« 大判モノクローム | トップページ | 暮れ行くクイーンの塔 »

2015年6月28日 (日)

クイーンの塔

Img971

今日もモノクロフィルムを使った大判カメラでの写真です。

昨日のカットと合わせ、クイーンの塔を3景ご紹介します。こういう場所で大判カメラを使っていますと実に目立つようです。道行く人たち皆さん、じろじろと見て行きますから。中には声を掛けて来る方もおりまして、なんとも恥ずかしいです。(^^;

Img972

こちらはもう・・・お馴染みの場所からの撮影です。大判のモノクロームもなかなか良いな、という思いを感じました。

アオリはライズ(前枠を上に移動)のみ使っています。やはり建物が上すぼまりにならず、綺麗に伸びる姿は気持ちが良いものです。

Img_0563

で、私が愛用しているカメラがこれです。タイムスリップしたようなノスタルジーなデザインですよね。しかし、このメーカーもこうした木製大判カメラの製造を止めてしまいました。時代はデジタルに移行していますから、仕方ないですね。

4x5判のカメラとしては何と申しましてもリンホフのテヒニカが横綱級の憧れとして君臨していますが、私も何度も欲しくなりました。デザインも素晴らしく、或る意味テニヒカを真似した大判カメラが他社から随分出ていたものです。

Img_0565

今回撮影に使ったレンズがこれ。カールツァイス社と共にドイツを代表するレンズメーカーであるシュナイダー社のアポジンマー 135mmです。35ミリ判に換算すると38mm相当の画角になりますので、標準レンズよりちょっぴり広角になりますね。

再三の値上げで実に高価なものとなってしまった4x5のフィルムを最近購入しましたので、大判カメラでの撮影をしばらく続けます。(^^)

余談ですが、横浜で見た昨日の夕焼け、凄かったです。もう、身震いするほどの凄さでした。

TACHIHARA Fiel Stand 4x5 II
Schneider APO-SYMMAR 135mm F5.6
Fuji NEOPAN ACROS 100

« 大判モノクローム | トップページ | 暮れ行くクイーンの塔 »

コメント

おはようございます。
これは目立ちますね! (^^)
カメラという実用品というより1つの芸術品にも思えます。
こういうカメラで1枚1枚時間を掛けて撮るというのは、
まさに趣味として最高ではないでしょうか。
続けていただきたいな~。フィルムのことを考えると大変かとは思いますが。^^;
昨日の夕焼け、凄かったですね。家の中にいたのですが、窓から見える外の赤さに驚いたくらいでした。

おはようございます。
1枚目、地面の四角い模様を広々と入れたカット、素敵です。
いつも上の通路か、通路の向う側を歩いていて、この模様には気が付きませんでした。
2枚目は、私も時々ここから撮りますよ。(^^)
アオリというテクニックがあるのですね。
まっすぐに伸びた建物が気持ち良いです。(^^)
これがKONDOHさんの大判カメラなのですね。
かっこいいなぁ~。風格がありますね。(^^)v
昨日の横浜の夕焼けは、カラー(スマホ?)で、撮られましたか?
港の夕焼け、素敵でしょうね~♪

koukoさん、こんばんは。
はい、こんなカメラを三脚に載せて撮影していれば、目立ちますよね。(^^;
一時、大判を止めようと思ってレンズを売却してしまったのですが、カメラは「置き物」として使えるな・・・と。(笑)
ですが、またレンズを買い戻す事になりました。地道に撮影したいと思います。
昨日の夕焼け、凄かったですよねぇ・・・。

Maruさん、こんばんは。
私はこの模様を広く取って撮影するのはこれで3回目なんです。(笑)
撮り方は3回とも違うアングルですが・・・。
2枚目の場所は言わば定番みたいなところですよね。(^^)
大判カメラにはアオリという機能がカメラに備わっておりまして、レンズの位置を変えて撮影出来るのです。通常広角レンズでビルを見上げて撮影すると上に行くほど狭まって遠近感がつきますが、大判カメラはこれを修正して撮影出来るのです。その他にもいろいろなテクニックが使えます。
昨日の夕焼時は自宅におりました。港の写真はフィルム撮影なので昨日ではないのです。港にいたら最高でしたねぇ・・・(^^)

こんばんは。
実は私はテヒニカを持っているのです。しかし撮ったことがないという・・・ヾ(´▽`;)ゝ
まあ偏にハンドリングの悪さでしょうか。もう大きい機材は萎えてしまいます。じっくり撮れるフィルム機は6X9くらいまでですね。もっと若ければ・・・(笑)

cucchi3143さん、こんばんは。
え⁉︎
テヒニカ、使われた事がないのですか?
勿体ないです・・・^_^;
でも、確かに大きく重いですからね〜。
それでも勿体無い・・・^_^;

こんにちは。
モノクロだと地面の模様がよりリズミカルに見えます。
建物がまっすぐに写るなんて、当たり前のようなことがなかなか難しいんですよね。

ビワさん、こんばんは。
この模様を角度を変えて過去三回撮影して来ました。(^^;
アオリで建物を真っ直ぐに捉えられるのは大判の強みですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大判モノクローム | トップページ | 暮れ行くクイーンの塔 »