« 山陰の松島 | トップページ | 大判失敗写真 »

2015年6月 4日 (木)

モノクロ風景

Dscf0236

昨日と同じ、浦富海岸からの写真です。

カラーで撮っていたら、実際の風景との色合いに少々違和感を感じ、モノクロにして撮影してみました。

Dscf0241

ご存知のように私はモノクロ撮影をしたい時はモノクロフィルムを使っております。したがってデジタルカメラによるモノクロ撮影って滅多にやらないのですが、今回は結構モノクロ撮影をしています。

と申しますのも、レンズ固定式カメラ、X100によるモノクロ撮影が結構良いので、富士フィルムさんのモノクロモードは気に入っております。 今回、X100を持参し、鳥取でモノクロスナップ撮影を楽しんで来ているのです、実は。

Dscf0239

X-T1にはモノクロ撮影にも「フィルムシミュレーション」機能が搭載されておりますが、今日の写真はそのフィルムシミュレーションモードの「モノクロ+Rフィルター」での撮影です。ノーマルのモノクロ撮影より若干コントラストが高くなります。

Dscf0232

最後はカメラに搭載されているパノラマ撮影機能を使っての写真です。最近は安直にパノラマ撮影が出来る機能がカメラに搭載されていますので、便利ですよね。

そうそうつい先日、今月発売予定のX-T10(X-T1の弟分)を少し弄って来ました。EVFの見え方はX-T1よりX-T10の方が若干良いように感じました(私個人の感想)。EVFは倍率の大小だけがすべてではないという事を今回X-T1を使ってみて感じております。

富士フィルムさんのカメラ、ズームレンズより単焦点の方が似合うのではないでしょうか。事実、高性能な単焦点が揃っていますよね。その単焦点で使ってみたいレンズがあるので、X-T10と単焦点レンズを入手、それをモノクロ専用機として使ってみたいです。モノクロフィルムもすっかり高くなりましたから。(^^;

FUJIFILM X-T1
XF 18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR

« 山陰の松島 | トップページ | 大判失敗写真 »

コメント

おはようございます。
浦富海岸の景色は、モノクロが似合っているように感じます。
3枚目、素晴らしい景色の中で、遊ぶ子どもたち、素敵なお写真です。(^^)
モノクロ専用のカメラですか。
フィルムを使っていらっしゃったから、できるのでしょうね。
私は、カラーをモノクロ変換することさえも、勇気がいります。
モノクロ写真は、大好きなのですけどね。^^;

こんにちは。
フィルムモードでの撮影のお話、いろいろ勉強になりました。
フィルムモードといっても、フィルムのようにはいかないようですね^^
モノクロフィルムも大好きなのですが、同じフィルムを使っても、
カメラやレンズによってやはり違ってきますし、
デジタルにしても、カメラによって随分変わってくるのでしょうね。
面倒くさがりなので、いろいろ考えているうちに、まあできる限りはフィルムでいいかな
ということに結局なってしまいます^^;

Maruさん、こんばんは。
ありがとうございます。
天候のせいもあり、あまり色を感じられない風景でしたので、モノクロで撮影してみました。
無邪気に遊ぶ子供たちは見ているだけで微笑ましさを感じます。この後、ヤドカリを捕まえたり・・・。
カラーを売りにしている富士フィルムさんのカメラをモノクロ専用・・・、富士フィルムさんが気を悪くされるかもしれませんねぇ・・・(^^;
Maruさん、思い切ってモノクロをやってみてください。多分、カラーとは違う面白さを感じて頂けると思いますよ。(^^)v

koukoさん、こんばんは。
フィルムシミュレーションにご興味をお持ちのkoukoさんに、多少なりともご参考になれば良いのですが。
やはりアナログとデジタルは音楽でもそうですが、似せてみても完全一致とはならないですね。
ですから、あくまでもデジタルの範囲内でのフィルムシミュレーションと捉えた方がよろしいと思います。
おっしゃるようにフィルム撮影でも使う機材やフィルムの銘柄で上がりはそれぞれ皆違います。
なので、デジタルも使い手の気持ちに合うカメラを選べば良いのではないかと。
でも、やはりkoukoさんにはフィルムがお似合いだと私も思いますよ。(^^)

こんにちは。
デジタルで便利なのはフィルターですね。フィルムの一眼レフで色の着いたフィルターを使うと、ファインダーが真っ赤になったり、真っ黄色になったり。
最初の写真、古い時代劇のようです。そういう映画を見たことがあるわけではないのですが。パノラマだと屏風絵のようですね。

ビワさん、こんばんは。
実際にフィルターを使わなくても、デジタルはいろいろと効果を見せられるのですから、便利ですね。
パノラマ写真、これも便利な機能です。

こんにちは!!
そうだったんですね・・・。なんか妙に納得しています。<<皆様の感想やコメントも含め。
機械モノは、自分との「相性」ってありますよね・・・。同じ原理で同じように処理しているのに、「最後の出口」がどこなのかによって結果が違ったり。昨日「ハイレゾコンポ」の聞き比べを近所のお店でしてきたのですが、同じ音源(データ)をアナログ化して音に戻すだけでも機種によって全く違うし、スピーカーで聴くのかヘッドホンなのかによっても結果は別物に。
元々コンタックス派の私は、デジタルを使ってみてNikonの「ED冷製写真」にはついて行けず、Canonの「蛍石温調曖昧写真」に乗っかりました。RAWで撮って好きな色にしてプリントすればいい、という事を気づいたのはつい最近のことです(汗)。
こうなると、デジカメは最終的に「ソフトとプリンタ」さえしっかり学べば何だってOK、みたいな気にもなっちゃいます。
一番は「気に入ったレンズ」「気に入ったカメラ」で好きなものを撮る、という事だと実感はするのですが、それでも機材にこだわる自分がなんか恥ずかしい。

最近はフィルムしか使ってません。お金はかかりますけど、そんなに枚数を撮る方じゃないので。このあとヨドバシのサイトにジャンプしまーす。

 こんばんは。
 X-T10ですが、知りませんでした。液晶も可動式で、いいですね。

 X-100ですが、以前モノクロでスナップばかり撮っている人のブログを、見たことがあります。
 FUJIのを、モノクロ専用にするのも一つの使い方ですね。

ろだごんさん、こんばんは。
機材にこだわる・・・・、私も人一倍機材にはこだわっております。(笑)
結局は使い手の好みに合う機材を選択すれば良い、という単純な結果ですね。
彩度の高い派手目な発色を好まれる方は多いと思います。ですから、そういう方たちには富士フィルムさんのカメラは必要なんだと思います。
実はお遊びでEF 50/1.8の新旧をEOS-1Ds2を使って撮り比べてみたのです。その時のカメラの発色が肉眼で見ている風景とほぼ同じような発色で、実に自然な色合いでした。X-T1をお借りして使った直後だけに、発色の違いが歴然でした。正直、何かホッとしたものです。

pyosidaさん、こんばんは。
X-T10は兄貴分のX-T1より大分小さくなっております。現物はなかなか良かったです。
ところでX100を使ってモノクロスナップをやられている方がいらっしゃるのですか。考え方が同じなのかもしれませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山陰の松島 | トップページ | 大判失敗写真 »