« 大判失敗写真 | トップページ | 倉吉白壁土蔵群を歩く »

2015年6月 6日 (土)

鳥取で野鳥撮影?

Dscf0510
鳥取県倉吉市内にて

倉吉白壁土蔵群でお散歩写真をしていたら、アオサギを発見。

思わず野鳥撮影のモチベーションが上がってしまいました。(笑)

Dscf0492

発見した時はなんと屋根の上。(^^;

降りて来た時の事を考え、カメラのAFモードをシングルAFからコンティニュアスAFに切り替え、シャッターも連写モードに。

思った通りふわりふわりとしながら地上に降りて来ました。いざチャンス!
と思い、レンズをアオサギに向けて連写・・・のはずが、カメラのピントはアオサギを捉える事が出来ず(フォーカス優先)、結果一枚も撮影出来ませんでした。(;_;)

Dscf0496

ネットでいろいろなユーザーさんの書き込みを読んでいると、富士フィルムさんのAFは歩いている人にさえピントが合わない、という人もいて(ホントかいなぁ?)、カタログに書かれているほど動体撮影には強くないだろう・・・とは思っていました。

しかし、アオサギほど大きな鳥さえカメラのAFが追えない事を経験し、自分が思っていた以上にC-AFは頼りにならないようです。今でこそオリンパスさんのカメラは動体撮影もかなり使えるようになりましたが、当初は全然でした。ですから富士フィルムさんにも頑張って頂きたいです。

Dscf0546

このカットを撮影していると、花の後ろで何やら動いています。よく見たらカルガモでした。

で、少し経って戻ってみると、カルガモがいません。ところが・・・、

Dscf0595

そこには卵が!

数えてみると7個ありました。先ほど見たカルガモは卵を温めていたのですね。まぁ〜・・・しかし、こんなところで卵を産み、温めているとは・・・。

逆に考えると、人間が歩いている近くで卵を産む方が安全なのかも。人間がいると天敵も近づきませんからね。ツバメが人家の軒下などに巣を作るのは、人間が出入りしているとカラスなどの天敵が寄って来ないからなのです。

倉吉白壁土蔵群の町並み、なかなか興味深かったです。

FUJIFILM X-T1
XF 18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR

« 大判失敗写真 | トップページ | 倉吉白壁土蔵群を歩く »

コメント

おはようございます。
人の気配のあるすぐ近くで卵を産むなんて、よい町なのですね^^
サギの一種らしき鳥を家の近所の川でよく見かけます。
その鳥がマンションの屋根の上にいるのを2度ほど見かけました。
横浜のこんな町なかに! と驚きました^^
お散歩されたこの町、しっとりした雰囲気の素敵なところですね。

おはようございます。

アオサギですら?、といのが率直な印象です。自分では富士フイルムのカメラで鳥撮影をしたことがないので新鮮な情報でした。オリンパスでは、マイクロがつかない、ただのフォーサーズで、受注生産だった328を使って野鳥撮影を一頃していましたが、やはり動体は厳しかった記憶があります。飛び物を撮る場合、まだまだ二強のアドバンテージは揺るがないようですね。(速さにしても精度にしても)

そうそう、浦富海岸、去年遊覧船に乗りました。海側から見るのとまた違った感じですね。山陰の松島と呼ばれてたとは。。。たしかに、浦富海岸でもカモメ用のかっぱえびせんの販売、やってました!^_^

おはようございます。
倉吉白壁土蔵群の街並みとアオサギさんが似合いますね~。
日本の情緒、たっぷりです。(^^)
鯉とあやめ(?)の組み合わせも、綺麗な絵になっています。(^^)v
鴨の卵を見ることができるなんて、びっくりしますね。
人と鳥とが共存して生きていけること、とても素敵だと思います。(^^)

koukoさん、こんばんは。
そうですね、多分・・・この町の人たちも見守っているのではないかと・・・。
サギ類は小魚さえいれば、街中でも結構見る事が出来ます。
横浜公園内に作られたあの小さな池にもアオサギが良く来ていますので、また行かれる時がございましたら覗いてみてください。
倉吉の町並み、なかなか良かったです。

ななまるさん、こんばんは。
私はどんなカメラでも動体に使う事がありますので(笑)、やはり適度に被写体を追ってくれるカメラが有難いです。
オリンパスさんは銀塩時代、まともなAF一眼レフを作る事が出来ませんでしたから、それを考慮すると今は随分進化したと思います。
富士フィルムさんのAFもこれからですね。
いずれにしても動体撮影はおっしゃる通り、二強が図抜けています。別格だと思います。ですから動体撮影を重視するなら二強のどちらかにしておくべきですね。(^^;
浦富海岸で遊覧船にお乗りになられましたか。私もいつか乗ってみたいものです。かっぱえびせんが売られてましたか。(笑)

Maruさん、こんばんは。
こんなところにアオサギ!?
と思いましたが、歩きながら水の流れを見ると確かに小魚がいるのです。なるほど・・・と。(^^)
あやめか花菖蒲か判別しづらいですが、後ろに卵がある事にびっくりしました。
白壁土蔵群のお散歩もなかなか興味を惹かれましたよ。

こんにちは。
アオサギも堂々としたものですね。
コイとハナショウブ、なかなか良い組み合わせ。しかもカルガモまでいるとは。孵化が楽しみですね。カラスなどに狙われないことを祈りたいです。

ビワさん、こんばんは。
アオサギ、最初は私を少し警戒していたのですが、大丈夫と察したのか、そのうち私を気にしなくなりました。
カルガモの卵にはびっくりしました。

倉吉ではお世話になりました。
これが噂の卵さんなのですね。きれいに並んでいるのですね。UPありがとうございます。

私も何かしらをお知らせすべきと思うのですが、あまりにレベルの低いサイトをお知らせするのも気が引けて。。。すみません。。。
こんなに素敵な写真を撮られる方とご一緒だったとは。
また時々お写真拝見させていただきます。

お名前がありませんが、どなたか分かります。(^^)
拙ブログをご覧頂き、更にはコメントまで頂きまして、ありがとうございます。
あの時の卵です。多分・・・雛はもう孵ったでしょうね。無事に成長してくれると良いのですが。
気が引ける・・・なんて、おっしゃらないでくださいませ。変なお気遣いはまったく必要ありません。(^^)
ご紹介されたきサイトがございましたら、是非お教え頂きたいと思います。
私の写真も下手の横付き、ただ撮影する事が楽しいのです。(^^;
今後ともよろしくお願い致します。m(_ _)m
もし、次回コメントを頂ける際は、本名でなくても構いませんので、お名前欄に入れて頂けると嬉しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大判失敗写真 | トップページ | 倉吉白壁土蔵群を歩く »