« とっとり花回廊 | トップページ | 雨のエアポート »

2015年6月21日 (日)

大山と植田正治写真美術館

Dscf0616
大山(鳥取県)

鳥取県の名峰、大山(だいせん)です。神奈川県にあるのは大山(おおやま)。同じ字を書きますが、読み方が違います。標高1,729mで、伯耆(ほうき)富士とも呼ばれているようです。

黙って見せられたら富士山と間違えそうですね。鳥取県民が誇る大山、なかなか雄大でした。

Dscf0600

実は大山の写真を撮ったのはこの・・・植田正治写真美術館の前からなのです。到着した時には大山の頂上付近は雲に隠れていたのですが、写真美術館を見学して出て来たら、頂上付近の雲が取れていました。

ところで植田正治写真美術館は建物の老朽化のため、現在外壁の補修工事が行われておりました。

有名な植田正治さんの「演出写真」、それらを初めてプリントで見る事が出来たわけです。鳥取県は横浜からは遠いので、気軽に行く事が出来ませんからね。

Dscf0608

ご覧のように補修工事中のため、このような写真になってしまいました。展示コーナーはもちろん写真撮影禁止ですが、大山を見る事が出来るこの場所は撮影OKなのです。美術館の中からなので、ガラス越しの撮影です。

FUJIFILM X-T1
XF 18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR

« とっとり花回廊 | トップページ | 雨のエアポート »

コメント

こんばんは、

いらっしゃいましたか、植田正治写真美術館! 私も去年初めて行きました。当地からも遠かったです。^^;

でも行った甲斐はありました。プリントはもちろんですが、巨大カメラ・オブスクラの中も、小物が用意してある植田調写真撮影ゾーンも、なかなか楽しめました。^^

大山は最後まで臨めませんでしたが、これはまた来い、ということでしょう。笑

おはようございます。
鳥取といったら、砂丘と植田正治ですよね~♪
プリントで見る植田正治さんの写真、どんななのでしょう。
植田正治写真美術館、一度行ってみたい場所です。

今回の旅の最大のお目当てはこちらだったのですか。
ぼくが、砂丘のあたりを彷徨ったりしていた頃には、まだこの美術館はありませんでしたが、もう老朽化ですか。
植田正治美術館、なかなか訪れる機会がありませんでした。
残念ながらこの後も、もう無理かなと。(笑)
大山の勇姿が、植田正治の印象をみごとに物語っているようですね。

おはようございます。
私は元妻の姉夫婦が米子在でしたので、鳥取には何度も出かけています。
大山は1,700mほどの山ですが、中国地方最高峰で、毎年遭難者が出ています。頂上付近の尾根は幅がないところもあるようで、侮れないコースだと聞いています。私は麓付近しか歩いたことはありませんが (´ω`;)
鳥取県はもう10年以上ご無沙汰ですが、さすがに今後は出かけるチャンスがないでしょう。植田正治写真美術館も無理のような・・・(^^)ゞ

写真展は見たことがあるのですが、近くまで行きながら記念館に訪れたことはありません。安達美術館に向かいましたので・・・・・。
山陰風景と鳥取砂丘風景等の植田調画像には感激した記憶があります。
さらには、「奥の細道」の取材で見た写真と俳句の作品の文学とカメラにも驚かされました。私も訪れたくなりました。

ななまるさん、こんにちは。
以前から一度訪れてみたいと思っていたので、ようやく・・・です。
巨大レンズが映し出す大山の姿にも驚きました。
何より、プリントで見るという事に感動しますね。(^^)

koukoさん、こんにちは。
はい、鳥取といえば砂丘と植田正治です。(^^)
プリントのサイズは大きくないのですが、やはり雑誌や写真集で見ていた作品をプリントで見られるのは嬉しいですね。
是非、koukoさんも行ってみてください。場所的に大変遠いですが・・・。

kurakameさん、こんにちは。
はい、やはり最大のお目当はこちらの写真美術館でした。
あれだけ有名な写真家の美術館が鳥取に在るのはやや不利なような気も致します。
もっとも出身地ですから仕方ありませんが、もし都内に在れば更に多くの人たちに見てもらえるのですが。
大山も印象的でした。

cucchi3143さん、こんにちは。
そうでしたか、以前は鳥取にお出掛けになる機会が多かったのですね。
大山、登山客も多いと聞いていますが、遭難者も出るほど厳しいところですか。
高さ関係なく、山を甘くみてはいけないという事ですね。
今回初めて鳥取を訪れましたが、私も二回目があるかどうか・・・。

tokiwaiさん、こんにちは。
こちらの写真美術館に訪れた事がございませんでしたか。
砂丘での演出写真の数々、なかなかユニークな発想で撮られたものと思います。
関西からですと比較的近いですから、是非訪れてみてくださいませ。

こんばんは。
1枚目のお写真を拝見して、富士山かと思いました。
大山、伯耆富士と呼ばれる山なのですね。
以前にも蝦夷富士と呼ばれる山のお写真を見せていただきましたが、日本には、富士山に似たお山が、いくつもあるのですね。
植田正治写真美術館が、鳥取にあることを噂で聞いたことがあります。
鳥取のご旅行は、良い所をたくさん訪問されたのですね。(^^)

Maruさん、こんばんは。
富士山に見えますでしょう?
日本各地、⚪︎⚪︎富士と呼ばれるお山が幾つかあります。
それを考えると、やはり富士山は偉大ですね。
鳥取旅行、これでもか・・・というくらい回ったような・・・(^^;

こんにちは。
植田正治写真美術館は、鳥取砂丘とともに、一度は行って見たと思っている場所です。大山も一度は見てみたいです。
そして、砂丘で家族写真を撮ってみたいなあ、と。

ビワさん、こんばんは。
鳥取に行ったら砂丘と植田正治写真美術館ですね。写真をやっていたら写真美術館は外せないです。
砂丘で家族社員、良いですねぇ・・・。是非、実現させてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« とっとり花回廊 | トップページ | 雨のエアポート »