« 門前仲町 | トップページ | 外交官の家 »

2015年10月 9日 (金)

F0.95 の世界

30131
ラクウショウ(新宿御苑にて)

フォクトレンダーのマイクロフォーサーズ用交換レンズに開放値 F0.95 のハイスピードレンズがあります。そのうちの一本、25mm(35ミリ換算50mm相当)レンズで花を中心に撮影した写真を今日は掲載します。

30178

30186
以上、ヤブラン

今日の写真は当然の事ながら、すべて絞り開放で撮影しておりますが、接写時の滲んだような描写は大口径にありがちで、このレンズも例外ではないようです。

しかし、花の撮影にはその滲みが何とも言えず良いように感じます。ちなみに、最短撮影距離はセンサー位置から17cmです。

30211
ジュウガツザクラ

年二回花を咲かせるジュウガツザクラです。被写界深度は極薄なので、手持ちで撮影していると風に揺れる花と、自分の体が微妙に揺れている事で、ピント合わせは本当に大変です。(笑)

30250
タイワンホトトギス

センサーサイズはAPS-Cより更に小さいマイクロフォーサーズ。ですが、開放値がこれだけ明るいとかなりボケは大きくなります。おまけに接写ともなればより一層ボケは大きくなり、前述したように被写界深度は大変浅くなりますからピント合わせは大変。

マニュアルでピントを追い込む事の繰り返しで、この日の撮影は目が疲れました。(笑)

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
Voigtländer NOKTON 25mm F0.95

« 門前仲町 | トップページ | 外交官の家 »

コメント

おはようございます。
わ~、薄いピントですね。(*_*)
F0.95の世界を観せてくださって、ありがとうございます。m(__)m
1枚目のお写真の立体感が素敵です。
お花は、背景のごちゃごちゃしたものがすべて消えて、
浮かび上がるように美しいです。
こういう写真を撮りたいと思っても、機材がないと撮れないのですよね。(;_:)
高嶺の花のレンズです。
上手に使いこなしていらっしゃって、羨ましいです~。

新宿御苑の近くをうろうろして、入らなかったことを後悔しました。
素敵なお花が咲いていたのですね。(^^)


おはようございます。
接写の花は、とろとろと美しいですね~♪
最後のホトトギスは透き通って、生物的(生きている物)という感じがします。
マニュアルのピント合わせ、疲れますよね^^

こんにちは。
お花達のお写真、なんて美しいのでしょう(*´∇`*)
まるで涙で滲んだように見える、そういうお写真ですね(*´∇`*)
最短撮影距離17㎝という事は、お花にグッと近寄って撮影なされているのですよね!
このボケた感じが[美しいボケ]と言いますか、何か[薄いベール]に包まれた様な、何とも言えないロマンチックで美しいお写真ですね(*´∇`*)
光が、お花をふんわりと見せている感じも凄く綺麗で美しいです(*´∇`*)
KONDOHさんが、ご苦労なされて撮られたお写真は、仕事から帰宅した私を癒してくれました(*´∇`*)
ありがとうございました♪

Maruさん、こんばんは。
はい、大変薄いピントです。
Maruさんとお約束した通り、F0.95のレンズで花を撮影しました。(^^)
独特の世界でしょう・・・?
1枚目の立体感は帰宅してからパソコンモニターで開いた瞬間、「おお〜・・・」と思わず声が出そうになったくらいでした。
お花を接写した写真はまるでソフトフォーカスをかけたような滲み方で、個性があると思います。
Maruさんは60mmマクロをお持ちではないですか。25mmより焦点距離が長い分、ボケ量は多くなりますよ。ただ、60mmマクロは開放からシャープな像を結びますので、今日のレンズのような滲み方は残念ながら無いと思います。
でも、使い方次第です。(^^)

koukoさん、こんばんは。
接写時の描写、大口径ならではのとろとろの写りですね。面白い描写だと思います。
ホトトギスも独特な、このレンズらしさが出たようです。
マニュアルでのピント合わせ、ずっとそうでしたから・・・疲れました。(笑)

寅さん(^^)、こんばんは。
お仕事、お疲れ様でした。m(_ _)m
私の拙い写真が、少しでもお仕事の疲れを癒してくれたなら、こんな嬉しい事はありません。
涙で滲んだように・・・、う〜ん・・・寅さん(^^)は詩人ですね。(^^)
そういう表現を文中に入れたかった。(^^;
最短撮影距離17cmですと、レンズの先がお花にくっ付くかと思うほど接近出来ます。それでいずれも花びらは皆小さいのに、これだけ写し止める事が出来ました。
逆光で撮ったカットは、お花がより生き生きとした感じになったかなぁ〜・・・という気がしています。

こんにちは。
いいですね、0.95の世界。僕も一度使ってみたいです。
開放付近の光のにじみは好きですね。いかにも大口径という感じです。
息を整えながら慎重に撮影するのも、大口径の醍醐味ですね。

ビワさん、こんばんは。
さすがに大口径の描写は独特ですね。
フルサイズで0.95となるとさすがにレンズも大きくなりますし、何よりお値段が・・・。
しかし、m4/3と言えどもピント面は極めて薄いので、撮影には神経を使いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 門前仲町 | トップページ | 外交官の家 »