« 夏休み | トップページ | 八ヶ岳高原遠望富士 »

2015年8月17日 (月)

南アルプスのJR小海線

Imgp0071
JR小海線

一週間ほどお休みを頂きましたが、今日からまた再開致します。

初めてJR小海線を撮影しました。山梨県の小淵沢駅から長野県の小諸駅を結ぶJR東日本の鉄道で、「八ヶ岳高原線」というニックネームもあるようです。山梨県内、唯一の非電化路線でもあります。

大分前、BS放送の鉄道番組でこのJR小海線を知り、いつか撮影に行ってみたいと思っておりまして、それが今回、ようやく撮影する事が出来ました。ただ、目的は八ヶ岳高原を訪れる事でしたので、小海線だけを撮影に行ったわけではないのです。

朝一番の列車を撮影したいと思っていたので、夜明けに合わせて小淵沢方面へ。ところが撮影ポイント探しのため車で右往左往。(笑)

ようやく今日の写真の場所に来まして、ここで撮影する事に。帰宅後、ネットでいろいろ調べたら、撮り鉄の人たちからは「小淵沢の大カーブ」と呼ばれている、小海線の撮影ポイントとして有名な場所だったようです。

列車はこの先、右へ大きくカーブしながら進行し、私が居る場所の右手を通過して行きました。実は、そんな近く(20mくらい?)にレールがある事に気がついておりませんでした。(^^;

ご覧のように南アルプス山系(正面は甲斐駒ヶ岳)をバックに、如何にも高原列車という感じのイメージで撮影する事が出来、ほぼ満足です。

ほぼ、と申しましたが、実は列車が来る前まで水田からアルプス山系まで朝日に輝いていたのですが、残念な事に直前で朝日が雲に隠れてしまったのです。それが残念で。

しかしまぁ、初めて訪れた割にはすっきり爽やかな写真になったのではと、自画自賛しております。(笑)

PENTAX 645D
smc PENTAX-FA645 45-85mm F4.5

« 夏休み | トップページ | 八ヶ岳高原遠望富士 »

コメント

おはようございます。
ほんとうに爽やかな一枚ですね~。
朝の新鮮な空気が感じられます。
緑とブルーの背景に小海線が映えますね。素敵な休暇をすごされたようですね^^
以前一度だけ小海線に乗ったことがあります。
懐かしいな~♪

おはようございます。
夏休みに涼しいところにお出かけになったのですね。
羨ましい~です。(^^)
遠くに連なる南アルプス、手前に広がる田んぼの緑・・・
広々とした景色の中を可愛い電車が気持ち良さそうに走っています。(^^)
撮り鉄さんたちの撮影ポイントだったのですね。
いいカーブです~。(^^)
大自然の中を大きなカメラを持ってお出かけになったのですね。
続きを楽しみにしています。

こんにちは!
蒸気時代から人気の小淵沢大カーブですね。
小海線は本数が少ないので、撮るだけでも結構大変ですが、南アルプスも見えて良い絵が撮れましたね。
甲斐駒ヶ岳の左横に南アルプスの最高峰北岳も顔を出していますが、夏場はちょっとわかりにくいです。
丁度列車が差し掛かりあたり、築堤の向こう側からは八ヶ岳連峰をバックに撮れます。

撮影の名所の小淵沢カーブですね。何度か乗車したことがありますがその頃は鉄道写真に興味がなくほとんど撮影していませんが、蒸気機関車がなくなる頃、乗車しあえぎながら運転するあまりにものの遅い速度に驚いた記憶があります。その頃は清里も静かな駅でした。松原湖駅から八ヶ岳連邦を縦走しました。
新緑の頃のように綺麗な緑ですね。そすが高原列車でしようか。

koukoさん、こんばんは。
ありがとうございます。
朝の一番列車、清々しい空気の中で撮影出来ました。
気温も横浜と違って、朝は涼しさを感じられましたし。
koukoさんは小海線に乗られた事がございましたか。今回私は乗る事が出来なかったので、次回は是非乗ってみたいと思います。

Maruさん、こんばんは。
朝は涼しかったですよ〜・・・・(^^)
日中は日が差すと暑さを感じますが、それでも30度にはなりませんでした。
帰って来て車から降りた途端の、ムーッとした空気には参りました。(笑)
撮影場所は有名なところだったらしいのですが、広々とした風景に癒されながらの撮影でした。
たまに自然と触れ合うのは良いですね。

tamuraさん、こんばんは。
tamuraさんのところで拝見したSLとは大分雰囲気は違いますが、ようやく小海線を撮影出来ました。
ローカル線は撮影チャンスが少ないですから、失敗しないよう・・・少し緊張するのが良いですね。(笑)
ところで、富士山に次ぐ第二の最高峰、北岳も見えるのですか。やはり空気の澄んだ冬場が良いのでしょうか。いずれにしても人気の場所だけのことはありますね。
朝は逆光になりますが、おっしゃるように八ヶ岳連峰をバックにも撮れますね。

tokiwaiさん、こんばんは。
小海線に乗られた事がございましたか。
撮影されなかったとの事ですが、やはり鉄道は興味を持っていないと撮影という行為はなかなかしませんですよね。
SLが走っている当時を私は知らないわけですが、その姿は良かったでしょうねぇ・・・。
手前の水田が丁度良い時期でした。

追伸

お写真で甲斐駒ヶ岳の左手、稜線を下った左側に頂上が平らな小山のように見えるのが北岳です。
ちょっとわかりにくいですが等倍にしてご覧になれば分かるかと思います。

tamuraさん、ありがとうございます。
今、TIFF画像を等倍にして、ご指摘のところを確認しました。
そうしましたら甲斐駒ヶ岳から左手の稜線の後方、稜線が手前とハッキリ分かれている事が確認出来ました。(^^)
これが北岳でしたか!
なんか・・・嬉しいです!
この写真はA3にプリントして部屋に飾ります。(^^)

こんにちは。
小海線には乗ったことがないですが、中央本線は何度も利用しているので、大カーブはなんとなく分かります。小淵沢駅を出発してすぐのカーブですね。
それにしても、美しい風景です。ディーゼルらしいカラーリングの車輌が似合っています。今でも、この色の車輌があるんですね。

こんばんは。
最近は山梨、長野へ出かけるのは車がほとんどですが、小海線は20代始めに何度か乗っています。
いまから40年近く前のことですが(笑)  当時、23時台遅くにたしか長野行だったか、新宿発の普通列車がありました。それに乗ると明け方に小淵沢に到着し、そこから小海線で野辺山、佐久方面へ向い周辺を歩きました。一度、小諸から乗ったこともあります。
小海線に乗るのが遅くなり、小淵沢駅で夜行の新宿行を待ち(下りと対になった上りの鈍行)、ホームで横になりながら到着を待ったこともありました。
実はふらっと出かけてみたいことがいまでもあります。ただし念頭にあるのは車ですね。昔のようにゆっくりと列車で行けると嬉しいのですが。

ビワさん、こんばんは。
おっしゃる通り、小淵沢駅から間も無くのところです。
私も撮影しながら美しい風景に感動しておりました。
この風景の中、目立つカラーの車輛で良かったです。

cucchi3143さん、こんばんは。
そうですか、cucchi3143さんも小海線に乗られていらっしゃるのですね。
自由気ままに列車に乗って、時間の制約無しに旅が出来たら良いな〜〜と、いつも考えております、私。(笑)
今回は車での行動でしたから、いつか小海線に乗ってみたいと思っております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏休み | トップページ | 八ヶ岳高原遠望富士 »