« 三室戸寺の新緑 | トップページ | そうだ 東福寺、行こう。 »

2015年5月14日 (木)

京都・妙心寺

Dsc01103
京都市右京区・妙心寺、退蔵院陰の庭

初めて入ったお寺さんですが、塔頭の多さに驚きました。

今日は妙心寺の塔頭のひとつ、退蔵院で撮影した写真です。

Dsc01104
陽の庭

小さいながらも陰と陽、ふたつの石庭がありました。

退蔵院には国宝に指定されている水墨画「瓢鮎図(ひょうねんず)」が収められています。「瓢鮎図」は検索してご覧頂ければと思います。(^^;

Dsc01117

茶室です。

Dsc01115

すでに終わっていた藤の葉を撮影。

Dsc01123

お寺さんでクレマチスは珍しいような・・・。少なくとも私は初めて見ました。

Dsc01133

妙心寺も広いところです。私は予備知識もなく初めて入ったわけですが、京都のお寺さんはどこも何かしらの感動は受けるものですね。

SONY α7 Mark II
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

« 三室戸寺の新緑 | トップページ | そうだ 東福寺、行こう。 »

コメント

おはようございます。
妙心寺さんは高校の修学旅行で訪れたことがありますが(>_<)、
広くて、気持ちがよかったことしか記憶にありません^^;
お庭や水墨画など、見るところも多そうですね。
藤の葉のお写真のすてきなこと♪

おはようございます。
「瓢鮎図」を検索して、見てみましたよ。(^^)
妙心寺さんも調べてみました。
広いお寺で、本当に驚くほど塔頭があるのですね。
その中でも、この退蔵院は、見応えがある美しいお庭ですね。
クレマチスの紫色が綺麗です。
洋花ですが、日本庭園にも似合っているように感じます。(^^)

koukoさん、こんばんは。
そうでしたか・・・、高校の修学旅行で訪れておりましたですか。
でも、私もそうですが、学生時代ってこうした神社仏閣ってあまり興味がなかったですよね。(^^;
しかし、写真を撮るようになってからは楽しみになりましたから、不思議です。(笑)
藤は見事に終わっておりました。(^^;

Maruさん、こんばんは。
ネットで検索して頂いたのですね。ありがとうございます。(^^)
本当に広かったですよ・・・。
塔頭の多さにはびっくりでした。
中でも退蔵院は良かったです。多分、こちらが人気の場所ではないかと思います。
クレマチスは見事でしたが、不思議な感じを受けました。

こんにちは。
二種類の庭があるとは面白い。陽の庭の間の空け方が日本的ですね。砂の色も違うのでしょうか。それぞれで楽しめますね。
藤の葉が鮮やかで清々しいです。
クレマチスがたくさん咲いているんですね。確かに、お寺には珍しいです。もっとも、クレマチスの中には日本原産のもあるそうですから、不釣り合いとまではいかないかもしれません。

ビワさん、こんばんは。
砂の色は陰の庭が多少日陰にはなっているものの、微妙に色は違うようです。
藤は葉だけになっていました。思ったよりこちらは早かったですね。
クレマチス、日本原産のものもあるのですか? それは知りませんでした。それであればこちらに有っても不思議はないわけです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 三室戸寺の新緑 | トップページ | そうだ 東福寺、行こう。 »