« 汐留の造形 | トップページ | 大判モノクローム »

2015年6月26日 (金)

鳥取砂丘

Dscf0326
鳥取砂丘にて(5月30日)

鳥取といえば誰もが砂丘を思い浮かべる事でしょう。

念願の砂丘、本来なら真っ先に掲載しても良いものを、今まで掲載が遅れたのは満足行く写真が撮れなかった事と、自分が思い描いていた砂丘のイメージとは少し、いや・・・大分懸け離れていたので、掲載を逡巡していたのが本音です。

Dscf0376
(5月31日)

鳥取砂丘から見る日本海の夜明けです。ホテルを出る(午前4時半前)少し前まで雨が降っていたため、スッキリとした夜明けを見る事が出来ず、このようなどんよりとした風景となりました。

Dscf0365

あ、これはただ単に砂を撮影しただけです。(^^;

Dscf0414
ホオジロ(スズメ目ホオジロ科)

撮影を切り上げて戻る途中、しきりに鳴いている鳥さんを見つけました。ホオジロです。

しかしレンズが短か過ぎます。写真は思い切ったトリミングをしています事、ご容赦。

FUJIFILM X-T1
XF 18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR

« 汐留の造形 | トップページ | 大判モノクローム »

コメント

おはようございます。
鳥取砂丘、一度撮ってみたいです^^
1枚目は、人の大きさから砂丘の広大な様子がよくわかりますね。やはりすごい!
2枚目は、どんよりと書かれていますが、ブルーの美しいグラデーションで、とても清々しく感じます♪
行ってみたら思い描いていたのと違った感じだったり、
撮ったものが思ったような感じでなかったりということは、私はしょっちゅうです^^;

おはようございます。
お写真を拝見すると、素敵な砂丘に見えますが、どんな風景を思い描いていらっしゃったのでしょうか?
1枚目、ひろ~い砂丘に二人だけ・・・ロマンチックです。(^^)
2枚目、綺麗な夜明けの薄明かり、霞んで見えるので、幻想的な感じがします。
3枚目、波の跡が、面白いです。
4枚目、流石に鳥さんを見つけるのが、お上手です。私なら、スズメと思って、スルーしちゃいます。^^;

おはようございます。
鳥取県には過去何度も足を運んでいながらも、砂丘には行ったことがないのでした。
満足のいく写真が撮れなかったということですが、自分が出かけて行くことを想定すると、私も同じだろうなあという気がします。砂が集まっているだけのところですからね (^^:)
植田正治さんは奥さん、ご家族、モデルなどを随分と砂丘で撮られていますが、背景を整理しやすいでしょうし、モデル撮影では撮りやすい場所だったのでしょうね。

koukoさん、こんばんは。
鳥取砂丘、私も兼ねてより一度訪れてみたいと思っておりました。
それがようやく・・・であります。
当初思い描いていたところとはやや違っておりまして、少々戸惑っておりました。(笑)
行ってみたら思い描いていたものと違っていた。撮影の結果が思っていたような描写にならなかった。やはりありますよねぇ・・・(^^;

Maruさん、こんばんは。
素敵な砂丘に見えますか?
ありがとうございます。思い描いていた・・・というのは勝手な私の思い込みでして・・・(^^;
多少戸惑いはありましたが、せっかく訪れた場所ですから撮影はしなければなりませんよね。
思えば、ホオジロを見つけた時が一番嬉しかったような・・・(笑)

cucchi3143さん、こんばんは。
意外ですね。砂丘には訪れていらっしゃらないのですか。
観光客が多いですから(自分も観光客ですが)ねぇ・・・、いろいろ考えたりしても、どうしたって観光客が入ってしまいます。
ならばと、その観光客を入れて撮影したりしましたが、イマイチの結果です。(^^;
植田正治さんの時代ですと今ほど観光客もいなかったでしょうから、撮影もしやすかったかもしれません。確かに背景は整理しやすいところですね。

こんにちは。
イメージとは違いましたか。
人が写っていると、スケール感がよく分かります。こういう風景は余所では見られないですね。
夜明けの風景、良いです。大きくプリントして眺めてみたいです。
ホオジロの写真、日本画のようですね。

ビワさん、こんばんは。
イメージと違っていた、なんて申しますと鳥取県民の方々に怒られそうですが。(^^;
どういう風景でも、一期一会のつもりで接しないといけませんですね。
鳥の撮影、やはり枝止まりが一番だと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 汐留の造形 | トップページ | 大判モノクローム »