« OM-D E-M5 Mark II ハイレゾショット | トップページ | 富士に鯉のぼり舞う »

2015年5月 4日 (月)

富士荘厳

Dsc00907
静岡県、水ヶ塚にて

御殿場インターを降りて、最初に向かったのが静岡県側の水ヶ塚。富士山の二合目付近になります。

ここで撮影するのは久しぶりの事ですが、ここから見る富士山が私は大好きなのです。やや荒々しさを感じるところが「山」というイメージに合うからでしょうか。

この撮影が午前5時30分で、朝日は右手方向、すでに上がっています。手前の大きな凹みが今のところ富士山最後「宝永4年(1707年)」の噴火跡となっている宝永火口です。

Dsc00910

火口付近をアップで捉えてみました。溶岩の噴出が冷めて固まり、鉄分を多く含んでいるので土が朝日に赤く染まっているのがお分かり頂けると思います。

夏の強い日差しになると一段と赤みが増し、その赤い富士を「赤富士」と呼ぶわけです。

対して冬のシーズン、白い雪が朝日に染まって赤(紅)く見えるのが「紅富士」ですね。

雪は大分融けて来ました。しかし、その雪が少しでも残っている時に撮影出来て良かったです。

SONY α7 Mark II
FE 70-200mm F4 G OSS

« OM-D E-M5 Mark II ハイレゾショット | トップページ | 富士に鯉のぼり舞う »

コメント

赤富士の由来はそういうことなのですか。
FZ1000の作品楽しみにしています。
近日に伊丹空港への着陸が頭上をかすめ飛んでいく様子を撮影できるなんとかの土手?もしくは
付近のおすすめ撮影ポイントに行ってみようと思っているのですが確かKONDOHさん行かれたことありましたよね?しょぼい三脚なんかでで撮影していると恥ずかしいですかねー?
すごい装備の方がたくさんいらっしゃるみたいで。。

おはようございます。
今日の富士山は「荒々しさ」とお書きになっていますが、そのとおりですね。
とても新鮮♪ 土の赤さにもびっくりしました。
早い時間から動くと、行動半径も広がるものですね。
昨日は御苑にも寄ることができました^^

tatsuyaさん、おはようございます。
千里川の土手ですね。伊丹に行かれますか。飛行機ウォッチングには最高の場所ですよ。
三脚の件ですが、逆に三脚を使って撮影している人がいませんです。私も含めて、皆さん手持ちでの撮影です。
ただ、動画メインでしたら三脚を使った方が良いです。映像が安定しますから。
楽しんで来てください。

koukoさん、おはようございます。
荒々しさを感じて頂けると嬉しいです。
土の赤さ、夏になると本当に赤く輝くのですよ。冬の紅富士より凄いと言えるかもしれません。
富士山撮影、基本的には朝夕になるので、朝早くからの行動になります。今回は夕景はパスして早めの帰宅となりました。帰りのど渋滞に嵌りたくなかったので。(笑)
新宿御苑、お寄りになられましたか。撮影結果を楽しみにしております。(^^)

おはようございます。
昨日の富士山は、穏やかな印象をうけますが、こちらからの眺めは、おっしゃる通り「荒々しさ」を感じますね。
富士山は、季節だけでなく、見る方向によっても、表情が違うのですね。
夏に富士山が赤く見えるのは、そういうことだったのですね。
勉強になります。ありがとうございます。m(__)m
雪が筋のように残っている姿も、この季節ならではですね。
KONDOHさんが、頻繁に富士山を撮りに行かれるおかげて、季節ごとの美しさを楽しませていただいています。(^^)

Maruさん、おはようございます。
富士山は360度、見る位置で左右の稜線も全然違って見えますし、何より頂上の形もまったく異なって見えます。おまけに気象条件が変わると被写体として魅力がいっそう増して来ます。
赤富士は良い気象条件が重なると見事ですよ〜・・・。
この時期、まだまだ雪渓の白さが残っているので、撮影にも良い感じではないかと思います。
機会がありましたら、Maruさんも是非お出掛けくださいね。

こんにちは。
宝永火口、こうやってみると迫力ありますね。こんなに大きなものだとは思いませんでした。
富士山が赤くなるのは鉄分のせいだったんですね。

ビワさん、
宝永火口はかなり大きいです。近くで見ると迫力も感じます。
赤富士はまさに鉄分(赤土)の輝きなんです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OM-D E-M5 Mark II ハイレゾショット | トップページ | 富士に鯉のぼり舞う »