMaruさんより知識があるとは必ずしも言えないと思います、多分・・・(^^;
私、興味を持つと集中的にCDを買い込む癖がありますので、エバンスも一時のめり込みました。(笑)
しかし、このヘレン・メリルのジャケット写真は素敵ですよね。
是非、Maruさんもお好きなジャズ・アルバムをご紹介してください。楽しみにしていますので。(^^)

koukoさん、こんばんは。
素敵な写真でしょう?
ジャズ・アルバムのジャケット写真って素敵なものが多いのですよ。特に昔のは。(笑)
カメラマンもデザイナーもジャズが好きなんだと思います。
ですからアート的にも素晴らしい作品が多いのでは。

こんばんは。
このEP盤BOXずいぶん値段が高いのですね。
驚きました。ちょっと手が出せません。
古いLPで聴きます。ジャケットの裏には小さいけど写真6枚ありますので(笑)。
このアルバム、クインシー・ジョーンズのアレンジとバックの演奏も素晴らしいですね。

yymoonさん、こんばんは。
高いといえば高いかも・・・しれません。(^^;
でも、CDシングルとはいえ、一応3枚入っているのと、豪華なビニールコーティングの紙ジャケットですからコストは掛かっていると思います。
それと、入手困難なEP盤のジャケットが手に入るという事で、私は購入しました。
ただ、あまりご興味がないとおっしゃる通り高く感じるのかもしれませんです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士の柔と剛 | トップページ | 霧にむせぶ・・・ »