« 桜と江ノ電と | トップページ | 江ノ電の旅 »

2015年4月15日 (水)

ツァイスで江ノ電

Img825

鉄道写真、現在ではカメラのAF任せで撮る事がほとんどだと思います。走行写真などはカメラの動体予測モードで連写したり。私もそうして撮っていました。

しかし今回、手巻きで一枚一枚丹念にフィルム撮影してみると、如何にも写真撮影をしているという実感が湧きました。ピントもマニュアルですしね。

Img829

沿線を歩きながらの撮影。なかなか楽しかったです。

で、或るお店の前で江ノ電を待っている時です、そのお店のご主人から声を掛けられたのです。

Img827

そのお声の主の方がこちらの方。鉄道写真家、広田尚敬さんに似ていらっしゃるのですよ。(^^)

写真はご主人様ご了解のもとに撮影。拙ブログに掲載する事もご承諾頂いております。正面から撮らせて頂きたかったのですが、恥ずかしがられて・・・(^^)

しばらくお話しを伺っていましたら、何と路面電車がお好きで世界各国へ出向いて撮影されていらっしゃるとの事。素晴らしい!

Img828

店内には江ノ電の車両部品が・・・(^^;
もちろん車両部品を販売しているお店ではありませんよ。

私のカメラを見て、「お! コンタックスじゃない! これ、レンズが良いんだよねぇ・・・。俺は今オリンパスのちっちゃいPLだけどね」と、カメラの知識もなかなかのもののようです。(^^)

Img830

このカットはご主人様に撮影ポイントをお教え頂いてのものです。

「今の時間、逆光なんだけどねぇ・・・」との事でしたが、一枚撮影しました。思わぬ方と遭遇し、しばし楽しい時間を過ごせました。

今回持参した50mmは人気のF1.4ではなく、F1.7の方にしました。これも良いレンズですよね。

CONTAX RTS II
Zeiss Planar T* 50mm F1.7 MMJ
Fuji RDP III

« 桜と江ノ電と | トップページ | 江ノ電の旅 »

コメント

おはようございます。
特にフィルムカメラを持って散歩をしていると、
声をかけられることが多いような気がします。
鉄道ファン、それもカメラのこともよくご存じの方との出会い。
よいお散歩でしたね^^

おはようございます。
楽しい江ノ電散歩でしたね。
お店のご主人とのやりとりに、心が暖かくなりました。(^^)
4枚目のお写真、江ノ電の車両部品なのですね。
電車のシールが利いています~♪ 素敵なお写真です。(^^)
3枚目、お店のガラスに江ノ電の写真が貼られていますね。
ご主人が撮られたのでしょうか?
写真と江ノ電を愛していらっしゃるご様子が、伝わってきました。(^^)

江ノ電フアンは沿線に多く住まれているようですね。前頭部のお店、そして部品蒐集される方は何のお店でしようか・・・・・
随分前ですが旅番組でしたか元社員の方が沿線の四季の風景を撮影した作品で紹介されていましたが海沿いの線路を緑豊かな山沿いを、時には商店街を通り抜け、車とともに道路を専有し住宅の軒先すれすれにと変化に富んだ路線だから人気があるのですね。
私も撮影したくなりました。

koukoさん、こんばんは。
そうですねぇ・・・、今時フィルムカメラ?・・・と思われるのでしょうか?
このご主人様は鉄道、特に路面電車にお詳しいのです。
思わぬ方との遭遇でした。

Maruさん、こんばんは。
はい、思わぬ遭遇で、良い江ノ電の旅となりました。
4枚目、大きいのはお分かりでしょうか? 運転士さんが車両を運行する時に使っていた、大分古いタイプです。
お店のガラスに貼られているのはご主人様ご自身で撮影された写真です。如何に路面電車がお好きかという事がお分かり頂けると思います。(^^)

tokiwaiさん、こんばんは。
こちらのお店は自転車修理を営んでいるようです。しかし、自転車より電車、という楽しいご主人様でした。(^^)
江ノ電は路面電車となる地域、そして湘南の海沿いを走る姿、民家の間を通り抜ける様子と、いろいろな風景が見られます。それが人気を呼んでいる理由のひとつでもあると思います。
機会がありましたら、是非カメラを持って訪れてみてくださいませ。

こんにちは。
良い出会いがあってよかったですね。
MFのフィルムカメラだと、シャッターが押せるのは一度きりですから、集中力と反射神経がいりますが、それがまた良いですね。とはいえ僕の場合、反射神経が悪いので、たいてい一瞬タイミングが遅れてしまうのですが。

ビワさん、
思わぬ方との遭遇でした。毎日、江ノ電を見ながらお仕事をされていらっしゃるのですね・・・。
MFカメラでの撮影、結構楽しかったです。たまにはこういう撮影も良いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜と江ノ電と | トップページ | 江ノ電の旅 »