« 喧騒の中のLEICA X2 | トップページ | ジャズ喫茶「マシュマロ」(横浜・中華街) »

2015年8月 5日 (水)

LEICA X2 ドレスアップ?

L1000097
新宿にて

最近、ミラーレスカメラなどに純正、サードパーティを問わず、ボディプロテクター(ケース)でカメラを飾る(保護する)事が人気のようで、カメラ量販店へ行くといろいろなプロテクターが売られていますね。

L1000098

先日、比較撮影に使った富士フィルムさんの X100 Black Limited Edition には豪華なカメラケースが同梱されておりました。これはボディ用のハーフカバーとカメラ全体を覆うカバーとで、カメラそのものを完全にプロテクトするタイプで、さすがに純正品という出来栄えです。

L1000100

で、最近入手した LEICA X2 にも純正、サードパーティと、プロテクターが何種類か発売されているようです。

基本私はカメラにはストラップ以外は付けないのですが、たまにはこうしたプロテクターで飾るのも良いかな、と考えております。(笑)

その前に、ライカユーザー御用達とも言うべき穴開きタイプのフードが付けられるよう・・・、

Img_0646

こんな事をしてみました。(^^;

EVFはオリンパスさんのVF-2と互換性があるのはもう有名ですね。以前掲載した製品写真、実は「OLYMPUS」の文字をPhotoshopで消していたのです。これが本当の姿。(笑)

そして、サードパーティ製のフィルターアダプター(単なる筒)を装着し、これまたサードパーティ製の穴開きフードを付けてみました。フィルターアダプターには49mm径のフィルターが装着出来ます。

ストラップも交換しますか。
コンパクトデジカメなのに、少々大袈裟ですかね?(笑)

猛暑日の撮影なのに、モノクロだと光が柔らかく感じるから不思議です。

LEICA X2
Elmarit 24mm F2.8 ASPH.

« 喧騒の中のLEICA X2 | トップページ | ジャズ喫茶「マシュマロ」(横浜・中華街) »

コメント

おはようございます。
ドレスアップ、流行っているようですね。実は本を持っていたりします^^;
いろいろ凝ったことができるようですね。
KONDOHさんが装着されている穴あきタイプのフード、
これは私も付けてみたいと思ったことがありますが、
そのままになってしまっています。横着者でして^^;
新宿駅周辺もものすごい気温でしょうね。横浜も連日猛暑。
このコメントを書いている6時台がかろうじて涼しいです^^

おはようございます。
このカメラでの撮影、モノクロがお気に入りなのですね。
2枚目の光と影、モノクロがよいです。(^^)
カメラのお洒落を楽しんでいらっしゃるのですね。
私もNEX-C3というピンクのカメラを持っていたのですが(先日、手放しました)
革のボディプロテクターケース(ハーフタイプ)と、お揃いのストラップをつけていました。
気合が入らない時(写真友達ではないお友達と出かける時など)に、持って出かけて、
テーブルフォトなどを撮っていましたよ。(^^)

T のお洒落を楽しもうと考えて、イエローのプロテクターとリストストラップを購入しました。
シリコン製というプロテクター、硬くて強引にはめ込んだのはいいのですが、これが簡単に外せない。
あまり無理にすると、指が痛くなったりカメラ本体を傷つけかねない勢い。(笑)
それが、これを外さないと、バッテリーもメディアカードも取り出せない。
後日、別の用件でライカ銀座にいったとき、この話をしたら、敵もお手上げだとか。
で、このプロテクターはお蔵入りというお粗末でした。

koukoさん、こんばんは。
流行ってますよねぇ・・・。量販店には実に沢山のプロテクターが売られていますから。
なんと、koukoさんはそうした事を記事にした本をお持ちでしたか。(^^)
穴あきフードは人気がありますね。多分、ライカの製品が発端だと思いますが。
今回は久しぶりのライカデジタルという事で、自分もやってみようか・・・と、逡巡しております。(笑)
今日も暑かったですねぇ・・・。「暑いですねぇ・・・」が挨拶代わりになっています。(^^;

Maruさん、こんばんは。
そもそも、このカメラに興味を持った切っ掛けがネットでの評判なのです。
やけにモノクロモードの評判が良いのです。ならば自分も使ってみたいと・・・。
これだから私はいつもモノクロモード・・・ではなく、散財モードなのです。(^^;
ところでMaruさんはNEX-C3でハーフタイプのプロテクターとお揃いのストラップで楽しまれたのですね。手放したとの事ですが、プロテクターはどうされたのでしょう?
私は今考え中であります。

kurakameさん、こんばんは。
Tのプロテクターについては私もネットで情報を得ました。
しかし、外しづらいという事はともかくとして、そのプロテクターを外さないとバッテリーとメディアにアクセス出来ないのは困りますね。
ならば、バッテリー室のところだけでも蓋を付けて開閉出来るようにして欲しかったですね。
売り手もお手上げ・・・困りますね。販売側がそれでは・・・。
で、お蔵入りとは・・・。

こんにちは。
純正でなくても、けっこうドレスアップできるんですね。
オリンパスのEVFと互換性があるのは知りませんでした。そういうことですか。
モノクロで、しかもコントラストが強すぎなければ、あまり暑さを感じさせないのですかね。撮影者の苦労が反映されないとも言えますが。

ビワさん、こんばんは。
いろいろとサードパーティからアクセサリーが発売されておりますね。
EVFの互換性、これはもう・・・完全にオリンパスさんから技術を提供してもらったという事になりますね。
私個人の見解ですが、ライカ社にはこうしたEVF関連、デジタル画像、レンズ内手振れ補正技術(ライカ Q)、AF技術等々を持っていたとは思えません。いずれも日本のメーカーの助け有ってこその技術だと思います。
猛暑日の撮影、カラーはそういう感じが出ているのですが、モノクロになると全体的に柔らかくなります。これもライカ社のモノクロモードに対する考え方でしょうか。
ただ、もうひとつハイコントラストモノクロというモードもありますが、これはまだじっくり試してはおりません。

度々、こんばんは。
ご質問のプロテクターは、カメラといっしょに手放しました。
1円にもなりませんでしたが、もし誰かが私のカメラを中古で購入された時に
気に入って使ってくだされば、嬉しいなぁと思います。(^^)

Maruさん、こんばんは。
そうでしたか。
Maruさんが手放された形で、次のユーザーさんが使っていると良いですね。^_^
実は、ドレスアップも良いけれど、手放す時は無駄になるなぁ・・・と思ったりしていたのです。^_^;
わざわざ疑問にお答え頂き、ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 喧騒の中のLEICA X2 | トップページ | ジャズ喫茶「マシュマロ」(横浜・中華街) »