« LEICA X2 Monochrom | トップページ | LEICA X2 の事 »

2015年7月31日 (金)

LEICA X2 and FUJIFILM X100

Img_0637
左 X100、右 X2

極めて安直なテストですが、ライカ X2と富士フィルム X100とを同じ被写体で発色の違いを比べてみました。

X2もX100もレンズ固定式のコンパクトカメラで、APS-Cセンサー約1,600万画素、おまけにレンズもフルサイズ換算35mm相当の画角を持つ単焦点レンズ搭載と、実に良く似た仕様です。ドイツ人と日本人の色作りの違いが見られるのではないかと。

前述したように、手持ちでの安直なテストですから、あまり真面目になってご覧にはならないようお願い申し上げます。(^^;

違いが分かりやすいJPEGで撮影、リサイズのみです。厳密にはマニュアル露出で絞り、シャッターとも合わせた方が良いわけですが、今回は絞り優先AEでの撮影です。一応、両社の癖が分かるかも。

先ずは街のウィンドウディスプレイです。

X2001_2
X2

Dscf0384_2
X100

よく言われる事ですが、ライカの発色はやはり渋いです。左側、街路樹の緑やディスプレイの赤を比べて頂くと違いが顕著ですね。

カラーの設定は両者メーカーデフォルトで、X2はフィルム設定が標準、X100はフィルムシミュレーションモードが「PROVIA : スタンダード」です。

X2007
X2

Dscf0391
X100

富士フィルムさんは木々の緑を実際より鮮やかに見せようとしていますね。現物の色はライカの色作りの方が近いです。空の調子もかなり違います。

でも、一般的には富士フィルムさんの色の方が好まれるのではないかと思います。

X2008
X2

Dscf0392
X100

こうして見るとX2はアンバーがやや強いようですね。ここでもX100の方は緑鮮やか。

ちなみにX2のベース感度は ISO 100、X2は ISO 200です。

X2006
X2

Dscf0389
X100

終わりかけていたオニユリです。絞りはX2に合わせてF2.8で撮影しておりますが、X100の開放値はF2なので、一段絞っています。

絞り優先AEで撮影していますが、X2の方は空の明るさの影響でX100よりややアンダー目の露出になっていますので、X2の露出計の癖が分かりました。

X2025
X2

Dscf0398
X100

ここでも青空の発色が大きく違います。やはりX2はややアンダーになっていますので、ここではほんの少しプラス側に補正する必要がありそうです。

しかし、その分を考慮しても、両者発色は全然違います。これはもう・・・人それぞれ好みの問題ですね。

え? 私はどちらが好みかって・・・?
ご想像にお任せします。(笑)

ただ、富士フィルムさんからX-T1とX-T10をお借りして撮影した時に感じていた事、それが今回の撮り比べでも同じだと、自分なりに確認出来ました。

ただ、普段は基本的に私はRAW撮影です。

ところがX2はRAWのみの撮影が出来ないのです。RAWに設定すると、自動的にRAW+JPEGになってしまうのです。という事は、ライカ社はJPEGに余程自信があるという事なのでしょうね、多分。

LEICA X2
Elmarit 24mm F2.8 ASPH.

FUJIFILM X100 BLACK Limited Edition
FUJINON SUPER EBC LENS 23mm F2

« LEICA X2 Monochrom | トップページ | LEICA X2 の事 »

コメント

おはようございます。
最近中古で購入したX-E1にズミクロン35mm(8枚玉)をつけて新宿御苑の同じ池を3週間ほど前に撮りましたが(PROVIA : スタンダード)、上の写真のX2に似た発色でした。
記事を拝見して、レンズそのものの発色傾向の違いも出るのかなと思いました。
X-E1にズミクロン35mmをつけて試し撮りした最初の印象は、レンズそのものの色合いを強く感じるものでした。

おはようございます。
難しいことはわかりませんが、ライカの方が奥行きが感じられますね。
色はFujiの方がフィルムっぽい^^ でもフィルムとはやはり違いますし・・・。
こうして拝見すると、デジタルでもいろいろ違うんだなぁと改めて思います^^

おはようございます。
こうして比較してみると、カメラによる発色の違いがよく分かりますね。
ライカは、自然な発色、フジは、美しく見える発色のような気がします。
個人的な私の感想は、どの写真もライカの発色が好きです。
フジの発色は、美し過ぎて、変な感じがします・・・特に4枚目の木の緑と空の色。
好みの問題ですね。富士フィルムのファンの方もたくさんいらっしゃるので・・・
暑いのに新宿御苑にお出かけになったのですね。
お疲れ様でした。(^^)

おはようございます

以前知り合いのプロカメラマンに聞いた事がありますが「フィルムの製造に大きく影響するのはその地域の気候によるのではないかと思う」と述べていました。
それを聞いたときになるほどと思ったのは、当時カラーフィルムのアグファとコダックを交互に使用してみた時にアグファは「発色が渋い」と感じ、コダックは「発色が明るくいかにもアメリカ的」と感じた事がありました。
その意味ではその話を聞いた後は湿度の多い日本では日本の物が一番合うのでは・・・と勝手な思い込みで国産カラーフィルムを愛用するようになりました。 
カメラの色作りもその辺にあるのではないかと・・・昔の話を思い出しました。

中国人の大声の会話について、これも以前知り合いに聞いた話ですが日本では歩きながら数人で会話をする時に団子状態になって言葉を交わしますが、中国では縦に並んで歩くそうです。
それで一番前の人と話したりするには大声を出さないと聞こえないので必然的に大声で会話をするようになったとか ←本当かどうかは中国に行った事が無いので知りません。

今日も暑くなりそうですね 

こんにちは!

一目瞭然とはこのことですね。こんなに差があるんだ~と思ってしまいました。

「マエストロ」のおかげもあるとは思うのですが、私は「レンズの味付け」も大きいと思います。フジのT-Xでもオールドライカを使うと渋い発色になりますし、マエストロでもコシナの新世代Mレンズを使うとフジっぽく写ります。差は「緑と赤」に顕著なのですが。JPEGの味付け・・・ヨーロッパの人が見る(見える)「ニュートラル」と、フジが考える「デジカメとしてのニュートラル」がここまで違うとは、びっくりです。その国の気候や日照、人種としても網膜の感光性の差違も含まれるんでしょうね。

その上で自分の好みは?という問題ですよね (*^o^*)v

そっかー。KONDOHさまは早速本命のライカに動き始めそうですね。EMOPQと、このアルファベットの中に答えはありますか??

はじめまして。X-E2を買って写真の面白さがわかってきたような気がする新参者です。KONDOHさんの解説がとてもわかりやすく参考になりました。それとどれもすてきな写真ですね。普段は動かない物、町並みや花などを撮っています。またよせていただきます。

yymoonさん、こんばんは。
E1にズミクロン、以前ブログで拝見しております。ボディがライカのレンジファインダーを模したデザインなので、あまり違和感がなかったですね。
おっしゃる通り、レンズの個体が持っている色はあります。それと年代を経ているレンズはアンバーが強くなる傾向があります。これは何もライカに限った事ではなく、国産・・・例えばニッコールの古いMFレンズなどにも窺えますね。

koukoさん、こんばんは。
koukoさんのようにライカに拘りのない方の率直なご意見は大変有り難く思います。
奥行き感とか立体感などはレンズが持っている性能の一部なので、それに気が付かれるのは素晴らしい事ですね。
しかし、色についてはメーカー毎の考え方の違いなので、ユーザー自身の好みに合うカメラを選んだ方が愛着が湧くのではないかと・・・。

Maruさん、こんばんは。
同じデジタルカメラなのに、メーカーが違うとこんなに色が変わるという事、フィルムカメラでは有り得ない事でした。実験した私自身もこんなに違うとは・・・と、少々驚きました。
富士フィルムさんはフィルムメーカーですから、色に対する拘りは独自のものがあるのだと思います。しかし、やはりフィルムとは同じ色は出ていませんので、デジタルカメラの色作りは難しいですね。
富士フィルムさんの発色を好まれる方は沢山いらっしゃいます。確かに綺麗ですよね。
暑い新宿御苑、堪えました。(笑)

kagerouさん、こんばんは。
お知り合いのカメラマンのお話し、実際そうだと思います。
今回のライカと富士フィルム両者の比較、まさにフィルムのコダックと富士のような違いを受けました。
良く言われていたのはフィルムのパッケージの色が強く出る、という事。コダックはイエローが強く、富士はグリーンが強いと。
それを考えると富士フィルムさんのデジカメはグリーンの発色に個性があるという事も分かるような気がします。

先ほど、テレビニュース(TBS)の中でまた中国人観光客のマナーの悪さを採り上げていました。忍野村では池にコインを投げる、民家の庭に勝手に入って記念写真を撮ったり、挙げ句の果てにはその庭にゴミを捨てて行くという・・・。ああいう映像を見ると、日本には来ないで欲しいと思ってしまいます。申し訳ないですが。
大声で話す原因。なるほど・・・そういう事も考えられますねぇ・・・。

ろだごんさん、こんばんは。
予想以上に違いがあるという事でした。
確かにレンズの味付けも関係していると思います。元々ライカレンズは以前からイエローがやや強く出る事が指摘されておりましたから。
「緑と赤」はメーカー間の違いが一番分かりやすいのかもしれませんね。
JPEGの絵作り、これはもう・・・ハッキリと人種の差が出ていると思います。特に瞳の色が違うと色の感じ方に違いが出ると言われておりますから。
果たして日本製のカメラをお使いの外国の方々は日本製の色をどう感じているのか興味があります。或いは日本製でも国内販売とは微妙に発色を変えているのか・・・。
思えばライカジャパンでTとデジ中判のプリントを見た事がよくなかったですね。(笑)
あれを見ていなければ今回X2を購入する事もなかったでしょうし・・・(^^;
EMOPQ・・・ですか? 有るとも言えますし、ないとも言えますし・・・。本命は確かにあるのですが、手が出ません。(笑)

kinさん、はじめまして。
拙ブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。
X-E2をお使いなのですね。
実は私はX-E1が発表された時は買う気満々でした。しかし、いろいろ思案して見送り、その後のX-E2を購入しようと思ったものの、また見送り。
で、今度はX-T1を考えたものの、未だ思案中で、最近発売されたX-T10にするつもりが、現在も考慮中です。(^^;
理由は過去の記事をご覧頂くとお分かりになられるかと。レンズは素晴らしいので、とても魅力を感じております。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

こんばんは。
私はRAWほぼ100%ですのでJPEGでの色に関してはほとんど無頓着です。ですがこの結果は面白いですね。
御苑の緑を思い描くと、池の周りのFUJIの緑はないだろうと思いますね。芝生や水の色が不自然に感じます。ただし忠実な再現を意図していないのでしょうから、こういう考えもあるのだとは思います。
で、X2との比較というので予想していたのはGRIIでした(^^)ゞ

cucchi3143さん、こんばんは。
私もほとんどRAWで撮っておりますが、JPEGの方がメーカーの色の捉え方がハッキリ出ますので、JPEGでの比較としました。
富士フィルムさんの考え方もひとつの方向ですね。メーカー曰く、「ウチは色が綺麗ですから」との事でしたが、まさに綺麗な色を作っておりますね。この色に惚れた方は他のメーカーは使えないでしょうね。
GRII、期待していたのですが、今回は残念ながらパスです。GRを昨年夏、大破させてしまいましたのでGRIIを購入予定でしたが、GRと全然変わらないので、これでは。

こんにちは。
ライカの絵の方が落ち着いていて良いように思いますが、時として、フジのような鮮やかな絵が欲しくなることもあります。標準はライカ的な絵で、モードによってはフジのような絵が撮れればいいかな、と思います。
あるいは、コンパクトカメラなら、フジのような鮮やかな絵でもいいかなと思えてしまいます。

ビワさん、こんばんは。
色については本当に人それぞれ好みが分かれると思います。
おっしゃるように普段はライカのような落ち着いた色を。また時には富士フィルムさんのような鮮やかな色合いを。
その時の気分で使い分けるのが一番良いように思います。

いつもとても興味深い比較をして頂きありがとうございます。

既にお話に出ていますよに本体の色の味付けと使うレンズにも影響されてますよね。
今回の比較では私としては、X2の色合いが好みですがだからと言って他で拝見させて頂けるデジライカのカラー写真が全て好みではありません。
逆にX-T1で撮られたカラー写真でもとても渋い色合いをされている方もいたりしますから後は作者の仕上げ方だろうな~と感じました。
今回はJPEGの画像そのままの比較ですから話がちょっとずれました^^;

先日のモノクロの写真も興味深く拝見させて頂きました。朝靄や霧の中の逆行や雨の中で撮って確認してみたいです。

なるほど結構違うものなんですね。大変参考になりました。
好みは?と聞かれれば、やはりX2の渋い色に惹かれますが、
あとから十分補正出来る程度の違いかな、とも思います。

H.Oさん、こんばんは。
ライカの色も少しずつ変化しているようです。
M9からMになって、発色が随分高彩度になったと言っているユーザーがいらっしゃいます。それでもまだ日本製デジほどではないと思いますが。
今回もJPEGでの撮影なので、JPEGを嫌がる人(私もですが)はRAWで撮ってお好みの色に変えればよろしいのではないかと思われます。
ただ、色の傾向はメーカー毎、国毎に違うのではないかとも思っております。

うっちーさん、こんばんは。
今回の比較は、申すまでもなくどちらが良くて、どちらかが悪いという比較ではありません。
デジタルカメラはフィルムカメラと違って、カメラ毎、メーカー毎で色合いは違うもの、という検証であります。
今後の参考のひとつにでもなって頂けると、大変嬉しいです。
メーカーの絵作りが嫌でしたら、RAWで撮影しておけば良いと思います。

 とても、参考になりました。

 Leicaは、渋い感じがします。X100ですが、X100SかX100Tだとまた違うのではないでしょうか。
 私は、昔の変なレンズばかりで撮っておりますが、X100Tに関心があります。

pyosidaさん、こんばんは。
どうでしょうか・・・。X-T1とX-T10を使った時の色合いとX100とが同じ印象でしたものですから。
富士フィルムさんの絵作りは一貫している感じを受けました。
X100S以降はT1と同じカラーフィルターを使っているようですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« LEICA X2 Monochrom | トップページ | LEICA X2 の事 »