« ハッセルが見た運河 | トップページ | 清洲橋(デジタル版) »

2015年10月13日 (火)

デジタルカメラの寿命

Vt7m0430
横浜海岸教会

愛用していた Canon EOS-1Ds Mark II(中古購入)の寿命が尽きました。露出がややオーバー気味に写るので、マイナス補正しながら騙し騙し使っていたのですが、その症状が徐々に酷くなり、とんでもない写真になる事が多くなりました。

それが・・・これ。

Vt7m0301

ちなみにマイナス 2/3補正しての撮影結果です。(笑)
露出モードは絞り優先。清澄公園でアオサギを撮影している時、ご婦人が転びそうになった時の物音にビックリしてアオサギが飛び立ったところを撮影。

この後のコマはもっとオーバーになっています。(^^;

Vt7m0308

この写真もマイナス 2/3補正しています。黒い部分が多いので正常なカメラでも少し補正しないと明るめに写るシーンですが、マイナス補正していてもこのようなオーバー露出の結果に。

しかし、普通に撮影出来ている時もあるのです。冒頭の写真などがそうですね。

で、修理を依頼したところ、後日連絡があり、「センサー自体の不具合が原因。しかし、メンテナンスがすでに終了しているカメラの為、補修部品(センサー)が無いので修理不能」という結果に。

Canon EOS-1Ds Mark II の発売年を調べると2004年11月27日です。発売時からほぼ11年になるのですね。

しかし、1D系はキヤノンさんのフラッグシップ機です。それがたった11年で、もう修理出来ないとは。とほほ・・・(;_;)

シルバーウィーク休みに購入したフィルムカメラ、ニコン F2は1971年の発売です。それでもまだメカ部分は修理可能との事。店員さんが「デジカメは家電製品ですからねぇ」と、いみじくも言った言葉を今回実感しました。(笑)

中古で旧世代のデジタルカメラ(新品もですが)を購入する時は、購入金額の大小に関係なく「使い捨て」を覚悟して大事なお金を出さなければならない事を今回の出来事で思ったものです。

私のところにはまだもう一台、嘗てニコンさんのフラッグシップ機でしたが、これまた旧世代のD2Xが残っています。これもすでにニコンさんでは修理対象外の機種ですから、壊れればその時点で終わりです。単なる「燃えないゴミ」扱いに。(^^;

デジタルカメラの寿命、本当に短いですね。

私がフィルムカメラほどデジタルカメラに愛着を持てない理由がお分かり頂けますでしょう?(笑)

« ハッセルが見た運河 | トップページ | 清洲橋(デジタル版) »

コメント

こんばんは。
フラッグシップが11年で使えなくなるのですか。何ともやりきれないですね。
昨日私が使った機材は完全機械式で40年オーバーのもの、電子式で30年オーバーのものです。
あの頃のカメラとは性格が変わってしまいましたね。
いまのレンズもCPUやモーター内蔵のものになっているので不安があります。

仕方ないですよ。メーカーは次々、新しい製品を売りさばかないと存続できないし、ユーザーもその流れに乗らざるを得ない「やり方」になっていますからね。
私のα7sは夜間&薄暗い室内の専用要員です。

仰ることよくわかります。
フィルムカメラでも電子機器が増えたモデル(特にコンパクトカメラ)は、使い倒していて愛着が出てきた頃に故障してきたりしました。
便利になった分、寿命が短くなってしまったな~と感じること多々でした。
デジタルカメラも修理して使うより買い換えたほうが・・・となってしまいますよね残念ながら^^;価格の高低関係なくそう感じます。
そう言った意味では、高価なのにデジタルライカは故障が多い印象です。残念ながら。修理費も高額のようですし・・^^;
ただ、私の周りと言うか知る限りでは日本ほどデジタルライカは騒がれてません。ユーザーも極限られているのもあるかと。でも私が知らないだけかもしれませんけど^^;

おはようございます。
よく使っていらっしゃったカメラですのに、壊れてしまって、残念でしたね。
11年で、修理不能になってしまうのですか。
各メーカーさんも、愛着を持って、カメラを使ってほしいという考えがないのでしょうね。
1枚目を拝見すると、ナチュラルな発色が心地よいのですが、これから、このカメラで撮られたお写真を拝見できないのは、私も残念に思います。(;_:)

おはようございます。11年ですか・・・
 修理が出来ないとは、悔しいですね。

 私が使っているCanon10Dは、2003年製です。随分前、修理に出した人が、部品がなく当時発売されていた40Dと交換されて返ってきた・・・と書き込みがあり、多くの人が期待したのを思い出しました。

 デジタルカメラは家電品。本当ですね。

 すいません、10Dと40Dはそれほど差がないので、機種違いか、ジョークだったのかしれません。60D程、最近ではなかったです。

>私がフィルムカメラほどデジタルカメラに愛着を持てない理由がお分かり頂けますでしょう?

私も全く同意ですね。
最近ライカM9を手放しましたが、メンテナンス面での不安が大きいからでした。そんな私のために?、新たにM-A(完全機械式レンジファインダーカメラ)を発売してくれたんだな、、、と勝手に思い込んでます(笑)

こんにちは。
えーっ!!壊れてしまったのですか!
少し前まで、あんなに綺麗に撮れていたのに…。
もう、このカメラで撮られたお写真を拝見出来ないのですね…(;_;)

『修理出来ません。』
『もう部品が製造しておりません。』
家電製品が壊れた時に必ず言われます!
愛着を持って使っていた物に、この言葉を言われる程悔しい事はありません。
家電製品も次から次へと新商品が出る時代…
『7~10年で故障する様になってるんじゃないの!?(怒)』と、いつも思います( ̄^ ̄)

それにしても、デジタルカメラの寿命の短さには驚きました(*_*)
11年で、燃えないゴミですか・・・悲し過ぎます(;o;)
昔はカメラと言えば【貴重品】でしたのに・・

DSLRもパソコン同じように他の電気製品は電子化され耐久年数は8年程度なのでしようか。技術の進度が激しくドッグイヤーと言われて久しいのですがシステムキッチンのコンロや温水式トイレもこの程度で最近ダウンしています。パソコンもこの10数年で4台買い換えていますので私は諦めています。
日本人としてものを大事にする国民性からみて改善できないものでしょうか・・・・・・とつくづく思いますが・・・・・いかがでしようか。

こんばんは!

寿命を全うされましたか・・・デジタルカメラはCCDやCMOSが最重要部品ですから、少しぐらいストックがあっても・・・と思うのは、カメラを「光学機器」と考える世代の話で、「電化製品(家電)」と考えれば7年目以降は「余生」なんでしょうね。きっと。

今日は朝から「バルナック・ライカ」でポチポチ撮ってます。製造から60年ぐらいなのかな?至って元気です。多分、私よりも寿命が長いんだろうな。

私の1Ds mkIIも、そろそろ・・・?

cucchi3143さん、こんばんは。
例えフラッグシップと言えども、家電製品はそう長く使えないという事ですね。(笑)
デジタルカメラ、肝心のセンサーがダメになればそれでお終い。
メカは何ともないのですけどねぇ・・・。
レンズもキヤノン EFはUSMを使っていますが、これも古いレンズでモーターがダメになるとレンズもメンテ出来ないようです。

スカルピアさん、こんばんは。
おっしゃる通りです。今の時代、新しいものをどしどし買ってくれないとメーカーもやって行けないという事ですね。
デジタルを使う以上、割り切りが必要のようです。

H.Oさん、こんばんは(こんにちは)。
そうですね、例えフィルムカメラと言えども、電子部品を使っているカメラはそれなりに寿命がありますね。メーカーはいつまでも補修部品を在庫しているわけではないですから。
そういう点では完全機械式カメラは強いです。部品さえ摩耗しなければ長く使えますから。
デジカメは壊れたら新しい物を買う。まったく電化製品と一緒のようです。
デジタルライカはまったく日本向けの製品だと思います。日本は今でも盲目的なファンが多いですから、商売は日本だけで成立しているのだと思います。なのでM型デジタルが一台100万円もするのでしょう。
間もなく発表されるライカ初のフルサイズ・ミラーレスカメラはパナソニックでボディもレンズも作っているのに100万円以上するようです。それでも日本では売れるのでしょう。(^^;

Maruさん、こんばんは。
壊れたデジタル一眼レフカメラ、時代が古いという事もあり、今のデジタルのようにハイコントラスト、高彩度の画作りではなく、自然な発色がお気に入りでした。
今のデジタルカメラは如何にもデジタル!というカメラが多いので・・・。
仕方ないですね。(笑)

pyosidaさん、こんばんは。
おそらく生産終了から部品の在庫は7年くらいだと思います。
調べてみましたら、今回のボディは昨年夏くらいで保守が完了しているようです。2007年まで生産されていますから、丁度7年ですね。
やはり家電製品です。(^^;

YOUさん、こんばんは。
ライカ M9もセンサーの不具合で大変なようですね。
しかし、症状が出ていないユーザーの個体はセンサー交換に応じないようですね。車なら完全にリコール扱いですから、症状の有無に関係なく交換しなければならないはずです。
現行のMデジタル、100万円もしますが、あれも家電製品と同じになりますね。(^^;
完全機械式カメラの方が安心出来ます。(笑)

寅さん(^^)、こんばんは。
機械モノはいつか壊れます。仕方ないです。
でも、今回のケース、機械部分は全く正常なのですよ。デジタルの心臓部、CMOSセンサーがイカれただけなのです。
しかし、肝心のセンサーをメーカーさんはもうすでに持っていないので、どうしようもないのです。
「修理出来ません。もうパーツを製造しておりません。」
寅さん(^^)がおっしゃる通り、デジタルカメラも家電製品なのですね。
家電製品もだいたい7〜10年で壊れる事が多いですから、全く一緒です。(笑)
そうそう、カメラと言えば昔は貴重品でしたよね。
そういうカメラをもう・・・作っていないという事です。

tokiwaiさん、こんばんは。
デジタルカメラもパソコンも、家電製品も、現代は皆同じ類の製品という事ですね。
昔のようにモノは大事に、長く使うという概念は今の時代には相応しくないという事になります。
これからは何でも使い捨てと考えてモノを購入しないといけないですね。
残念ですが、仕方ないです。

ろだごんさん、こんばんは。
肝心のセンサーを在庫していなければ、デジタルカメラは不具合が出た時点で終わりですね。
メカ部分は全く何ともないのですが。
旧世代のデジタルカメラを購入する以上、この事を心しておかなければなりません。
旧世代でお買い得だからといってフラッグシップに手を出して、この体たらく。笑ってしまいます。
古くても機械式カメラは良いですね。あとはフィルムさえ生産していてくれれば・・・ですね。

KONDOHさん、こんばんは。
お気に入りのカメラが使えなくなってしまうのは、残念ですね。
最新の機種だからといって好みの画質とは限らないので。
最近、COOLPIX Aを購入しましたが、GF1もまだ現役です。

本日のお話、参考になりました。デジタル一眼レフは持っていませんが、R7は電子カメラなので、メンテ可能なうちに点検に出そうかと。中古美品を探して買う方が安いですね。(笑)

ななさん、こんばんは。
はい、正直ガッカリしました。
自然な発色をするカメラでしたので、少々残念です。
しかしもう、今一度購入する意欲は無くなりました。
最近のデジタルカメラはどこも鮮やかな色合いになりがちですからねぇ・・・。
レンズが良い富士フィルムさんは私にはド派手とも思える発色が特徴ですし。その点、壊れたEOSは地味と言っても良いくらいです。
R7、確かに今のうちにオーバーホールするのも良いかもしれませんね。ライカジャパンに出すとそれなりの金額になりますが・・・。

こんにちは。
デジタルカメラは家電製品ですか。その家電製品も昔は修理が可能でした。僕が子供の頃に家にあったテレビは、街の電気屋さんがハンダコテやテスターなんかを使って修理していました。今時の液晶テレビでは不可能ですね。メーカーに送ったところで、部品の交換か、製品ごと交換になったりとか。

ビワさん、こんばんは。
そうですね。家電製品の修理、子供の頃は街の電気屋さんが家に来て治してくれていた記憶があります。
今は壊れたら買い直させる時代になっているのですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハッセルが見た運河 | トップページ | 清洲橋(デジタル版) »