« F0.95 の世界 | トップページ | 葉山マリーナ »

2015年10月10日 (土)

外交官の家

Vt7m0232
外交官の家にて(横浜山手)

横浜山手には幾つかの洋館が保存されています。そのうちの一つ、外交官の家を訪れましたので、今日はその時撮影した写真を。

Vt7m0197

こちらは多分・・・三年くらいは行ってなかったのではないかと。エリスマン邸付近は一年に一度くらいは訪れているはずなのですが。

Vt7m0212

こちらの可愛い像は訪れる度、撮影しています。

Vt7m0218

いつも綺麗に飾ってありますよね。

Vt7m0221

こんなロッキングチェアに座って本を読みながらうとうと出来たら、幸せですねぇ・・・(笑)

Vt7m0215

こんな写真を撮るのは私くらいかも。(笑)

しかし、この撒き餌レンズは本当に良く写ります。ライカブランドの「ン十万円」もする同じ50mmレンズに決して負けていないと個人的には思うのですが。(^^;

Canon EOS-1Ds Mark II
EF 50mm F1.8 II

« F0.95 の世界 | トップページ | 葉山マリーナ »

コメント

おはようございます。
KONDOHさんの西洋館のお写真を初めて拝見します。(^^)
私は、年に3回以上は、訪問しています。
今月末にも行きますよ。(=^・^=)
お月見の飾り付けをしてあったのですね。
お団子のうさぎさん、可愛いです~♪
いつ出かけても、季節感溢れる飾り付け、素敵ですよね。
キャノンさんの撒き餌レンズ、よい描写ですね。
遠近感が、お洒落な西洋館を引き立たせているように感じます。(^^)

このレンズは相当なコスパですよね...あいにくキャノンのデジタルは所有してませんので体感できませんが。今年の春に横浜の山手を散策した際にイタリア山庭園を訪れました。同じく外交官邸では、当時の華やかな欧州様式の高官生活が当時そのままに保管管理されており、フィルム1本撮りきったのを覚えてます。
季節的にとてもよい時期になりましたので、また行ってみようかと思います。

こんにちは。
横浜山手の洋館。娘のピアノの発表会(音楽会)
が、山手のイギリス館か山手ゲーテ座で毎年開かれていたので良く行きました。
以前、外交官の家も訪れた時は、1階で音楽会が開かれていました♪

1枚目のお写真、モダンな建物の外交官の家が強烈にボケていて、きちんと手入れされた草花がクッキリと綺麗に撮れていますね(*´∇`*)
2枚目のお写真、山手の洋館の季節に合わせた飾り付けは、訪れる楽しみの一つでもあります(*^^*)
3.4.5枚目のお写真、当時の雰囲気が綺麗にそのまま残されていて、自分なりに色々と想像したり…ゆっくりした時間を楽しめますね(*^^*)
6枚目のお写真、何気に歩いていた木の階段。
こうしてお写真で改めて拝見すると、木目の色つやが渋くて『こんなにも素敵だったかしら?』と気づかされました!
窓からの光と相まって、これまでの時の流れを感じる、あたたかい素敵なお写真 です(*´∇`*)
さすがKONDOHさんです!目の付け所が違います(*^ー^)ノ♪

Maruさん、こんばんは。
あれ? 西洋館の写真、初めてでしたっけ・・・?
そういえば山手の洋館で撮影しても、ブログに掲載していない時もありますので。もっとも洋館だけではないですが・・・。
Maruさんは年3回以上山手の洋館に来られていらっしゃるのですか。地元の私は・・・、お恥ずかしいです。(^^;
山手の洋館は季節毎に飾り付けを変えておりますよね。私が訪れた時はお月見のシーズンでした。
今回使ったレンズ、撒き餌と言われるように安価なレンズですが、本当に良く写ります。

YOUさん、こんばんは。
そうですね、作りはマウントもプラですし、どう見ても高級感には欠けておりますが、写りは馬鹿に出来ません。
春にこちらの方に来られておりましたですか。是非またお越しになってみてください。

寅さん(^^)、こんばんは。
おお、山手の洋館でお嬢様のピアノの発表会をされていらしたのですか。素晴らしいです!
私、楽器が出来ないので、ピアノやヴァイオリンが出来る方は無条件で尊敬しております。
山手の洋館で音楽を聴くのも良いでしょうね。年末などにポスターを見る事があります。
1枚目はレンズの優秀さに助けられております。
外交官の家は久しぶりとはいえ過去に何回か訪れておりますので、どれも被写体としては撮影済みであります。ですから、少し考えながらの撮影になりました。
しかし、木製の階段は今回初めて撮影してみました。普通、こんなところ誰も撮らないと思います。(^^;

こんにちは。
ここは一度だけ行ったことがあります。こういう洋館があるのが、いかにも横浜らしいですね。

ビワさん、
そうですね、横浜にはこうした洋館が幾つか保存されています。
国際的な港町という歴史があるからでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« F0.95 の世界 | トップページ | 葉山マリーナ »