« 日本大通りから | トップページ | 増上寺 »

2015年5月24日 (日)

EF 50mm F1.8 STM テスト撮影

Vt7m0048
横浜・大さん橋にて

キヤノンさんの、俗に「撒き餌レンズ」などと揶揄される大口径標準レンズ、EF 50mm F1.8 II は1万円でお釣りが来るという、実にリーズナブルな価格で有名ですね。

その標準レンズがリニューアルされ、三世代目が発売されましたのでテスト撮影してみました。で、今日はその話題を。

Vt7m0073

ピントはこの方が手にしているデジカメに置いています。

さて、三世代目となる今回変わった点は、先ず第一にマウントが先代のプラマウントから金属マウントに変更され、安心感が増しました。プラマウントでも耐久性に問題はないとメーカーさんは申しますが、やはり金属マウントの方が信頼出来ます。

もうひとつ、最短撮影距離が先代の45cmから35cmに。これは良いですね。フィルター径も先代の52mmから49mmへと、小さくなりました。

Vt7m0036

ディストーションを見てみましょう。これはデジタル補正無しです。若干のタル型が見てとれます。

しかし、このレンズが採用している標準レンズに良く使われるガウス型は、どれも大なり小なりタル型のディストーションがありますので、大きな問題ではないと思います。
ひとつ上のEF 50mm F1.4 USMも結構目立つタル型がありますし。

Vt7m00362

で、こちらがAdobe Lightroomのレンズプロファイルを使って補正したものです。ただし、先代のプロファイルを使っています。レンズ構成は両者変わりませんので、大きな問題はないと思いますので。

Vt7m0098

製造国はマレーシアになっていました。ちなみに私が入手した個体には中玉に小さなキズらしきものが見られる事と、ホコリも散見されますが、クレームを付ける事なく、このまま使い続けます。これが10万円もするレンズなら交換を要求するでしょうけど。(^^;

余談ですが以前、ニッコールのAF-S 50mm F1.4Gを発売と同時に入手したら、前玉の真ん中、後ろ辺りに目立つゴミが。(笑)
その時も交換を要求する事なく使い続けましたが、何かの購入時の下取りに出した際、真ん中に目立つゴミがあるという理由で減額されました。(笑)

確か日本製のDタイプから超音波モーター(AF-S)内蔵初のGタイプ標準レンズとして海外生産になったレンズでしたが、その時思ったのが「やはり日本製じゃないとダメなのかな?」という事。必ずしもそういう事ではないとは思うのですが。

Vt7m0089

話しが脱線しましたが、この50mm STM仕様の標準レンズも変わりなく良く写るレンズに相違ありません。

このレンズ、いずれ出るであろう EOS 6D 後継機にレンズキットとして組んだら面白いと思うのですが、如何でしょう?

Canon EOS-1Ds Mark II
EF 50mm F1.8 STM

« 日本大通りから | トップページ | 増上寺 »

コメント

こんばんは。
早速入手されましたか。先代の出来が良かったので期待していた人は多かったと思います。
レンズ構成は変更せずにコーティングが新しくなったようですが、コンセプトから考えるとこれで十分でしょうね。距離表示や被写界深度目盛りが先代同様に無いので残念と言われていますが、無ければ無いで(笑)  金属マウントになったこと、距離環にラバーが付けられたのはよかったです。
いずれF1.4のリニューアルも控えているでしょうから、クラスを考えるとうまいところに落としたなあという感想です。図抜けた性能ではないでしょうが、バランスのよさが魅力だと思います。近々私も入手します。
ちなみにゴミやら汚れなど海外工場製造のものは、CANONだけでなく他メーカーも同様だと認識しています。残念ながら日本の基準が徹底されないのでしょうね。もはや致し方ないことだと思っています。

kondohさん 教えていただきありがとうございました。
FZ1000購入後ほとんど使っていない状態なので活用する前にちょっとお伺いしてみました。
P.S 画像2枚目はkondohさん?

ありがとうございます!^^
先日このレンズがリニューされたとネットのニュースで知りましてどんな感じなのかな?と思っておりました。
先代のレンズは使った事がありましてとても好きでしたのです。^^

製造国の問題、いや~命のレンズでしからね~ゴミの問題などは徹底して頂きたいと思いますが、日本の素晴らしさと改めて物づくりの素晴らしさを再認識させられます。異国にいると余計に感じてしまいます^^;

おはようございます。
話題の新レンズ、早速ご使用になっているのですね^^
写りがよく最短撮影距離が短い単焦点、
コストパフォーマンスがよいこういうレンズはありがたいですね。
キヤノンさんに縁がないのが残念^^

おはようございます。
キャノンさんの50mmf1.8は、「撒き餌レンズ」という話は、聞いたことがあります。^^;
安く購入できるのに、良いレンズなのですね。
キャノンユーザーさんたちが、羨ましいです。
テスト撮影と言っても、大さん橋付近の素敵なスナップです。
コスタ・アトランティカが来ていたのですね。
5枚目のお写真もどこで撮られたのか分かりますので、私もこの辺りに詳しくなりました。^^;
夕日が美しいよい時間帯です。(^^)

cucchi3143さん、おはようございます。
発売日翌日に入手致しました。
おっしゃる通り、先代の出来が良かったので、期待しての購入です。結果は先代から劣る事なく、充分な性能と感じました。
確かに距離表示や被写界深度目盛りがないなど、コストダウンの極みの作りですが、AF時代に距離表示を気にされる方も少ないのではないかと思います。
何より金属マウントになった事が大きいですね。
今の工業製品は如何にコストダウンするかが最重要課題だと思われます。ですからニコンもキヤノンも関係なく製品のレベルは落ちていると思います。
本文にありますように、AF-S 50/1.4Gの真ん中に目立つゴミを見た時、「ニコンよ、お前もか!」と思ったものです。それまで私が持っていたニコン製品に対するイメージは、世界一の「製品品質」でしたから。(^^;
その後、AF-S 85/1.8Gも同じような目に遇いましたし、105/2.8G Macroに至っては明らかなる片ボケがありました。以来、私の中にあった「ニコン品質」はもろくも崩れ去っております。(;_;)

tatsuyaさん、おはようございます。
いいえ、お役に立てたかどうか・・・。
画像2枚目は私が撮影していますので、この方は私ではありません。(^^;

H.Oさん、おはようございます。
このレンズにご関心がおありだったのですね。
少しでもご参考になって頂ければ嬉しいです。
先代はかなりのベストセラーレンズだったと思います。
GW以降、中国、台湾から日本へ爆買いに来られている中華系の方々、ヨドバシカメラにも札束を持って来店しているそうですが、そういう方々が一番気にされるのが「生産国」だそうで、例え日本のメーカー品であっても、「中国製」となっていると買わないそうです。(^^;
ニコン、キヤノンのカメラ、レンズが人気ですが、必ずボディ下の生産国を確認するのだそうです。で、中国製、台湾製には一切手を出さないとの事。なので、ヨドバシカメラさんではカメラの展示コーナーに中国漢字で「日本製」と表示するようにしたとか。(ヨドバシ店員談)

koukoさん、おはようございます。
はい、50/1.8はお気に入りのレンズなので、いち早く入手致しました。(^^;
やはり今回のレンズも価格以上の良く出来た製品に仕上がっておりました。
レンズ内のキズやホコリを除けば。(^^;
koukoさんはニコンユーザーさんですからね。私は節操なくどちらも使っていて・・・(^^;

Maruさん、おはようございます。
撒き餌レンズ、ご存知でしたか。(笑)
おっしゃるように安いのに性能が良いという、実にユーザーに優しいレンズなのです。
こうしたレンズを各社とも用意して頂けると良いですよね。
例えばMaruさんがお使いのm4/3あたりでも、プラマウントで良いから 25mm/1.8を8千円くらでとか。(^^)
大さん橋、知らずに行ったらコスタ・アトランティカが入っていました。以前Maruさんが訪れた時以来、二度目ではないかと。

こんにちは。
ついにという感じがしました。見た目も良くなりましたし、AFも速くて快適になっているようで、これならF1.4の出る幕は無さそうです。これで残るは50mmマクロのリニューアルですね。

ビワさん、こんばんは。
本当ですね・・・、ようやくという感じです。
1.4に拘らなければ、充分使えます。
50mmマクロもそろそろリニューアルしてもらいたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本大通りから | トップページ | 増上寺 »