« EOS M2 | トップページ | 大山と植田正治写真美術館 »

2015年6月20日 (土)

とっとり花回廊

Dscf0627
クレマチス

久しぶりに花の写真を掲載します。「とっとり花回廊」という鳥取県立フラワーパークで撮影した花々です。とにかく広いところです。

丁度クレマチスがピークを迎えている時で、最初にクレマチスのコーナーを訪れました。

Dscf0636

クレマチスも随分種類が多いのですね。テッセンやカザグルマもクレマチスに属する花だそうですが、園芸用のクレマチスをテッセン、若しくはカザグルマとも呼ぶそうです。

Dscf0685
エンドレスサマー

紫陽花は少し早いような気もしましたが、それでも結構花ぶりの大きいものがありました。

Dscf0708

てんとう虫を見つけまして・・・。お借りしていたレンズがマクロレンズでしたので、タイミングが良かったです。

尚、今日の写真はすべてJPEG撮影ですが、カメラデフォルト(PROVIA/スタンダード)のままでは彩度が高過ぎて私の好みとは大分違いますので、レタッチで彩度を落としています。それでも1枚目や4枚目など、まだまだ高いような気がします。

FUJIFILM X-T1
XF 60mm F2.4 R Macro

« EOS M2 | トップページ | 大山と植田正治写真美術館 »

コメント

おはようございます。
クレマチスは好きな花です。てんとう虫のお写真、ナイスタイミングですね♪
なるほど彩度は高そうですね。
思うようなデジタルはなかなかないようで、
いろいろ検討してやはりフィルムへ戻ってしまうというのを繰り返しています^^

おはようございます。
鳥取のご旅行は、盛りだくさんだったのですね。(^^)
私もクレマチスは、好きなお花です。
マクロレンズで、お花やてんとう虫さんを素敵に撮られましたね。
ほど良く寄って撮られているのが、良いですね~。(^^)
今日のお写真を拝見して、ちょうどよい彩度に感じます。
私も彩度が高すぎるのは、あまり好きではないのかもしれません。(^^)

おはようございます。
この間、日本にいませんでしたので気づきませんでしたが、X-T1ですか!(^^:) かつ60mmのMACROとは!(^^)
私はX-E1を使っていますが、お金があればX-T1を使いたいです。
使い勝手はいかがですか? センサーは優秀だと感じていますが。

koukoさん、こんにちは。
クレマチスは花ぶりが大きいので見応えがありますね。
しかしまぁ・・・沢山咲いておりましたよ。
富士フィルムさんのカメラ、デフォルトの発色はとにかく派手です。実際の花の色とは違い過ぎます。
でも、こうした派手な色を好む方がいらっしゃるから存在しているわけで・・・。

Maruさん、こんにちは。
鳥取、少し回り過ぎです。(^^;
クレマチスは良いですよねぇ・・・。今まで見た事のない色のクレマチスもありました。
マクロレンズ、私は必ずしもどアップで撮る事はあまりしませんで、少し引いた感じが好きなんです。
もちろん時にはググッと寄る事もありますけど。(^^)
1枚目のクレマチス、実はパソコンで開いた時には笑ってしまいました。(^^;
ここまでやるか〜・・・という感じの色でした。

cucchi3143さん、こんにちは。
X-T1、自分で購入したわけではありません。
実は富士フィルムさんからお借りしたものです。X-T1と18-135mm、それとマクロ 60mmの二本。
この組み合わせで二日間、鳥取で使いました。もちろん自分の機材も持って行っていますが。
E1が出た時から購入するつもりでいましたが、AFと発色に少々疑問を持ちまして、その後のE2、T1とずっと逡巡しながら来ていました。(笑)
今回初めてT1を使いまして、自分が感じていた疑問をハッキリ確認出来ました。やはりカメラというものは店頭で弄っているだけでは本質は掴めませんですね。
X-T1ですが、正直申しますとカメラそのものの作りは大変素晴らしいと感じました。しかし、AFはソニー、パナソニック、オリンパスに比較するとかなり落ちます。動きものはまったくダメ。ファインダーも倍率は高いものの、「見え」そのものは手持ちのα7シリーズの方が良いと感じました。
それとデフォルトの発色、JPEGは私には桁違いに彩度が高く感じます。少々やり過ぎでは・・・と。(^^;
お借りした富士フィルムさんには申し訳ないですが、以上が正直な感想です。

こんにちは。
クレマチスに紫陽花、いいですね。
レンズはなかなか良さそうですが、これで彩度を落とした状態ですか。これ以上彩度が高かったら目が痛くなりそうです。

ビワさん、こんばんは。
これで結構彩度を落としているのです。
デフォルトの発色は私にとって許容範囲を遥かに超えています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« EOS M2 | トップページ | 大山と植田正治写真美術館 »