« 真四角の都会 | トップページ | 成田風景 »

2015年5月18日 (月)

広角遊び

Dsc00990
東京都庁前にて

画角110度というスーパーワイドレンズを使って遊んでみました。(^^;

さすがに15mmという超広角レンズを使いこなすのはそれなりの技量が必要とされますね。難しいですけど、面白い。(^^)

Dsc00992

昨日の記事の通り、ハッセルブラッドで撮影した翌週、今一度西新宿に出掛けたわけですが、その時の撮影が今日掲載する写真です。

Dsc00996

このSUPER WIDE-HELIAR 15mmはすでに第三世代が発売されておりますが、比較的リーズナブルな価格ながら高性能な超広角レンズという事で、初代が発売された時より人気のレンズですね。

第三世代はデジタル対応の光学設計という事で周辺の色被りを解消したらしく、確かに使ってみると愛用のSONY α7 Mark IIでもまったく不安はありません。(^^)

Dsc00999

フルサイズ 15mmの超広角レンズ、ほとんどパンフォーカス撮影になるわけですが、被写体にググッと寄れば背景は結構ボケるものですね。

歪曲がデジタル補正に頼る事なく光学設計そのもので対応しており、超広角レンズでありながら直線が直線で描写されるのは実に気持ちが良いものです。

ハッセルブラッドの広角専用カメラに搭載された、あの高性能Biogon 38mmを思わせるほどです。ここ数年のコシナさんの製品、こう言っては大変失礼ですが、以前の「安かろう悪かろう」という悪いイメージを完全に払拭しましたよね。

SONY α7 Mark II
SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III

« 真四角の都会 | トップページ | 成田風景 »

コメント

おはようございます。
広角レンズは苦手で、24mm程度でもなかなか持ち出せません^^;
あまり撮らないので、構図をとるのもどうもむずかしくて・・・
でもお写真を拝見して15mmでも結構背景がぼけるので、
たまには広角で散歩もいいかも、と思いました^^

おはようございます。
15mmですか?超広角ですね。
私が持っている一番広角のレンズは、換算24mmです。
それでも、広く感じて、なかなか使えません。
ソニーのE16mmの単焦点は、「使えないレンズ」と呼んで、持ち出すことがありません。(;_:)
でも、このワイド感、良いですね♪
非日常的な空間に、似合うレンズですね。
私も換算24mmから、広角の練習をしてみようかしら?(^^)
最後のお写真、好きです。(^^)

広角レンズは踏み込んだ描写ず可能てすので20㎜ですがながく愛用しています。CarlZeiesの15㎜が欲しいのですが残念ながらなかなか手に入りません・・・・・・
最近鉄道写真も広角で撮影することも多々ありますが撮影する人も多いようですね。街角スナップ等も警戒されず、自然な情景も非日常的な場面も撮影掲載された画像のように可能ですから利用価値があります。

こんばんは。
SUPER WIDE-HELIAR 15mmは第1世代を持っていました。
パンフォーカスでスナップと思って買ってライカで使いましたが、広角すぎて、KONDOHさんのようにうまく使い切れませんでした。
フードが大きすぎて、ライカに似合わず、これも実用的ではなかったです。
今のは歪曲補正が効いて使いやすそうですね。

koukoさん、こんばんは。
広角レンズ、苦手ですか。
広角は慣れないと確かに使いづらいかもしれませんね。
私も嘗ては35mmくらいまでを多用していましたが、次ぎに28mmと、徐々に広角も進んで来ました。(笑)
慣れると28mmくらいで街並みスナップも面白いですよ。

Maruさん、こんばんは。
はい、フルサイズ 15mmは結構広いです。
Maruさんがお使いのカメラですと、m4/3では7.5mm、APS-Cで10mmに相当します。
E 16mmをお持ちだったのですか。使えないレンズとおっしゃらずにたまには使ってあげてください。(^^)
標準レンズの画角に慣れた目には超広角はなかなか新鮮です。
その代わり使いこなしは難しいですが。私も勉強です。(^^)

tokiwaiさん、こんばんは。
20mmを愛用されていらっしゃいましたですね。
広角ほど踏み込んで撮影しろとはよく言われる事で、その方が良い写真になりやすいのでしょう。
Zeissの15mmは高いですから、おいそれとは手が出ません。
先日も某所で15mmを使ってみましたが、やはり難しいですね。しかし、面白いです。

yymoonさん、こんばんは。
第1世代、私も購入し使った事があります。
ただ、周辺光量落ちが激しく、そのうちに手放してしまいました。
現行品もカメラによるデジタル補正はありませんです。レンズの光学補正のみですが、素晴らしいですね。
本来のレンズの役割はこうでなくてはいけないのですよね。最近はカメラによる補正を考慮したレンズ設計になっていますから。私はこういうのは・・・好きでありません。

こんにちは。
何かの本に、焦点距離と年齢は一致するというような記事を見ました。となると、KONDOHさんはなかなかお若いですね。自分も16mmのレンズを持っていますが、外付けファインダーでの撮影ということもあり、数えるほどしか使っていないです。
最後の写真、15mmでこのボケかただと、かなり接近してますよね。

ビワさん、こんばんは。
焦点距離と年齢は一致するのですか?
う〜ん・・・自分の場合は年齢を経る毎に焦点距離が短くなっているような・・・(^^;
決して若くはありませんです。(笑)
最後は最短まで寄り、もう少しマウントアダプターのヘリコイドで寄っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真四角の都会 | トップページ | 成田風景 »