« 京都 随心院の紅葉 | トップページ | 京都 南禅寺の紅葉 »

2015年12月 3日 (木)

京都 勧修寺の紅葉

Pb291209
勧修寺(京都市山科区)

随心院を後にし、再び歩いて勧修寺を訪れました。東福寺〜醍醐寺〜随心院〜勧修寺と移動したわけですが、噂以上に紅葉が良くなかったため、結構短時間でそれぞれのお寺を後にしています。東福寺なんて僅か15分くらいだったと思います。

そうした中、昨日ご紹介した随心院は少しゆっくりとしておりました。

Pb291218

で、勧修寺ですが、こちらもガッカリ感が強かったです。

Pb291211

こちらの灯篭は水戸光圀公が寄進したもので、「勧修寺型灯篭」と言い、大変珍しい形をしています。

灯篭を覆うように生えている潅木は「ヒノキ科」の常緑潅木で、樹齢は750年だそうです。

Pb291217

こちらは観音堂の観音菩薩。

観音堂の前には蓮池があるのですが、周りの樹木では沢山の野鳥が綺麗な声で鳴いており、しばし野鳥観察などをしちゃいました。(^^)

Pb291216

「この木はうるしです。絶対さわらないように!」と張り紙がありました。

実は私が小学生の頃、亡き父がうるしで全身がかぶれてしまい、しばし入院した事があります。ですからこの木を見てその事を思い出してしまいました。(^^;

OLYMPUS PEN E-P5
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

« 京都 随心院の紅葉 | トップページ | 京都 南禅寺の紅葉 »

コメント

おはようございます。
綺麗な赤いもみじ、京都の赤ですね~♪
紅葉の京都、私もいつか行ってみたいです。
東福寺〜醍醐寺〜随心院〜勧修寺のコース、メモしておきました。(^^)
「勧修寺型灯篭」、面白い形ですね。
うるし、綺麗な朱色、うるし色の葉なのですね。^^;
初めて見ました。
珍しいものをたくさん紹介してくださって、ありがとうございます。m(__)m

すごく綺麗な紅葉だなぁ....と感心したのですが、やはり駄目でしたか。近所の紅葉名所も遠目には綺麗なんですが、近づくと葉が一様にまだらに黒ずんでたりしてがっかりしますね。
ウルシの葉も紅葉するんですね、こんなに綺麗に!初めて知りました。

こんばんは。
1,2枚目のお写真、こちらのもみじの紅葉はとても綺麗ですね~(*´∇`*) KONDOHさんが選ばれて撮られたお写真なのでしょうが...(^-^)v それでもこれだけ美しいと、来年は見渡す限り鮮やかな紅葉を期待してしまいます(^-^)/
3枚目のお写真、[勧修寺型灯篭]と言うのですか! 特徴のある珍しい形ですね~(^o^)私も神社仏閣を訪れると必ず灯篭をチェックします。
4枚目のお写真、観音菩薩さま。色が白くて美しい顔立ちでございますねm(__)m
5枚目のお写真、うるしの葉が紅葉すると、こんな綺麗な漆の色になるのですね!綺麗な朱色です(*´∇`*)
でも、触ったら・・・m(。≧Д≦。)m

Maruさん、こんばんは。
一箇所だけ赤くなっているところがありまして・・・(^^;
Maruさんはまだ京都の紅葉を見に行かれた事がないのですね。
遠いですから時間を作るのも大変だと思います。
京都は無くならないですから(笑)、いつか訪れてみてください。
東福寺から醍醐寺は電車移動です。醍醐寺から随心院、勧修寺は徒歩です。この三箇所は電車に乗ってもひと駅なんです。なので、歩きました。
黄門様から寄進された灯篭、面白い形ですよね。
うるしの紅葉は今回初めて見たわけではないですが、絶対そばに寄りません。(笑)

YOUさん、こんばんは。
写真に撮ると若干実物より綺麗に写っているようです。(^^;
今年の紅葉、遠目にはそこそこ綺麗に見えるのですが、そばに寄るとダメですね。
本来の京都は寄っても綺麗なんですよ。
ウルシの紅葉はこちらでも見る事がありますが、色は綺麗ですね。触れませんが。(^^;

寅さん(^^)、こんばんは。
写真だと綺麗に見えますね。出来るだけ綺麗に見える位置を探すわけですが。(^^;
でも、良い時の京都は素晴らしいですよ。
東京、横浜では絶対見られないものです。
灯篭は私がよく撮影する被写体ですが、ここの灯篭は形がユニークです。
あの黄門様が寄進されたらしいですが、人柄が分かりますね。(^^)
うるしの紅葉は結構綺麗です。
こちらでも山などで見る事があるのですが、寅さん(^^)も絶対触らないようにしてくださいね。(^^)

こんにちは。
エキゾチックな観音様ですね。インド由来ならエキゾチックなのが当たり前ですが。
うるしは美しく紅葉しますが、触っちゃいけないんですよね。

ビワさん、
このような観音様は初めて見ました。やや自分のイメージとはかけ離れております。
うるしの紅葉、本当に綺麗な色でした。数本あったのですが、すべての木に注意書きがぶら下がっておりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都 随心院の紅葉 | トップページ | 京都 南禅寺の紅葉 »