« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木)

新宿御苑春の花

Dsc00731
ハンカチノキ(新宿御苑にて)

今年もハンカチノキが咲きました。例年より今年は多く花開いているように思います。あまりにも多くてごちゃごちゃした感じのところを避け、端正に開いているところを撮影しました。

Dsc00768
関山(かんざん)

今年は八重桜のピーク時に御苑を訪れる事が出来なかったのが悔やまれます。少しばかり残っていたところを撮影しておきました。

Dsc00787
普賢象(ふげんぞう)

これは幾らかまだ見られる様子でした。

Dsc00752
このカットのみ中間リング(10mm)使用

最初、踊子草だと思って撮影したのですが、これは違いますね。調べてみたのですが、名前が分かりません。ご容赦。

Dsc00801
ハナミズキ

今は桜がひと通り終わりかけていますが、その他にも春の花が沢山開き始めています。お馴染みの御苑も歩いているのが実に楽しい時季です。

SONY α7 Mark II
Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

2015年4月29日 (水)

京浜急行「京急蒲田駅」補完その六

Img889
京浜急行、京急蒲田駅東口前

この空き地にバスロータリーが出来るそうです。左側の道路が今更申すまでもなく第一京浜国道です。昨日ご紹介した「大田区産業プラザ」はこれを撮影している私の背後になります。

Img896

駅改札に続く北側連絡橋下はこのようにまだまだ工事が続いています。

Img899

で、こちらが西口側改札出口です。右手の暗いところが現在の駅改札出入り口です。

Img894

西口側もご覧のように再開発の工事が現在も進んでいます。東口、西口、完成したらいったいどういう姿になるのか・・・。

Img897

こちらが旧来からの西口側商店街「あすと」です。再開発に伴って駅側が少し短縮されました。このアーケードを進んで行きますと、JR蒲田駅方面へと繋がります。

私も何回か歩いてJR蒲田駅まで行った事がありますが、両駅間は徒歩10分弱ですから、それほどの距離ではありません。

という事で、京急蒲田駅周辺の再開発はまだまだ時間が掛かりそうです。私もまた、継続して撮影したいと思っております。

HASSELBLAD 500C
Zeiss Planar C 80mm F2.8
Kodak T-MAX 400

2015年4月28日 (火)

京浜急行「京急蒲田駅」補完その五

Img890
京浜急行「京急蒲田駅」

久々、京急線「京急蒲田駅」のその後です。拙ブログをここ数年ご覧頂いている方はご存知のように、京浜急行線全72駅をハッセルブラッドによるモノクロフィルム撮影でご紹介したシリーズ(2010年3月〜2011年12月)ですが、京急蒲田駅は周辺地域も含めた大規模な再開発が現在も続いています。

Img892

昨年も京急蒲田駅の工事の進捗ぶりを撮影していると思っていたら、何と昨年は一度も撮影していない事に今回気が付きました。迂闊でした。で、撮影は一昨年の6月以来となります。

↑ここは嘗て京急羽田線が第一京浜を跨ぐ踏切を渡った箇所になります。工事関係者に伺ったところ、ここには幾つかのお店が出来るそうです。

ですから現在の羽田線の高架下にお店が立ち並ぶ事になります。しかし、現在予定が決まっているのはこの工事箇所のみ。

Img891

こちら側から先(空港方面)は未だどう使われるか未定だそうです。

Img888

国道を挟んだ真向かいにバスロータリー(南北二つの連絡橋の間)が出来るそうですが、その隣にいつの間にか「大田区産業プラザ」なる大きな建物が建っていました。

幾つかの会議室やホールがあり、レンタルで使えるようになっているようです。喫茶店やレストランもあるようで。

Img893

ここが新しく完成したバスロータリーへの北側連絡橋で1枚目に写っているところです。その1枚目は大分以前に完成した南側連絡橋から撮影しています。この連絡橋を歩いて行くと京急蒲田駅構内へ入って行けるわけです。

明日も続きます。

HASSELBLAD 500C
Zeiss Planar C 80mm F2.8
Kodak T-MAX 400

2015年4月27日 (月)

當麻寺そぞろ歩き

P4202725
當麻寺にて

季節外れの風邪をひいてしまい、昨日はせっかく青空が見える良い天気だったというのに、一日家で寝ておりました。(;_;)

天気の良い日に布団の中から録画してあった映画や音楽番組などを見ているうちに眠ってしまうという、もったいない一日を過ごしていたわけです。(笑)

さて今日も當麻寺です。石楠花も咲いている箇所があり、牡丹と石楠花を同時に楽しむ事が出来ました。

P4202746

モミジも青々として、実に綺麗でしたよ。

P4202773

大きな丸窓が見事な茶室です。水玉模様に惹かれまして。

P4202805

歩いていると、シャガもそこかしこで咲いています。

P4202808

意外だったのはこのチューリップ。お寺さんにチューリップ?

何か不思議な感じでした。

P4202812

写佛道場の絵天井です。珍しいものを拝見出来ました。今更申すまでもなく、奈良や京都の神社仏閣を訪れるといろいろと勉強になりますね。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4-5.6 II

2015年4月26日 (日)

當麻寺、花香る

P4202784
當麻寺にて(奈良県葛城市)

今日は當麻寺に戻ります。こちらは牡丹だけでなく、他にも幾つか花を見る事が出来ましたが、やはりこの日のメインは牡丹。

P4202707

傘に守られ、大切に育てられているのが分かります。

P4202713

とにかく綺麗な色の牡丹が多かったですねぇ。

P4202794

白藤です。多分、白色の藤は初めて見たのではないかと・・・。

P4202769

中之坊庭園。大和三名園のひとつだそうです。桃山時代に完成という事なので、歴史を感じます。

昨日の飛行機写真の喧騒(笑)とは違い、こちらは静謐さをじっくりと味わって来ました。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4-5.6 II

2015年4月25日 (土)

OM-D E-M5 Mark II 動体テスト

P4192399
大阪・千里川の土手にて

以前も軽くOM-D E-M5 Mark IIの動体テストは行っており、自分が思っていた以上の成果を出していた事に少々驚いておりました。

で、いよいよ本番。(^^)

P4192404

大阪・伊丹空港のエンド付近、通称「千里川の土手」でカメラの動体テストを敢行しました。

ここはランディングして来る旅客機を真下から撮影出来ますが、約250km/hという猛スピードで頭上を通過して行きますから、もの凄い迫力です。

ちなみに警告を促すこんな看板も。

P4192386

家族連れで飛行機ウォッチングしている人たちも多く、自分の知る限り、日本一迫力のあるウォッチングポイントだと思います。

P4192446

さて、カメラのAFモードは動体予測モード、C-AFにし、すべてカメラのAF任せで撮影しております。

頭上を通過する瞬間はレンズ最広角にしても入り切りません!

P4192433

上級機OM-D E-M1と違い、像面位相差AF機能を持たないOM-D E-M5 Mark IIのAFはコントラストAFのみ。

それでいて猛スピードで通過する飛行機をジャスピンで捉える事に、正直驚きを禁じ得ません。もちろんピントを外したコマもあります。しかし、それは極く僅かです。位相差AFのデジ一眼レフでも外す事はあるのですから。

P4192519

飛行機のお尻に、滑走路の塗装が綺麗に映り込んでいますね。お分かりでしょうか?

P4192535

一機通過する度に撮影結果を背面の液晶モニターで拡大再生してピントをチェックしていましたが、信じられない思いでした。

E-P1、P2の頃のAFとは雲泥の差ですね。これだともう、重く大きな一眼レフを持ち出す必要を感じなくなります。

P4192571

生憎、雨上がりの天候で青空が望めなかった事だけが心残りですが、カメラの性能アップには感動ものでした。

以前、私が購入したOLYMPUSミラーレス機は最長でも二ヶ月間しか手元にありませんでしたが、今回のOM-D E-M5 Mark IIに関しては二ヶ月を過ぎましたよ。新記録です。(^^)

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4-5.6 II

2015年4月24日 (金)

當麻寺にて

P4202731
當麻寺西南院(奈良県葛城市)

石光寺から歩きまして、次に訪れたのが當麻寺(たいまでら)です。こちらも牡丹が見事だったのですが、二日間牡丹をご覧頂いたので、少し違う写真を今日は掲載します。

當麻寺にはふたつの三重塔が在りまして、写真手前が西塔、後ろが東塔です。こういう写真は青空バックだと一段と映えるでしょうね。

P4202700
ハナイカダ(花筏)

葉の上に花が咲くのですが、私は初めて見ました。別名「嫁の涙」と言われるそうです。(^^;

葉っぱの上の丸っこいものが花らしいです。面白いですね。丁度雨が降っていたので、花から涙が流れているように見えますね。(笑)

P4202739

お庭が素晴らしかったです。

P4202762

これ、何だかお分かりになりますか?

おみくじなんですよ。こんな洒落たおみくじは初めて見ました。(^^)

P4202774

何に惹かれて撮影したか、改めて申すまでもないですね。(^^;

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4-5.6 II

2015年4月23日 (木)

石光寺の春牡丹(2)

P4202626
石光寺にて(奈良県葛城市)

今日も石光寺の春牡丹です。思えば春牡丹を撮影するのは久しぶりのような気がします。

P4202661

何より雨に打たれる牡丹を撮影するのは今回が初めて。

P4202630

雨宿り。(笑)

P4202684

京都のお寺さんと違い、奈良は観光客が少なくて良いです。少ないというより、この日は貸し切り状態でした。(^^)

P4202600

静寂な中、本当にゆっくり出来ましたので、ここまで来た甲斐があったというものです。

P4202656

訪れる前は、もしかしたら少し早いかも、と心配しておりましたが、いやいや・・・丁度良い頃合いに来たじゃないかと、嬉しく思いながらの撮影でした。(^^)

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4-5.6 II

2015年4月22日 (水)

石光寺の春牡丹

P4202583
石光寺にて(奈良県葛城市)

奈良県の石光寺(せっこうじ)で春牡丹を撮影して来ました。

こちらは浄土宗のお寺さんで、牡丹と芍薬で有名なところ。

P4202643

小雨が降る中での撮影でしたが、丁度良い頃に訪れたと思います。

雨の中といえば先日の横浜公園のチューリップも同じように雨の中での撮影でしたから、この春が如何に雨が多いかが分かります。

P4202612

牡丹は花ぶりが大きいので雨も強過ぎると花びらがしなってしまいますが、撮影時は小雨程度でしたから運が良かったです。

P4202677

それにしても綺麗な春牡丹を見る事が出来て、ラッキーでした。冬牡丹は上野の東照宮で今年も見て来ましたが、やはり春牡丹は華やいだ雰囲気がありますね。

雨に濡れる姿もしっとりと瑞々しく、小雨に感謝です。

P4202682

う〜ん・・・、鳥糞が残念・・・。今思えば、拭き取ってあげれば良かった。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4-5.6 II

2015年4月19日 (日)

さくらの山

P1010471
4月12日撮影(以下同)

昨日は4K動画から切り出した飛行機写真でしたが、今日は同じカメラでスチル撮影した飛行機写真を掲載します。アスペクト比はセンサーサイズそのままで撮影しておりますので、3:2となります。

2010万画素の1インチセンサーを搭載しておりまして、ソニー RX100 M3やRX10、AX100に使われている評判の良いセンサーですね。

P1010296

桜も終わりかけていて、残っている枝垂れ桜を無理無理絡めています。(^^;

P1010501

しかしこの日はお花見を兼ねている人たちが沢山いて、実に賑わっていました。

P1010322

このカットは風向きが変わる前に撮影。1枚くらいはアップの写真をと思いまして、挟みました。(笑)

P1010409

動画撮影を切り上げ、三脚を片付けていたら世界最大の旅客機、タイ国際航空のエアバス A380が降りて来ました。で、慌てて撮影。(笑)

時刻表をきちんと調べていたらこういう事はないのですが、私はいつも無計画の出たとこ勝負の撮影をしているのでこういう事はしょっちゅう。(^^;

しかしこのカットはわざと人を入れて撮影しています。賑わっている様子がお分かり頂けると思います。

P1010389

これも駐車場に向かう道すがら、振り返りながら撮影したカット。周りがぶれているのは飛行機に合わせてカメラを振っているからです。

4K動画では約830万画素になってもスチル撮影では2010万画素ですから、1インチセンサーとはいえ、解像度は充分ですね。

さて、明日明後日と、二日間ブログをお休みさせて頂きます。

Panasonic DMC-FZ1000
LEICA DC VARIO-ELMARIT 9.1-146mm F2.8-4.0 ASPH.
(35ミリ換算 25-400mmレンズ搭載)

2015年4月18日 (土)

4K PHOTO

P1010525
4K動画からの切り出し画像

4K PHOTOをご存知でしょうか?
最近、パナソニックさんが盛んにテレビCMや雑誌で喧伝していますので、ご覧になった方もいらっしゃる事と思います。

要するに4K動画を撮影し、その動画の中から素敵なワンカットをスチル写真として切り出すわけです。しかし、4K動画って何?

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。最近のデジタルカメラには動画撮影の機能が搭載されているのはどなたもご存知ですね。現在のBSテレビ放送がフルハイビジョン(1,920x1,080ドット)による放送です。ちなみに、地上デジタル放送はフルハイビジョンではなく、ハイビジョン規格(1,440x1,080ドット)による放送なのです。

このフルハイビジョンの事を2K(走査線の横が約2千ドット)と呼ぶのに対し、4Kは2Kに対して縦横2倍のドット数を持っています。なので4Kは3,840x2,160ドットとなり、横が約4千ドットになる事から4Kと呼んでいます。

P1010531
4K動画からの切り出し画像

パナソニックさんは4K動画の普及に熱心でして、高級コンパクトデジカメのLX100にまで4K動画機能を搭載させています。以前から専用ビデオカメラで動画撮影を楽しんでいる私としましては、少しでも高画質で録画出来るカメラに惹かれてしまいます。(^^;

究極は放送用カメラですが、NHKなどで使っているカメラは「ン千万円」もしますから、雲の上の話し。(笑)

ソニーさんが昨年3月に発売した民生用初の4Kビデオカメラ FDR-AX100はかなり人気のようです。で、私が楽しんでいる4K動画機能を積んだカメラ、パナソニックさんのネオ一眼 DMC-FZ1000を今日はご紹介したいと思います。

以上2枚の写真はいずれも4K動画の映像からワンカットを切り出しています。FZ1000の4K動画は3,840x2,160/30pでの撮影機能を搭載。日本のテレビ放送は奇数走査線と偶数走査線を足して1枚の映像(60i)となるインターレース方式です。対してFZ1000は30pのプログレッシブ方式なので、分かりやすくご説明すると1秒間に30枚のスチル写真を繋げて動く映像に。

ですから動画から1枚の写真を切り出してもスチル写真として通用するわけですね。映像として見た場合、30pより60pの方がより滑らかな映像となるわけですが、4K動画の場合、とてつもない大きなファイルとなり、処理するパソコンの性能も問われてしまいます。

P1010542
4K動画からの切り出し画像

放送規格の秒間60コマで滑らかな映像を見るためには基本、シャッタースピード 1/60秒で撮影しますので、スピード感のある被写体を撮影した場合、1コマを切り出すと被写体ブレを起こしてしまいます。

↑この動画からの切り出し、厳密には被写体ブレになっています。と言ってシャッタースピードを1/1000秒や1/2000秒で動画を撮ると、パラパラ漫画のようになってしまいます。なので、切り出しを考えるとどの辺りのシャッタースピードにするかはある程度の妥協が必要です。

ただ、プログレッシブ映像はインターレース映像ほど1/60秒に拘る必要はあまりありません。

P1010544
4K動画からの切り出し画像

パナソニックさん曰く、4K動画切り出しを「秒間30コマ連写」などと申しておりますが、これはある意味その通りなわけです。

2Kが約207万画素に対し、4Kが約830万画素ありますから、切り出し画像を仮にA4サイズにプリントする事を想定した場合、充分な画素数があります。そこでパナソニックさんも「4K PHOTO」をアピールしているのでしょう。

ただ、映像はご存知のようにアスペクト比が16:9です。以上4枚の切り出し画像も当然の事ながら16:9のスチル写真となってしまいます。

ところがパナソニックさんはファームウェアのバージョンアップで35ミリフィルムと同じ3:2、あるいは1:1の正方形にも切り出し出来るようにしてくれました。しかし、そのためには動画も3:2や1:1で撮影しなければなりません。もちろん、切り出し画像を後からトリミングする方法もありますが。

P1010018
3:2での切り出し画像

やはり動画はワイド感タップリの16:9で見たいですから、3:2での撮影は試してみただけであります。3:2のアスペクト比で見る動画は、ビスタビジョンサイズの映画を見ている感じですね。

ちなみに4Kでのテレビ放送は試験放送だけで終わるようです。何故なら、二年後には東京オリンピックに合わせて本放送が予定されている「8K」の試験放送が始まるからです。4Kは8Kへの橋渡しの準備段階みたいなものですね。

Img_0333
SONY HDR-FX1とPanasonic DMC-FZ1000

私の愛機、民生用初のハイビジョンカメラとして発売されたソニーさんのFX1と、今日ご紹介したパナソニックさんのFZ1000を並べてみました。

FX1は程度の良い中古(新品は高価でした)を購入したものですが、充分楽しませてもらいました。単純に映像だけならFZ1000の4K映像に解像度では当然の事ながら劣ってしまいます。FZ1000はソニーさんの1インチセンサー(FDR-AX100と同じ)を搭載。

ちなみに拙宅には現在4Kテレビも4Kモニターもありません。(^^;

ですが、4K動画をフルHDテレビで2Kにダウングレードして再生しても、充分高画質で見る事が出来ます。今はこれで我慢。(笑)

Panasonic DMC-FZ1000
LEICA DC VARIO-ELMARIT 9.1-146mm F2.8-4.0 ASPH.
(35ミリ換算 25-400mmレンズ搭載)

2015年4月17日 (金)

江ノ電の旅は続く

Img832

江ノ電のフィルム撮影、いつ以来になるのか思い出せませんので、久しぶりという事ですね。動いている鉄道を一枚一枚、じっくりと撮影。デジタル撮影とは気持ちが違う事を感じました。

Img834

先頭車両に乗車して撮影したカットがこれ。民家の間を走行しています。

Img836

江ノ電の踏切もなかなか味わい深いものがあります。

Img837

可愛い鳥さんを見っ・・・け! (^^)

私が撮影していたら、後ろに並ばれてしまいました。私の後に女性たちがスマホで撮影。なかなか人気でしたよ。(^^)

CONTAX RTS II
Zeiss Planar T* 50mm F1.7 MMJ
Fuji RDP III

2015年4月16日 (木)

江ノ電の旅

Img856

今日も江ノ電が続きますが、ここは江ノ電が一番路面電車らしさを感じさせる地域です。よくこんな狭い道路に電車が走るものだと思います。

江ノ電が来ると、車は停車して電車が通過するのを待ちます。

Img864

駅風景もそれぞれ皆違いますので、そちらも江ノ電が人気の理由かもしれません。

Img861

江の島です。江の島と江ノ電、「の」と「ノ」の違いがあります。

Img885

沿線にモクレンがありましたので、江ノ電が通過するのを待って撮影。

Img831

こういう方たちがいらっしゃるから、鉄道は安心して走行出来るのですよね。乗り物に保守点検は大事な役割を担っていますから。

CONTAX RTS II
Zeiss Planar T* 50mm F1.7 MMJ
Fuji RDP III

2015年4月15日 (水)

ツァイスで江ノ電

Img825

鉄道写真、現在ではカメラのAF任せで撮る事がほとんどだと思います。走行写真などはカメラの動体予測モードで連写したり。私もそうして撮っていました。

しかし今回、手巻きで一枚一枚丹念にフィルム撮影してみると、如何にも写真撮影をしているという実感が湧きました。ピントもマニュアルですしね。

Img829

沿線を歩きながらの撮影。なかなか楽しかったです。

で、或るお店の前で江ノ電を待っている時です、そのお店のご主人から声を掛けられたのです。

Img827

そのお声の主の方がこちらの方。鉄道写真家、広田尚敬さんに似ていらっしゃるのですよ。(^^)

写真はご主人様ご了解のもとに撮影。拙ブログに掲載する事もご承諾頂いております。正面から撮らせて頂きたかったのですが、恥ずかしがられて・・・(^^)

しばらくお話しを伺っていましたら、何と路面電車がお好きで世界各国へ出向いて撮影されていらっしゃるとの事。素晴らしい!

Img828

店内には江ノ電の車両部品が・・・(^^;
もちろん車両部品を販売しているお店ではありませんよ。

私のカメラを見て、「お! コンタックスじゃない! これ、レンズが良いんだよねぇ・・・。俺は今オリンパスのちっちゃいPLだけどね」と、カメラの知識もなかなかのもののようです。(^^)

Img830

このカットはご主人様に撮影ポイントをお教え頂いてのものです。

「今の時間、逆光なんだけどねぇ・・・」との事でしたが、一枚撮影しました。思わぬ方と遭遇し、しばし楽しい時間を過ごせました。

今回持参した50mmは人気のF1.4ではなく、F1.7の方にしました。これも良いレンズですよね。

CONTAX RTS II
Zeiss Planar T* 50mm F1.7 MMJ
Fuji RDP III

2015年4月14日 (火)

桜と江ノ電と

Img841

今日はコンタックスのレンズで撮影した江ノ電です。昨日のマクロプラナーもデジタル撮影ではありましたが久々の持ち出しでした。

しかし、江ノ電の撮影には同じコンタックスのレンズでも、こちらはフィルム撮影です。

Img844

時期的には桜も終わりかけている頃でしたが、何とか間に合いました。

ところで、久しぶりに使う手巻きのカメラ、たまに巻き上げを忘れてシャッターを切ろうとした事が数回。

江ノ電の通過を待ちながらフレーミングも決め、いざシャッターを・・・と思ったら切れない! (^^;
相変わらずのドジぶり。(笑)

Img838

こちらのお店、評判良いようですね。テレビでも紹介された事があります。

お店の中に江ノ電が入っています。(^^;

Img849

民家の間をすり抜けるように走る江ノ電。子どもの頃、父に江ノ島の海水浴場に連れて来てもらった時、この江ノ電に初めて乗ってびっくりしたものです。

CONTAX RTS II
Zeiss Planar T* 85mm F1.4 MMJ
Zeiss Planar T* 50mm F1.7 MMJ
Fuji RDP III

2015年4月13日 (月)

久々のマクロプラナー

100721
横浜公園にて

今日も横浜公園のチューリップですが、昨日とは使用したレンズが違います。昨日はライカ Rレンズでしたが、今日はコンタックスのマクロプラナーです。

言わずもがなですがヤシカコンタックス、通称ヤシコンと呼ばれるコンタックス一眼レフ用のレンズですね。

100713

昨日と同じ個体ですが、レンズの焦点距離が短い分、多少被写界深度が深くなっており、水滴に周りのチューリップが映り込んでいるのがこちらの方が良く分かります。

本当はもっと寄れるのですが、花壇になっているため、これが60mmでは限界。

100717

ご存知ない方は横浜公園って何処にあるの? と思われるかもしれません。

横浜市庁舎(JR根岸線、関内駅前)の真向かい、横浜スタジアムが入っている一帯が横浜公園です。

↑このカットはその横浜スタジアムをバックにしています。

100724

昨日のライカ AMEは私のお気に入りレンズですが、今日のマクロプラナーも良いレンズですね。

100727

ヤシコンレンズ、良いものが多かったです。レンズのデザインも個人的には大好きなデザインでしたので、すべてディスコンになったのはとても残念です。今だに愛好者が多いようですし。

SONY α7 Mark II
Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8 AEJ

2015年4月12日 (日)

雨に映えるチューリップ

100634
横浜公園にて

四月に入って曇天と雨続きで、春らしいスッキリとした青空が拝めません。そういう雨の中、横浜公園のチューリップを撮影して来ましたので、今日はそのチューリップを。

100655

ただ、雨は花の撮影には申し分ない条件だと思います。日差しにテカる事もありませんし。

100663

毎年ここでチューリップを撮影しておりますが、本当に見事に公園内が飾られていますね。関係者の方々に感謝です。

100681

使ったレンズは自分にとって花撮影の定番ともなっているライカのAMEです。ただ、この日はもう一本持参しております。

100697

雨にも関わらず、撮影に来られている人が多いですね。早咲きのチューリップはすでに終わりかけているものもありますが、これから開く個体もありますし、まだまだ楽しめそうです。

SONY α7 Mark II
LEICA Apo-Macro-Elmarit-R 100mm F2.8

2015年4月11日 (土)

造形美

P10488

今日はシンプルに、同じ場所で撮影した縦位置と横位置の写真2枚です。

P10489

どこにでも天邪鬼と申しますか、ひねくれ者がいるもので、皆スッと天に向かって伸びている中、一本だけやや右に寄れているものがありますね。(^^;

しかし、ピンと伸びている姿に、ちょっとした造形美を感じて撮影しました。

今日はこれだけです。(^^;

Panasonic DMC-GH3
G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.

2015年4月10日 (金)

銀座にて

720244
東京・銀座

今日は先月、銀座でスナップ撮影した写真です。「あれ? 何の用事で銀座に出たんだっけ?」と、一瞬戸惑いが。(笑)

Apple Storeに用事があったのです。

720236

このカットは女性をスナップしたわけではありませんよ。(^^;
お店の前のチューリップが綺麗だったので撮影してみました。

720238

この整然としたデザインの建物に何故か惹かれまして、シャッターを切りました。

720237

チャップリンの「ライムライト」は名作ですねぇ・・・。ラストシーンには胸が熱くなったものです。

もちろん、ここは映画館ではありませんよ。あ、そんな事は分かりますよね。(笑)

SONY α7R
HELIAR 40mm F2.8
VM-E Close Focus Adapter

2015年4月 9日 (木)

私の汚いライカ

P10328
愛機 ライカ M2

私にとってのライカはM型に比較したら足元にも及ばないくらいの少ないユーザーしかいない一眼レフのR型です。M型は距離計内蔵カメラの欠点(自分には)とも言える、ピントが真ん中でしか合わせられないところが絶対的信頼感を寄せられないところなのです。

ですが、M型のしっかりした精巧な作りには惹かれておりまして、それが理由で今までもM型は手元に置いています。M6は出たり入ったりしているのですが(笑)、M2だけは初めての入手依頼手放す事もなく、今も大事に持っています。

しかし、あまり綺麗な個体ではないのですよねぇ・・・。

P10330

ご覧のようにバルカナイト(グッタペルカ)が剥がれ落ちているところがあります。おそらく発売時のままのバルカナイトが経年変化でくたびれて来たのでしょう。

大分前、まだまだ国内の中古市場では高値だった頃、ニューヨークのショップから邦貨で9万円ほどで入手し、日本の正規代理店でオーバーホールをしてもらいました。以後、巻き上げが実に滑らかになり、シャッター音も小さく小気味好い音がするようになり、すっかりお気に入りとなっています。外装はイマイチですが。(^^;

P10332

ここも少し剥がれています。(笑)
軍艦部には純正の露出計を装着した際に付いたと思われる擦り傷もあります。ですから決して人に自慢出来るような綺麗なライカではありません。

でも、このM2には愛着があります。デジカメはしょっちゅう売ったり買ったりしていますが、手放す気は毛頭ありません。

B28_17

何よりM2のブライトフレームは35mmと50mm、そして90mmの三つしかないのが他のM型とは大きく違うところ。ファインダーがすっきりしていて、とても見やすくて良いです。

M型デジタルでは初代のM8を使いましたが、現行品はボディもレンズも完全に「ブランド」となってしまいましたので、私にはまったく手が出ない価格になりました。

最近、APS-Cセンサーを搭載したライカ ミラーレスカメラ T型のボディと交換レンズの新同品が中古市場に大量に出回っておりますが、どうしちゃったのでしょうねぇ?

もしかして、ライカの新型を心待ちにしていた多くのユーザーさんが購入したものの、交換レンズの「MADE IN JAPAN」という生産国表記にがっかりして皆さん手放したのでしょうか?

Z50_08

聞くところによりますと、ボディの中身も実質MADE IN JAPANらしいですね。まぁ、デジタルカメラに関してはもう日本の技術無くして作る事は出来ないという何よりの証のような気も致します。ハッセルブラッド社もSONYさんのカメラに特製グリップを付けただけで法外な価格を付けたりしていますが、あまり売れていないようです。ユーザーさんも少しずつ賢くなっているというところでしょうか。

日本人は「ブランド」に弱いですから、まだまだライカ社もしばらくは安泰でしょう。現行のMやM-P(共にTyp 240)、Mモノクロームなど、私でも手が届くような価格でしたら正直使ってみたいと思っています。

ですが、「ブランド」の上でご商売をされている限りは私にはまったく手が出ません。なので、相変わらず私は汚いM2を使い続けて行くほかないようです。これが今日の結論。(笑)

LEICA M2
Zeiss G Biogon T* 28mm F2.8(Lマウント改)
Zeiss Planar T* 50mm F2 ZM
Kodak SUPER GOLD 400

2015年4月 8日 (水)

雉も鳴かずば撃たれまい

P1492
キジ♂(キジ目キジ科)

野生のキジを見る機会なんて、私の住まいの地域を考えるとほとんど有り得ないと思います。今日はそのキジを先月、東京西部で初めて撮影出来ましたので、掲載してみます。

野生のキジを見るのは今回が2回目になります。昨年夏、高崎から八王子まで、八高線に乗った時に車窓から畑で菜食しているところを見まして、「え!? キジだ!」と、ビックリしたものです。

P1516

タイトルを見て、このキジが撃たれたと勘違いしないでくださいね。ただ単に諺をタイトルにさせて頂いただけですから。(^^;

P1814

歩きながら種子や葉っぱ、昆虫類などを食べます。

P1505
キジ♀

近くに雌もいました。どうやらこの二羽はつがいのようです。ツーショットを撮りたかったのですが、雌が近づくと、何故か雄は雌から離れてしまうのです。恥ずかしがり屋さんの雄なのかもしれません。私にそっくりですね。(^^)

P2053
ルリビタキ♂(スズメ目ヒタキ科)

撮影を終えて、帰る途中で見つけたルリビタキです。気持ち、木の枝に隠れながら撮影しています。(笑)

P1450
シロハラ(スズメ目ツグミ科)

そしてこちらがこの日最初に出会った鳥さんです。里山に入って歩いていたら、地面で菜食しているところに遭遇。私に気が付いてここへ止まり、この後木の枝に飛んで行きました。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
Lumix G VARIO 100-300mm F4-5.6 MEGA O.I.S.

2015年4月 7日 (火)

雨の千鳥ヶ淵

720603
4月5日撮影

雨が降る日曜日、千鳥ヶ淵へ今一度出掛けて来ました。

散った花びらによる「花筏」を期待して行ったわけですが、残念ながら期待した情景にはなっていませんでした。

720610

満開もタイミングなら、花筏もタイミングですね。訪れるのが早過ぎたのか遅過ぎたのか。

720617

2枚目の位置から少し回って撮影したのがこのカット。散った花びらが端に固まって・・・。

720605

前回訪れた時には大変な人出でしたが、桜も満開を過ぎている事と、雨が降っているからでしょうか、思ったほどの人出ではなかったです。

中国(台湾)からの観光客が多いようです。お使いのカメラがライカ M(M9)の方を良く見かけます。100万円(日本での売価)もするカメラを結構若い方が使っている事に驚きます。

Dsc706
2011年4月11日(NEX-5+18-55mm)

ちなみにこれは4年前に撮影しています。やはり訪れるのが少し早かったかな?

SONY α7R
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

2015年4月 6日 (月)

大岡川桜スナップ

10220

今日も大岡川からですが、露店風景などのスナップ写真を集めてみました。

大岡川では「桜まつり」の開催中で、様々な露店が多く出ております。

10251

露店の定番といえば「たこ焼き屋さん」ではないでしょうか。結構、売れているようですね。

10255

夏の風物詩・・・あ! まだ夏ではなかったですね。(笑)

なんと、金魚すくいまで出ていました!(◎_◎;)

10322

素晴らしい音色で、演奏も素晴らしかったですよ。

10321

川沿いはとにかく賑やかでした。困ったのは狭い歩道にブルーシートを広げて花見(宴会)を繰り広げている人たち。(^^;

10326

大岡川の桜は桜木町の河口から上流方向へ中区、南区、港南区と、ずっと続いていますので、今の時期は本当に賑やかな川です。

Panasonic DMC-GH2
G VARIO 14-42mm F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

2015年4月 5日 (日)

横浜大岡川桜風景

10243
大岡川にて(横浜市中区)

鎌倉や都内の桜をご紹介して来ましたが、今日は横浜の大岡川です。天候は生憎の曇天で、桜もイマイチ鮮やかさに欠けるかもしれませんが・・・。

0235

強風が続いた後で桜も結構散っていました。

川の両側は桜並木が続いていますので地元でも人気の場所で、花見客もそれなりに多いですよ。

10223

野毛の都橋商店街をバックに・・・。

10250

筏の上ではコンサートも開かれておりました。実に賑やかな桜まつりです。

京急線の車窓からは大岡川の桜並木が俯瞰で鑑賞出来ますね。

10272

船も行き交い、歩道には露店が立ち並び、ほろ酔い気分の花見客も見られました。(^^;

Panasonic DMC-GH2
G VARIO 14-42mm F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

2015年4月 4日 (土)

モノクロジェット

720420
ユナイテッド航空

今日は飛行機です。撮影はカラーですが、天候がイマイチでしたので、彩度を落としてモノクロに仕上げてみました。

720366
デルタ航空

飛行機撮影といえばカラーが当たり前ですが、フィルム時代、おそらくカラーフィルムがまだまだ高い時代には大先輩方はモノクロフィルムで撮影されていたわけですよね。

モノクロで見る旅客機、それが見た事のない航空会社であればカラーリングは想像しながら見ていたのでしょうか?

720395
キャセイパシフィック航空(貨物)

私もフィルムで撮影した事は何度かありますが、いずれもカラーフィルムでの撮影でしたから、モノクロフィルムでの撮影は一度もない事になります。

720488

最後は私のお気に入り、B787-8です。

一度、モノクロフィルムで撮影してみますかねぇ・・・。

SONY α7R
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD
LA-EA4

2015年4月 3日 (金)

都電荒川線桜模様

12215
都電荒川線

桜が続きますが、今日は都電荒川線です。もう何度撮影に行っているのか自分でも分かりませんが、桜の時期は実を申しますと初めてなのです。

12137

桜と路面電車。日本ならではの風景ではないかと思っております。

12149

この日も乗車しましたが、路線沿線は案外桜が少ないですね。もちろん場所によっては・・・荒川遊園とか・・・桜並木も見えるのですが・・・。

12222

天候はイマイチでしたが、桜と都電荒川線を堪能出来ました。

12243

最後は満開のソメイヨシノをバックに都電をアップで撮影しました。この日、本当は動画撮影の予定だったのですが、急遽動画撮影は中止に。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4-5.6 II

2015年4月 2日 (木)

千鳥ヶ淵満開!

10176
東京・千鳥ヶ淵にて

このところ毎年訪れている千鳥ヶ淵、今年はパスしようかなぁ・・・と考えていたのですが、結局行ってしまいました。(^^;

10112

相変わらずの人の多さ。まぁ、都内屈指の桜の名所ですから、仕方ないですね。

基本的に人の多いところは避ける事にしている私ですが、千鳥ヶ淵だけは例外です。(笑)

10138

「ハイ! チーズ!」
素晴らしい記念ショットになったのではないかと。

10121
北の丸公園

千鳥ヶ淵の満開は実に見応えがありますが、ソメイヨシノの花びらが散った後の花筏もまた絶景なのですよねぇ。いずれもタイミングが問題なのですが。

しかし、桜の時期はあちこち掛け持ち撮影するので忙しいですね。(笑)

Panasonic DMC-FZ1000
LEICA DC VARIO-ELMARIT 9.1-146mm F2.8-4.0 ASPH.

2015年4月 1日 (水)

鎌倉円覚寺・桜

P1010078
北鎌倉・円覚寺にて

久しぶりに北鎌倉・円覚寺の桜を鑑賞して来ました。今年も京都の桜は見に行けませんので、代わりに・・・と言っては失礼ですね。

P1010029

木によっては五分咲きくらいもありまして、すべて満開を見られるのはもう二、三日掛かるでしょうか。

P1010063

P1010073

鎌倉方面、いつも北鎌倉で終わってしまうのですよね。八幡宮はいつも敬遠してしまいます。(^^;

P1010038

池でキジバトが丁度水浴びをしているところに遭遇。水を切るためにブルブル!っとやっていたのですが、写真に撮ってみたら首が回転しているように写っているのがおかしいです。(^^)

P1010066

撮影したカメラ、入手以来もっぱら4K動画を撮っていただけでした。元々それが目的ですから。

で、スチル写真を撮っていなかったので初めて使ってみましたが、結構綺麗に撮れますね(失礼!)。搭載しているセンサーはSONY RX100 III、RX10、AX100(4Kビデオカメラ)と同じです。

ちなみに私が入手した時の価格は某有名量販店で69,700円の10%ポイント還元でしたが、おそらく4K動画が撮影出来るカメラとしての最低価格ではないかと思います。でも、綺麗に撮れるので文句ありません。

まったく同じカメラが「ライカ」からも出ていますが、もちろんおでこの「Lumix」は「LEICA」になっています。

Panasonic DMC-FZ1000
LEICA DC VARIO-ELMARIT 9.1-146mm F2.8-4.0 ASPH.

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »