« X-T10 のモノクロ写真 | トップページ | 見捨てられたライカ »

2015年7月18日 (土)

超広角・こうかく・仰角

Dsc01145

超広角レンズを使う時の私の悪い癖、それはついつい見上げた写真ばかり撮ってしまう事。(^^;

はい、上のようなカットです。(笑)

まぁ、上を見上げると超広角らしさを簡単に出せますからねぇ・・・。

しかし、その超広角レンズもきちんと水平出しして撮影しますと、案外超広角レンズには見えなかったりするのですが。

Dsc01148

こちらは煉瓦模様に惹かれて撮影しました。

一応・・・水平を取って撮影していますので、1枚目とは大分印象が変わるのではないかと。あ、もちろん手持ちですよ。

それでもパースペクティブは超広角レンズらしさが窺えてしまいますね。

結論 : 超広角レンズを使いこなすのは難しいです。しかし、それだけに使い甲斐のあるレンズが超広角レンズなのです。

SONY α7 II
Voigtländer
SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III

« X-T10 のモノクロ写真 | トップページ | 見捨てられたライカ »

コメント

おはようございます。
超広角で水平をとるのはむずかしそうですね。
唯一持っている24mmももてあましてちゃんと使っていないので反省です^^;
レンガ模様のお写真の奥行きがすごいですね~♪

凄い広角感があります~♪
超広角レンズ、上手に使いこなせるようになれば、かっこいいですね。
1枚目、ビルが天高く伸びて、綺麗な青空で、気持ちがいいです~。(^^)
太陽の入れ方がいいですね。(^^)v
2枚目も広さに迫力を感じますよ。
私は、ズームレンズの広角端も使いこなせていないので、ます、そこから試してみなければいけません・・・ ^^;

koukoさん、こんばんは。
24mmがお休み中ですか。
24mmありますと広角レンズという実感がありますよね。広角レンズの中でも比較的人気のある焦点距離だと思います。またお使いになってみてくださいませ。
15mm、さすがに奥行きが凄いです。

Maruさん、こんばんは。
広く感じますでしょう・・・。この広さを縦横無尽に使いこなしてみたいです。f^_^;
これだけ広いと、太陽が画角に入る確率が結構高いのです。それだけにレンズの逆光耐性も重要になって来ますね。
Maruさんは広角が苦手ですか。意識して使ってみましょう。^_^

こんにちは。
超広角は水平が傾くことが多くて、使いこなしが難しいです。いいかげんな光学ファインダーだと、水平だと思っていたのが違っていたりすることが多いです。
仰ぎ見るにしても、中央は垂直であって欲しいですよね。

ビワさん、こんばんは。
おっしゃる通りです。
超広角は故意である時を除けば、水平出しが大事ですね。
昨今のデジカメは水準器を内蔵しているので便利ですが、内蔵していないカメラやフィルムカメラの時は、真ん中に見える建築物などを見て撮影しております。
でも、超広角は面白いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« X-T10 のモノクロ写真 | トップページ | 見捨てられたライカ »