« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月31日 (土)

モノクロームな日

Img1098
東京・秋葉原にて

カラー写真が続きましたので、今日はモノクロフィルムで撮影したスナップです。この日のレンズ、最近はもっぱらマウントアダプターを介してデジタルカメラで使っているだけでしたので、フィルム撮影で使うのは随分久し振りの事です。

Img1100

一時、ライカ X2によるモノクロデジタル写真を楽しんでおりましたが、やはりモノクロは自分の場合フィルムの方が断然好みです。

Img1090
東京・神田にて

カメラには露出計が搭載されておりませんから例によってヤマカンによる露出ですが、ラチチュードの広いフィルムはそれなりに写し止めてくれるので有難いです。

Img1091

今日の被写体はカラーで撮影するよりモノクロームで撮影した方がピッタリではないかと、そんな感じがする被写体を選んでおります。

LEICA M2
Zeiss G Biogon T* 28mm F2.8(ライカ Lマウント改)
Kodak 400TX

2015年10月30日 (金)

隅田川橋巡り(蔵前橋)

00200
蔵前橋(1927年11月竣工)

初めて訪れた橋、蔵前橋です。鮮やかな黄色に着色されています。遠目にも目立つ橋ですね。

西岸は台東区蔵前一丁目、東岸は墨田区横綱一丁目ですが、「横綱」という町名が場所柄らしいです。

00201

蔵前と言えば以前、「蔵前国技館」で大相撲の本場所が開催されておりました。現在その国技館は両国に移っているのはご存知かと思います。とは申すものの、私は特に相撲ファンではないのですが。(^^;

こちらも関東大震災後の復興で架けられた橋です。橋が架けられるまでは「富士見の渡し」という渡し船があったそうです。

00208

あれ? 橋の欄干に何かが・・・。

00204

なるほど、さすが大相撲の本場所が行われていたところですね。

00207

蔵前橋、なかなか立派な橋です。

00211

ふと空を見上げてみれば、飛行船と旅客機が。

あ、橋とは何の因果関係もなかったですね。(^^)

SONY α7 II
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

2015年10月29日 (木)

隅田川橋巡り(両国橋)

00178
両国大橋

新大橋を去り、次に目指すは「両国橋」です。その両国橋に到着する前、首都高速道路の下を通ります。この高速道路用の橋を「両国大橋」と言います。

これは首都高速6号線という、渋滞のメッカともいうべき首都高速道路ですね。浅草・吾妻橋から東京スカイツリーをご覧になった方なら手前の首都高が目に入っていたと思います。あの高速がこれです。

00181
両国橋(1932年11月竣工)

両国橋は以前、浅草橋から柳橋を通った時に撮影したモノクロ写真を掲載した事がありますので、ご記憶にあるかと思います。

実はその後も両国橋を訪れ、対岸のテラスを歩いているのです。ですから両国橋を訪れるのは今回が三回目になるのです。その時撮影した写真は未だ掲載していませんが、テラスの壁には両国らしく「相撲」に関連した壁画がありました。

江戸の大火の際、橋が無かったために逃げ場が無く、多くの江戸市民が亡くなったそうで、その事を教訓にこの両国橋が架けらています。当初は「大橋」と名付けられたものの、西の武蔵国、東の下総国を跨ぐ事で「両国橋」が正式名称となっています。

00182

で、両国橋前には神田川が注がれておりますので、一旦テラスから一般道へ上がり、柳橋を通って神田川を渡らなければなりません。

00184
柳橋(神田川)からの風景

以前もご紹介しましたが、柳橋から浅草橋方向を見ています。

00189
隅田川橋梁

再び隅田川テラスに降りて来ると目の前はJR総武本線の鉄橋です。隅田川が「両国駅」と「浅草橋駅」の間になるわけです。

00194

次の「蔵前橋」に向かう途中、テラスの壁はご覧の通り。武家屋敷の外壁のよう・・・。

00198

等間隔に「家紋」まで入っておりました。

隅田川のお散歩、橋だけではなく、隅田川テラスそのものもなかなか興味深いところでした。

SONY α7 II
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

2015年10月28日 (水)

隅田川橋巡り(新大橋)

00165
新大橋(1977年3月竣工)

日本橋消防署の救助艇を見て少し歩くと、今回撮影した隅田川の橋、7番目になる「新大橋」の手前に来ました。

この新大橋、最初に架けられたのは元禄6年(1694年)だそうです。こちらも歴史がありますねぇ。両国橋が「大橋」と呼ばれていたので、それに続く橋として「新大橋」と命名されたとの事。

00167

水面に目をやると、一羽のカモメがゆらゆらと気持ち良さそうにしていました。水面、ゴミが浮いていないですよねぇ・・・。

00170

深川に居を構えていた松尾芭蕉が、この橋の造られる様子を見ながら俳句を詠んでいるそうです。

更には歌川広重も新大橋を絵に描いているという事ですから、新大橋も地元民にとって大切な橋だったのでしょうね。

00171

川面にゆらゆら映っていたので、縦位置にして撮ってみました。

関東大震災時、唯一被災しなかった橋が新大橋だったそうで、「人助け橋(お助け橋)」とも称されているようです。

00173

次の橋に向かって歩き始めると、テラスの壁で見つけたのがこれ。微笑ましくも素晴らしい作品ですね。

00174

後ろ髪を引かれるように振り返り、今一度撮影しました。実にシンプルなデザインの橋ですが、ちょい惹かれる橋でした。

SONY α7 II
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

2015年10月27日 (火)

荒川線にバラ一輪

2740

都電荒川線、沿線のあちこちで春秋に地元ボランティアの方々が精魂込めたバラの花を見る事が出来ます。

この秋も撮影して来ましたので、今日も隅田川橋巡りをお休みして掲載致します。

2810

今回は以前と少し趣向を変え、意識的に一輪のバラを選び、そこに荒川線を絡めて撮影しています。

2758

綺麗なバラがありましたので、このカットはバラだけで撮影してみました。

2799

真っ赤なバラが鮮やかでした。自分がイメージする都電荒川線はこの色の車両なんです。

2813
新型8900形

撮影を終えて帰ろうと電車を待っていたら、来たのがこの新型車両。

で、乗るのを止めて撮影する事にしました。随分モダンな形、そしてカラーリングですよね。9月から2両導入されているようです。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

2015年10月26日 (月)

京浜急行「京急蒲田駅」補完その七

Img1061
京急蒲田駅西口駅前にて

半年振りに京急蒲田駅再開発の様子を撮影して来ましたので、隅田川橋巡りはお休みします。

京浜急行の全72駅をご紹介したシリーズは、ハッセルブラッドによるモノクロフィルムでの撮影で2010年3月にスタートし、翌年12月に終了という長きに渡りました。

丁度「京急羽田線」の高架化工事が行なわれている最中で、今振り返ってみると記録写真にもなったわけです。中でも羽田線の起点駅となる「京急蒲田駅」は高架化と合わせ、東西出口の再開発が進んでおり、今もその工事が行なわれています。

Img1062

従来から残っている西口商店街「あすと」からの撮影です。ご覧のように京急蒲田駅西口へのエスカレーターと階段が設置されました。

1枚目の左手に写っている再開発ビルの名称が一般公募され、「あすとウィズ」に決定したそうです。

Img1069

駅の地上出入り口です。

2020年を目標に、何と東急多摩川線の「東急蒲田駅」と「京急蒲田駅」とを地下を通じて繋げるとのニュースもありました。「蒲蒲線」というネーミングだそうですが、びっくりですねぇ・・・。

2020年暫定開業、東京オリンピック開催に合わせるわけです。

Img1065
京急蒲田駅東口駅前にて

第一京浜道路が走っている東口側ですが、この通りまだまだ工事は続いています。

Img1068

東口と第一京浜道路を挟んだ向かい側です。ここはバスロータリーになるようですが、現在の状況はご覧の通り。正面は、上下二つに高架化された羽田線です。

ここが高架化される前、第一京浜道路に踏切があったわけです。お正月恒例「箱根駅伝」の選手たちが通過する際、踏切で京急の電車を止めていたわけです。それが高架化された事により、踏切による車の渋滞も緩和された事になりますね。

京急蒲田駅の補完撮影、また少し時間を置いて続けたいと思っております。

HASSELBLAD 553ELX
Zeiss Distagon T* CF 50mm F4 FLE
Kodak 400TX

2015年10月25日 (日)

隅田川橋巡り(清洲橋)

00141
清洲橋

すいません、また清洲橋が出てしまいました。(^^;

すでにフィルムとデジタルによる写真を掲載していますので、どうしようか思案致しましたが、一連の流れでまた掲載する事にしました。ただ、今回は広角レンズのダイナミックスさを強調しました。

00143

丁度隅田川の水面に浮いているゴミを拾い集めている船が来ましたので、撮影を。

こういう方達の地道な作業のお陰で隅田川の水質が良くなっているのですよね。有難い事です。

00149

何回見ても、清洲橋は素敵なデザインだと思います。

ちなみに、2007年に勝鬨橋、永代橋と共に国の重要文化財に指定されたそうですよ。

00153

今回は橋の下を通って次に向かいます。

00160

歩いていると、この船が目に入りました。日本橋消防署の救助艇です。隅田川で水難事故が発生すると、ここから救助艇が向かうのですね。

正面には東京スカイツリーも見えています。

00161

この辺りのテラスにはこんなデザインの壁を見る事が出来ました。

しかし、本当にこの日はこれ以上ないというくらいの良いお天気でした。まさに秋晴れ!

SONY α7 II
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

2015年10月24日 (土)

隅田川橋巡り(隅田川大橋)

00131
日本橋川河口にて

昨日ご紹介した日本橋クルーズ船が日本橋川を出て隅田川を永代橋方向へ向かって行きます。

その日本橋川第1橋梁の豊海橋を渡って、隅田川テラスにまた降りて来ました。

00132
隅田川大橋

で、少し歩くと目の前に隅田川大橋が。右上には旅客機も飛んでいます。

しかし、正直なところ・・・「!?」という気持ちに。(^^;

00134

佃大橋も少しガッカリ感がありましたが、隅田川大橋も同じくらい、いや・・・佃大橋以上にガッカリ感は大きかったです。(^^;

首都高速深川線と同じ高架橋に架けられており・・・というより、最初の建設時から首都高と一体化されての設計なのです。

00138

高速道路と一体化した設計では、デザイン的なものを望むのは無理というものですね。

完成は1979年10月です。

00140

隅田川大橋を後にして歩いていたら、この建物の形に興味を惹かれて一枚撮影したのですが・・・、

会社? マンション? 何の建物だろう・・・と見ると、ベランダのようなところにパラボラアンテナが幾つか見えましたので、やはりマンションでしょうか?

さて、次に目指す橋は・・・、

SONY α7 II
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

2015年10月23日 (金)

隅田川橋巡り(永代橋)

00114
隅田川テラスにて

中央大橋を後にして次なる橋は永代橋です。その永代橋に向かう途中で撮影したキバナコスモス。背景に永代橋を真ん中に入れているのですが、思ったよりボケが大きかったです。

00115

永代橋です。永代通りが通っているわけですが、随分前に一度車で通った記憶があります。川面にはカモメが気持ち良さそうに浮いています。

さて、ここに来てようやく東京スカイツリーが見えて来ました。(^^)

00121

夜はライトアップされるらしいので、その時間にまた行かないといけませんね。(笑)

調べてみましたら永代橋は元禄11年(1698年)8月、五代将軍徳川綱吉の50歳をお祝いして架けられたとの事です。うへ〜・・・歴史あるぅ〜とびっくりしました。

ただし、現在の位置より少し上流で、「深川の渡し」があったところのようです。隅田川4番目に造られた橋です。

00125

元禄年間と言ったら時代劇のお好きな方、あれを思い起こしませんですか?(笑)

そうです、「忠臣蔵」です。元禄15年(1702年)、主君の仇である吉良上野介の首を打ち取った大石内蔵助以下赤穂浪士は、この永代橋を渡って主君が眠る泉岳寺へ向かったのだそうです。いやいや、歴史がありますね。

泉岳寺は一度だけ訪れた事がありますが、今年も暮れが近づくと必ずどこかの放送局が「忠臣蔵」を放映するでしょうね、きっと。暮れといったら「紅白歌合戦(見てないですけど)」と「忠臣蔵」は欠かせないでしょう。(笑)

00126
豊海橋

永代橋の直ぐ前には日本橋川が隅田川に注がれています。したがって隅田川テラスも分断されておりますので、ここでまた一般道に戻らなければなりません。その日本橋川を渡る橋がこの豊海橋です。

豊海橋も調べてみました。昭和2年に関東大震災後の復興として架けられた橋で、永代橋とのバランスを考えてこの形(梯子を横倒しにしたような外観)になったそうです。

00129

橋を渡りながら日本橋川を見ていると、乗船客がいっぱいのクルーズ船がこちらへ向かって来ます。撮影後に手を振ったら、乗船客の皆さんも笑顔でいっぱい手を振ってくれました。(^^)

次は隅田川大橋です。

SONY α7 II
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

2015年10月22日 (木)

ANA スターウォーズジェット遊覧飛行

2709
R2-D2 ANA JET(JA873A)

隅田川の橋、お休みを頂きまして、今日は先週の土曜日に正式に初お目見えした全日空さんのスターウォーズジェット遊覧飛行のご紹介。

遊覧飛行搭乗者公募に多くの人が名乗りを上げ、倍率は何と2,000倍とも言われております。当選した人は実に運が良いですね。

2702

今年暮れ、映画「スターウォーズ」の新作がおよそ10年振りに公開される事に合わせ、全日空さんがタイアップしてB787-9型機に特別塗装を施し、18日のバンクーバー行きから営業運行が開始されています。

この塗装は「スターウォーズ」での人気キャラクターロボット、R2-D2を模した塗装がされております。米ボーイング社のエバレット工場で9月上旬に塗装作業を行い、今月2日羽田空港に到着しています。ニュース等で知られた方もいらっしゃる事と思います。

17563
遊覧飛行へ向けて離陸

残念ながらテイクオフは展望デッキから遠いDコースが使われました。

ちなみにこの飛行機、機内ではシートのヘッドレストカバー、カップ、ナプキン等がスターウォーズのオリジナルデザインとの事です。また、営業運行ではスターウォーズの映画なども放映されるようです。

17625

約2時間の遊覧飛行が終わってのランディングを第2ターミナルで待っていたら、飛行機は第1ターミナルに降りてしまいました。止むを得ず、第2ターミナルから第1ターミナルにランディングするところを撮影。見事肩透かしでした。(笑)

この日の第2ターミナル展望デッキは多くの見物客とカメラマン、カメラウーマンでごった返しておりましたが、皆がっくり。(^^;

17649

で、第1ターミナルへと移動し、このカットは展望デッキの柵の間から撮影しています。(^^;

全日空さんのハンガー(整備場)前で遊覧飛行に搭乗した人たちが飛行機の周りで記念撮影などをしています。

う・う・う・・・・羨まし〜〜〜い・・・!!

(3、4、5枚目は少しトリミングしています)

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

2015年10月21日 (水)

隅田川橋巡り(中央大橋)

00087
中央大橋(1993年)

平成になってから架けられた中央大橋です。素敵なデザインですよねぇ・・・。

ここは亀島川が隅田川に注がれる河口付近です。隅田川の水、綺麗です。

00093
南高橋

昨日ご紹介した水門を右手に見ながら「南高橋」という橋を渡り、振り返って撮影しています。

勝鬨橋を思わせるような素敵なデザインではないですか! 今回のようなお散歩、こうした思わぬ良き遭遇があると嬉しくなります。これがお散歩写真の醍醐味です。(^^)

00099

再び隅田川テラスに降りて中央大橋に近付きました。

00103

調べてみましたら、隅田川はフランスのセーヌ川と友好河川として提携しているようで、この中央大橋はフランスのデザイン会社に委託したそうです。それでこんなモダンで素晴らしいデザインの橋になったのですね。

00105

今回は橋を歩きませんでしたが、代わりに橋の下を。(笑)

00106

中央大橋、日を改めて大型のカメラで写したくなったのです、実は。そのくらい自分にとって魅力的な橋に感じました。

SONY α7 II
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

2015年10月20日 (火)

隅田川橋巡り(佃大橋)

00072
隅田川テラス

平日休みに歩いたのですが、休日ですと近隣から人が訪れるのでしょうか。ジョギングをしている人は結構多かったです。

勝鬨橋を後にして今度は佃大橋を目指します。

00068

テラスにはこうした花壇が作られているところも。背景に勝鬨橋を入れてみました。

00076

佃大橋が見えて来ました。後ろには有名な「リバーシティ21」という超高層マンション群がそびえ立っています。

隅田川を挟んで左手の月島と、右手の佃島とを結ぶ橋ですね。左手奥には次に目指す中央大橋も見えています。

00080

勝鬨橋がなかなか素敵なデザインであっただけに、佃大橋は車のための架け橋という感じを受けてしまいます。

何となく、江ノ島の橋を思い出してしまいました。(^^;

00082

ここも「佃の渡し」と言われた渡し船があったところで、1964年の東京オリンピックに合わせ、戦後初めて隅田川に架けられた橋だそうです。

現在工事中の「築地大橋」が2020年の東京オリンピックに間に合わせるよう架けられているのと同じですね。

00090

中央大橋を目指して来ますと、ここで「亀島川」という河口(左手)にぶつかりますので、一旦テラスから一般道路へ上がり、その亀島川を渡る事となりました。

00091
亀島川水門

一般道を歩き、橋を渡る手前にこんな水門がありました。横に掲げられた案内板を読んでみましたら、以下のような事が記してありました。

亀島川水門は台風などによる高潮や津波が発生して河川の水位が上昇した時、地盤の低い地域の浸水を防ぐために隅田川に合流するこの水門を閉鎖するとの事でした。もちろん大きな地震があった際も津波に備えて閉鎖します。

明日は隅田川一と言っても良いかもしれない、中央大橋です。

SONY α7 II
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

2015年10月19日 (月)

隅田川橋巡り(勝鬨橋)

00069
勝鬨橋(東京都中央区)

隅田川の橋巡り、回数を重ねてひとつひとつ見に(撮影に)行くなら、いっその事まとめて見に行ってしまえ、という事で、勝鬨橋を皮切りに浅草・吾妻橋まで隅田川テラスを歩いてしまいました。(笑)

午後12時過ぎにスタートし、吾妻橋での撮影を終了したのが午後3時過ぎ。約7.5kmを3時間で歩いた事になります。ただ歩くだけなら7.5kmは1時間半も掛かりませんが、撮影しながらですからね。

00053

勝鬨橋から移転予定の築地・魚市場を撮影。東京タワーも見えますね。

00056
可動部分を撮影

ご存知のように勝鬨橋は現存する可動橋として有名ですね。しかし、1980年を最後に可動部がロックされてしまったようです。

大きな船が通過する際、写真の部分から橋が左右に開かれるわけです。その開いた瞬間の古いモノクロ写真をどこかで見た記憶があります。

00057

この日はご覧のような晴天でした。お散歩には最高の日です。

調べてみると勝鬨橋は1933年から1940年に掛けて完成。何と、路面電車も勝鬨橋を走っていたようです。調べてみて初めて知りました。

00061

歩き始めたのが昼過ぎでしたから、隅田川テラスのベンチや階段で会社員らしき男性、女性がコンビニ弁当を開いているところを何度も見ましたが、気持ち良さそうでした。

今回私が歩いたのは隅田川の右岸(浅草から東京湾方向を見て右側)です。今度は浅草から左岸を歩いてみたくなりました。(^^)

今回撮影した隅田川に架かる橋は以下の通りです。

勝鬨橋-佃大橋-中央大橋-永代橋-隅田川大橋-清洲橋-新大橋-両国橋-蔵前橋-厩橋-駒形橋-吾妻橋

SONY α7 II
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

2015年10月18日 (日)

秋風そよぐ路面電車

Img1085
都電荒川線

中判カメラのフィルム撮影、久しくカラーフィルムを使っていませんでした。今月から値上げという事で先月末ギリギリにオーダーし、今月納品されたネガカラーを早速使ってみました。

Img1081

被写体に選んだのは大好きな路面電車、都電荒川線です。

Img1079

クッキリハッキリ、ハイコントラストのデジタル写真を見慣れている方ですと、ネガカラーの写真は多少眠たく感じるかもしれませんね。

フィルムでハイコントラストを狙うならリバーサルフィルムを使えば良いのですが、ハイコントラストはデジタルカメラを使う事とし、最近私はフィルムといえばもっぱらネガカラーになりました。

Img1082

しかし、ハッセルブラッドで路面電車を撮影する人ってあまりいらっしゃらないかもしれませんね。まぁ、物好きな私くらいかも。(笑)

生憎この日は天候がイマイチで、背景の空が青空だったら・・・という思いです。

Img1083

キバナコスモスが咲いている一角がありましたので、そこで撮影(冒頭写真も)しています。

553ELX購入以来、ハッセルの持ち出し回数が増えました。(笑)

HASSELBLAD 553ELX
Zeiss Planar T* CFE 80mm F2.8
Fuji PRO 160NS

Suica100

鉄道繋がりという事でご紹介しますが、「東京駅100周年記念Suica」がようやく昨日届きました。いつ申し込んだか忘れてしまうほど時間が掛かりましたねぇ。(^^)

2015年10月17日 (土)

井の頭公園スナップ

Dsc_0687
東京・井の頭公園にて

「お〜い、チミチミ〜・・・何を見ているの?」

Dsc_0688

「あんだって・・・!? どこを見ようとあたしの勝手でしょ!」

Dsc_0698

ここはいつもこうして整然とボートが繋がれていますね。

Dsc_0654

神田川の起点です。

井の頭公園の池から水が流れているのですよねぇ・・・。

Dsc_0703

吉祥寺駅から井の頭公園へ向かう間での撮影。シーサーですね。

Dsc_0704

ニャンニャンのセクステットによる演奏です。名演でした。(笑)

吉祥寺駅の工事も終わり、すっかり綺麗になりましたね。

Nikon D600
AF-S NIKKOR 35mm F1.8G ED

2015年10月16日 (金)

厩橋にて

Imgp0267
厩橋にて

大分前、偶然この橋に来て東京スカイツリーを見た時、浅草「吾妻橋」から見るより気に入ってしまい、その後何度もここへ来ております。

Imgp0261

東京スカイツリーの先っぽを望遠で切り取ってみました。

Imgp0245

ちなみに橋の名前、「うまやばし」と読みます。

元々ここには渡し船があったようですが、花見客の乗った船が転覆する事故が多発し、「三途の渡し」などと揶揄されたようです。で、明治7年に橋が架けられたとの事。

Imgp0286

厩橋のデザインも清洲橋に負けないくらい素敵なデザインだと個人的に思っております。

Imgp0291

厩橋も関東大震災で壊れ、その後の復興事業で架けられたのが現在の厩橋だそうです。

隅田川の橋巡り、なかなか面白いです。
で、後日・・・・?

PENTAX 645D
Zeiss Distagon T* CF 50mm F4 FLE
Zeiss Planar T* CF 80mm F2.8
Zeiss Sonnar T* CF 150mm F4

2015年10月15日 (木)

旧古河庭園のバラ

P2386

旧古河庭園(東京都北区)で秋バラを撮影して来ました。こちらを訪れるのは昨春に次いで二回目。

来園者の凄い数に辟易。(^^;

P2373

それほど広いとは言えないバラ園ですから、落ち着いて撮影など出来ません。結局30分居たかどうか・・・?(笑)

真ん中右の白い丸は穴が空いているわけではありません。水滴です。(^^;

P2355

これは意識的に背景の建物を入れて・・・。

そうしたら後ろにいらしたご婦人方が私の立ち去り際、「ねぇねぇ、今の人みたいに撮れば後ろに家を入れられるんじゃない?」と、背後で話しておりました。(^^;

P2347

アップばかりでは・・・と、こちらは意識的に引いてみました。

P2396

このバラの名前はなんと・・・「マリア・カラス」です。不世出のソプラノ歌手、あのマリア・カラスの名前を冠しています。赤い色が如何にもカラスらしいですね。

しかし、デジタルは赤が飽和しやすいので、撮影には神経を使います。

P2384

本来はすべて絞り開放で撮影したかったのですが、晴天の日に開放 F0.95 はさすがに無理ですね。

なので、新宿御苑で撮影した花のように滲んだような、ソフトフォーカスのような写真はありません。(笑)

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
Voigtländer NOKTON 25mm F0.95

2015年10月14日 (水)

清洲橋(デジタル版)

Imgp0214
清洲橋にて(隅田川)

先日、モノクロフィルムで撮影したハッセルブラッドによる写真を掲載した隅田川に架かる清洲橋。今日はその清洲橋をデジタルカメラで撮影した写真を掲載します。

ただし、ハッセルブラッドで撮影した時と同日ではなく、翌週改めて出掛けております。

Imgp0219

二週続けて撮影に出掛けているのですから、私も物好きですね。(笑)

まぁ、そのくらい清洲橋が気に入ったという事であります。

Imgp0223

レンズはハッセル用の広角レンズを装着しているのですが、センサーサイズがハッセルの6x6より小さく、更には645フルサイズより少し小さいので、画角がやや狭くなっています(35ミリ換算40mm相当)。

Imgp0224

清洲橋、ご覧のように青色ですが、個人的には橋の形とマッチしているように思います。

Imgp0227

ハッセルブラッドで撮影した時と同じようなフレーミングで。そうしたらまた自転車が来ました。(笑)

前回も広角50mmレンズで撮影していますが、今回はデジタル撮影という事で前回と同じ50mmレンズでも年代の新しいタイプを使ってみました。両者レンズ構成は同じなので、写りに違いはないと思います。まぁ、気休めです。(^^;

隅田川の橋巡り、嵌っています。(^ ^)

PENTAX 645D
Zeiss Distagon T* CF 50mm F4 FLE

2015年10月13日 (火)

デジタルカメラの寿命

Vt7m0430
横浜海岸教会

愛用していた Canon EOS-1Ds Mark II(中古購入)の寿命が尽きました。露出がややオーバー気味に写るので、マイナス補正しながら騙し騙し使っていたのですが、その症状が徐々に酷くなり、とんでもない写真になる事が多くなりました。

それが・・・これ。

Vt7m0301

ちなみにマイナス 2/3補正しての撮影結果です。(笑)
露出モードは絞り優先。清澄公園でアオサギを撮影している時、ご婦人が転びそうになった時の物音にビックリしてアオサギが飛び立ったところを撮影。

この後のコマはもっとオーバーになっています。(^^;

Vt7m0308

この写真もマイナス 2/3補正しています。黒い部分が多いので正常なカメラでも少し補正しないと明るめに写るシーンですが、マイナス補正していてもこのようなオーバー露出の結果に。

しかし、普通に撮影出来ている時もあるのです。冒頭の写真などがそうですね。

で、修理を依頼したところ、後日連絡があり、「センサー自体の不具合が原因。しかし、メンテナンスがすでに終了しているカメラの為、補修部品(センサー)が無いので修理不能」という結果に。

Canon EOS-1Ds Mark II の発売年を調べると2004年11月27日です。発売時からほぼ11年になるのですね。

しかし、1D系はキヤノンさんのフラッグシップ機です。それがたった11年で、もう修理出来ないとは。とほほ・・・(;_;)

シルバーウィーク休みに購入したフィルムカメラ、ニコン F2は1971年の発売です。それでもまだメカ部分は修理可能との事。店員さんが「デジカメは家電製品ですからねぇ」と、いみじくも言った言葉を今回実感しました。(笑)

中古で旧世代のデジタルカメラ(新品もですが)を購入する時は、購入金額の大小に関係なく「使い捨て」を覚悟して大事なお金を出さなければならない事を今回の出来事で思ったものです。

私のところにはまだもう一台、嘗てニコンさんのフラッグシップ機でしたが、これまた旧世代のD2Xが残っています。これもすでにニコンさんでは修理対象外の機種ですから、壊れればその時点で終わりです。単なる「燃えないゴミ」扱いに。(^^;

デジタルカメラの寿命、本当に短いですね。

私がフィルムカメラほどデジタルカメラに愛着を持てない理由がお分かり頂けますでしょう?(笑)

2015年10月12日 (月)

ハッセルが見た運河

Img1071
神奈川県・子安にて

以前、大判カメラでも撮影した事のある、横浜子安の運河。今回はハッセルブラッドを使い、レンズは望遠をチョイス。

過去、ここでは広角から標準レンズで撮影しておりましたが、今回は180mmだけで撮影しています。このカットは手前の鳩にピントを置いているのですが、どピーカンで ISO 400 のフィルムですから、絞りをあまり開けられませんでした。NDフィルターを用意していれば良かったのですが。

Img1072

撮影結果を見てみると、望遠の圧縮効果が出ていてなかなか面白く感じました。

Img1073

レンズは購入時拙ブログで記事にした、例のシルバー鏡胴のゾナー 180mmです。ヨドバシさんの新品在庫処分80%引きという超破格値で購入出来た、思い出深きレンズ。(^^)

Img1070

こちらは真逆光での撮影。ゾナー 180mm、本当に高性能の望遠レンズです。

Img1074

浅草橋、そしてこちらの子安と、どちらも似たような風景が見られるので、私には飽きずに眺めていられる心休まる地域です。

HASSELBLAD 503CW
Zeiss Sonnar T* 180mm F4 ZV Classic
Kodak 400TX

2015年10月11日 (日)

葉山マリーナ

Img1052
神奈川県・葉山マリーナにて

今日は葉山の海です。カメラはハッセルブラッドを使っています。

しかし、モノクロフィルムを使っています。(^^;

Img1053

せっかくの晴天の日に、何もモクロで葉山の海を撮らなくても・・・と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。(^^;

最近思っている事は、カラーで撮るならデジタルカメラがある。だからフィルムで撮る時はモノクロで撮ろう・・・と。

Img1057

少々汗ばむような陽気の晴天でした。

Img1059

江の島もハッキリと見えております。ただ・・・、少々現像ムラらしきものが窺えるのが残念です。ご容赦を。

実は先月末まで、拙宅の冷蔵庫にはカラーフィルムは35ミリのネガカラーが少々残っているだけでした。ブローニーも大判もモノクロだけ。ただ、今月から富士フィルムさんが値上げするというので、大判とブローニーのネガカラーを少しだけ買い足しております。

HASSELBLAD 503CW
Zeiss Planar T* CFi 100mm F3.5
Zeiss Sonnar T* 180mm F4 ZV Classic
Kodak 400TX

2015年10月10日 (土)

外交官の家

Vt7m0232
外交官の家にて(横浜山手)

横浜山手には幾つかの洋館が保存されています。そのうちの一つ、外交官の家を訪れましたので、今日はその時撮影した写真を。

Vt7m0197

こちらは多分・・・三年くらいは行ってなかったのではないかと。エリスマン邸付近は一年に一度くらいは訪れているはずなのですが。

Vt7m0212

こちらの可愛い像は訪れる度、撮影しています。

Vt7m0218

いつも綺麗に飾ってありますよね。

Vt7m0221

こんなロッキングチェアに座って本を読みながらうとうと出来たら、幸せですねぇ・・・(笑)

Vt7m0215

こんな写真を撮るのは私くらいかも。(笑)

しかし、この撒き餌レンズは本当に良く写ります。ライカブランドの「ン十万円」もする同じ50mmレンズに決して負けていないと個人的には思うのですが。(^^;

Canon EOS-1Ds Mark II
EF 50mm F1.8 II

2015年10月 9日 (金)

F0.95 の世界

30131
ラクウショウ(新宿御苑にて)

フォクトレンダーのマイクロフォーサーズ用交換レンズに開放値 F0.95 のハイスピードレンズがあります。そのうちの一本、25mm(35ミリ換算50mm相当)レンズで花を中心に撮影した写真を今日は掲載します。

30178

30186
以上、ヤブラン

今日の写真は当然の事ながら、すべて絞り開放で撮影しておりますが、接写時の滲んだような描写は大口径にありがちで、このレンズも例外ではないようです。

しかし、花の撮影にはその滲みが何とも言えず良いように感じます。ちなみに、最短撮影距離はセンサー位置から17cmです。

30211
ジュウガツザクラ

年二回花を咲かせるジュウガツザクラです。被写界深度は極薄なので、手持ちで撮影していると風に揺れる花と、自分の体が微妙に揺れている事で、ピント合わせは本当に大変です。(笑)

30250
タイワンホトトギス

センサーサイズはAPS-Cより更に小さいマイクロフォーサーズ。ですが、開放値がこれだけ明るいとかなりボケは大きくなります。おまけに接写ともなればより一層ボケは大きくなり、前述したように被写界深度は大変浅くなりますからピント合わせは大変。

マニュアルでピントを追い込む事の繰り返しで、この日の撮影は目が疲れました。(笑)

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
Voigtländer NOKTON 25mm F0.95

2015年10月 8日 (木)

門前仲町

Img1040
深川不動尊にて(江東区富岡)

久しぶりに門前仲町を歩きました。以前、クラシック音楽を愛好する友がこの地に住んでおりましたので、何回となく門前仲町を訪れておりました。

Img1044

門前仲町は下町的雰囲気の匂いがする町で、新宿や渋谷と比べると同じ都内とは思えないですよね。

え? 比較するところが違い過ぎるって? (^^;

Img1045
富岡八幡宮にて

こちらはお隣り、深川八幡とも呼ばれる富岡八幡宮の境内。

私、おみくじや絵馬を見ると撮影したくなるのです。自分では絶対おみくじなんて買わないのですが。

実は一度だけおみくじを買ってみた事があります。結果は、「大凶」でした。本当です。(笑)

Img1047

こちらはいつ行ってもこうした出店が沢山出ていますね。写真は手前のハンドベルのようなものにピントを置いています。何でこんなベルなんて売っているのだろう・・・って、骨董品を扱っているお店ですからね。(^^)

Img1049

ここには日本最大のお神輿が格納されています。ガラス越しに撮影していますが、反射している後ろの様子の方がはっきり映っていますね。(^^;

ハッセルブラッドでのお散歩写真、楽しかったです。

HASSELBLAD 553ELX
Zeiss Planar T* CF 80mm F2.8
Kodak 400TX

2015年10月 7日 (水)

清澄庭園(都指定名勝)

Vt7m0287
清澄庭園(江東区清澄)

清澄庭園、初めて入りました。入園した際に頂いた案内によりますと、一説には紀伊國屋文左衛門の屋敷跡と伝えられているそうです。

Vt7m0294

明治11年、岩崎彌太郎(三菱財閥の創業者)がここを社員の慰安や貴賓を招待する場所として造園したとの事。

Vt7m0300

アオサギ君がいました。

Vt7m0314

岩崎家が自社の汽船で全国から集めた名石が沢山配置されていて、数の多さに驚きました。

カメが多かったですねぇ。スッポンも結構いました。

Vt7m0318

新宿御苑ほどではないですが、周りはさすがに都内を思わせます。

「古池や かはづ飛び込む 水の音」、誰もがご存知の芭蕉の句。その石碑が園内にあります。

Vt7m0324

冒頭の写真に写っている建物は大正天皇の葬儀に用いられた墓場殿を移築した「大正記念館」です。ただ、戦災で焼失したため、昭和28年に再建されています。現在の記念館は平成元年に全面改築されたものです。

しかし、都内には幾つかの名園が大切に保存されているものですね。

Canon EOS-1Ds Mark II
EF 50mm F1.8 II

2015年10月 6日 (火)

清洲橋(隅田川)

Img1035
清洲橋にて

隅田川に架かる橋から見る東京スカイツリー、今日は清洲橋から見た東京スカイツリーです。

今回は広角レンズを使って撮影してみました。

Img1028

少し調べてみましたら、関東大震災の復興事業として永代橋と一緒に架けられた橋のようです。ドイツ・ケルン市のヒンデンブルグ橋の大吊橋(第二次大戦で破壊)をモデルにデザインされています。美しい橋です。

Img1027

隅田川には色々な形の橋が架けられておりますね。

Img1032

昔、「中州の渡し」という渡し舟が置かれた場所だったらしいです。

Img1031

東京スカイツリーを背にした下流方向(東京湾方向)です。逆光での撮影、CFになる前のCレンズを使っておりますが、破綻なく見事な写りをしてくれました。

ちなみに清洲橋は先日掲載した両国橋より少し東京湾寄りに位置しています。

Img1030

清洲橋の写真、せっかく晴天の日に撮影しているのに、モノクロ写真で申し訳ありません。

カラーはデジタルカメラで幾らでも撮影出来ますのでご容赦を。m(_ _)m

HASSELBLAD 553ELX
Zeiss Distagon T* C 50mm F4
Kodak 400TX

2015年10月 5日 (月)

戸越銀座(2)

Vt7m0376

恥ずかしながら戸越銀座を突き抜けるように池上線が走っている事を知りませんでした。(^^;

踏切に来た時、「あれ? 何線だろう?」と思ったくらいでして・・・(笑)

Vt7m0378

なんと、「戸越銀座駅」という駅が在ったのですね。本当にお恥ずかしい。(^^;

池上線、実はまだ一度も乗った事のない路線です。

Vt7m0373

う〜ん・・・個人商店の魚屋さんらしさが出ていますね。

Vt7m0371

自由が丘のカメラショップと良く似たショップが戸越銀座にも在りました。

Vt7m0385

のら猫を見っけ〜・・・・(^^)

Vt7m0394

今年はまたまた「スターウォーズ」の新作が公開されるようですね。予告編を見るとハリソン・フォードが出ていますが・・・。

Vt7m0391

戸越銀座、東西に長い商店街でした。

こういった商店街はいつまでも残って欲しいと思います。

Canon EOS-1Ds Mark II
EF 50mm F1.8 II

2015年10月 4日 (日)

戸越銀座

Vt7m0361
東京都品川区

フィルム写真が続きましたが(まだ有りますけど)、今日はデジタル写真です。

撮影場所は戸越銀座であります。

Vt7m0359

戸越銀座商店街、有名ですよね。

普段訪れる「銀座」は、あの華やかな中央区の銀座通りですが、「銀座」と名の付く商店街も良いものです。(^^)

ところで「キシフォート」という店名が見えているからカメラ店と思いきや、え・え・え・え・・・食品スーパー? (◎_◎;)

Vt7m0369

商品が整然と並んでいるようでいてごちゃごちゃしているこういったお店、如何にも下町っぽくて好きだなぁ〜・・・(^^)

Vt7m0364

商店街を歩いている時に惹きつけられてシャッターを押しました。私好み。(笑)

Vt7m0418

或る商店の壁です。(^^;

Vt7m0366

ミシン、実際にお使いになっておられるお宅、年々少なくなっているのでは、と思うのですが、実際のところどうなのでしょう?

Vt7m0393

食べ物の写真は滅多に掲載しないのですが、休憩がてら入った「たい焼き屋」さんで食したたい焼きです。ご覧の通り実に分厚いのです。ですからあんこが尻尾までたっぷり入っていて、とても美味しかったですよ。(^^)

今日の撮影に使ったキヤノンさんの撒き餌レンズ、6月に新型との撮り比べを大さん橋で行っているのですが、記事として掲載して良いものか、ずっと思案中です。(^^;

Canon EOS-1Ds Mark II
EF 50mm F1.8 II

2015年10月 3日 (土)

柳橋から隅田川

Img1015
東京都台東区、柳橋にて

浅草橋から川沿いを歩いてみると、柳橋に来ました。昨年春、浅草橋を訪れた時は時間があまりなかったので、浅草橋からの風景と、駅周辺を少し撮影しただけでした。

Img1017

柳橋から浅草橋を見た風景です。

橋の袂に柳橋の歴史が掲げられていたので読んでみましたら、元禄十年(1697年)に南町奉行所の許可をもらって架けられたそうです。そういえばテレビドラマ「大岡越前」を見ていた時、「柳橋が云々・・・」というようなセリフがあったような記憶が・・・(笑)

関東大震災で橋は崩れてしまい、昭和四年に今の形で架けられています。橋は台東区柳橋一丁目と中央区東日本橋二丁目に跨っています。

Img1019
柳橋から見る隅田川

柳橋は神田川が隅田川に注がれている河口にあります。あります・・・何て知ったかぶりをしておりますが、実は歩いて柳橋に来た時に、「あれ? これは隅田川では?」と初めて知ったのです。(^^;

右に見える橋は両国橋です。

Img1021

両国橋から見る東京スカイツリー。私、隅田川越しに東京スカイツリーを見るのが好きでして、先日も或る橋に出掛けてハッセルブラッドで撮影しています。いずれ、その写真も掲載する予定です。きちんと写っていれば。(^^)

「ハッセルブラッドを買った!」の記事中にも厩橋から隅田川越しに見た東京スカイツリーを掲載しました。

Img1024

こちらは両国橋から柳橋を見たカットです。

浅草橋が隅田川に近い事をこの日、お散歩写真をした事によって知りました。ひとつお勉強に。(^^;

水のある風景、何となく自分は落ち着きます。

Nikon F2
Nikkor-H Auto 50mm F2(Ai改)
Kodak 400TX

2015年10月 2日 (金)

浅草橋風景

Img9003
東京都台東区、浅草橋にて

今日もニコン F2で撮影した写真ですが、場所は神田川に架かる浅草橋周辺。ただ、浅草寺を訪れた日とは撮影日が違います。

この日、改めて出掛けて行きました。撮影にはモノクロフィルムを使っています。

Img9005

昨年のゴールデンウィークにここを撮影しておりますので、今回が二回目になりますね。一年四ヶ月振りの訪問。

Img9009

屋形船や釣り船が見られる川(運河)の風景には郷愁を誘われます。

前にも申しておりますが、小学五年生まで私は横浜の大岡川沿いに住んでおりましたので、こういう風景が好きなんですね。

Img9011

川沿いを歩くのは何となくウキウキします。(笑)

Img9010

使っているカメラは年代的に私にとってはクラシックカメラと言って良いもの。そのカメラにモノクロフィルム。

何か今日のような風景にピッタリだと思うのですが、自画自賛でしょうか。(^^;

Nikon F2
Nikkor-H Auto 50mm F2(Ai改)
Kodak 400TX

2015年10月 1日 (木)

ニコン F2で撮影を

Ai50013

入手したニコン F2をスナップ撮影で使ってみました。フィルムを右手親指で巻き上げながらの撮影、楽しかったです。

ただし、被写体はあまり綺麗・・・とは言えないです。私はどうも汚れているところ、ごちゃごちゃしているところ。そういうものに惹かれてしまいます。人の営みをそういうところに感じてしまうので。(^^;

Ai50017

大分前にもこの周辺に来た事があるのですが、下町的雰囲気に惹かれております。

Ai50021

造りに昭和の佇まいを感じますね。

Ai50024

自転車のある光景、いつもの事ですが・・・(笑)

Ai50031

蔦の絡まるところも良いですねぇ・・・。

Ai50037

「89」はどういう意味があるのだろう・・・?
と思って撮影させて頂きました。地番のプレートが「18-9」となっているので、ここから「89」かなぁ〜・・・なんて。(笑)

フィルムの描写、やはり良いなぁ〜・・・(^^)

Nikon F2
Ai Nikkor 50mm F1.4S
Kodak SUPER GOLD 400

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »