« 富士と湖 | トップページ | カラーフィルムの感度間違い »

2015年2月 8日 (日)

カメラ新製品雑感

Img_0270
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II

今週木曜日から横浜で開催されるCP+に合わせて、各社からニューモデルの発表が相次ぎましたね。

オリンパスさんからはOM-D E-M5の後継機が登場。いち早く私は手にしてみましたが、シャッターショックがE-M1同様に小さく、なかなか良い感じでした。ファインダーもE-M1と同じになりましたので、倍率が上がってとても見やすくなっています。

注目の「40Mハイレゾショット」は試していませんが、撮影にいろいろと制限があるものの、風景写真には良いかもしれませんね。

動態撮影が多い人はE-M1、風景やスナップの人にはE-M5 Mark IIという感じになるのでしょうか。ただ、以前私がE-M1を使った時には雑誌で喧伝されたほど動態には強くなかったですが・・・。まぁ、使うレンズにもよるのでしょうが飛行機の撮影時、レンズが突然最短から無限遠を行ったり来たりして閉口したものです。(^^;

しかし、今月下旬に予定されているファームアップ Ver.3では動態撮影時でも秒9コマというコマ速で撮影可能になるとか。大分性能アップされるようですね。

で、肝心のE-M5 Mark IIですが、ボディは小さいですよねぇ。持ちやすさだけを言えばE-M1の方ですが、E-M5 Mark IIも別売のパワーバッテリーホルダーを装着すると実に持ちやすくなります。ただ、お値段が少々お高いような気も・・・。

そうそう、相変わらずフルサイズデジタルと中判デジタルとの比較写真を掲示して画質はオリンパスm4/3機の方が上回っている、とやっていますが、あれには苦笑するしかありません。それと、B0版サイズのプリントを見ましたが、がっかりしました。1600万画素の写真には見えません。

Img_0275

私が注目する製品のカタログです。とうとうキヤノンさんからニコンさんのD810の画素数を大幅に上回るEOS 5Ds/Rが発表されました。しかし、発売はかなり先の6月だそうで。少し発表が早過ぎるのでは、という気もしないではないですが、話題作りにはなるでしょうね。

有効画素数約5,060万画素のCMOSセンサー搭載で、5Dsはローパスフィルター付き、5Ds Rはそのローパスフィルター効果をキャンセルしたモデルだそうで。思い出しますねぇ、ニコンさんのD800とD800Eの時とまったく同じ製品作りですから。(^^;

個人的には5,060万画素もあったらローパスフィルターは必要ないのでは、と思うのですが、このあたりはキヤノンさんとニコンさんのモノづくりに対する考え方の違いでしょうか。

今回初めてキヤノンさんはクロップ機能(1.3倍と1.6倍)を搭載して来ましたが、純正のAPS-C一眼用のレンズを装着する事が出来ません。何故ならキヤノンさんのAPS-C専用レンズはバックフォーカスを短くした設計のため、フルサイズのカメラには装着出来ないからです。

ここがニコンさんとは違う点で、ニコンさんのフルサイズデジタルにAPS-C専用レンズを装着すると自動でファインダーがAPS-Cサイズにマスクされ、レンズはフル機能を使えます。しかし、キヤノンさんはそれが出来ない。ただし、サードパーティ製のAPS-C用レンズは装着出来るはずなので、まるで他社のためのクロップ機能という感じに。もっともフルサイズ用レンズでもクロップ機能は使えるので、キヤノンさんはそちらを重視したのでしょう。

ところで5,060万画素ですが、画素数だけなら中判と同等、若しくは超えてしまいましたね。私が持っているPENTAX 645Dの4,000万画素は遥かに超えてしまいましたから。(^^;
こうなると果たして大きく重い中判デジタルを使い続ける意味があるのかどうか、悩んでしまいますねぇ。

ちなみにお値段の方ですが、ヨドバシカメラさん価格(税込)で見ると5Dsが505,440円。5Ds Rが537,840円です。今思うとニコンさんのD800とD800E登場時は結構なバーゲンプライスだったように感じます。だから大ヒットしたとも言えるわけで。

5Ds/Rのボディは実質現行品の5D Mark IIIですから、センサーが変わるだけで20万円も高くなるのか・・・と思ってしまいます。センサー価格を知らない私の個人的思いですが。

ネットでは今回のセンサーがキヤノン製なのか、ソニー製なのか、はたまた東芝製なのかといろいろと言われていますが、カタログを「深読み」すると私個人の感じとしてセンサー設計はキヤノンさん中心、しかし生産は外部へ委託、そう思いました。その理由は、

5Dsのカタログには今回のセンサーについて以下の通り記述があります。
「自社開発・自社生産によって蓄積した半導体技術と最新の微細化プロセスを駆使」とあります。

ところがミラーレスカメラ EOS M3のカタログには、
「EOS M3は、自社開発・自社生産による有効画素数約2420万画素の大型CMOSセンサーを搭載」と書いてあります。

M3には「自社生産のセンサーを搭載」とあるのに、5Dsの方は自社生産のセンサーを搭載とは書かれておらず、「自社の技術を駆使」というところで止めてあります。(^^;
なので、私個人は「あぁ・・・やはりセンサーは他社製か」と思ったわけです。しかしながら、どこ製であろうと5,060万画素のセンサーには違いないので、撮影される写真には私自身とても興味があります。

5Dsと同時に発表されたEOS M3ですが、第三世代になってようやくミラーレスカメラとして失礼ながら一人前になったような気がします。今回は外付けではありますが、ファインダーも用意されましたし。今までキヤノンさんのコントラストAFはお世辞にも速いとは言えませんでしたが、今回のM3には少し期待しております。

さて、キヤノンさんの5,060万画素と同じような高画素センサーを搭載するカメラ(α7Rの後継?)が噂されているソニーさんですが、CP+前には発表がないのでしょうかねぇ?

ここ二年くらいはニコンさんのフルサイズデジタルの大攻勢が続いて実に活気がありましたが、昨年暮れの7D Mark IIから今年にかけて、キヤノンさんの反撃が始まりそうでカメラスズメにとってはなかなか興味深い年になりそうです。(^^)

« 富士と湖 | トップページ | カラーフィルムの感度間違い »

コメント

おはようございます。
KONDOHさんがE-M5 MarkⅡを買われたのかと思って、ドキっとしました。^^;
ヨドバシの展示なのですね。
やはり、オリンパスのm4/3がフルサイズ機よりも画質が上回っているというのは、苦笑なのですね。
不思議だなぁ?と、思っていましたので・・・。^^;
先日、ヨドバシで、E-M1を触っていたら、店員さんに、「このカメラは、フルサイズ機よりも、綺麗な画質なんですよ。」と、アドバイスをいただきましたし・・・。^^;
カメラ用語が分からなくて、半分くらいしかお話が理解できませんが、時代がどんどん進化しているのですね。
楽しく読ませていただきました。(^^)

Maruさん、こんにちは。
いえいえ、M5 Mark IIはまだ発売されていませんです。
ヨドバシさんでもまだ展示されていませんよ。私はオリンパスさんで弄らせて頂きました。
私が苦笑したのはm4/3の方がフルサイズより画質は劣っているはずだ、という事ではないのです。
比較写真を見ると、明らかにフルサイズの方を弄っているからなのです。微妙にピントを外して拡大している事が見え見えなのです。何故そういった姑息な事をするのかな・・・と思ったわけです。
何かセンサーサイズの小ささにオリンパスさんが劣等感を感じているようにも思えるのです。
m4/3は充分に高画質です。安心してお使いください。

KONDOHさん、こんばんは。

私も今日、5Dsと8000DとM3のカタログ、もらってきました。

おっしゃる通り、センサーは自社製造ではないのでしょうね。私もどこ製かは問いませんが、現段階では5Dsが出たからといって、ペンタ645D/645Zの存在意義が薄れるとはあまり思いません(思いたくないだけ?汗)。おそらくISO感度のスペック見る限り、高感度はそれほど期待できないでしょうし。

思い返せば、初代7Dは1800万画素でしたが、この画素ピッチでフルサイズのセンサーを作ると4800万画素相当になるはずです。ということは今回の5Dsは場合によっては高感度耐性は初代7Dレベルかも・・・。これはあまりに悲観的な見方でしょうが、5年かけてリニューアルした7D2の高感度耐性に鑑みてもあながちハズれているとも思えません。

いや、この読みが外れてしまったらまた金策に追われて大変なことになってしまうから勘弁して、というのが本音でしょうか。^^;

ななまるさん、こんばんは。
カタログ、揃えましたか。^_^
8000Dという型番は紛らわしいですね。ニコン製みたいです。或いは、それを意識したとか。D8000という型番を使わせないために。考え過ぎかな?f^_^;
APS-C1800万画素をフルサイズにすると4800万画素。ですから出るべくして出た、とも言えるわけですね。しかし、仰るように高感度にはあまり強くないでしょう。
しかし、高画素競争は一段落したと思いましたが、また再燃のようです。

こんにちは。
5Dsは1Dsの後継機みたいな感じですね。型番が5なので中級機っぽいですが。
完全なローパスレスではないようですが、ニコンと同じように、次のモデルチェンジでは完全にローパスレスになるのでしょうか。パナソニックのように、ローパスレスは出しませんと言い切った方が気持ちよいのですが。

ビワさん、こんばんは。
ローパスに関しては考え方がメーカーによって違いがあるという事が、5Dsの登場によって感じます。
ニコンさんの場合、D800/Eは市場調査の意味合いもあったように思います。その後のD810ではローパスレスのみになりましたので。
果たしてキヤノンさんは・・・?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士と湖 | トップページ | カラーフィルムの感度間違い »