« 隅田川橋巡り(勝鬨橋) | トップページ | 隅田川橋巡り(中央大橋) »

2015年10月20日 (火)

隅田川橋巡り(佃大橋)

00072
隅田川テラス

平日休みに歩いたのですが、休日ですと近隣から人が訪れるのでしょうか。ジョギングをしている人は結構多かったです。

勝鬨橋を後にして今度は佃大橋を目指します。

00068

テラスにはこうした花壇が作られているところも。背景に勝鬨橋を入れてみました。

00076

佃大橋が見えて来ました。後ろには有名な「リバーシティ21」という超高層マンション群がそびえ立っています。

隅田川を挟んで左手の月島と、右手の佃島とを結ぶ橋ですね。左手奥には次に目指す中央大橋も見えています。

00080

勝鬨橋がなかなか素敵なデザインであっただけに、佃大橋は車のための架け橋という感じを受けてしまいます。

何となく、江ノ島の橋を思い出してしまいました。(^^;

00082

ここも「佃の渡し」と言われた渡し船があったところで、1964年の東京オリンピックに合わせ、戦後初めて隅田川に架けられた橋だそうです。

現在工事中の「築地大橋」が2020年の東京オリンピックに間に合わせるよう架けられているのと同じですね。

00090

中央大橋を目指して来ますと、ここで「亀島川」という河口(左手)にぶつかりますので、一旦テラスから一般道路へ上がり、その亀島川を渡る事となりました。

00091
亀島川水門

一般道を歩き、橋を渡る手前にこんな水門がありました。横に掲げられた案内板を読んでみましたら、以下のような事が記してありました。

亀島川水門は台風などによる高潮や津波が発生して河川の水位が上昇した時、地盤の低い地域の浸水を防ぐために隅田川に合流するこの水門を閉鎖するとの事でした。もちろん大きな地震があった際も津波に備えて閉鎖します。

明日は隅田川一と言っても良いかもしれない、中央大橋です。

SONY α7 II
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

« 隅田川橋巡り(勝鬨橋) | トップページ | 隅田川橋巡り(中央大橋) »

コメント

おはようございます。
佃島界隈を散歩したときに、佃大橋から中央大橋のあたりまで歩きましたが、
この辺りの高層マンションの風景は、圧巻ですね~。
まさにウォーターフロント。
テラスの途中に花壇があったりするのですね。
のんびり散歩したら本当に気持ちが良さそうです♪
最後の水門はなかなか迫力がありますね。
大切な役割を持っているのですね。

おはようございます。
お写真を拝見していると、私も隅田川テラスをお散歩しているような気持ちになって、
素敵な水辺の景色を楽しませていただいています。(^^)
2枚目、このような花壇が設けられていると、心が和みますね。
いいところだなぁ~と思い、私もいつか歩いてみたくなりました。(^^)
佃島から月島まで歩いたことがありますので、私は、この橋を渡った経験があるのですね。
橋の上を歩いている時は、その存在を全然意識しておりませんでした。^^;
亀島川水門のお話、勉強になりました。
よい社会科見学もできますね。(^_-)

おはようございます。
KONDOHさんの隅田川橋巡り、二つ目は佃大橋ですね♪
1枚目のお写真、こんな景色の良い川沿いをお散歩したり、ジョギング出来たら気持ちが良いでしょうね(*^^*)
2枚目のお写真、花壇のお花と背景に勝鬨橋を入れたお写真(^^) 四季のお花を眺めながらのお散歩は、心を和ませてくれますね(*´∇`*)
この花壇は【花守さん】と呼ばれるボランティアの方々がお世話しているそうです。多くの人の手間とお世話があってこそのお花なんですねm(__)m
3枚目のお写真、川と橋と超高層ビル!まるで、ニューヨーク.マンハッタンの摩天楼を思わせますね(*^^*) 以前、浅草から水上バスに乗った時にガイドのお姉さんが『リバーシティ21のタワーマンションには、あの松井秀喜さんが住んでいらした事でも有名です』と話してくれました(^^)
4,5枚目のお写真、本当ですね!江ノ島の橋を思い出します(^.^)
東京オリンピックに合わせて架けられた橋なのですね!戦後の急速な復興を遂げた、高度成長期の日本を象徴した橋ですね(^^)v
最後のお写真、亀島川水門。高潮、津波時には両水門を閉鎖して、亀島川流域の住民の生命と財産を守るのですね。
KONDOHさんの隅田川橋巡り、色々と勉強になりますm(__)m♪

koukoさん、こんばんは。
佃大橋から中央大橋付近まで歩かれましたか。
目の前の高層マンション、威圧感を感じました。(^^;
まさに自分とは別世界です。
テラスの花壇、心和みますね。ところどころにありましたので。
水門はなるほどなぁ〜・・・と。

Maruさん、こんばんは。
隅田川テラス、水辺のほとりを歩いているような心持ちになりますよ。
今までもところどころで少し歩いてはいたのですが、今回のように長い距離を歩くのは初めてでした。
花壇は本当に心和みます。時々花を撮影したりして歩きました。(^^)
佃島から月島まで歩かれましたか。では、その時にこの橋を歩かれているわけで。
しかし、橋って意識して見ないと普通は何とも思わずに歩いてしまうものだと思います。私だって今回のような興味を持っていなければ何も感じていなかったかもしれませんので。
機会がありましたら、Maruさんも挑戦してみてください。何も同じ距離を歩く必要はありませんので。
余談ですが、昨日の私のコメントで申し忘れていた事がありました。
Maruさんが最後に「向こうに小さく見えるのが、佃大橋ですね。」と、おっしゃっておりましたが、あの橋は今工事中の「築地大橋」なんです。歩きながら振り返って勝鬨橋を撮影しましたので。m(_ _)m

寅さん(^^)、こんばんは。
隅田川テラス、東京都は素敵な遊歩道を造ってくれたものと感謝です。
「花守さん」、お調べになられたのですね。寅さん(^^)は本当に勉強家ですね。(^^)
おっしゃる通り、ボランティアの方々がお世話しているようです。小さな案内看板が花壇横に立てられておりました。こういった大きな花壇ではなかったですが、地元の小学生が手入れをしている可愛い花壇もありましたよ。感謝を込めて撮影させて頂きました。(^^)
超高層ビル群、そうですねぇ・・・私は行った事がないですが、写真で見るマンハッタンの摩天楼を思わせますね。松井秀喜さん、アメリカに行く前にお住まいでしたっけ? ああいったジャンルの人たちが住んでいるのでしょうね、あそこは。
佃大橋は他の橋に比べるとちょっと寂しい姿ですが、どういうわけか江ノ島をイメージしてしまいました。(^^;
昔の東京オリンピックに合わせて架けられたなんて、おっしゃるように高度成長期の産物という事になります。今はまた隅田川の河口近くに「築地大橋」が造られていますし、賛否両論ありますがオリンピックの経済効果は大きいという事ですね。
水門は思わず見とれてしまいました。

こうやって拝見してると、いまの東京ってスゴイなぁと思います。
世界に自慢できる景観ですよね...わざわざ海外に行く前に日本の良さをもう一度発見したいですね
(なんか昔聞いたフレーズですね笑)

それにしてもツァイスのレンズ、素晴らしいですね。

YOUさん、こんばんは。
こうして隅田川を歩いてみると、確かに魅力的な景観だと再確認です。
それにしてもリバーシティ21には圧倒されました。
レンズもなかなか良いです。

こんにちは。
気持ちの良い青空ですね。東京の空だってこんなに青くなるんですね。
2枚目の写真、いい感じですね。こういう写真が好きです。
佃大橋は、確かに面白味がないです。至って普通の橋ですね。

ビワさん、こんばんは。
この日は珍しいくらいスッキリと、抜けるような青空でした。
2枚目、ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 隅田川橋巡り(勝鬨橋) | トップページ | 隅田川橋巡り(中央大橋) »