« 野辺山宇宙電波観測所 | トップページ | 黄金色の富士 »

2015年8月23日 (日)

富士に雲流れ

Img976
山梨県・山中湖パノラマ台にて

八ヶ岳高原からの帰り、欲張って富士山の夕景を撮れたらと思い、中央高速を一宮御坂インターで降りて富士山を目指してみる事に。

ところが河口湖北岸に到着してみると、厚い雲に富士山は覆われていてまったく見えず。八ヶ岳高原のスカッと抜けるような青空とは対照的でした。

河口湖から西湖、精進湖と周ってみたものの、富士山が見えない事に変わりありません。仕方ないので観光シーズンのど渋滞の中を山中湖方面へ。

で、いつものパノラマ台に上がって撮影したのが今日の写真です。

Img975

富士山撮影のために持参した大判カメラでのモノクロ撮影です。思い起こしてみれば、富士山をモノクロフィルムで撮影するのは多分初めてではないかと。

もっとも富士山は稜線しか写っておりませんが。(笑)

厚い雲から漏れる光が山中湖を照らしていましたので、それを撮影しています。雲は流れておりますので、時間の経過と共に形も変わります。

湖面の反射がなかなか綺麗でした。

TACHIHARA Fiel Stand 4x5 II
Fuji CM FUJINON-W 250mm F6.3
Fuji ACROS 100

« 野辺山宇宙電波観測所 | トップページ | 黄金色の富士 »

コメント

おはようございます。
1枚目が表示されたときに、雲の様子が見事だな~、
これ何で撮影されたのだろうと思ったのですが、
大判でしたか。雲だけでなく湖面の光といい、素晴らしいですね~

おはようございます。
八ヶ岳にお出かけになったら、帰りに富士山を撮りたくなりますよね。
この辺りの富士山の眺めは、素晴らしいですものね。
私は、いつも公共交通機関(電車)などを利用して出かけていますので、車で、好きな時に好きな所に撮影にお出かけになるのは、羨ましいです。(^^)
またいつか富士山の夕景にチャレンジしてみてくださいね。
1枚目、雲の隙間から射す天使の階段が綺麗です。
湖面の反射にも強い夏らしい光を感じます。(^^)


おはようございます。
モノクロによって自然の雄大さとポイントとなる湖面の反射が際立ち、とても神秘的ですね。
写真が何か違うなと思ったら大判カメラでしたか。素晴らしいです。

おはようございます。
WEBの小さな画像でも緻密さを感じます。こういうものこそプリントでみたいですね。
で、帰りに富士を撮るために高速を降りたことが凄いですが、さらには4X5を持って行ったことも。
考えてみるとロールフィルムとは異なり、撮り切らなければいけないという考えが不要なのですね。2枚でも3枚でもOKと。
実はいま6X9の50mm(35mm判で約22mm)を入手して、やっと1本撮ったところで、その後が続きません。ボディも大きいので車でないと持ち出し辛いのと、1本撮り切る自信がないのですよ。フィルムはフォーマットが大きくなるにつけ気合いが必要だなあと思う今日この頃(笑)

koukoさん、こんばんは。
大判、滅多に使う事がないものですから、こうした旅行・・・今回は車でしたから一応積んでおきました。
丁度モノクロにピッタリの風景だったので、持って行って良かったです。

Maruさん、こんばんは。
高速から少し回り道でしたが、欲を出しました。(笑)
おっしゃるようにパノラマ台は高い位置からの撮影なので、眺めが良いです。ですから何度も訪れております。
湖面がキラキラ光って、本当に綺麗でした。この場所には撮影に来ている人が多かったのですが、何故か皆さんまったく撮影しておりません。やはり富士山が見えていなかったからでしょうね。
夕景はまたチャレンジ致します。

yymoonさん、こんばんは。
初めてのモノクロ撮影でしたが、今回はそのモノクロにピッタリの風景でした。
大判、たまには使いませんと・・・(笑)

cucchi3143さん、こんばんは。
やはり大きなフィルムサイズは見応えがありますね。
普通は八ヶ岳高原からでしたら真っ直ぐに帰宅するのでしょうが、少し欲を出しました。(笑)
確かにホルダーに装填したフィルム、シートフィルムですと必ずしも使う必要はないので、その点はロールフィルムと違うメリットですね。
ところで6X9で超広角ですか。拝見したいですね。
おっしゃる通り、フォーマットが大きくなるほど気合は必要です。(笑)

こんにちは。
カラーでも良かったかもしれませんが、この表情はモノクロだからこそ出せたかもしれませんね。
湖の一部だけに光が当たっているのも良いですよ。美しい風景です。

ビワさん、
モノクロで撮影した後、ひょんな事からカラーでも撮影する事になりました、実は。^_^;
湖面は美しかったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 野辺山宇宙電波観測所 | トップページ | 黄金色の富士 »