« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月31日 (火)

新宿御苑、桜見物(2)

720586
陽光

720514

鮮やかな色で、満開を遠目に見ると見応えのある陽光、私の好きな桜です。

720569
江戸彼岸

新宿御苑では様々な種類の桜を見る事が出来ます。この江戸彼岸は陽光のような派手さはないですが、薄っすら桜色が上品さを感じさせます。

720582
大島桜

白っぽい花を付ける大島桜。名前から察する事が出来るように、伊豆諸島に多く見られる桜です。

720576

多くの花見客で賑わう新宿御苑。毎年のようにここで桜を見ていますが、京都で見るしっとり感とはまた違って、明るく開放的に見物出来るところが新宿御苑の良さかもしれません。

SONY α7R
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

2015年3月30日 (月)

新宿御苑、桜見物

720530
ソメイヨシノ(28日、新宿御苑にて)

今日は先週土曜日、新宿御苑の様子です。

入り口は持ち物チェックと入場制限があり、訪れた人たちで長蛇の列でした。しかし私は、その行列を横目に脇からスイッと入れて頂いてますので、苦労なく入苑。(^^)

720554

お目当てのソメイヨシノは三、四分咲きというところでした。少し気温の低い日が続きましたからね。

720540
八重咲きの枝垂れ桜

一週間前は紅枝垂れ桜が満開で、八重咲きの方が少し遅れていたのですが、この日は八重の方も満開を迎えていました。下から見上げて撮影していますが、凄い人だかりです。

720565

720562
以上2枚、高遠小彼岸

先週、開き始めていた高遠小彼岸が見事に満開です。長野県の高遠城址公園で栽培されていた桜だそうで、多分こちらへ寄贈された桜なのではないかと思います。

いや〜・・・綺麗でした!

明日に続きます。

SONY α7R
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

2015年3月29日 (日)

都市の路地裏

720223

今日は昨日の東京駅八重洲口から有楽町まで歩いた時のお気軽スナップです。

東京駅から有楽町なんて、まさに大都会東京をイメージする街並みですが、ちょっと路地を入るだけで今日のような不思議なところがあります。

720224

この船長(?)さんを撮影したのは今回が2回目。

720225

東京駅近くとは思えない雰囲気の路地だと思いませんか?

720227

困った・・・、こういうのを見ると撮らなくてはいられなくなります。(^^;

720232

トンネルの向こうには何がある?

720233

私にはまったく縁のないところ。しかし、写真は撮りたくなる。(笑)

SONY α7R
HELIAR 40mm F2.8
VM-E Close Focus Adapter

2015年3月28日 (土)

東京駅八重洲口

720204
東京駅八重洲口にて

東京駅といえば最近はもっぱら丸の内口ばかりが注目されておりますね。

何しろ駅舎がリニューアルされ、更にはKITTEが出来て、観光客は丸の内方面へと流れていました。

720205

ところが八重洲口もずっとリニューアル工事が行われていまして、ようやく終わったようです。

今日はその八重洲口でのスナップから掲載しています。

720207

北陸新幹線も開業され、東京駅も更に活気が出ているようです。

その北陸新幹線開業に合わせて東京駅止まりだった東海道線が高崎線と繋がりましたので、東京駅が終点だからと安心して寝込んだりしたら大変。東京駅を過ぎて行ってしまいますよ。(笑)

ちなみにここは一階フロアではありません。

720211

北陸新幹線開業に合わせて子供のためのイベントが開催中で、↑E5系の試乗会も行われていました。(笑)

八重洲口、綺麗になりましたよ。バスターミナルが広く取られていて、地方行きの高速バスの多い事、多い事。

SONY α7R
HELIAR 40mm F2.8
VM-E Close Focus Adapter

2015年3月27日 (金)

OM-D E-M5 Mark II で飛行機撮影

P2057
中国国際航空 B777-200(B-2060)

オリンパスさんのミラーレスカメラ E-M5 Mark II を購入直後に京急線でコンティニュアスAFのテストをしましたが、今度は飛行機の撮影に使ってみました。

掲載している写真はカメラの動体予測モード、コンティニュアスAF任せで撮影しています。もちろん手持ちでの撮影で、写真はすべてノートリミングです。

P2063

迫り来る旅客機をカメラのAF任せで連写し、頭上近くを通過する際も真横から撮影。

P2066

そしてランディングと、連写し続けてみました。

帰宅後、すべてのカットを拡大してピントを仔細にチェックしてみました。一部微妙だなぁ・・・と思わせるカットもありましたが、結果はこちらの期待以上のものでした。

P2104
全日空 B787-8 Dreamliner(JA808A)

ミラーレスカメラの発売当初、AFに関しては明らかにパナソニックさんに負けておりましたが(個人的感想です)、最近はオリンパスさんもなかなか頑張っているなぁ〜という事を感じました。

P2117
全日空 B777-200ER(JA709A)

像面位相差AF機能を持たないOM-D E-M5 Mark II でこれだけの結果が出るのですから、ファームウェアの度重なるバージョンアップを受けた像面位相差AF搭載のOM-D E-M1であれば、更に良い結果が出るのかもしれませんね。発売当初は期待したほどの成果は出ませんでしたが。

ミラーレスカメラのAF性能も私が思っている以上にアップしている事を実感した、今回の飛行機撮影です。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
Panasonic G VARIO 100-300mm F4-5.6 MEGA O.I.S.

2015年3月26日 (木)

ミラーレスで飛行機

72266
羽田空港展望デッキにて

また、悲しい飛行機事故が起きましたね。このところ、飛行機墜落のニュースを度々耳に(目に)しますので、飛行機好きの私はその度に暗い気持ちになります。

72300

私は関西に行く時も新幹線を使わずに飛行機にするくらいでして、飛行機嫌いの方々からすれば信じられない行為のようです。(^^;

しかし、関西方面ならあの雄大な富士の姿を空から拝めるではないですか。最高の瞬間です!

72338

その飛行機、旅客機撮影をミラーレスカメラで試したのが今日の写真です。

純正マウントアダプターに一眼レフ用レンズを装着しての撮影でした。まぁ、何とかなるものです。(笑)

SONY α7R
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD
LA-EA4

2015年3月25日 (水)

フィルム撮影の事など

Img819
横浜市港南区、大岡川にて

OM-D E-M5 Mark II の購入直後、そのカメラを使った大岡川でのスナップ写真を掲載しましたが、今日はその続きのような感じです。ただし、こちらはフィルム撮影でのものです。

多分、一年以上使っていなかったと思われる二眼レフカメラ、ミノルタオートコードを使いました。

が・・・、またドジをやらかしました。(笑)

Img821

撮影途中でシャッターが切れなくなったのです。当然、巻き上げも出来ません。私が所有しているクラシックカメラはこのミノルタオートコードとライカ M2くらいなもので、とうとうオートコードも壊れたか、と撮影を諦め、帰宅後ダークバックを使ってカメラの裏蓋を開けてフィルムを取り出しました。

で、ダークバックからカメラを取り出し、何気なくシャッターボタン周りを見たら、ガ〜ン・・・!!!

何の事はない、シャッターをロックするためのダイヤルが気がつかない間に回転して、シャッターボタンをロックしていただけだったのです。

わははは・・・・であります。(^^;;;

Img822

やはりカメラというものは日頃しょっちゅう使ってやらなければならないという良い見本ですね、今回のドジは。(笑)

基本中の基本にも自分は気が付かなかったのですから。ちなみに購入は5年前の事になります。

ところで今回使用したフィルムは昨年久しぶりに購入したコダックのT-MAXです。モノクロフィルムといえば私は同じコダックのTRI-X専門でしたので。

ここ数年、春になると恒例になってしまったフィルの値上げ、今年も来月に大幅値上げがあるらしいですね。

Img824

実際のところフィルムなんてデジタル全盛の時代に売れるわけないので、値上げは仕方ないといえば仕方ないです。価格を上げても供給してくれるだけ有難い、と思わなくてはならない時代ですから。

フィルムを供給して頂いているメーカーさんに恩義を感じて、私も今まで月最低一本はフィルムを消費する、という事を実行して来ました。しかし、来月からの価格を知ると、もう・・・さすがにそうそうフィルム撮影は出来ないなぁ・・・と感じております。

というより、これからは一本一本を今まで以上、大事に使わなければ・・・という事で。

拙宅の冷蔵庫には昨春、値上げ前に大量に買い込んだものですから、未だに結構残っております。なので、今年は値上げ前の買い置きはしない事にしました。冷蔵庫の在庫が尽きたら・・・・どうする?

その時は、いよいよ私も基本・・・フィルム撮影は止めますかぁ。

MINOLTA AUTOCORD / Rokkor 75mm F3.5
Kodak T-MAX 400

2015年3月24日 (火)

花便り

72121
乙女椿

新宿御苑は桜ばかりではありません、春の花々がそこかしこで見られるようになりました。歩いていると、ホントに楽しくなりますねぇ。

乙女椿、今が盛りのようで、私が一番好きな椿です。

72102
ハチジョウキブシ

先日の薬師池公園で撮影したキブシを初めて撮影したような事を書き記しましたが、新宿御苑でハチジョウキブシを見た時、「あぁ、忘れてた! 毎春ここで見ているではないか・・・」でした。(^^;

72165
トサミズキ

こちらも薬師池公園で初めて撮影・・・でしたが、新宿御苑でも見られる事をこの日、初めて知りました。今までこの前を歩いていなかったのです。

72129
サンシュユ

サンシュユも今が見頃です。

72156

72162
以上、クリスマスローズ

照れ屋さんなのか、うつ向き気味に花開くクリスマスローズ。

72154
ケヤキ

最後は花ではありませんが、葉を落とした枝の形に惹かれてシャッターを切りました。

昨日は都内と横浜でソメイヨシノの開花宣言がありました。いよいよ桜の本命、ソメイヨシノが見られるのですね。今週末、各地の人気場所は多くの花見客で賑わう事でしょう。

SONY α7R
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

2015年3月23日 (月)

桜! 桜! 桜!

72140
新宿御苑にて

ピンク色の花びらに飾られるようになった新宿御苑。毎年、ソメイヨシノの前に満開になるこの紅枝垂れ桜が見頃を迎えています。

72144

私はほとんど毎年この枝垂れを見ていますが、これを見ると次はいよいよソメイヨシノだな、と思ってしまいます。

72146

今年は八重の枝垂れが少し遅れていますので、まだまだ枝垂れ桜は楽しめると思います。

72106
陽光

こちらの桜も鮮やかなピンク色の花を付ける陽光です。大分花が開いて来ましたので、遠目には本当に美しいです。

72132
修善寺寒桜

日本庭園近くの寒桜も満開でしたが、こちらは花と葉が同時に見られる修善寺寒桜。その他、ソメイヨシノに似たやや白っぽい色の桜、高遠小彼岸も花開いておりましたし、寒緋桜も見頃で、新宿御苑はまさに桜色に染まっています。

72131
ソメイヨシノ

そして気になるソメイヨシノですが、新宿御苑では2輪花開いたそうです。私が撮影したのは蕾ですが、その他の蕾も今にも花開きそうです。

北の地の方々には申し訳ないですが、こちらはすっかり春が訪れたようです。

SONY α7R
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

2015年3月22日 (日)

ハクモクレン(新宿御苑)

72086
ハクモクレン

新宿御苑のハクモクレンがそろそろ見頃を迎えているのではないかと思い、訪れてみました。毎年見ているこの大きなハクモクレン、見事でした。

何本かある御苑のハクモクレンですが、新宿門から入ってすぐのところ、この一本の花付きが毎年一番早いようです。

72099

木が高いだけに、なかなか見応えがあります。

1枚目はほぼ順光、2枚目はやや半逆光での撮影。

72088

さすがに木の周りは多くの人で賑わっております。全体を撮ろうとすると、多くの人が入ってしまうので。(^^;

72123

こちらは日本庭園に近いところのハクモクレン。

72190

もうすっかり春の装いになった新宿御苑。外国の方も沢山訪れており、皆さん春の新宿御苑を楽しんでおられる様子でした。

SONY α7R
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
G Sonnar T* 90mm F2.8(5枚目のみ)

2015年3月21日 (土)

薬師池公園にて

319040
薬師池公園

昨日のカタクリの花を撮影した薬師池公園です。昨日申した通り、初めて訪れたところですが、梅林がありまして、梅はほぼ満開でした。

319056

梅の香りを感じ、春を感じ・・・という心安らぐひと時でした。

319028_2
トサミズキ

私は初めて見る花です。

ミズキと名が付いていますが、調べたらマンサク科に属するのだそうです。

319054
キブシ

これも初めてではないかなぁ〜・・・?

319035

カワセミさんもいました。え、何処に・・・ですか?

318035

ここですよ〜。切り取りましたから。特大トリミング!(^^)

薬師池公園、最近BS放送で紹介されているのを見ているのですが、いろいろな花々が見られる公園なのですね。なかなか良いところでした。

SONY α7R
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
LEICA Apo-Macro-Elmarit-R 100mm F2.8(トサミズキのみ)

2015年3月20日 (金)

カタクリの花

319082
東京・町田、薬師池公園にて

カタクリの花、およそ三年ぶりの撮影です。前回の撮影日を調べてみたら、2012年5月3日に北海道での撮影でした。

319070

今回の撮影、実は拙ブログにコメントを寄せて頂いているMaruさんが撮影されたカタクリの花を拝見し、これは是非自分も撮影に行きたいなぁ〜・・・と思っておりました。で、丁度昨日変則的な休日でしたので、行っちゃいました。(笑)

薬師池公園、こちらに入るのは今回が初めて。最初に迎えてくれたのはシジュウカラでした。(^^)

319078

Maruさん曰く、「春の妖精」と表現されておりますが、まさにそういう感じですね。ホントに小さくて可愛いです。

私はカタクリの花をずっと撮影する機会がなかったのですが、前述のように三年前にようやく撮影。その時も地元の方から咲いている場所をお教え頂いて撮影出来たのです。

もっと自分で撮影出来るところを探せ・・・って言われてしまいそうですね。群生している場所をお教え頂いたおふたりには感謝、感謝であります。

SONY α7R
LEICA Apo-Macro-Elmarit-R 100mm F2.8

2015年3月19日 (木)

旭山動物園

P1235
旭山動物園にて

雪のあるところでキリンを見るなんて、初めての経験です。アフリカのサバンナに生息するキリンが、こうした気温の低いところでも大丈夫なのだろうか・・・?
と、余計な心配を。(^^;

P1244

キリンさんの睫毛って長いのね。(^^)

P1256

水槽で静かに佇んでいるカバさんを、下から撮影。足が可愛いです。

P1262

旭山動物園の人気者、ホッキョクグマです。地球最大の肉食獣と言われています。

カプセルの中はもちろん観光客です。(^^;

P1266

愛媛県の動物園で飼育員さんの人工哺育により大きくなったホッキョクグマのピースくん、そのドキュメンタリーを以前テレビで見ましたが、実に感動的でした。小さい時のピースくんはまるでぬいぐるみのようでした。

お外をリード無しでお散歩する様子が見られましたが、男性の飼育員さんをお母さんと思っているピースくんが後ろからぴょこぴょこ付いて行く姿がまるで小さいワンちゃんのようでした。

P1287

日本では絶滅してしまったオオカミ、カナダからやって来たそうです。

P1292
エゾシカ

野生のエゾシカは知床で何度も出会っておりますが、聞くところによりますと保護のし過ぎで個体数が増え過ぎてしまったそうです。知床ではエゾシカのハンバーガーが売られていますね。(^^;

P1302

上空から爆音が聞こえて来ました。旭川空港を飛び立った飛行機のようです。もちろんパチリと。(^^)

冬の旭山動物園、なかなか楽しめました。他の動物も撮影していますが、このくらいで・・・。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4-5.6 II

2015年3月18日 (水)

ペンギンのパレード(旭山動物園)

P1164
旭山動物園にて

冬季に開催されているペンギンのパレード。見て来ました。(^^)

P1176

ペンギンの足を保護するために、雪のある冬季にしかやっていないそうです。

旭山動物園、私は夏に2回入った事はあるのですが、この時季に入るのは初めてです。お目当てはこのパレードでした。(^^;

P1166

コウテイペンギン、調べてみたらペンギンの中で一番大きい種だそうです。

P1213

パレードの先頭はボクだよ。(^^)

P1200

まだまだヨチヨチ歩きでちゅよ。

P1228

はぁ〜・・・歩くのちかれた・・・。お腹も空いたでちゅぅ〜・・・(^^)

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4-5.6 II

2015年3月17日 (火)

航空写真

P0984
羽田空港 R/W34R

羽田空港早朝、Cコース(第2ターミナル側)34Rからテイクオフ中、その瞬間を機内から撮影しています。折しも天候は雨。

大袈裟なタイトルを付けましたが、内容はいつも通り機内から撮影した下界の様子です。

P1000
青森県・十和田湖

福島県の猪苗代湖上空を通過しながら、青森県の十和田湖上空を通過するコースです。湖面の上空に雲が湧いているのが窺えます。

十和田湖もそうですが、八甲田山周辺も訪れたいと以前から思っているのですが・・・。

P1004
津軽半島

十和田湖上空を通過すると、間もなく下北半島上空に差し掛かりました。前方に見える半島は津軽半島。

いよいよ津軽海峡を横断し、恵山岬上空から太平洋上を通過して苫小牧上空へ。

P1023
支笏湖と羊蹄山

いよいよ北の大地です。苫小牧上空から見る羊蹄山(標高1,898m)は蝦夷富士と呼ばれるように、形は本当に富士山そっくり。

以前、羊蹄山の地中を何十年も掛かって濾過された水を飲んだ事がありますが、本当に美味しかったです。

P1026
千歳飛行場

民間が利用している新千歳空港ではなく、航空自衛隊の飛行場です。要するに飛行機は千歳飛行場と新千歳空港の間を通過しているわけです。

P1033

高度もかなり下がって、いよいよアプローチの最終段階。

こういう時、「あぁ〜・・・飛行機の旅も終わりか・・・」と、いつも思うのです。(笑)

P1042

いよいよタッチダウンです。実はこの後、カメラを動画モードに切り替えて撮影しています。

テイクオフの時も冒頭の一枚を撮影した直後、動画モードにしました。なので、離着陸の様子を動画で撮っていた事になります。(^^;

OM-D E-M5 Mark II による、初めての動画撮影です。5軸手ぶれ補正、さすがに離着陸時の振動には負けますが、そこそこ見られる映像は撮れました。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4-5.6 II

2015年3月16日 (月)

薄暮の旭川空港

P1421
旭川空港にて

最近、拙ブログは鳥さんが続いておりますが、今日も鳥さんネタです。

ただし、金属製の鳥さんです。(^^;

羽田便を待っている間、離着陸の飛行機はないかと展望デッキに上がったのですが、時刻表を見ると残念ながらタイミングが悪く、離着陸の飛行機は一機もありません。

風が少し強く吹いて寒さもそれなりなので、ターミナル内に入る事に。

P1427
中国東方航空 A320-200(B-6639)

ところが中へ入った途端、着陸機の轟音が聞こえて来たのです。

「え!?」と思って再度掲示板を見ると、国際線の方で遅れがあったのです。「しまった!」と思ってもう一度展望デッキへ。(笑)

慌ててバッグからカメラを出して撮影したのが上のカット。定刻より30分遅れでの到着との事でした。

P1436

5年前開催の上海万博特別塗装機のようですね。

もう日も暮れ、さすがに北海道の寒さに戻りつつある外の気配。これを撮影した後は暖かいターミナル内に戻りました。

北海道の建物内はどちらもほぼ25度くらいに設定されているようで、横浜の室内温度に慣れている私には少々暑く感じる時も。しかし、冬の北海道ですからね。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4-5.6 II

2015年3月15日 (日)

キレンジャク

P2028
キレンジャク(スズメ目レンジャク科)

鳥見の大先輩からお教え頂いた公園に昨日行って来たのですが、雉子(初めて撮影)を撮影していたら、突然キレンジャクが六羽やって来たのです。驚きました!

こちらではヒレンジャク(先月撮影済み)を見る事はありますが、キレンジャクを見る事は極めて稀なのです。私は初めてでしたから、実に嬉しい遭遇でした。

P2028_2

冒頭写真からキレンジャク部分を切り取ってみました。綺麗な鳥ですよね。

P1873

羽繕いをしているキレンジャクとのペアーで。

P1663

P1725

キレンジャクは雌雄ほぼ同色なので、私には見分けがつきません。地面に降りては木の実などを菜食し、その後は近くの水溜りで水を飲み、またここへ戻るという繰り返し。レンジャクはよく水を飲むのです。

P1655

枝被りなのが残念・・・。

P1985

自分も含め四、五人しかいなかったカメラマン、それがキレンジャクの登場でざわつき始め、気がついてみたらカメラマン、バードウォッチャーで20人は楽に超える多人数になっていたのです。(^^;

携帯で仲間に連絡し始める人も何人かいる始末。

そうしたら警戒したのか、六羽のキレンジャクは高い枝に止まったまま動かなくなったのです。まぁ、あれだけの人が集まればねぇ・・・鳥も驚くでしょう。

なので、私は諦めて帰る事に。園内を歩いている途中、ルリビタキの♂に遭遇。例の青い鳥です。(^^)

尚、今回の撮影はデジタルテレコンを一部併用してみました。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
Panasonic G VARIO 100-300mm F4-5.6 MEGA O.I.S.

2015年3月14日 (土)

エゾリス

P1062
エゾリス(ネズミ目リス科)

初日のエゾフクロウの撮影中、突然エゾリスが飛び出して来ました!

エゾリスも初めて遭遇する小動物です。嬉しかったですねぇ・・・。慌ててレンズを向けました!

P1070

夏の大雪山旭岳に上がった時、エゾシマリスに出遭って撮影した事がありますが、エゾリスは今回が初めての遭遇です。

ピョコピョコ雪の上を飛ぶように移動する姿は実に愛らしいものでした。(^^)

P1074

あっという間に木に登って行きます。

エゾフクロウもそうですが、北の大地の自然界で見る鳥や小動物、素晴らしい体験が出来たと思います。二日間は花粉症に患う事もなく、実に充実した時間を過ごせました。

で、羽田に帰って来た途端・・・夢から覚めたようになったものです。(笑)

※ 昨日の記事中、鳥見の大先輩の談話は、日中にエゾフクロウを見つけても洞で眠っている姿を見るのが普通で、枝止まりで眠っている姿を見るのは珍しいという意味でありますので補筆させて頂きます。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
Panasonic G VARIO 100-300mm F4-5.6 MEGA O.I.S.

2015年3月13日 (金)

洞の中のエゾフクロウ

P1397

昨日ご紹介したエゾフクロウ、二日目は見る事が出来なかったので、そこから高速(道央道)を走ってもう一箇所へ行ってみる事にしました。

で、結果はご覧のようにここでもエゾフクロウと出会う事が出来ました。ただ、ここもペアーで見る事が出来るらしいのですが、残念な事に一羽だけでした。

思えば道央道を走るのは初めて。もう何回も北海道をレンタカーを使って走っていますが、今までは一般道ばかりでした。一昨年秋に訪れた時などは二日半で1,300kmほども走りましたが、高速は使っていませんでした。(^^;

P1380

夜行性なので、日中はいつもこうして寝ているようです。でも、ご覧のように左目が薄っすらと開きました。(^^)

P1400

現地に到着したものの、エゾフクロウの居場所が分かりません。読者様のお話しですと、以前北海道新聞の一面にこのエゾフクロウが写真掲載されたそうです。ですからどの辺りだかは分かるのですが、「どこの木」に居るのかが分かりません。

そこで地元の方に尋ねたりして、ほぼ場所が特定出来ました。

その辺りを私は上(木)を見ながら歩いていたので、ズボッと膝下まで雪に足が嵌まったり(笑)したものです。で、足元を注意しながら歩いていたら、読者様が小さな声で「居た居た!」と。(^^)

P1411

で、指差す方向を見上げてみると、このエゾフクロウを見付ける事が出来たのです。

私たちの気配を察したのか、薄目を開けた後、少し顔を右に向けてまたまた静かに目を閉じました。撮影者は私達の他には誰も居ませんでしたので、静かに撮影してこの場を去りました。

という事で、読者様のお陰で二日間に渡ってエゾフクロウを見る事が出来ました。動物園などで見るのとは違い、野生のエゾフクロウを我が目で見る事が出来たのは大きな感動でした。二箇所ともペアーで見る事は出来ませんでしたが、初めてのエゾフクロウ体験としては大収穫です。

「日本野鳥の会」のメンバーである知人に今回の事を話しましたら、「洞に居るエゾフクロウは何処でも見られるんだよ。枝止まりのエゾフクロウの方がよっぽど貴重だよ」との事。私にとってエゾフクロウの初見が枝止まりだったのは、実に貴重であり運が良かったという事になるのですねぇ。

また行きたいです。今度はフクちゃんの子供(雛)でも撮影に。(^^)

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
Panasonic G VARIO 100-300mm F4-5.6 MEGA O.I.S.

2015年3月12日 (木)

エゾフクロウ

P1051
エゾフクロウ(フクロウ目フクロウ科)午前9時52分

エゾフクロウの撮影を目的として北海道に行って来ました。以前からエゾフクロウを撮影したいと思っていたのです。しかし、何処へ行けば撮影出来るのかが問題。

拙ブログの読者様で北海道在住の方がいらっしゃいまして、実は少し前にエゾフクロウを撮影したいのでお調べ頂きたいと図々しくお願いをしてありました。その方とは時々近況報告のようなメールのやり取りなどをしていましたが、別段野鳥撮影をされている方というわけではありません。

それなのに一生懸命にお調べくださり、或る日メールが来まして、「エゾフクロウを見つけ、撮影しましたよ!」との事。メールに添付されていたエゾフクロウのお写真を拝見し、我慢出来なくなりました。そこで私は急遽北海道へ飛ぶ事にしたわけです。(^^;

P1054
午前9時58分

猛禽類ですから鋭い爪ですが、二本の足で枝を掴む様子が可愛らしいです。(^^)

8日に北海道行きが決まると、何とその読者様は私が来るまではと、3回もエゾフクロウの様子を確認に行かれ、その都度お写真を添付して様子をメールしてくれたのです。それも運転免許証をお持ちでないため、わざわざ公共交通機関をお使いになってお出掛けしていたのです。何とも感謝のしようがありません。

P1306
午後1時33分

失礼してフクちゃんの真下から撮影。(^^;

空港からレンタカーを駆り、読者様と共にいざエゾフクロウの元へ!

車を置いて、雪の上を歩きながら或るお山に到着。ところが住居である木の洞にエゾフクロウがいません!
しかし前々日、カラスとの壮絶なバトルがあって、少し離れた木に止まったとの読者様のお話し。

そこでその木に行ってみたら、フクちゃんが高い枝の上で安眠中・・・(^^)v

いや〜・・・感激でした!

P1332
午後3時12分

読者様から最初に頂いていたお写真では二羽、細長い洞に沿って縦にペアーでいたのですが、何故かこの日は枝に止まっていた一羽しか見る事が出来ませんでした。洞に姿は見えません。

もしかしたら、もう一羽は洞の中に入ったままだったのかもしれません。

で、翌日も朝からここへ来てみたのですが、このフクちゃんも見る事が出来ませんでした。洞の中に入ったままだったのか、それともどこかへ移動してしまったのか?

そこで直線距離で百数十キロ離れた別の地域にもエゾフクロウのペアーがいるらしいとの事で、そちらへ向けて車を走らせました。

ただし、読者様もハッキリとした居場所が分からないとの事でしたが、ええい・・・何とかなるだろう・・・と。(^^;

To be continued

※ 写真によってエゾフクロウの色合いが違うのは、日の光の加減によるものです。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
Panasonic G VARIO 100-300mm F4-5.6 MEGA O.I.S.

2015年3月11日 (水)

東日本大震災から四年

Dsc01056
福島県いわき市久之浜で撮影(2012年3月11日)

本日は多くの尊い人命を奪った、東日本大震災から四年になります。

したがいまして、本日は能天気な通常の記事を自粛させて頂きます。

Dsc03330
岩手県釜石市内で撮影(2011年9月27日)

震災のあったこの日の夜、停電による真っ暗な闇の中を帰宅の途についた事を思い出します。

しかし、今思えばそんな事は実に些細な出来事でありました。あの大津波に遭った東北の方たちに比べれば・・・です。

Dsc01696
宮城県南三陸町で撮影(2011年7月25日)

この凄惨な町の様子を見た瞬間、私は涙が止まらなくなったものでした。

Dsc01801
宮城県気仙沼市で撮影(2011年7月25日)

犠牲者の方々に対し、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

2015年3月 8日 (日)

花粉症・・・(;_;)

Dsc03361
新宿御苑にて

以前より拙ブログをご覧頂いている方はご存知だと思いますが、私は花粉症持ちです。(^^;

今年も例年の如く、煩わしい症状に見舞われております。特に目の痒みが最悪で、痛みを感じるくらい症状が酷いのです。ですから花粉症用の目薬が手放せません。

写真のような天候の日は花粉の飛散量も多いので、本当なら外出は控えた方が良いのです。
・・・が、何も用事が無い時はついカメラを持って出掛けたくなります。(笑)

Dsc03352

この時期、外を歩いていても、電車に乗っていても、マスクをしている人が多いですよねぇ・・・。

花粉症に罹らない方が本当に羨ましく感じる季節であります。

そこで、スギ花粉が飛んでいない地域に少し避難しますので(笑)、明日と明後日のブログをお休みさせて頂きます。よろしくお願いします。

SONY α7R
Canon EF 24-70mm F4L IS USM

2015年3月 7日 (土)

横浜・大岡川

P2025
大岡川(横浜市南区)

横浜の港南区から南区、中区を通って横浜港へ流れ注ぐ大岡川沿いを歩いてのお散歩写真です。

この辺りは水深も浅く、上流へ行くほどに川幅も狭くなります。

P2028

以前は浄化していない生活排水が流れていて水も大分汚れていたようですが、規制もあって大分綺麗になって来ているようです。

P2017

カルガモが毛繕いをしています。大岡川にも冬場はカモ類が大分渡って来るようになりました。コサギなども時々見掛けますし。

P2034

大岡川といえば何と言っても川の両側に植えられている桜並木です。桜のシーズンには大勢の花見客がお散歩しながら桜を楽しんでいます。もうすぐですね、桜も。

その桜の木にヒヨドリが止まりました。桜の蜜を吸うにはまだ少し早いですよぉ〜・・・(笑)

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4-5.6 II

2015年3月 6日 (金)

横浜駅東口界隈

Img810
横浜ベイクォーターにて

少し前の横浜駅、人の流れは西口ばかりでした。東口はすぐ前を国道が通っている事もあって、なかなか発展しづらかったようです。

Img804

それが「みなとみらい地区」と繋がる形で再開発が進み、更にはショッピングモールの建設などがあって、東口方面にも人が徐々に流れるようになって来ました。県が企業誘致などを行っていましたし。

Img807

私、この水上バスに一度も乗った事がありません。(^^;;;

Img816

Img815

この辺りをもう少し何とかして頂きたいと、個人的には思っているのですが・・・。

今日は横浜駅東口周辺でのお散歩写真を掲載させて頂きました。

Nikon F6
SIGMA AF 50mm F1.4 EX DG HSM
Fuji PRO 400

2015年3月 5日 (木)

なんちゃって600mmの野鳥撮影

P0797
メジロ

今日も昨日の続きで、明治神宮で撮影した鳥さんです。

P0749
ジョウビタキ♀

野鳥撮影といえば、大きな三脚に据えたデジタル一眼レフと大砲(超望遠レンズ)の組み合わせがデフォルトですから、野鳥撮影のポイントではそうした人たちを良く見掛けます。私も以前、カワセミ専門に追っていた時にはその組み合わせでした。

P0907
シジュウカラ

それが今は、m4/3のミラーレスカメラにレンズは・・・「なんちゃって600mm」という組み合わせ。(^^;

ですから、場所によっては「そんなので写せるのかよぉ〜・・・」とでも言いたげな、蔑んだような目で見られる時もあります。(笑)

それは私だって今も大砲レンズを購入出来る資金を持ち合わせていたら・・・とは思っていますけど、出来ないのですから仕方ありません。(^^;

P0811
アオジ(スズメ目ホオジロ科)

足元の先でカサカサ音がするので静かに寄ってみると、アオジが丁度木の実らしきものを口に銜えたところでした。ラッキー♪

P0937
シメ(スズメ目アトリ科)

ここでアオジが菜食していたのですが、このシメが飛んで来てアオジを追い払いました。

しかし、シメという鳥さん、何度見てもまるで木彫りで作った鳥のように見えてしまいます。そうお思いになりませんですか?(笑)

さてこの日、ルリビタキの♀にも遭遇したのですが、カメラのピントが来てくれませんで、撮影を逸してしまいました。残念!

でも、めげずにこれからもこのセットで野鳥撮影はさせて頂きますよ。何たって軽いので、行動半径が広がりますから。(^^)

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
Panasonic G VARIO 100-300mm F4-5.6 MEGA O.I.S.

2015年3月 4日 (水)

明治神宮で鳥見

P0784
ヤマガラ(スズメ目シジュウカラ科)

今日は明治神宮で観察した時の鳥さんです。ここでの鳥さん撮影は初めてになります。

P0790
メジロ(スズメ目メジロ科)

スズメより小さいこのメジロ。まぁ〜・・・とにかくちょこまかちょこまか動きますので、撮影しづらい鳥さんです。梅など、花の蜜を吸いに来ている時は比較的撮影しやすいのですが。(^^;

P0833
シジュウカラ(スズメ目シジュウカラ科)

鳴き声に特徴があるのと、比較的数が多いので、どこの公園でも見る事が出来ますね。

P0902
シロハラ(スズメ目ツグミ科)

ツグミの仲間、シロハラです。地面でミミズ、昆虫類や木の実などを菜食するので、見つける時は大抵足元です。(笑)

P0759
ジョウビタキ♀(スズメ目ツグミ科)

♂に比べると地味な色のジョウビタキの♀です。

そうそう、ここでも上空をノスリが旋回していました。
それと、銀色の鳥も飛んでいました。え? 何の鳥かって?
もちろん飛行機の事ですよ。(笑)

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
Panasonic G VARIO 100-300mm F4-5.6 MEGA O.I.S.

2015年3月 3日 (火)

OM-D E-M5 Mark II

P0969

OM-D E-M5 Mark II を入手後、バッテリーもフル充電〜使い切り、フル充電〜使い切りを繰り返し、1,000枚弱の撮影をしました。

そこで今日は、カメラを使って来て感じた事柄について書いてみたいと思います。

P0977

過去、オリンパスさんのミラーレスカメラは使ってはみるものの、短期間で手放していた事は先日暴露していますが、今回は結構気に入っております。(^^;

小さいセンサーですから、ボディサイズはあまり大袈裟にはして欲しくないところです。パナソニックさんのGH3を愛用していますが、正直なところボディサイズはやや大き過ぎと思っています。

P0978

なら、何故先代のOM-D E-M5を使ってみなかったかと申しますと、ボディサイズは気に入っていたものの、電源スイッチやその他ボタンなどのインターフェースが自分には・・・。

ところが今回のMark II は電源スイッチが銀塩OMシリーズのように軍艦部に移り(E-M1と同じ)、扱いやすくなったのと、ボタン類も押しやすくなっています。何より2ダイヤル操作がSONY NEX-7のようで、絞り優先の場合、前ダイヤルを露出補正、後ろダイヤルで絞り調整が簡単に出来る事が私には嬉しいのです。

P0972

え!・・・iPhone 6で撮影!?

度肝を抜かれてしまいました。(^^;
数十万円もするカメラなんて要らないじゃん・・・と、思ってしまいました。(笑)

P0981

シャッター音が小さいながらも小気味良いのと、何よりシャッターショックが少ないところも気に入っている理由のひとつです。

肝心のオートフォーカスですが、鳥撮影ではピンポイントで狙うも、ピントが来なくて鳥さんに逃げられてしまう事が何度かありました。しかしこれはまぁ・・・、カメラのAFがコントラストAFですからコントラストの低い相手では仕方ない事と諦めています。

アスペクト比もデフォルトの4:3のまま使ったり、35ミリフィルムと同じ3:2の比率に変えて使ってみたりしましたが、やはり今後は3:2にして使うつもりです。

ひとつだけ苦言を・・・。今時のカメラにしては電源スイッチをONにしてからの起動が遅いです。ワンテンポ待たされます。

その他、まだまだ使っていない機能も沢山ありますので、追い追い試してみたいと思います。特にハイレゾショットをね。(^^)

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

2015年3月 2日 (月)

雨の新宿御苑

P0564
新宿御苑にて

御苑の梅の状況を見ようと、雨の中、新宿御苑に行って来ました。

カメラは防塵防滴をひとつの売りとしている OM-D E-M5 Mark II です。レンズもこれまた防塵防滴の高倍率キットレンズで。

P0568

一週間前と同じ茶室をバックに。

そろそろ満開を迎えているかと思ったのですが、まだまだ蕾が多かったです。

P0573

雨で閑散としているかと思いきや、そこそこ人は訪れておりました。

P0578

何故かここだけボケの花が開いていました。ボケはこれからなのですが、気の早い蕾もあるのですね。

P0581
寒桜とヒヨドリ

満開の寒桜にヒヨドリが蜜を吸いに来ていましたので、パチリと。

P0598

北へ帰る準備なのでしょうか、ツグミが雨にも関わらず行動しております。私が見ただけでも三箇所で5羽を数えました。

その他、シジュウカラも沢山見ています。ジュルジュル・・・♪と、鳴き声を聞くだけでシジュウカラと分かります。

雨は降っていましたが、思ったほど寒くはなかったですね。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4-5.6 II

2015年3月 1日 (日)

OM-D E-M5 Mark II で鳥さんを狙う

P0328
ヒレンジャク(スズメ目レンジャク科)

今日から弥生三月ですね。気象庁の暦では今日から「春」となるそうですよ。

さて、OM-D E-M5 Mark II で野鳥撮影をしてみましたので、今日は鳥さんの写真です。ヒレンジャクを撮影していたら、思わぬ邪魔者が!

P0334
ノスリ(タカ目タカ科)

何とヒレンジャクが止まる木々のすぐそばにノスリが現れたのです。

で、2羽いたヒレンジャクはあっという間に逃げて行ってしまいました。

P0337

その後、ご覧のようにノスリは低空飛行で旋回を始めました。

でも、考えてみれば猛禽類は動物園や鳥類園で見ていただけで、こうして野生の猛禽類を撮影出来たのは初めてでした。(^^;

P0355
シメ(スズメ目アトリ科)

地面に降りて菜食しているシメです。

さて、私がOM-D E-M5 Mark II に興味を持ったのは、5軸手ぶれ補正機能を活用すれば手持ちでの野鳥撮影に有効利用出来るのでは、と思ったからです。

使ったレンズは、私が「なんちゃって600mm」と呼んでいるパナさんの望遠ズームですが、レンズ鏡胴の手ぶれ補正スイッチを「OFF」にしていた筈が、途中で「ON」になっている事に気が付きました。レンズを装着する時に手が触れて「ON」になってしまったようです。

したがって以上の写真は手ぶれ補正がレンズ内蔵での撮影になっておりまして、等倍でチェックすると手ぶれっぽい(ノスリの枝止まり)カットがあります。慌てて撮影した事も要因ですが。

P0376
ツグミ(スズメ目ツグミ科)

で、ツグミはレンズの手ぶれ補正を再度「OFF」にし、ボディの5軸手ぶれ補正で撮影しています。やはりこちらの手ぶれ補正の方が強力のようです。

35ミリ換算600mmに相当する画角です。

P0376_2

ツグミの顔周辺を等倍で切り取ってみました。ちょこちょこ動く中での撮影ですが、手ぶれ補正が結構効いているようです。

P0428
モズ(スズメ目モズ科)

双眼鏡でウォッチングしていたご婦人が「可愛い〜♪」と喜んでおられました。(^^)

P0541
コゲラ(キツツキ目キツツキ科)

なんちゃって600mm、ここまでアップで撮影出来ます。もっとも撮影距離5mくらいでしたが。

ロケハンのために歩く時はこのセットだと本当に軽くて良いという事を撮影中感じました。APS-Cの一眼レフを持たなくても済みそうです。

ところで、冬鳥が大分いなくなったように感じます。北へ帰ったか?

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
Panasonic G VARIO 100-300mm F4-5.6 MEGA O.I.S.

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »