« エゾフクロウ | トップページ | エゾリス »

2015年3月13日 (金)

洞の中のエゾフクロウ

P1397

昨日ご紹介したエゾフクロウ、二日目は見る事が出来なかったので、そこから高速(道央道)を走ってもう一箇所へ行ってみる事にしました。

で、結果はご覧のようにここでもエゾフクロウと出会う事が出来ました。ただ、ここもペアーで見る事が出来るらしいのですが、残念な事に一羽だけでした。

思えば道央道を走るのは初めて。もう何回も北海道をレンタカーを使って走っていますが、今までは一般道ばかりでした。一昨年秋に訪れた時などは二日半で1,300kmほども走りましたが、高速は使っていませんでした。(^^;

P1380

夜行性なので、日中はいつもこうして寝ているようです。でも、ご覧のように左目が薄っすらと開きました。(^^)

P1400

現地に到着したものの、エゾフクロウの居場所が分かりません。読者様のお話しですと、以前北海道新聞の一面にこのエゾフクロウが写真掲載されたそうです。ですからどの辺りだかは分かるのですが、「どこの木」に居るのかが分かりません。

そこで地元の方に尋ねたりして、ほぼ場所が特定出来ました。

その辺りを私は上(木)を見ながら歩いていたので、ズボッと膝下まで雪に足が嵌まったり(笑)したものです。で、足元を注意しながら歩いていたら、読者様が小さな声で「居た居た!」と。(^^)

P1411

で、指差す方向を見上げてみると、このエゾフクロウを見付ける事が出来たのです。

私たちの気配を察したのか、薄目を開けた後、少し顔を右に向けてまたまた静かに目を閉じました。撮影者は私達の他には誰も居ませんでしたので、静かに撮影してこの場を去りました。

という事で、読者様のお陰で二日間に渡ってエゾフクロウを見る事が出来ました。動物園などで見るのとは違い、野生のエゾフクロウを我が目で見る事が出来たのは大きな感動でした。二箇所ともペアーで見る事は出来ませんでしたが、初めてのエゾフクロウ体験としては大収穫です。

「日本野鳥の会」のメンバーである知人に今回の事を話しましたら、「洞に居るエゾフクロウは何処でも見られるんだよ。枝止まりのエゾフクロウの方がよっぽど貴重だよ」との事。私にとってエゾフクロウの初見が枝止まりだったのは、実に貴重であり運が良かったという事になるのですねぇ。

また行きたいです。今度はフクちゃんの子供(雛)でも撮影に。(^^)

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
Panasonic G VARIO 100-300mm F4-5.6 MEGA O.I.S.

« エゾフクロウ | トップページ | エゾリス »

コメント

素晴らしいですね、なかなか巡り会えないと聞いていましたので

おはようございます。
わ~、何て可愛いいんでしょう?
気持ちよさそうに寝ていますね~。
エゾフクロウちゃんは、こんな風に、寝るのですね。
珍しい姿を見せてくださってありがとうございます。m(__)m
私もお写真を拝見して、感激しています~。^^;
枝止まりと、洞に居るのと、両方を見れて、今回の旅行は、収穫がありましたね。(^_-)

おはようございます。
凄いですね~! 写真が決まりすぎていて何も言えません。素晴らしいですよ。
まあこういう状態で棲息しているのだろうとは推測していましたが、ホントそのとおりなのですね。
厳しい季節のなか、遠方まで出かけることを厭わずに精進された結果ですね。頭が下がりますし、そういうときめくような被写体に私も出逢いたいです (^^:)

roxanne6さん、こんばんは。
はい、自分一人ではこうした撮影は無理だったと思います。
広い北の大地、探すのは大変な事ですから。

Maruさん、こんばんは。
可愛いでしょう・・・?
間近で見ていると、本当に来て良かったと思いました。
夜行性の鳥なので、昼間はこうして洞から出て、或いは洞の中で寝ているようです。
おっしゃるように枝止まりと洞の中、両方を見る事が出来て、本当に運が良かったです。

cucchi3143さん、こんばんは。
ありがとうございます。
以前から撮影したいと思っておりましたが、ようやく叶えられました。
これもご熱心にお調べ頂いた拙ブログの読者様のお陰です。こうしたブログが発端で撮影する事が出来、私は本当に恵まれております。
雪を踏みしめながら歩くのは、昨年2月の大雪以来でした。(^^)

こんばんは、

たしかに木の枝どまりは珍しいかも。でもうろの中にいるのが見慣れてるのか、その方がフクロウ自身くつろぎモードでいい表情をしているからか、見ていて和みます。

広い北の大地、いい読者さんに恵まれて、さほどの苦労をせずに(=不苦労)、大きな福にあやかれました(=福郎)ね(、とベタなことを言ってみる)。^^;

こんにちは。
悠然とした姿が良いですね。
洞の中にいるフクロウならどこでも見られるんですか。さすが北海道。

ななまるさん、おはようございます。
確かにこうしたところで眠りにつくのは一番安心出来るのでしょうね。
人間だって自分の家で眠る方が熟睡出来ますし。
福郎ですか。そうかもしれません。(^^)
座布団一枚! (^^;

ビワさん、おはようございます。
誤解されるような文面でした。
どこでも見られるという事ではなく、昼間フクロウを見つけられても、ほとんど洞の中で寝ている姿ばかり・・・という意味合いの談話であります。
でも、この姿が一番フクロウらしいかも・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エゾフクロウ | トップページ | エゾリス »