« エゾリス | トップページ | 薄暮の旭川空港 »

2015年3月15日 (日)

キレンジャク

P2028
キレンジャク(スズメ目レンジャク科)

鳥見の大先輩からお教え頂いた公園に昨日行って来たのですが、雉子(初めて撮影)を撮影していたら、突然キレンジャクが六羽やって来たのです。驚きました!

こちらではヒレンジャク(先月撮影済み)を見る事はありますが、キレンジャクを見る事は極めて稀なのです。私は初めてでしたから、実に嬉しい遭遇でした。

P2028_2

冒頭写真からキレンジャク部分を切り取ってみました。綺麗な鳥ですよね。

P1873

羽繕いをしているキレンジャクとのペアーで。

P1663

P1725

キレンジャクは雌雄ほぼ同色なので、私には見分けがつきません。地面に降りては木の実などを菜食し、その後は近くの水溜りで水を飲み、またここへ戻るという繰り返し。レンジャクはよく水を飲むのです。

P1655

枝被りなのが残念・・・。

P1985

自分も含め四、五人しかいなかったカメラマン、それがキレンジャクの登場でざわつき始め、気がついてみたらカメラマン、バードウォッチャーで20人は楽に超える多人数になっていたのです。(^^;

携帯で仲間に連絡し始める人も何人かいる始末。

そうしたら警戒したのか、六羽のキレンジャクは高い枝に止まったまま動かなくなったのです。まぁ、あれだけの人が集まればねぇ・・・鳥も驚くでしょう。

なので、私は諦めて帰る事に。園内を歩いている途中、ルリビタキの♂に遭遇。例の青い鳥です。(^^)

尚、今回の撮影はデジタルテレコンを一部併用してみました。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
Panasonic G VARIO 100-300mm F4-5.6 MEGA O.I.S.

« エゾリス | トップページ | 薄暮の旭川空港 »

コメント

おはようございます。
キレンジャクさん、切り出して見せてくださって、ありがとうございます。
綺麗な鳥さんです。
南国の鳥さんのような美しさ、こんな鳥さんが関東地方で見れるのですね~。
首が太くて、頭に冠をつけていて、姿かたちも独特ですね。
でも、とっても可愛いです~。(^^)
鳥さんの撮影は、出会いと感動がありますね。(^^)

Maruさん、こんにちは。
不思議な色合いの鳥さんでしょう?
おっしゃるようにまるで南国の鳥さんみたいです。ヒレンジャクは黄色い部分が赤いのです。
キレンジャク、北海道では群れをなしているところを見るようですが、こちらでは滅多に見られないですね。
予想もしない出会い、鳥さん撮影を楽しんでいる者にとっては嬉しい限りです。

こんばんは。
キレンジャク、ヒレンジャクとも知らない鳥です。以前、ヒレンジャクはノスリが近くに現れたという記事で紹介されていたのですね。
調べてみると、ときには100羽以上の群れをなすとありましたが、主に本州中部以北で過ごすようなので馴染みがないのかもしれません。
ところで今日、店頭でOM-D E-M5 MarkIIをたまたま触りました。レンズ目的で出してもらったボディがMarkIIだったのですが、シャッターショックが小さくなりましたね。あれは心地よいです。

cucchi3143さん、こんばんは。
はい、そのヒレンジャクは思うような写真にならなかったので、今回のキレンジャク遭遇は最高でした。
北海道あたりですと数百羽の群れを見ることもあるようですが、こちら都会ではねぇ・・・。
今回は六羽でしたから。
ただ、レンジャクの渡りは年によってムラがあるようです。
OM-D E-M5 Mark II、感触はなかなか良かったのではないでしょうか?
シャッターショック、パナさんに比べるとオリさんのはどれも大きいですね。M1は大分小さくなりましたが。今回の製品はもしかしたら初めて気に入るOLYMPUSデジになるやもしれません。(笑)

こんにちは。
こんなに綺麗な鳥が公園にいるんですね。知らなかったです。羽を広げたらどんな感じなのでしょうか。

ビワさん、こんばんは。
私にとっては初めて見る鳥さんでした。
羽根の黄色い部分、そこが赤になっているのがヒレンジャクでして、そちらは不満足ながら撮影をしています。
キレンジャクは初見ながら、まあまあの撮影結果でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エゾリス | トップページ | 薄暮の旭川空港 »