« クイーンの塔 | トップページ | 真紅の黄昏富士 »

2015年6月29日 (月)

暮れ行くクイーンの塔

Img968

今日もクイーンの塔ですが、モノクロ撮影の時とは撮影日が違います。

実は大判撮影の大先輩からレンズをお借りしたので、そのレンズを使ってみる事が目的の撮影でした。

そのお借りしたレンズはニッコールの75mmです。35ミリ判換算で21mm相当の画角になる超広角レンズですから、大判で超広角は使いこなしを必要とされますね。

富士フィルムさんがクイックロードホルダー用フィルムの生産を止めた時点で一時は大判は止めにしようと思い、持っていたレンズを売却したのですが・・・。

結局その後、またぼちぼちとレンズを買い戻す羽目に。(笑)

大判用のレンズ、現在の中古市場では新品価格からしたらまさに捨て値のようなプライスです。EOS M2の記事の時も似たような事を書きましたが、需要が無い(少ない)からですね。ですから、逆に私のように欲している者にとっては買いやすい価格で助かります。

で、この休みにまたこんなレンズを購入してしまいました。(^^;

Img_0567

昨日の135mmと同じくドイツ・シュナイダー社の広角レンズ、スーパーアンギュロンの90mm/F8です。35ミリ判換算で25mm相当の広角レンズ。以前、このタイプで一段明るいF5.6を持っていたのですが、今回入手したF8もとても良いレンズだと思います。

数年前私が大判に手を出した際、大阪在住の友人からこの90mm/F8のレンズが送られて来まして、使ってみろとの事。下手ながら撮影してみると、実にシャープなレンズで、以来私の中で「シュナイダー社」は憧れのレンズメーカーとしてインプットされてしまったのです。(笑)

で、リンホフの純正凹ボード付きのスーパーアンギュロンを見つけ、即決してしまいました。前玉にほんの僅か小傷がありますが、写りには影響しないでしょう。その分、価格も下げられていましたし。ですが、筐体そのものは新品のように綺麗です。

撮影する楽しみがまた出来ました。(^^)

TACHIHARA Fiel Stand 4x5 II
NIKON NIKKOR-SW 75mm F4.5
Fuji PROVIA 100F

« クイーンの塔 | トップページ | 真紅の黄昏富士 »

コメント

おはようございます。
美しい夕暮れですね~♪
見慣れた風景なのですが、何といったらいいのでしょう、
昨日のモノクロもそうおもったのですが、
重厚感というか、存在感というか、港の景色をそのまま見ているような感じがします。
大判はすごいですね~。

おはようございます。
港のトワイライトが綺麗ですね。(^^)
一時、フィルムを止めようかと悩んでいらっしゃったことがありますが、好きなことは、なかなか止められませんね。(^^)
大判カメラで撮影している方を過去2回(新宿御苑と昭和記念公園)ありますが、貴重な存在だと思います。
費用もかかりますし、大きくて重いですし、撮影テクニックも必要で難しそうですし・・・
それでも、一生懸命に使っていらっしゃって、素晴らしいです。
尊敬します。ホント。(^^)

ひえ〜
とうとう大判に行っちゃったんですか?
すごすぎます!

koukoさん、こんばんは。
はい、この見慣れた風景、何回撮影しておりますかねぇ・・・(笑)
それこそ新しいカメラを購入すると、この辺りに来て試し撮りしたりとか。(^^;
一時はフィルムを止めようかと思ったりしましたが、やはりデジタルとは違う良さを感じて・・・止められないですね。(^^)

Maruさん、こんばんは。
暮れる寸前の空は美しいですねぇ・・・。
Maruさんはフィルム撮影をされた事がないのでしたよね?
なかなか分かりづらいかもしれませんが、デジタルの彩度が高く、そしてくっきりはっきりとした写真とは違い、或る意味曖昧さのあるところがフィルムの良さなんです。
新宿御苑と昭和記念公園で大判撮影をされていらっしゃる方をお見かけしましたか。私も新宿御苑で見た事がありますが、私は公園で撮影する勇気がありません。(笑)
しかし、フィルムは費用が掛かります。毎年フィルム単価と現像代が値上げされておりますし・・・。

swingphotoさん、こんばんは。
いえ、大判に手を出したのは最近ではなく、もう数年経っております。
ただ、途中いろいろ考えたりして中断がありました。

リンホフのロゴにそそられます〜
広角レンズもエエです。私も欲しい。

スカルピアさん、こんばんは。
私もそうなんです。
シュナイダーのレンズにリンホフのボード。
最高の組み合わせです。(笑)

こんにちは。
夕暮れの写真、いいですね。グラデーションが美しく、空の表情がすごく良いです。すばらしい一枚だと思います。

ビワさん、
この時間特有の色合い、ポジフィルムらしい特徴が出たのかもしれませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クイーンの塔 | トップページ | 真紅の黄昏富士 »