« 明治神宮で鳥見 | トップページ | 横浜駅東口界隈 »

2015年3月 5日 (木)

なんちゃって600mmの野鳥撮影

P0797
メジロ

今日も昨日の続きで、明治神宮で撮影した鳥さんです。

P0749
ジョウビタキ♀

野鳥撮影といえば、大きな三脚に据えたデジタル一眼レフと大砲(超望遠レンズ)の組み合わせがデフォルトですから、野鳥撮影のポイントではそうした人たちを良く見掛けます。私も以前、カワセミ専門に追っていた時にはその組み合わせでした。

P0907
シジュウカラ

それが今は、m4/3のミラーレスカメラにレンズは・・・「なんちゃって600mm」という組み合わせ。(^^;

ですから、場所によっては「そんなので写せるのかよぉ〜・・・」とでも言いたげな、蔑んだような目で見られる時もあります。(笑)

それは私だって今も大砲レンズを購入出来る資金を持ち合わせていたら・・・とは思っていますけど、出来ないのですから仕方ありません。(^^;

P0811
アオジ(スズメ目ホオジロ科)

足元の先でカサカサ音がするので静かに寄ってみると、アオジが丁度木の実らしきものを口に銜えたところでした。ラッキー♪

P0937
シメ(スズメ目アトリ科)

ここでアオジが菜食していたのですが、このシメが飛んで来てアオジを追い払いました。

しかし、シメという鳥さん、何度見てもまるで木彫りで作った鳥のように見えてしまいます。そうお思いになりませんですか?(笑)

さてこの日、ルリビタキの♀にも遭遇したのですが、カメラのピントが来てくれませんで、撮影を逸してしまいました。残念!

でも、めげずにこれからもこのセットで野鳥撮影はさせて頂きますよ。何たって軽いので、行動半径が広がりますから。(^^)

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
Panasonic G VARIO 100-300mm F4-5.6 MEGA O.I.S.

« 明治神宮で鳥見 | トップページ | 横浜駅東口界隈 »

コメント

おはようございます。
軽くて手持ちで撮れるのは、いいですよね~。
私は、すっかり三脚嫌いになっています。^^;
アオジちゃんが実をくわえた瞬間、グッドタイミングです。(^^)v
シメちゃん、本当に木彫りのお人形のようですね。そして、性格が強いのですね。
鳥さんにもいろんな性格があって、観察していると楽しいかもしれませんね。(^^)
質問です。鳥さんの撮影は、ノートリミングが基本なのですか?

Maruさん、こんばんは。
このセットで野鳥撮影はかなり安直だとは思います。(^^;
でも、自分的には充分使える組み合わせと思っております。
で、ご質問の件ですが、私はどういう被写体であれ、基本はノートリミングです。そのために画角などに拘っているわけです。
しかしながら、カメラのファインダーで見ていた時はそれでオーケーとしたものの、自宅のパソコンモニターで開いた時に、微妙に変わる時もあります。やはりパソコンモニターは大きいですから、見た印象が変わる時があるのです。そういう時に若干トリミングする時はあります。
鳥さんの撮影も出来るだけノートリで掲載したいところですが、撮影に制約(フェンス等)があるところではどうしてもレンズの焦点距離が足りない事があります。そういう時はトリミングせざるを得ないのです。先日の「ヒレンジャク」のカットがそうでした。撮影したところには金網のフェンスがあったのです。相手は小さな野鳥なので、ブログにそのまま掲載しても被写体が小さ過ぎると感じた時は仕方なくしております。
今回の明治神宮で撮影した写真では、今日のアオジのカットだけ少しトリミングしました。前ボケは木なんですが、パソコンモニターで見たら前ボケを大きく取り過ぎたと感じまして、前ボケ部分をトリミングしています。それに合わせて左右も同程度切らざるを得なくなりますが。
その他はすべてノートリミングですよ。(^^)

こんにちは。
シメですが、なるほど木彫りのようですね。お店で売っていそうです。
シジュウカラはこっちを向いているようですが、目がどこなのか分からないですね。サングラスをしているみたいです。

こんばんは、

たしかに、野鳥撮りでは300mmが広角、500mmが標準で、800mmでようやく望遠と言われますが、どれも機動力を損なうレンズばかりですね。とくに800は三脚必須ですから、そうおいそれとは動けず、結果、即興に弱くなります。。。

私も当初は、というか今でも時には456で動き回って撮影しますが、同じような視線を感じることがありますね。ただ、長玉族の仲間になってわかったこととして、ごつい機材の人、薀蓄を垂れまくる人が必ずしもすごい写真を撮ってるわけではないということがあります。人の目を気にせず、自分のスタイルで楽しむのが一番ですね。^^

ビワさん、こんばんは。
シメは目から嘴までが特徴的で、ユニークな顔立ちと思います。
シジュウカラは目の周りも黒いので、分かりづらいですね。メジロみたいに縁取りがあると良いのですが。f^_^;

ななまるさん、こんばんは。
野鳥撮影は必然的に機材が大きく重くなりますね。
おっしゃるように500mmが標準レンズと言われる世界ですから。普通は三脚が必要になります。
ただ、当然機動性は悪くなりますよね。
その点、このセットは・・・f^_^;
しかし、私も人の目を気にせず楽しみたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明治神宮で鳥見 | トップページ | 横浜駅東口界隈 »